訪問者数

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きるのが楽しくなる15の習慣
生きるのが楽しくなる15の習慣 生きるのが楽しくなる15の習慣
日野原 重明 (2002/10)
講談社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:生きるのが楽しくなる15の習慣
 著者:日野原重明
 出版:講談社
 定価:1300円+税(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062115468/sr=8-/oyajimushicom-22/ref=nosim
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2228812/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 習慣が人をつくる、心も体も
 第2章 学び、考え、人生を広げる
 第3章 良い習慣は家庭で育つ
 第4章 人は死と出会い、命を知る
 第5章 健康は習慣の積み重ね
 第6章 心の元気が健康感を生む
 第7章 自分を見つめ、幸せに生きる



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2002年4月に出版されています。
 
 著者は今年で95歳になりますが、まだまだ現役で病院の院長を
 されている方です。
 
 著書も多数あります。



 実際毎日楽しく生きている人の話はためになりそうです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)15の習慣とは?



 習慣を変えるにはどうすればよいのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)15の習慣とは?

 習慣1 愛することを心の習慣にする
 習慣2 「良くなろう」と思う心を持つ
 習慣3 新しいことにチャレンジする
 習慣4 集中力を鍛える
 習慣5 目標となる人に学ぶ
 習慣6 人の気持ちを感じる
 習慣7 出会いを大切にする
 習慣8 腹八分目より少なく食べる
 習慣9 食事に神経質になりすぎない
 習慣10 なるべく歩く
 習慣11 大勢でスポーツを楽しむ
 習慣12 楽しみを見いだす
 習慣13 ストレスを調節する
 習慣14 責任を自分のなかに求める
 習慣15 やみくもに習慣にとらわれない



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【できるところからやってみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「15の習慣」とはどのような習慣なのでしょうか?

▽著者は今年で95歳となりますが、まだまだ現役で仕事を頑張っ
 ています。
 
 また、執筆活動も盛んで、毎日睡眠時間は5時間、たまには徹夜で
 仕事をすることもあるそうです。
 
 若い人よりも、バリバリ働くためにはどのような生活をする必要
 があるのでしょうか?
 
 著者が言うには、大切にしてきた「宝物」というべき15の習慣
 があるそうです。
 
 それを以下に簡単に解説します。

 習慣1 愛することを心の習慣にする

  …喜びや楽しみは、人と分かち合った分だけ大きくなっていくと
   信じています。より楽しく生きるには、より多くの愛が必要
   です。

 習慣2 「良くなろう」と思う心を持つ

  …欠点や弱点を克服し、もっと良くなろうという気持ちを心の
   習慣として持ち続ける人は、どんなときでも力強く、楽しく
   生き抜くことができるのではないかと思います。

 習慣3 新しいことにチャレンジする
  
  …人間には、自分でも気づかない隠れた才能がまだまだ眠って
   いるような気がします。新しいことにチャレンジすることを
   怖れなければ、やがて才能が開花するときも訪れるでしょう。
   
 習慣4 集中力を鍛える

  …緊張感が生まれて能率もあがりますし、集中すればそれだけ
   上達も早いですから、翌日の時間が楽しみになります。長続
   きするでしょうし、きっと良い結果が得られると思います。

 習慣5 目標となる人に学ぶ

  …かんじんなのは、自分の20年後をできるだけはっきりと
   イメージすることです。その上で、「こうなりたい」と思う
   人を決めるのです。目標とするべきモデルが見つかったら、
   その人から学び、その人が目指した人からも学びなさい。

 習慣6 人の気持ちを感じる

  …無理に人に気遣いをすると、かえってその人の負担になること
   もあります。付け焼き刃の思いやりでは、余計なお世話になる
   こともあるでしょう。そうならないためにも、いつも思いやり
   の心を絶やさず、人の気持ちを感じられる人になって欲しいの
   です。

 習慣7 出会いを大切にする

  …真剣にものを考え、敏感な感性を持っていれば、死もかけがえ
   のない出会いになるのです。出会えること、それを私は大切に
   しようと、つねに心がけています。

 習慣8 腹八分目より少なく食べる

  …腹八分目という言葉があります。満腹になる手前で食べるのを
   やめるのが、内蔵への負担も少なくてすみ、健康には良いと
   いうことです。

 習慣9 食事に神経質になりすぎない

  …何を食べなくてはいけないとか、また食べてはいけないとか、
   神経質になりすぎないのが健康の秘訣だと思います。

 習慣10 なるべく歩く

  …食生活の乱れと並んで問題なのは運動不足です。

 習慣11 大勢でスポーツを楽しむ

  …肉体は老いても、若い感覚は取り戻すことができるのです。
   そんな意味で、若い人たちと一緒にいると、人生を2倍に
   楽しむことができるのです。

 習慣12 楽しみを見いだす

  …いろいろなものに楽しみを見つけられる私の心は、歳をとる
  ことを知らないようです。

 習慣13 ストレスを調節する

  …ストレス解消法の一つとしては、心配ごとをためこまないこと
   です。そのためには忘れっぽくなることが大切です。

 習慣14 責任を自分のなかに求める

  …何か自分にとって都合の悪いことが起きたときも、その責任や
   原因を、まずは自分に求めるようにしています。

 習慣15 やみくもに習慣にとらわれない

  …習慣が人を作る、と言い続けてきましたが、闇雲にそれに
   固執することはないのです。


 こう並べてみると、そんなに難しくはなさそうです。





 以上の習慣を心に置き、95年も楽しく生きてきたのですから、
 信じても良さそうです。
 
 しかも、いずれの習慣も頑張ってやらなければならないという
 感じでもなさそうです。
 
 楽しく生きるにはあまり難しく考えなくてもよさそうです。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/189-66ba524e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。