訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平然と車内で化粧する脳
平然と車内で化粧する脳 平然と車内で化粧する脳
澤口 俊之、南 伸坊 他 (2000/09)
扶桑社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:平然と車内で化粧する脳
 著者:澤口俊之、南伸坊
 出版:扶桑社
 定価:1524円+税(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4594029698/ref=p/oyajimushicom-22/ref=nosim
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/1923990/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ それはネオテニーから始まった
 第1章 ヒトはネオテニー化したサルなのだ
 第2章 モンゴロイドとはどういうヒトか?
     ?ネオテニー的進化がもたらした日本人の宿命
 第3章 ネオテニーの落とし穴
 第4章 脳内汁の秘密
 第5章 進化とズレた日本人の脳
 第6章 日本人の脳の未熟化を止めよう!



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2000年9月に出版されています。
 
 著者の一人澤口さんは、大学の教授で、専門は認知神経科学、
 霊長類学と紹介されています。
 
 本も多数出版されています。
 
 もう一人の著者南さんは、現在イラストライターとして活躍されて
 いる方です。
 
 この方の著書も多数あります。



 電車の車内で化粧をする人というのは、どこがちがうのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)ネオテニーとは?
 2)モンゴロイドの子育て戦略とは?



 「ネオテニー」初めて聞く言葉です。
 いったいどういうことなのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)ネオテニーとは?

 「『ネオテニー』は幼形成熟、つまり幼い時期の特徴を保った
 まま成熟し、繁殖することをいいます。カエルでいえば、オタマ
 ジャクシのまま卵を産んでしまうようなものです」

 「私たちモンゴロイドは、進化学的に見ると、人のなかでもっとも
 ネオテニー化が進んでいて、未熟性を過分に身につけてきた経緯が
 あります。簡単に言うと、未熟性モンゴロイドの特徴なんです」

 「ネオテニーは、子どもが未熟になるというリスクも大きい反面、
 学習を含めた経験をたくさん積めますから、複雑で変動する環境
 にうまく適応できる能力が身につきます。ですから、成熟した
 子どもを残すという点から見れば非常に確実性が高いんですよ」

 「ところが、ネオテニーは諸刃の剣なんです。幼年期の延長で
 より多く生きる知恵を学べるようになったのはいいけれど、逆に
 いえば、人の子どもはしかるべき子育てを受けなければ生きて
 いけないようになってしまった」
 
 「特にモンゴロイドである日本人はネオテニーが進んでいるの
 だから、それだけキチンと子育てしなければいけないわけですよ。
 その子育てが上手くできなかったら、どうなるか」
 
 「極端に言えば、日本人の脳にふさわしい子育てをされなければ、
 “ちゃんとした日本人”にはなれません」
 
 「恥というのは、ヒト特有の概念ですよね。かなり高度な脳の
 働きを要します。だから教えてもらわなければ、恥なんてものは
 何だかわからなくて当然なんです」

 「日本人は、恥とは何かを教える子育て戦術をちゃんともって
 いたはずです。その戦術をまっとうするには、ネオテニー化した
 未熟な脳はむしろ都合がいいはずだった。でも、今、日本人は
 その戦術を見失ってしまっているわけです。だから脳が未熟な
 まんまで、周りの目を気にしないメイワクな行動をとるヒトが
 増えてきたんです」


 2)モンゴロイドの子育て戦略とは?

 「結論から言っちゃいますと、時間をかけて、ていねいに育てる
 のがモンゴロイドの子育ての特徴です」

 「日本の住宅事情では、リビングといってもそれほど広くはなくて、
 家族全員集合したら食事をするのが精一杯。同じ空間でそれぞれに
 時間を過ごしながら家族が集うなんてことは、そもそもできま
 せんからね」
 
 「まったく逆のことしてたんですね。自立に必要なのは個室じゃ
 なくて、むしろ家族で過ごす時間と空間だった」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【住宅事情を考えてみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「ネオテニー」とはどういうことなのでしょうか?

▽この本は、著者二人の対談形式で進んで行きます。

 よく、政治評論家などが対談本を出していますが、私はあの対談本
 というのがきらいで絶対に読まないです。
 
 しかし、この本の場合は題材が政治ではなく、脳科学や霊長類の
 進化に関する内容だったので、おもしろそうなので買ってしまい
 ました。
 
▽この本には「ネオテニー」という、聞いたことのない言葉がいたる
 ところに出てきます。
 
 ネオテニーとは、いったいどういうことなのでしょうか?
 
 「『ネオテニー』は幼形成熟、つまり幼い時期の特徴を保った
 まま成熟し、繁殖することをいいます。カエルでいえば、オタマ
 ジャクシのまま卵を産んでしまうようなものです」
 
 ネオテニーとは進化の過程のなかで、その生物が選んできた道の
 ようです。
 
▽日本人は「モンゴロイド(黄色人種)」と呼ばれています。
 
 他には、ネグロイド(黒色人種)、コーカソイド(白色人種)が
 います。
 
 この「モンゴロイド」がどうしたのかというと、モンゴロイドは
 人の中で最も進化した形のなのだそうです。
 
 「私たちモンゴロイドは、進化学的に見ると、人のなかでもっとも
 ネオテニー化が進んでいて、未熟性を過分に身につけてきた経緯が
 あります。簡単に言うと、未熟性はモンゴロイドの特徴なんです」
 
 なぜ、未成熟に進化するのかというと、未成熟になることによって、
 いろいろなことに挑戦したり、学習したりするようになるため
 なのです。
 
 例えば、猫や犬は子どもの時は良く遊びますが、大人になると
 あまり遊ばなくなります。
 
 これは、必要なだけの学習を終えて成熟したからなのです。
 
 でも、人間だけは大人になってもいろいろな学習をします。
 
 人間は未成熟であるため進化してきたのです。
 
 人間の未熟性は環境に適応するのに有利だったようです。
 
▽人間はネオテニー化することによって、進化してきたのですが、
 それは、子育てにも影響が出てきました。
 
 著者は言います。
 
 「ネオテニーは、子どもが未熟になるというリスクも大きい反面、
 学習を含めた経験をたくさん積めますから、複雑で変動する環境
 にうまく適応できる能力が身につきます。ですから、成熟した
 子どもを残すという点から見れば非常に確実性が高いんですよ」
 
 生まれてから、独り立ちするまでに一番時間がかかるのが人間です。
 
 でもそれには理由があって、独り立ちするまでの期間にいろいろな
 ことを学習していくようになっているのです。
 
 著者は言います。
 
 「ところが、ネオテニーは諸刃の剣なんです。幼年期の延長で
 より多く生きる知恵を学べるようになったのはいいけれど、逆に
 いえば、人の子どもはしかるべき子育てを受けなければ生きて
 いけないようになってしまった」
 
 「特にモンゴロイドである日本人はネオテニーが進んでいるの
 だから、それだけキチンと子育てしなければいけないわけですよ。
 その子育てが上手くできなかったら、どうなるか」
 
 「極端に言えば、日本人の脳にふさわしい子育てをされなければ、
 “ちゃんとした日本人”にはなれません」
 
 「恥というのは、ヒト特有の概念ですよね。かなり高度な脳の
 働きを要します。だから教えてもらわなければ、恥なんてものは
 何だかわからなくて当然なんです」
 
▽日本には昔「恥の文化」というものがありました。
 
 この「恥を感じる心」というのは、実は人間の進化した形だった
 のです。
 
 「日本人は、恥とは何かを教える子育て戦術をちゃんともって
 いたはずです。その戦術をまっとうするには、ネオテニー化した
 未熟な脳はむしろ都合がいいはずだった。でも、今、日本人は
 その戦術を見失ってしまっているわけです。だから脳が未熟な
 まんまで、周りの目を気にしないメイワクな行動をとるヒトが
 増えてきたんです」
 
 これは、納得です。
 
 司馬遼太郎さんの歴史物を読んでいると、昔の日本人はとても
 洗練されたイメージがあります。
 
 教育が行き届いていて、「恥」は即「死」につながります。
 
 それが現在では、「恥」がなくなってきています。
 
 感づいてはいましたが、その原因はどうやら子育てにあったのです。


●では「モンゴロイドの子育て戦略」とはどのようなことなので
 しょうか?
 
▽著者は言います。

 「結論から言っちゃいますと、時間をかけて、ていねいに育てる
 のがモンゴロイドの子育ての特徴です」
 
 要するに、昔の日本の家がモンゴロイドの子育てにはベストだった
 ようです。
 
 一つの部屋に、大勢が集まって生活する。
 
 例え部屋が分かれていたとしても、ふすまや障子などで形式的な
 しきりがあるだけで、基本的には同じ部屋のなかで生活していま
 した。
 
 その形態が、日本人の子育てには最適な環境だったのです。
 
 それが今では、LDKの家に象徴されるように、子ども部屋、
 リビング、寝室と分かれてしまったのです。
 
 著者は言います。
 
 「日本の住宅事情では、リビングといってもそれほど広くはなくて、
 家族全員集合したら食事をするのが精一杯。同じ空間でそれぞれに
 時間を過ごしながら家族が集うなんてことは、そもそもできま
 せんからね」
 
 「まったく逆のことしてたんですね。自立に必要なのは個室じゃ
 なくて、むしろ家族で過ごす時間と空間だった」
 
 現代の住宅事情は、実は日本人の進化の流れに逆行しているよう
 です。





 教育関係の本を読むと「しつけ」の話が出てきます。
 
 「最近の親は子どものしつけがなっていない」
 
 というのがだいたいの主張なんですが、そもそもしつけられな
 かったことをしつけることなんてできないのです。
 
 この本では、そのしつけの問題を、脳科学と霊長類の進化の観点
 から分かりやすいように解説しています。
 
 「平然と電車内で化粧する脳」は、現代の住宅事情が原因だった
 ようです。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/218-de733524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。