訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の愛し方がわからない親たち(2回目)
子供の愛し方がわからない親たち―児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか 子供の愛し方がわからない親たち―児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか
斎藤 学 (1992/10)
講談社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:子供の愛し方がわからない親たち
 副題:児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか
 著者:斎藤学
 出版:講談社
 定価:1500円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4062061449/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f558899%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/865141/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 今、何が起こっているか?3つのケースから
 第2章 さまざまな児童虐待
 第3章 児童虐待への対応の変化?アメリカの場合
 第4章 日本の社会は児童虐待をどう取り扱っているか
 第5章 母性?聖母と魔女の間
 第6章 虐待は親から子に伝わる
 第7章 性的虐待の爪痕
 第8章 虐待されている子に出会った時
 第9章 虐待する親への治療
 第10章 虐待する親のもとで成人した「子供」たち
 第11章 児童虐待への地域ケア
 第12章 「子どもの虐待防止センター」の現場から



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1992年10月に出版されています。
 
 著者は、このメルマガでも何度か紹介している斎藤学さんです。
 
 アルコール依存、子供虐待、過食症、拒食症など、依存症に悩む
 人たちのための自助グループを主宰している方です。
 
 著書も何冊かあります。



 子供の虐待はなぜ起きてしまうのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)児童虐待にはどのような種類があるのか?



 児童虐待はどの様に分類されるのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)児童虐待にはどのような種類があるのか?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 現実と認識しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●児童虐待にはどのような種類があるのでしょうか?

▽前回のメルマガで、この本の冒頭で紹介されている児童虐待の
 ケースを3つ紹介しました。
 
 読んでいるだけで、まゆをひそめてしまうようなケースでした。
 
▽今回は、児童虐待には具体的にどのような種類があるのか紹介
 します。
 
 児童虐待には大きく分けて、「虐待」と「ネグレクト(棄児・放置、
 養育の怠慢)」の二つに分けられます。
 
 そして、「虐待」を「身体的虐待」、「性的虐待」、「情緒的虐待」
 の三つに分けます。
 
 それぞれについて、簡単に紹介します。

▽最初に「身体的虐待」です。

 身体的虐待は以下のように定義されています。
 
 「外傷の残る暴行あるいは生命の危険のある暴行。外傷としては、
 打撲傷、あざ(内出血)、骨折、頭部外傷、刺傷、やけどなど。
 生命に危険のある暴行とは、首を絞める、布団蒸しにする、溺れ
 させる、逆さ吊りにする、毒物を飲ませる、食事を与えない、冬、
 戸外にしめだす、一室に拘禁する、など」
 
 これは、「拷問」の話ではないです。
 
 例え戦争でも、表面上の決まりとして、捕虜は身の安全を保障
 されています。
 
 決して拷問はしてはならないと国際法(だったかな?)で定義
 されています。
 
 それなのに、自分の子供に対してこのようなむごいことができる
 人間とは、どのような存在なのでしょう。
 
▽どの様な子が虐待されるかと言うと、未熟児が多いそうです。

 「未熟児はそうでない子に比べて虐待される危険性が三倍高いと
 言われている」
 
 そして、どのような人が虐待をしているかというと、
 
 「虐待者の90%は血縁関係にある人、父親、母親、またはそれに
 代わる人である、5%は母親のボーイフレンド、4%がベビー
 シッターや、近所の人などの血縁関係のない人、1%が兄弟で
 あるという」
 
 ほとんどは、自分の血を分けた子どもを虐待していることになり
 ます。
 
 また、著者は次のように言います。
 
 「一般にどのような親が子供を虐待するかを明確にすることは
 できない。どんな人でも身体的虐待に走る可能性はある、しかし、
 貧しい生活を送っている人、周囲から孤立して相談相手がいない
 人が子供を虐待することが多いということはできる」
 
 やはり、「貧しい」ということは、人間にとって精神的にも荒んで
 しまうことになってしまうのでしょうか。
 
 「人間にとっての幸せはお金ではない」と信じていますが、無さ
 過ぎるのも、幸せではないということが言えそうです。
 
▽児童虐待のきっかけにはどのようなことがあるのでしょうか?

 著者は言います。
 
 「家族全体の危機状況が児童虐待のきっかけになることは、むしろ
 普通と言っていい。大家さんから『家を出てくれ』と言われた
 場合や、失業して、職探しのために移動する等である。また、
 貧しい夫婦が妊娠して、子供を産まなければならないような場合、
 上の子がいじめの対象になることがある」
 
 「夫婦の間に別れ話が起こっている場合、子供が扱いにくい行動
 をとることが良くあるが、それが親の暴力を招くこともある。
 以上のように家族内危機と児童虐待の発生とは、ほぼ一致して
 いるものである」
 
 上でも書きましたが、大人にとって「貧しい」ということは、
 どこかに歪みが生じてしまうことのようです。
 
 その歪みは結果的に、一番弱い子供に向けられてしまいます。
 
 また、家族内の大人は、核家族化した現代の日本では基本的に
 父と母しかいません。
 
 その夫婦間に問題がある場合に、ぶつかり合ったお互いのマイナス
 エネルギーは、立場的に一番弱い子供に向けられてしまうのです。
 
 子供は親がしっかり守るべき存在であるのに、唯一の守るべき親が
 子供に暴力を振るうと、子供には逃げ場がありません。
 
 子供は理不尽な親の暴力を、自分で受け入れるしかないのです。

▽次に「性的虐待」です。

 性的虐待は次のように定義されています。
 
 「養育者による近親相姦、または、養育者による性的暴行等」
 
 ほとんどの場合は、父親からの被害を受けていて、兄からのものを
 含めると21%にもなるそうです。
 
 著者は言います。
 
 「父親と娘の間の近親姦では、暴力が介在することは滅多にない。
 父親は厳格で権威主義的だが、情緒的には未熟で、対人関係が
 不得手というタイプの人が多く、大人同士の婚外交渉を繰り返す
 ような人は少ない。酒飲みが多いが、飲まない人である場合もある」
 
 「母親は慢性的に抑うつ的であったり、病気であったり、仕事が
 忙しかったりして夫の面倒を見られないでいるという場合が多い」
 
 父親というのは、その家族の一番の守り手のはずです。
 
 それが、自分の妻に「面倒を見てもらえない」という理由で、
 その矛先を自分の娘に向けるとは、どういうことなのでしょうか。
 
 夫婦に問題がある場合、一番の被害者は夫婦ではなく、その子供の
 ようです。
 
▽性的虐待を受けている女の子にとっては家庭内は安心できる場所
 ではないようです。
 
 著者は言います。
 
 「性的に虐待されている女の子は、はじめのうち何が起こって
 いるか分かっていないことが多い。父親は時間をかけて娘をならし、
 母親には言わないというルールを娘に課している。たとえ母親に
 そのことを訴えても取り上げてもらえないどころか、『狂っている』、
 『父親を陥れようとしている』などの言葉で、叱責の対象になる
 ことが多い」
 
 「時には母親から『私の男を盗んだね』と罵られる場合さえある。
 これが娘に鋭い情緒的な傷跡を残すことは言うまでもない」
 
 ためいきが出てしまいますね。
 
 唯一の逃げ道と思われる母親は、あてにならない場合が多いよう
 です。
 
 その結果どうなってしまうのでしょうか?
 
 「問題が放置された場合、娘は早い内に家を飛び出し、生きる
 ために売春に走るなどの生活に入りやすい。アルコールや薬物
 への依存に陥ったり、うつ病になったりする場合も多い」
 
 逃げなくても地獄、逃げても地獄が待っています。
 
▽次に「情緒的虐待」です。

 情緒的虐待は次のように定義されています。
 
 「他のタイプの虐待やネグレクトを伴わないことが条件になる。
 養育者の振る舞いや言葉によって、児童に不安、脅え、うつ状態、
 無表情、攻撃性、嗜癖(悪習慣)などの結果が生じているものを
 いう」
 
 実は、この情緒的虐待が一番多いのではないかと思います。
 
 身体的暴力を伴わないため、周りの人間も、もしかしたら虐待
 している本人も「虐待」とは気がついていないのではないかと
 思われます。
 
 著者は言います。
 
 「生後の子供の肺が空気中の酸素の存在を前提として発達して
 くるように、子供の心身は子供に対する周囲からの愛情と配慮を
 前提として発達する。自分は周囲から愛され必要とされている
 という原初的な思い込みがあればこそ、絶対的無力の状態にある
 子供は生き残れるのである」
 
 「全ての子供に備わった、この原初的な自己肯定感を傷つける
 大人の態度は、そこに暴力があろうとなかろうと、子供に対する
 虐待である」
 
▽実際にどのような言葉が親から子へ言われているのでしょうか。

 箇条書きにしてみます。
 
 「お前は醜い」
 「役立たずだ」
 「馬鹿な子だ」
 「お前がいさえしなければ、離婚できるのに」
 「お前の幸せのために私は我慢しているんだ」
 「お前がいさえしなければ・・・、せめて他の子だったら」
 
 この中で一番多いのは、「親の不幸は私のせいだ」と思わせる
 言葉なのです。
 
 子供は生きるために親に依存しています。
 
 その全権を握っている親に、「おまえのせいだ...」と言われ
 ると、子供は本気でそう思ってしまうのです。
 
 物理的な暴力もつらいですが、この言葉の暴力というのも同じくらい
 つらそうです。
 
 このような情緒的虐待を受けて育った子供は、自分が親になると
 同じ事を自分の子供に繰り返す傾向にあります。
 
 著者は言います。
 
 「表現を封じられた感情はやがて鈍麻し、生きる喜びも一緒に
 消えてしまう。こんな子ども達は、『かんじない、信じない、
 しゃべらない』という生活技術を身につけた、一見穏和で従順な
 大人になるのだが、こうした人は自分も他人も信じられないという
 緊張と寂しさにいつもつきまとわれている」
 
 このような子供が大人になると、アルコール依存や薬物依存等、
 愛情飢餓感から何らかの依存症になる場合が多くなります。
 
▽最後の「ネグレクト(養育の怠慢、拒否)」です。

 ネグレクトは次のように定義されています。
 
 「ネグレクトとは”遺棄、衣食住や清潔さについての健康状態を
 損なう放置”をいう。遺棄とはいわゆる捨て子(棄児)、健康
 状態を損なう放置とは、栄養不良、極端な不潔、怠慢ないし拒否
 による病気の発生、学校へ行かせないなどをいう」
 
 いわゆる育児放棄というやつです。
 
 著者は言います。
 
 「乳児期の棄児や放置はただちの生命危機に結びつく。排泄訓練
 がなされないために、三歳を超えておむつから離れることができず、
 その中に屎尿(しにょう)が溜まっているという状態で発見される
 ことも多い」
 
 「不在がちの母親は子供を柱などにつないだままにしておくことが
 多いので、子供には結わえた紐の摩擦による新旧の傷が見られる
 場合もある。こうした状態で放置された場合、子供は年齢に応じた
 運動能力を身につけることができず、3歳を越えているのに歩行
 できないといった状態にあることも多い」
 
 自分の子供をペットか何かと勘違いしているのか分かりませんが、
 育児ができないのなら子供は作るべきではないと思います。
 
 人間の子供は他の動物と違って、生まれても自分では何もできま
 せん。
 
 それは、子供を産む前から分かり切ったことだと思います。
 
 ただ、子供が生まれるということも人によって様々な事情がある
 と思います。
 
 それでも、生んだ責任があります。
 
 その子にとっては、親の事情は関係ないのです。
 
 親が放棄しても、子供は放棄されるわけにはいかないのです。
 
 子供を作るなら、もう少し自覚してから作るべきだと思います。
 
▽以上、4つに分類した虐待を、かなり長くなってしまいましたが
 紹介しました。
 
 私は運良く虐待されずに育てられました。
 
 ごく普通の親に育てられたようです。
 
 他人の不幸で幸せを感じてしまうのもいかがなものかと思いますが、
 「ごく普通の親に育てられた」というだけでも幸せだと思えるよう
 になってきました。





 今回は虐待の種類について紹介してきました。
 
 本当はもっと他のことも紹介しようと思っていたのですが、書いて
 いるうちに止まらなくなってきました。
 
 この児童虐待というのは、なぜ起きてしまうのでしょう?
 
 子育てというのは親の魂の修行だと思っています。
 
 これは間違いないです。
 
 しかし、生まれてくる子供にとっても修行だと言われれば確かに
 そうなのですが、何も無力な子供のうちから修行することもないと
 思います。
 
 子供の頃に厳しい修行をして、さらに大人になってからも、その
 厳しい修行の影響で、修行をしなければならないのです。
 
 「それを望んで生まれてきた」と言われれば確かにそうですが、
 何だかやりきれない思いです。
 
 
 次回、もう一度紹介させてください。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/315-de558612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。