訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の愛し方がわからない親たち
子供の愛し方がわからない親たち―児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか 子供の愛し方がわからない親たち―児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか
斎藤 学 (1992/10)
講談社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:子供の愛し方がわからない親たち
 副題:児童虐待、何が起こっているか、どうすべきか
 著者:斎藤学
 出版:講談社
 定価:1500円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4062061449/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f558899%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/865141/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 今、何が起こっているか?3つのケースから
 第2章 さまざまな児童虐待
 第3章 児童虐待への対応の変化?アメリカの場合
 第4章 日本の社会は児童虐待をどう取り扱っているか
 第5章 母性?聖母と魔女の間
 第6章 虐待は親から子に伝わる
 第7章 性的虐待の爪痕
 第8章 虐待されている子に出会った時
 第9章 虐待する親への治療
 第10章 虐待する親のもとで成人した「子供」たち
 第11章 児童虐待への地域ケア
 第12章 「子どもの虐待防止センター」の現場から



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1992年10月に出版されています。
 
 著者は、このメルマガでも何度か紹介している斎藤学さんです。
 
 アルコール依存、子供虐待、過食症、拒食症など、依存症に悩む
 人たちのための自助グループを主宰している方です。
 
 著書も何冊かあります。



 あいすべき子供への虐待はなぜ起きてしまうのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)児童虐待にはどのようなケースがあるのか?



 実際の虐待とはどの様なものなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)児童虐待にはどのようなケースがあるのか?

 ※今回は「もっと知りたい方のために」を参照下さい。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっと現実を知ろう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●児童虐待にはどのようなケースがあるのでしょうか?

▽この本は1992年に出版されているので、今から約15年前に
 書かれています。
 
 最近テレビや新聞をあまり見なくなったので、「児童虐待」に
 ついてどうなっているのかよくわかりません。
 
 ただ、「yahoo!のトピックス」等を見る限り、たまに
 「自分の子供を殺害」というニュースが書かれています。
 
 あまり変化はないのではないかと思われます。
 
▽では児童虐待にはどのようなケースがあるのでしょうか?

 この本の冒頭に書かれているのは、3歳半になる脳性麻痺の長男を
 抱えたお母さんで、1歳半の次男の夜泣きが止まず、次男の口に
 布きれを押し込んで泣き声が漏れないようにしてしまう母親の
 ことでした。
 
 次男は何度か窒息しかけたことがあるそうです。
 
 この母親は、保健所に相談し「私、怖い。このままではあの子を
 殺してしまう」と泣いたそうです。
 
▽別のケースでは、アルコール依存症の元暴力団の夫を持つ妻が、
 「7歳になる息子が夫に虐待されている」、と保健所に相談しに
 きています。
 
 この夫は7歳の息子の頭をガラスの灰皿で殴って頭を割ったことが
 あったり、裸にして洗濯機に突っ込んで骨を折ったりしています。
 
 必死で逃げようとする息子を、夫と妻が挟み撃ちにして捕らえ、
 妻が夫に差し出すというようなこともあったようです。
 
 妻もこうしないと、アルコール依存症の夫からすさまじい暴力を
 加えられてしまうのです。
 
 この妻の父親も酒乱型のアルコール依存症でした。
 
 虐待されていた7歳の息子は放浪癖があり、何度か警察に補導
 されています。
 
 夜の街を散歩していたわけではなく、酔っぱらった父親の暴力を
 恐れて家を逃げ出していました。
 
 駅やコインランドリーにねぐらを求めて夜の街を徘徊していたの
 です。
 
 この7歳の息子は、夜の街よりも家にいる方が怖かったのです。
 
▽もう一つのケースは、不倫をしていた女性の話で、妻子ある男性と
 同棲していましたが、この男性が酔うと暴力を振るう人で、この
 男性の気持ちがこの女性から離れると同時に暴力が始まりました。

 そんなときに、子供ができでしまったのです。
 
 二人の関係を修復したいと思っていた女性は、子供を産むことを
 決意します。
 
 しかし、子供を産んでみると、男性は元のさやに治まってしまい、
 酔っぱらった男性はたまに乳児を抱えた女性の所へ行っては女性に
 暴力を振るうようになります。
 
 この女性は、仕方なく子供を連れ家を出て、アパートの一室で
 生活するようになります。
 
 そんな女性の友人たちが、この親子の異常に気が付きます。
 
 子供が育っていない、痩せていると言うことに気が付いて、この
 女性を問いつめます。
 
 すると、子供を虐待していることが分かりました。
 
 男性と同棲していた頃から子供を叩いていたのですが、分かれて
 からは寒い日に子供を何時間も外へ放り出したり、ガスのつけた
 ままの風呂に何時間も浸けてぐったりさせられたり、抱きかかえた
 子供を高いところから落としたりしていたのです。
 
 そして、この母親は「そういう自分が怖い、このままでは子供を
 殺してしまう」と友人達に訴えたのです。
 
 子供は2歳か3歳くらいです。
 
▽以上のような虐待のケースがこの本の冒頭に書かれていました。

 以前ニュースや新聞で聞いて知っている「虐待」というのは、
 
 「子供を折檻して殺害した。普段から暴力が振るわれていたよう
 です」
 
 という「結果」しか聞くことができません。
 
 子供にとっては、こんな言い方したら怒られるかもしれないですが、
 死んだ方が楽だったのかもしれません。
 
 生き地獄から抜け出すことができたのですから...
 
 その暴力のすさまじさは、虐待のない家庭で育った者としては、
 とても思いもつかないものばかりです。
 
▽約15年前がこのような状況でしたが、現在でもそれは変わって
 いないのではないでしょうか?
 
 児童虐待の発生件数が書かれていますが、著者も指摘している通り、
 この数字は分かっているだけの数字であって、実際はもっともっと
 多いと思います。
 
 私たちは児童虐待についてあまりにも無知のような気がします。





 この本は330頁あって、かなり分厚いです。
 
 しかし、一気に読んでしまいました。
 
 気分はかなりブルーになります。
 
 感想を一言で言うと「これが現実なのか?」です。
 
 今回紹介できたのは、この本の冒頭に紹介されていた虐待の3
 ケースだけです。
 
 一度だけでは、紹介しきれないので、明日もう一度書かせてくだ
 さい。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/314-7535db52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。