訪問者数

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙方程式の研究
宇宙方程式の研究―小林正観の不思議な世界 宇宙方程式の研究―小林正観の不思議な世界
小林 正観、山平 松生 他 (2001/06)
風雲舎

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:宇宙方程式の研究
 副題:小林正観の不思議な世界
 著者:小林正観、山平松生
 出版:風雲舎
 定価:1500円
 購入:ブックオフで750円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4938939231/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1408047%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2726713/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 不思議な人
 第2章 ある転機
 第3章 生まれ変わり
 第4章 超能力から「ありがとう」へ
 第5章 自分が太陽になる
 第6章 「ありがとう」の時代



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2001年6月に出版されています。
 
 本を書いたのはこの本の出版社(風雲舎)の社長の山平さんで、
 小林正観さんへのインタビューを文章にしています。



 小林正観という人はどのような人なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生の目的とは?



 「人生の目的」とはどのようなものなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生の目的とは?

 「私たちの人生の目的というのは、この世に痕跡を遺す、なにか
 素晴らしい業績を遺すといったものではないのですね。つまり、
 なにか大きな目標を掲げ、それを達成する、後世にまで伝わる
 作品を遺す、名を残す…、そういうために生きていけるのでは
 ないようだ、というのが私の結論です」

 「この世を生きるということは、雨あられのように降ってくる
 ありとあらゆる現象に対して、いかに不平不満を言わないように
 なるか、これが第一段階です。さらに同じ現象に対して不平不満を
 言わないどころか、いかにその現象の中に『嬉しい・楽しい・幸せ』
 を見つけるか、これが第二段階です。最後に同じ現象の中で、
 いかに『ありがとう』と感謝することができるか、これが第3段階
 です。人間は、結局これが問われているのだと思います」
 
 「次から次にこれでもかこれでもかといろいろな現象が降ってき
 ます。それを3つの段階に合わせ、一次処理し、二次処理し、
 三次処理できるように訓練していくのです」
 
 「この三段階処理をひたすら続けていけばいい、ということに
 なります。ただ淡々とこの作業を99パーセントに至るまでやって
 いけばいいのです。私たちは結局、その見方の訓練をするために
 生きているのですね」

 「それが『徳』です。『ありがとう』と万物に感謝し、それを
 続けていった先に『徳』があります。徳とは感謝されること、
 他人から喜ばれることです、何かをしてあげたからその代わりに
 感謝されるのではなく、ただそこにいるだけで感謝される…」
 
 「そういう存在になることが徳なんです。そうなると人が集まって
 きます。その人がそばにいるだけで周りが安らぎ、暖かく幸せに
 なること…。そういう状態が至福なんでしょうね。『太陽のような人』
 といってもかまいません。これが魂の進化なんですね」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の人生の目的についてもう一度考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人生の目的」とはどのようなことなのでしょうか?

▽約1年半くらい前に「人生の目的」について深く考えるようになり
 ました。
 
 「自分は何をするためにこの世に生まれてきたのだろう?」
 
 普通(?)の人は二十歳前後に人生の目的について考えるそうです。
 
 私の場合、子どもが3人できて、40歳を前にしてようやく考える
 ようになりました。
 
▽普通のサラリーマンが人生について考えるとき、どうしても
 「社会的な成功」が目的になりがちです。
 
 自分のビジネスを起こして、年収?千万になって、大きな家を
 建てて、高級車を何台か持って、いつでも海外旅行に行けて...
 
 将来の生活の不安を考えると、どうしても人生の目的が「お金」
 に向いてしまうのです。
 
 その時に考えた人生の目的に挑戦する人もいます。
 
 でも、大半の人は挑戦もできず足踏みします。
 
 挑戦した人の中でも、人生の目的をつかむ人はほんの一握りの
 人たちです。
 
 そして、人生の目的をつかんだ人の中で、本当に幸せを感じて
 いる人はどのくらいいるのでしょうか?
 
 私は挑戦もできず足踏みしている人たちの中の一人です。
 
▽しかし、そこからたくさんの本を読んでみると、どうやら「人生
 の目的」というのは世間一般で言われている「お金」ではない
 ことがなんとなく分かってきました。
 
 人間は一人ひとり持っているカリキュラムが違います。
 
 それなのに、目的が「お金」になっていると達成できるのは一握り
 の人間であるのは当たり前です。
 
 著者は言います。
 
 「私たちの人生の目的というのは、この世に痕跡を遺す、なにか
 素晴らしい業績を遺すといったものではないのですね。つまり、
 なにか大きな目標を掲げ、それを達成する、後世にまで伝わる
 作品を遺す、名を残す…、そういうために生きていけるのでは
 ないようだ、というのが私の結論です」
 
 では、何が目的になるのでしょうか?
 多少長いですが引用します。
 
 「この世を生きるということは、雨あられのように降ってくる
 ありとあらゆる現象に対して、いかに不平不満を言わないように
 なるか、これが第一段階です。さらに同じ現象に対して不平不満を
 言わないどころか、いかにその現象の中に『嬉しい・楽しい・幸せ』
 を見つけるか、これが第二段階です。最後に同じ現象の中で、
 いかに『ありがとう』と感謝することができるか、これが第3段階
 です。人間は、結局これが問われているのだと思います」
 
 「次から次にこれでもかこれでもかといろいろな現象が降ってき
 ます。それを3つの段階に合わせ、一次処理し、二次処理し、
 三次処理できるように訓練していくのです」
 
 「この三段階処理をひたすら続けていけばいい、ということに
 なります。ただ淡々とこの作業を99パーセントに至るまでやって
 いけばいいのです。私たちは結局、その見方の訓練をするために
 生きているのですね」
 
 どうやら、人生の目的自体はそんなに難しいものではなかった
 ようです。
 
 それが達成できるかどうかは難しいようですが...
 
▽様々な現象に対して「ありがとう」と感謝することができるように
 なって、残りの1%はどうなればいいのでしょうか?
 
 「それが『徳』です。『ありがとう』と万物に感謝し、それを
 続けていった先に『徳』があります。徳とは感謝されること、
 他人から喜ばれることです、何かをしてあげたからその代わりに
 感謝されるのではなく、ただそこにいるだけで感謝される…」
 
 「そういう存在になることが徳なんです。そうなると人が集まって
 きます。その人がそばにいるだけで周りが安らぎ、暖かく幸せに
 なること…。そういう状態が至福なんでしょうね。『太陽のような人』
 といってもかまいません。これが魂の進化なんですね」
 
 人生の目的とはお金ではなく、名誉でも権力でもなく、ただ存在
 するだけで感謝される、そういう存在になることだったのです。
 
 逆に言うと、お金を得るよりも難しいことのように思われます。

▽私が今のところ読書等で得ている「人生の目的」の結論は、
 
 「生まれてくる前に自分で決めた人生を、より良く生きる」
 
 ということです。
 
 そして、より良く生きた先には全てに感謝できる状態の自分が
 いるのかもしれません。





 この本には、もっと紹介したいことがたくさんあります。
 
 「ありがとう」を言い続けるだけで、いろいろな現象が起きてき
 たり、「悟るということ」はどういうことか等、なるほどと思う
 ことがたくさん書かれています。
 
 小林正観さんの本はまだ数冊しか読んでいませんが、この人は
 単なる予測で話をしている人ではなく、必ず自分で検証して確信
 したことでないと、話はしない人のようです。
 
 だから、本を読んでいても怪しい雰囲気がしないのだと思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/307-a10eae79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。