訪問者数

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が信ずること
我が信ずること―ケイシーの直筆と談話 我が信ずること―ケイシーの直筆と談話
エドガー ケイシー (1991/03)
たま出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:我が信ずること
 副題:ケイシーの直筆と談話
 著者:エドガー・ケイシー
 出版:たま出版
 定価:971円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4884812352/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f456649%2f
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/742477/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 我が信ずること
  我が生涯と仕事
  リーディングとは何か
  治癒と心の働き
  死後最初の10分間
  魂の力とは何か
  テレパシー
  運命
 第2部 オーラ
  オーラを考える
  色とその意味
  オーラの実例



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は平成9年3月に出版されています。
 
 著者は、1877年、アメリカで生まれた人で、1945年に
 亡くなっています。
 
 著者は20世紀最大の霊能者、神秘家と言われています。



 どのようなことをした人なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)エドガー・ケイシーとは何者か?
 2)運命とは?



 人間の運命とはどのようなものなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)エドガー・ケイシーとは何者か?

 「自分自身に自己催眠をかけてトランス状態になり、無意識の中で、
 救いを求める人に最も適切なアドバイス、つまりリーディングを
 与えるということを青年時代から死ぬ直前まで、四十数年間に
 わたり行ってきた。しかも、その的中率は極めて高く、まさに
 神技に等しかった」

 「目覚めている時は写真業を営む敬虔なクリスチャンでありながら、
 催眠状態に入ると超人的な能力を発揮し、あらゆる難病に対して
 診断と治療法を与えることができたり、あるいは魂の記録(アカ
 シックレコード)を読んで、依頼者の長所や短所、才能や弱点
 などを過去生をもとに解き明かすことができました」


 2)運命とは?

 「人は羊のように、あの道、この道と導かれるままに、人間や
 また他なる力によって動かされながら、進んでいきます。活力に
 満ちた、思慮深い人間は『人の運命は、当人の手に握られている』
 という真の意味を承知し、また実践しています」

 「あなた方は誰でも、生きていく中で、自分の道を選択することの
 できる意志を持っています。ということは、自らの行為の選択を
 自らの心を以て行うことができるということと同じです。あなたは、
 自分の知識や能力を日々用いながら、自らの人生を決定している
 のです」

 「毎日の生活が大切です。昨日、行い考えたことが、今日の自分
 だからです。一つ人つの思いが、あなたの中に新しい性質を作って
 行きます。今日のあなたは、それらの集積された性質の総合計
 なのです」

 「こういうことであったとしたら、ああいうことであったとしたら、
 わが人生は素晴らしかったでしょうにということは、言わない
 ことにしましょう。もし、我々の人生が今、素晴らしいもので
 なかったら、今なにが起こったにしても、それが素晴らしいことに
 なるはずはないのです。それはあり得ないことです。結局のところ、
 われわれが今持っているものをどのように使うかに全てが帰する
 と言えるのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 運命を遊ぼう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「エドガー・ケイシー」とは何者なのでしょうか?

▽著者紹介の部分でも書きましたが、著者は霊能者です。

 この本の「訳者あとがき」には次のように書かれています。
 
 「自分自身に自己催眠をかけてトランス状態になり、無意識の中で、
 救いを求める人に最も適切なアドバイス、つまりリーディングを
 与えるということを青年時代から死ぬ直前まで、四十数年間に
 わたり行ってきた。しかも、その的中率は極めて高く、まさに
 神技に等しかった」
 
 また、「日本エドガーケイシーセンター」というNPO法人の
 ホームページには、いろいろと詳しく書かれています。
 ( http://www.eccj.ne.jp/profile/index.html )
 
 一部を抜粋してみると、
 
 「目覚めている時は写真業を営む敬虔なクリスチャンでありながら、
 催眠状態に入ると超人的な能力を発揮し、あらゆる難病に対して
 診断と治療法を与えることができたり、あるいは魂の記録(アカ
 シックレコード)を読んで、依頼者の長所や短所、才能や弱点
 などを過去生をもとに解き明かすことができました」
 
 現在の日本でいうと、江原啓之さんのような人だったのではないで
 しょうか。


●「運命」とはどのようなものなのでしょうか?

▽著者が語る「運命」とは、どのようなものなのでしょう?

 私たちはよく「運命に翻弄されて」とか、「運命の命じるままに」
 といった言葉を使います。
 
 この言葉からは、
 
 「主体が運命で人間はそれにしたがって生きている」
 
 という意味がとれます。
 
 つまり、運命は自分とは全く別なところで既に決まっていて、
 人間はそれに従って生きている、といった考え方になります。
 
 確かに、自分ではままならないのが人生であり、それが自分の
 運命であると考えるのも仕方がないのかもしれません。
 
 しかし、本当の運命とは自分の手にゆだねられているのです。
 
 著者は言います。
 
 「人は羊のように、あの道、この道と導かれるままに、人間や
 また他なる力によって動かされながら、進んでいきます。活力に
 満ちた、思慮深い人間は『人の運命は、当人の手に握られている』
 という真の意味を承知し、また実践しています」
 
 つまり、運命とは自分の手でどうにでもできるということを言って
 いるのです。
 
▽しかし、人間は生まれた環境や育った環境、そのとき周りにいた
 人間の影響を強く受けて育ちます。
 
 すると、運命はある程度決まっているのではないか?という疑問が
 湧いてきます。
 
 裕福な家に生まれた人は、裕福に暮らすことができる可能性が
 高いですが、貧しい家に生まれた人は、貧しく暮らす可能性が
 高いのです。
 
 だとしたら、運命は自分の力ではどうしようもできない部分も
 あるのではないか?と思うのも当然かもしれません。
 
 しかし、著者は次のように言います。
 
 「あなた方は誰でも、生きていく中で、自分の道を選択することの
 できる意志を持っています。ということは、自らの行為の選択を
 自らの心を以て行うことができるということと同じです。あなたは、
 自分の知識や能力を日々用いながら、自らの人生を決定している
 のです」
 
 運命は、自分の選択次第でどうにでもなるということですね。
 
▽そのためには、どのように生活すれば良いのでしょうか?

 日々、流されるままに生きていると、周りの環境に流される人生
 になってしまいます。
 
 これに対して、運命を自分で操りたいときは、自分で選択する
 ことに意識を向けることが必要になります。
 
 「毎日の生活が大切です。昨日、行い考えたことが、今日の自分
 だからです。一つ人つの思いが、あなたの中に新しい性質を作って
 行きます。今日のあなたは、それらの集積された性質の総合計
 なのです」
 
 運命を作るのは、あくまで自分自身の一瞬々の選択にあるのです。
 
 これが分かれば、運命は自分で作るということが理解できると
 思います。
 
 また、著者は次のようにも言います。
 
 「こういうことであったとしたら、ああいうことであったとしたら、
 わが人生は素晴らしかったでしょうにということは、言わない
 ことにしましょう。もし、我々の人生が今、素晴らしいもので
 なかったら、今なにが起こったにしても、それが素晴らしいことに
 なるはずはないのです。それはあり得ないことです。結局のところ、
 われわれが今持っているものをどのように使うかに全てが帰する
 と言えるのです」
 
 運命は神様が決めるものではなく、全て自分の選択にゆだねられて
 いるのです。





 この本は、著者の数少ない談話や書き物を収録したものです。
 
 ただ、残念なことに、あまり良くない翻訳のため、著者が何を
 言いたいのか良く分からなくなっています。
 
 今では、精神世界を語る人はそんなに珍しくなくなりました。
 
 しかし、著者が存命した当時は科学万能の時代で、著者のような
 人は珍しかったのではないでしょうか?



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/239-d7ff4be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。