訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ
朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ~1日2時間の労働で、毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法~ 朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ~1日2時間の労働で、毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法~
岩元 貴久 (2004/04/02)
総合法令出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ
 副題:1日2時間の労働で、毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法
 著者:岩元貴久
 出版:総合法令出版
 定価:1500円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4893468448/sr=11/oyajimushicom-22/ref=nosim
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2427915/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 自分らしく成功する方法
 第2章 『売れる』情報商材の作り方
 第3章 情報商材販売のテクニック
 第4章 『実践講座』わたしが実践している施策
 巻 末 使用してみて成果のあったツール・サービス



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2004年4月に出版されています。
 
 著者は、日米で3つの会社を経営する企業家であり、情報をお金に
 するエキスパートと紹介されています。
 
 特にインターネットマーケティングに関しては、日本のトップと
 評され世界レベルの知識と経験を持つとのことです。



 情報商人とはどのような職業なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)リジジュアル・インカムとは?
 2)7日間で本を書く方法とは?



 7日間で本が書けるのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)リジジュアル・インカムとは?

 「1日2時間楽しいことをやるほうが1日8時間働く今の仕事
 よりも収入が多くなる」

 「一度提供した労働の価値が、常に新たな価値を生み出し続ける
 ような収入の携帯を、リジジュアル・インカムと呼びます」

 「それは、芸術、音楽の作品、発明家の持つ特許権といったいわ
 ゆる権利(ライセンス)化できるビジネスリジジュアル・イン
 カムに結びつきます」
 
 「それから、一度書いた本が売れ続ける限り『印税』が収入に
 なる作家も、リジジュアル・インカム型の職業の一つです」

 「『情報』を商材として直接販売して収入を得る、こうした職業を
 インフォプレナーと呼びます」


 2)7日間で本を書く方法とは?

 準備段階…本のテーマを決める
 第1日目…本の構想とタイトル・目次決め
 第2日目…コンテンツ作り
 第3日目…リサーチ(不足した情報を補う)
 第4日目…ドラフト(下書き)の完成
 第5日目…コンテンツの整理
 第6日目…編集・校正作業
 第7日目…第3者のレビュー&本の完成

 著者は情報ビジネスで成功するための本のテーマは次の2点を
 踏まえたものでなければならないと言います。
 
 1.情熱を持って取り組めるものであること

 2.ビジネスとして成り立つこと

 「売れる本を書く一番重要なことは、この読者の視点を持つこと
 です」
 
 「情報ビジネスでは、自己満足するために本を書くのではありま
 せん、多くの人から『欲しい!』『ぜひ売ってください!』と
 求められる『売れる』本を書くことが目的なんですね」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分の得意なテーマを考えてみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「リジジュアル・インカム」とはどのような方法なので
 しょうか?
 
▽個人的にはお金を稼ぐことが「幸せ」には直結しないと考えてい
 ますが、今回は純粋にお金を稼ぐ方法としてこの本を紹介したい
 と思います。
 
 この本の冒頭部分で次のように述べられています。
 
 「1日2時間楽しいことをやるほうが1日8時間働く今の仕事
 よりも収入が多くなる」
 
 もし、これが本当なら丸々1日楽しいことやっていたいですね。
 
▽著者は、そのための知恵として「リジジュアル・インカム」という
 考え方が必要だと言います。
 
 この「リジジュアル・インカム(Residual Income)」を著者は
 次のように説明しています。
 
 「一度提供した労働の価値が、常に新たな価値を生み出し続ける
 ような収入の携帯を、リジジュアル・インカムと呼びます」
 
 では、リジジュアル・インカム型のビジネス、職業にはどのよう
 なものがあるのでしょうか?
 
 著者は次のように説明しています。
 
 「それは、芸術、音楽の作品、発明家の持つ特許権といったいわ
 ゆる権利(ライセンス)化できるビジネスがリジジュアル・イン
 カムに結びつきます」
 
 「それから、一度書いた本が売れ続ける限り『印税』が収入に
 なる作家も、リジジュアル・インカム型の職業の一つです」
 
 こう言われると、「それなりの才能がないとなれない職業」だと
 思われます。
 
 しかし、著者は「情報を販売する」ことでリジジュアル・インカム
 を実現しているのです。
 
 そして、作家が書いた本は普通本屋さんに並びますが、著者の場合
 はインターネットだけが流通経路となります。
 
 「『情報』を商材として直接販売して収入を得る、こうした職業を
 インフォプレナーと呼びます」
 
▽例えば、「サービスを提供する」とか「野菜を売る」という商売は
 お客様に一度提供すると、その時点で提供したものから再び収入を
 得ることができなくなります。
 
 それに対して、リジジュアル・インカム型の商品は、一度作れば
 あとはそれが何度でも収入に結びつくことになるのです。
 
 そして、著者はこの本の中で、自分で本を書いてそれをインター
 ネットで販売する方法を紹介しています。
 
インフォプレナーとは造語で、日本語でいうと「情報起業家」と
 訳されます。
 
 著者は「情報商人」と呼んでいます。


●では「7日間で本を書く方法」とはどのような方法なのでしょうか?

▽普通、本を書くという作業はどこかのホテルで何ヶ月も缶詰に
 なって...というイメージがあるのですが、著者は7日間で
 本を書く方法を紹介しています。
 
 簡単に紹介すると次のようになります。
 
 準備段階…本のテーマを決める
 第1日目…本の構想とタイトル・目次決め
 第2日目…コンテンツ作り
 第3日目…リサーチ(不足した情報を補う)
 第4日目…ドラフト(下書き)の完成
 第5日目…コンテンツの整理
 第6日目…編集・校正作業
 第7日目…第3者のレビュー&本の完成
 
 全てを紹介することはできないので、誰もが一番悩んでしまう
 「本のテーマ」を決める方法を少しだけ紹介します。
 
情報商人として本を書くためには、少しだけ違う視点が必要なの
 です。
 
 それは「売れる本を書く」ということです。
 
 そのためには「本のテーマ」が重要になります。
 
 著者は情報ビジネスで成功するための本のテーマは次の2点を
 踏まえたものでなければならないと言います。
 
 1.情熱を持って取り組めるものであること

 2.ビジネスとして成り立つこと
 
 著者がおすすめしているテーマは、次の2つのいずれかにあて
 はまることです。
 
 「過去に自分がものすごく知りたかったこと(そして現在その
 ことについて詳しい)」
 
 「今、自分がものすごく知りたいと思っていること」
 
 その理由は、読者の気持ちがよく理解して書くことができるから
 だそうです。
 
 著者は言います。
 
 「売れる本を書く一番重要なことは、この読者の視点を持つこと
 です」
 
 「情報ビジネスでは、自己満足するために本を書くのではありま
 せん、多くの人から『欲しい!』『ぜひ売ってください!』と
 求められる『売れる』本を書くことが目的なんですね」
 
▽では、情報商材で人気のあるテーマにはどのようなものがあるの
 でしょうか?
 
 ここでは、いくつか上げられています。
 
 ・お金儲けに関する方法
 ・お金を節約する方法
 ・効率的に物事を行う方法(時間を節約する方法)
 ・努力せずとも簡単に何かを実現する方法
 ・もっと楽になる方法
 ・かっこよく・美しくなる方法
 ・名誉を得ることにつながる方法
 ・人気者になる方法
 ・痛み(課題・苦しみ)から逃れる方法
 
 個人的には、このテーマ決めが一番難しそうです。





 実は、この情報起業関係の本を読むのは初めてではありません。
 
 過去に何冊か読んでいるのですが、このテーマ決めのところで
 つまづいてしまいます。
 
 上であげられたテーマに合う情報をほとんど持っていないのです。
 
 一番人気なのは、やはり「お金」に関することなのですが、これ
 に関しては有益な情報は一切持っていません。
 
 でも、情報商人自体にはとても興味があります。
 
 上にあげたのとは全く別なテーマで考えてみることにします。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/196-371439d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。