訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして「まじめな男」「頑張る女」が満たされないのか
どうして「まじめな男」「頑張る女」が満たされないのか どうして「まじめな男」「頑張る女」が満たされないのか
海原 純子 (2001/08)
大和出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:どうして「まじめな男」「頑張る女」が満たされないのか
 著者:海原純子
 出版:大和出版
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4804716092/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1363401%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2056887/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 「まじめ」で「頑張る」のに満たされない男と女
 食事や気ばらしすら楽しめない男と女
 どんなに努力をしても自信が持てない男と女
 なぜか、人づきあいが苦手な男と女
 いつも居場所が見つからない男と女
 「男らしさ」「女らしさ」にとらわれている男と女



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は2001年8月に出版されています。
 
 著者は、東京で女性のための心療内科を開設し、そこでカウンセ
 リングを行っています。



 真面目に頑張る人が満たされないのはなぜなのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)働き盛りで急死する性格とは?
 2)うつになる方法とは?



 うつになる方法が気になりますね。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)働き盛りで急死する性格とは?

 「『A型気質』とは、血液型のA型ではない、アクティブ、アグ
 レッシブの頭文字をとってA型気質。企業の経営者、管理職に
 多い性格傾向である」
 
 「医療サイドから見ると、いわゆるストレス性疾患にかかりやすい
 性格で、その確率はそうでない人に比べると2倍以上といわれて
 いる」

 1.競争が好き
 2.なんでも勝負にしてしまう
 3.勝ち負けにこだわる
 4.早口、早食い、歩くのが早い
 5.夜遅くまで仕事をすることに限りない喜びを感じている
 6.道路が渋滞するとイライラする


 2)うつになる方法とは?

 「まず身体を小さく縮め、うずくまり、下を向いて過ごしたので
 ある。もちろん身体は動かさず、じっとしていた。数日で彼は
 うつ状態に陥ることに成功。気分は落ち込み、やる気もファイト
 もなく、食欲も低下し病気で受診した」

 「今度は回復すために、うつになる時と全く反対のことをしたと
 いう。つまり体を伸ばし胸をはって動き、散歩などで体を動かした
 のである。すると体を動かすにつれて、気分も回復していったので
 ある」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 気楽に気楽に 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「働き盛りで急死する性格」とは?

▽男性が働き盛りで急死すると、その男性が結婚している場合、
 残された家族は大変です。
 
 現実的な話をすると、しっかりした生命保険に加入していれば、
 金銭的な面では残された家族はなんとか普通に生活できると思い
 ます。
 
 しかし、ほとんどの人は生命保険をあまり知らずに加入しています。
 
 そうなると、金銭面においても安心して生活できません。
 
 それよりも、働き盛りの時期はほとんどの場合、子どもがまだ
 小さいのでお金よりもお父さんが必要です。
 
 著者によると、「急死する性格」というのがあるそうです。
 
 それは「A型気質」の男性なのだそうです。
 
 著者は言います。
 
 「『A型気質』とは、血液型のA型ではない、アクティブ、アグ
 レッシブの頭文字をとってA型気質。企業の経営者、管理職に
 多い性格傾向である」
 
 「医療サイドから見ると、いわゆるストレス性疾患にかかりやすい
 性格で、その確率はそうでない人に比べると2倍以上といわれて
 いる」
 
 確かにいますね。
 
 「いますね」ということは、私にはぜんぜん備わっていない性格
 です。
 
 少し分けて欲しいくらいです。
 
 A型気質の人は、会社に無くてはならない存在です。
 
 私のような人間がたくさんいても、組織を統率する人がいません。
 
 皆を引っ張って行く人が必要です。
 
 必要なのですが、急死する確率が高いのです。
 
▽A型気質の人がどのような人かというと、著者は以下のように
 その性格をあげています。
 
 1.競争が好き
 2.なんでも勝負にしてしまう
 3.勝ち負けにこだわる
 4.早口、早食い、歩くのが早い
 5.夜遅くまで仕事をすることに限りない喜びを感じている
 6.道路が渋滞するとイライラする
 
 6番については、だれでもイライラすると思います。
 
 個人的には6以外は当てはまりません。
 
▽ただ、A型気質の人は自分のストレスに気がついていない場合が
 多いそうです。
 
 そうして、タバコやアルコールの量が増え、急死する確率が高く
 なるのです。
 
 先ずは自分のストレスに気が付くことが必要です。


●「うつになる方法」とはどのような方法なのでしょうか?

▽ある精神科医が、依頼によりうつ病患者が入院した時、どのような
 待遇を治療を受けているかを調査することになったそうです。
 
 それには、自分が「うつ状態」になるのが一番早いと思い、うつ
 になるために次のようにしたそうです。
 
 「まず身体を小さく縮め、うずくまり、下を向いて過ごしたので
 ある。もちろん身体は動かさず、じっとしていた。数日で彼は
 うつ状態に陥ることに成功。気分は落ち込み、やる気もファイト
 もなく、食欲も低下し病気で受診した」
 
 そうして鬱状態の治療を体験したそうです。
 
 こうして調査が終了すると、今度は「うつ状態」から普通の状態へ
 戻らなければなりません。
 
 そのときどうしたかというと、次のことをやったそうです。
 
 「今度は回復すために、うつになる時と全く反対のことをしたと
 いう。つまり体を伸ばし胸をはって動き、散歩などで体を動かした
 のである。すると体を動かすにつれて、気分も回復していったので
 ある」
 
 確かに、気分が落ちこんでいる時は体が内側に向きます。
 
 歩いていても、下を向いて考え事をしながらトボトボ歩く感じに
 なります。
 
 この姿は、駅から会社までの約7?8分歩いているときの、周りの
 サラリーマンの姿です。
 
 ほとんどの人が下を向いて歩いています。
 
 私は顔を上げて景色を見ながら、たまに太陽を見ながら歩きます。
 
 すると、自然と顔がほころんできます。
 
 端から見ると「変なヤツ」なのですが、本人は気分良く歩いてい
 ます。
 
 仕事にあまりストレスがないからでしょうか?
 
▽逆に、うつにならないためには、常に前を向いててきぱき歩くこと
 なのです。
 
 太陽を見ていると、明るい気分になれます。





 この本は、他の心理学の本に比べると、とても読みやすく書かれて
 います。
 
 その分、もっと知りたいという衝動に駆られます。
 
 日々ストレスを感じている人には、楽に生活するヒントがある
 かもしれません。
 
 日々あまりストレスを感じていない、私のような人間にはあまり
 ピンとこない内容です。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/272-133ba6fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。