訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロー・イズ・ビューティフル
スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化 スロー・イズ・ビューティフル―遅さとしての文化
辻 信一 (2001/09)
平凡社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:スロー・イズ・ビューティフル
 副題:遅さとしての文化
 著者:辻信一
 出版:平凡社
 定価:1800円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4582702333/ref=p/oyajimushicom-22/ref=nosim
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2074801/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 もっとゆっくり、今を
 スロー・フード―食べ物を通じて自分と世界との関係を問い直す
 「三匹の子豚」を超えて―スロー・ホームとスロー・デザイン
 「いいこと」と「好きなこと」をつなぐ―スロー・ビジネスの可能性
 テイク・タイム―「動くこと」と「留まること」
 疲れ、怠け、遊び、休みの復権
 さまざまな時間
 ぼくたちはなぜ頑張らなくてはいけないのか?
 住み直す
 スロー・ボディ、スロー・ラブ
 遅さとしての文化



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2001年9月に出版されています。
 
 2003年10月時点で13刷となっています。
 
 今では、再刊されているようです。

 著者は明治大学の教授で、専攻は文化人類学と紹介されています。
 
 著書も多数あります。



 「スローライフ」「スローフード」は最近聞くようになった言葉
 です。

 どのようなことを主張しているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ、ゆっくり生きなければならないのか?



 ゆっくり生きると何かよいことが起きるのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ、ゆっくり生きなければならないのか?

 「想像してみましょう。ゆっくりと歩く。すると道端の花の香り
 を嗅ぐことができる。生活のペースを落とす。すると、今まで
 忘れていた自分のからだをまた感じ始めるでしょう」
 
 「子どもと遊ぶこともできる。手帳にビッシリ書き込まれた予定表
 のことを考えずに、愛する人との時間を楽しむこともできる」
 
 「ファースト・フードを大急ぎで飲み込むかわりに、スロー・
 フード、つまり自分たちで育てたり、料理したり、盛りつけしたり
 した食物を心ゆくまで楽しむこともできる。毎日、静けさの中に
 じっと坐って時を過ごす自分を想像してみて」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【ゆっくり生きるより、熱く生きたいです】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「なぜ、ゆっくり生きなければならない」のでしょうか?

▽「スローライフ」、「スローフード」という言葉をよく聞きます。

 私は単に「ファーストフード」に対抗してできた単語かと思って
 いたのですが、どうやらそうではないようです。
 
 著者は、米国の女性人口学者が発表したリポートを掲載しています。
 
 そのリポートの中でこの学者は、スローイング・ダウン、つまり
 減速することを提唱しています。
 
 その中から、少しだけ抜粋します。
 
 「想像してみましょう。ゆっくりと歩く。すると道端の花の香り
 を嗅ぐことができる。生活のペースを落とす。すると、今まで
 忘れていた自分のからだをまた感じ始めるでしょう」
 
 「子どもと遊ぶこともできる。手帳にビッシリ書き込まれた予定表
 のことを考えずに、愛する人との時間を楽しむこともできる」
 
 「ファースト・フードを大急ぎで飲み込むかわりに、スロー・
 フード、つまり自分たちで育てたり、料理したり、盛りつけしたり
 した食物を心ゆくまで楽しむこともできる。毎日、静けさの中に
 じっと坐って時を過ごす自分を想像してみて」
 
 想像はできますが、実際は難しいですね。
 
 要するに、自給自足の生活をしなければならないということです。
 
▽仕事はどうしましょう?
 
 自給自足で生活することが、その人に合った生き方ならそれで
 満足するかもしれません。
 
 しかし、現代を生きる私たちは、それぞれ多様な生き方を選択
 することができるようになりました。
 
 150年くらい前までは、日本のほとんどの人が農業に従事して
 いました。
 
 そこには、自分のやりたいことを選択できる自由はありません。
 
 農業に従事するしかなかったのです。
 
 自分のやりたいことを選択できる世界が現代だと思います。
 
 
▽また、ほとんどの人が農業をしていた時代にも「税」は取られて
 いました。
 
 「税」がないと国家が成り立ちませんね。
 
 それは、昔も今も変わりません。
 
 現在、自給自足で生活をしたとしても税金は納めないとなりません。
 
 そして、税金を納めることによって、舗装道路等の公共施設を
 利用することができます。
 
 そして、税金を納めるということは、何らかの金銭の収入が無け
 ればなりません。
 
 昔と違って税金を農作物で納めるわけにはいかないのです。
 
 収入が必要だということは、何らかの仕事をしなければならない
 ということですね。
 
 もし、上手に自給自足できない時は、やはり何らかの仕事をして
 収入を得るしかありません。
 
 すると、そんなに毎日「静けさの中で坐って過ごす」なんて事は
 できないのではないでしょうか。
 
 他人に汗水たらしてもらって、それで生活するなら別ですが...
 
 生活をスロー・ダウンするということは、現在ではそれなりの
 覚悟が必要だと思います。
 
▽批判的なことを書いてしまいましたが、言いたいことは充分に
 分かります。
 
 地球を取り巻く環境や、資源、人間の心・精神などを考えると、
 生活をスロー・ダウンした方が良いのかもしれません。
 
 でも、それを選ぶのは私たちの自由です。
 
 スロー・ダウンした生き方をするのか、現代の環境を利用しながら
 生活するのか?
 
 行きたい方向を選択すればいいと思います。
 
 でも、スロー・ダウンした生活を選ぶには自分の周りの人間も
 一緒にその生活を選択しないと成り立たないのではないでしょうか。





 この本は、現在の先進国で抱えている問題を、スロー・ダウン
 した生活、いわゆるスロー・ライフにすることによって解決しま
 しょう、と提案している本です。
 
 実現すればとても素晴らしいことですが、「国」という概念が
 ある限り実現することはないと思います。
 
 国家ぐるみで推進すれば別ですが...
 
 もっと伝えたいことがたくさんある本ですが、私の能力では短く
 まとめることができません。
 
 現在の生活に疲れている方は読んでみると何かヒントが得られる
 かもしれません。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/221-cf6a2080
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。