訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフコントロール(2回目)
セルフコントロール―交流分析の実際 セルフコントロール―交流分析の実際
池見 酉次郎、杉田 峰康 他 (1998/11)
創元社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:セルフコントロール
 副題:交流分析の実際
 著者:池見酉次郎、杉田峰康
 出版:創元社
 定価:1400円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4422111973/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1016404%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/1592865/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 “現実の私”と“本当の私”
 第2章 三つの私?自我構造の分析
 第3章 三つ子の魂百までも?基本的な構えと人生脚本
 第4章 真実と芝居?交流の分析
 第5章 生きがい?ふれあい、仕事、哲学する心
 第6章 自己分析の学び方



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は1998年11月に出版されています。
 
 著者の一人、池見酉次郎さんは九州大学名誉教授だった方で、
 現在は既に亡くなっています。
 
 著書が多数在ります。
 
 もう一人の著者、杉田峰康さんは、アメリカの大学病院で精神
 療法を研修し、現在福岡県立大学名誉教授です。
 
 この人も著書が多数あります。



 「交流分析」とはどのようなことを分析するのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「基本的な構え」とは?
 2)「人生脚本」とは?



 人生の脚本をどうやって作られるのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「基本的な構え」とは?

 「基本的な構えとは、一口にいうと、ことわざにもあるように
 『三つ子の魂百までも』ということになる。すなわち、人はおよそ
 3歳ころまでに、親からの愛情(ときにはその剥奪)にまつわる
 さまざまな刺激(S)を受ける」
 
 「無力な乳児をとりまく最も重要な環境は母親であるから、生後
 1年間に乳児が体験する母親とのふれあいは、きわめて重要な
 意味をもつ。母親が与える愛撫やスキンシップは、子どもが受ける
 最初の刺激(S)であり、その量、様式、内容がもとになって、
 子どもの内にある種の情動(D)が生じていくゆく」
 
 「これは、母親とのふれあいを通して、子どもが、自分は存在
 する価値があるのか、また、この世は信頼するに足るのかを決める
 上で、きわめて重要な感情態度となる。すなわち、これは自他に
 対する最低限の信頼感?これを『基本的信頼感』という?の芽生え
 となる」

▽交流分析において、「基本的な構え」は、親子のふれあいの程度や
 内容によって次の4つに分類して考えるそうです。
 
 1.自他肯定(私も他人もOKである)
 2.自己否定・他者肯定(私はOKでないが、他人はOKである)
 3.自己肯定・他者否定(私はOKであるが、他人はOKでない)
 4.自他否定(私も他人もOKでない)

 「その後、何らかの新たな学習体験によって修正が行われない
 かぎり、これらの基本的な構えは、一生の行動パターンに大きな
 影響力を持つものである」


 2)「人生脚本」とは?

 「交流分析では、人生におけるこのような反復傾向を『脚本』
 と呼ぶ。脚本とは、子ども時代に親たちを中心とする周囲の影響の
 もとで発達し、その後の対人関係を含めた人生体験によって強化
 された人生のプログラムであり、個人の人生のもっとも重要な
 局面で、行動を左右するものである」

 ・自他肯定
  自他共存の平和主義、生かされている自分
  
 ・自己否定・他者肯定
  劣等感の悪循環、回避、うつ反応

 ・自己肯定・他者否定
  独善・排他主義、野心家、非協調的な妨害者、非行・犯罪

 ・自他否定
  閉鎖・破壊、瞼の母


──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の人生脚本は何か探ってみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「基本的な構え」とはどのようなことなのでしょうか?

▽「三つ子の魂百までも」ということわざがあります。

 3歳までに身についた反応の仕方(性格)というのは、例え
 100歳になっても変わりません。
 
 ほとんどの場合、それは墓場まで持っていくことになります。
 
 自分のまわりの人や環境、とりわけ親からの影響は自分で修正
 しようとしない限りそのままなのです。
 
 著者は言います。(ここは、重要なので少し長めに引用します)
 
 「基本的な構えとは、一口にいうと、ことわざにもあるように
 『三つ子の魂百までも』ということになる。すなわち、人はおよそ
 3歳ころまでに、親からの愛情(ときにはその剥奪)にまつわる
 さまざまな刺激(S)を受ける」
 
 「無力な乳児をとりまく最も重要な環境は母親であるから、生後
 1年間に乳児が体験する母親とのふれあいは、きわめて重要な
 意味をもつ。母親が与える愛撫やスキンシップは、子どもが受ける
 最初の刺激(S)であり、その量、様式、内容がもとになって、
 子どもの内にある種の情動(D)が生じていくゆく」
 
 「これは、母親とのふれあいを通して、子どもが、自分は存在
 する価値があるのか、また、この世は信頼するに足るのかを決める
 上で、きわめて重要な感情態度となる。すなわち、これは自他に
 対する最低限の信頼感?これを『基本的信頼感』という?の芽生え
 となる」
 
 生まれたばかりの乳児の時期からの母親とのふれあいが、その後の
 子どもの人生をある程度決めてしまうのです。
 
 子どもをもつ親としては、なかなか恐ろしいことです。
 
 我が家の子どもたちは、その時期は過ぎてしまっているので、
 「時すでに遅し」といった感があります(笑)
 
▽交流分析において、「基本的な構え」は、親子のふれあいの程度や
 内容によって次の4つに分類して考えるそうです。
 
 1.自他肯定(私も他人もOKである)
 2.自己否定・他者肯定(私はOKでないが、他人はOKである)
 3.自己肯定・他者否定(私はOKであるが、他人はOKでない)
 4.自他否定(私も他人もOKでない)
 
 著者は言います。
 
 「その後、何らかの新たな学習体験によって修正が行われない
 かぎり、これらの基本的な構えは、一生の行動パターンに大きな
 影響力を持つものである」
 
 交流分析の理想とするところは「自他肯定」です。
 
 そして、私が今目指しているのは、当然「自他肯定」です。
 
 私が自分で自分を簡単に分析してみると、母親はきちんとスキン
 シップをとってくれたおかげで、「自他肯定」にやや近い状況に
 あると思います。
 
 もしかしたら、専門の方に分析してもらうともっと違うかもしれ
 ませんが...
 
▽「基本的な構え」のでき方というのも、詳細に書かれています。

 これを紹介すると、あと5日分くらい説明しないとならないので、
 ここでは省略させていただきます。
 
 「子どもの親になる」ということは、「人の一生を左右する仕事を
 する」ということなのです。
 
 いまさらながら、身の引き締まる思いがします。


●「人生脚本」とは?

▽私が人間関係の本を読むようになってから、本によく書いてある
 パターンというのは、「自分が大人になってから自分の父親や
 母親と同じ運命をたどる場合が多い」ということです。
 
 例えば、父親がアル中でどうしようもない親で、子どもの頃嫌で
 たまらなかったとしても、自分が大人になって親になってみると、
 同じアル中になってしまったとか、母親と同じように、自分の夫と
 別れてしまった、ということが多々あるそうです。
 
 人はこれを、「私も父(母)と同じような星の元に生まれてきた」
 という風に解釈します。
 
 つまりそういう「運命」なんだと思ってしまうのです。
 
 一部当たってないこともないですが、その元をたどっていくと、
 子ども時代にそのような「人生の脚本」が書かれているのです。
 
 著者は言います。
 
 「交流分析では、人生におけるこのような反復傾向を『脚本』
 と呼ぶ。脚本とは、子ども時代に親たちを中心とする周囲の影響の
 もとで発達し、その後の対人関係を含めた人生体験によって強化
 された人生のプログラムであり、個人の人生のもっとも重要な
 局面で、行動を左右するものである」
 
 「人生脚本」はお芝居の脚本に似ています。
 
 脚本家がお芝居の脚本を書いて、演技者はそれに忠実に演技を
 します。
 
 それと同じで、子ども時代に自分のまわりの環境によって描かれた
 「人生脚本」にしたがって、演技者はそれに忠実に演技をする
 ことになるのです。
 
 その全てを紹介することはできないので、ここでは「基本的な構え」
 に対する代表的な人生脚本の題名だけ紹介します。

 ・自他肯定
  自他共存の平和主義、生かされている自分
  
 ・自己否定・他者肯定
  劣等感の悪循環、回避、うつ反応

 ・自己肯定・他者否定
  独善・排他主義、野心家、非協調的な妨害者、非行・犯罪

 ・自他否定
  閉鎖・破壊、瞼の母
  
 この他にもたくさんの「人生脚本」があります。
 
 全ては、子どもの頃の親との関係のなかで作られ、それに忠実に
 演技をすることになります。
 
 このことに気が付けば、自分を変えるきっかけになるのではない
 かと思います。





 この本は、私が今知りたいことがたくさん書いてありました。
 
 もっと紹介したいことがありますが、長くなりそうなのでこの
 へんでやめておきます。
 
 スピリチュアル的に考えると、幼児期に親やまわりの環境によって
 作られた「人生脚本」を理解し克服することが、魂の目的の一つ
 でもあるのです。
 
 まずは、自分に「人生脚本がある」ということに気がつくこと。
 
 これが大切だと思います。
 
 もっと、交流分析について勉強してみたいと思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/288-30420877
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。