訪問者数

カレンダー

05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を変える7日間
自分を変える7日間―体験!シルバ・メソッドで“奇跡”が起こった! 自分を変える7日間―体験!シルバ・メソッドで“奇跡”が起こった!
オーブ セヘステッド、バート ゴールドマン 他 (2003/01)
三笠書房

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:自分を変える7日間
 副題:体験!シルバ・メソッドで“奇跡”が起こった!
 著者:オーブ・セヘステッド、 バート・ゴールドマン
 出版:三笠書房
 定価:1300円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/483795622X/sr=11/oyajimushicom-22/ref=nosim
 楽天ブックス
 
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2270351/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 月曜日 “奇跡なんて信じない!”私だったが
 火曜日 “マインド・パワー”の凄さを自分の体で知る!
 水曜日 心に刷り込まれてしまった「自分の限界」を取り除く!
 木曜日 この強力“イメージング”訓練で願いは叶う!
 金曜日 どんな壁も突破!シルバ・メソッド「四つの魔法」
 土曜日 頭の中に「最高の研究室とカウンセラー」をつくる!
 日曜日 たった一週間で“奇跡”が現実に起こった!




──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■□□□


 この本は2003年1月に出版されています。
 
 著者のひとりバート・ゴールドマンは、この本で紹介されている
 「シルバ・メソッド」の名トレーナーです。
 
 もうひとり、オーブ・セヘステッドは、アメリカの雑誌等で広く
 活躍するフリージャーナリストです。



 「シルバ・メソッド」とはどのようなものなのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「シルバメソッド」で何ができるようになるのか?
 2)間違ったプログラムとは?
 3)マイナスの思考波とは?



 間違ったプログラムを簡単に書き換える事ができるなら、何でも
 できそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「シルバメソッド」で何ができるようになるのか?

 「シルバ・メソッドとは、自分の心を自分でコントロールする方法
 を学ぶものであって、誰かにコントロールされるとか、他人に影響
 を与えてどうこうしようというものではない。対象はあくまでも
 “自分自身”だ」
 
 「しかし、この『セルフ・コントロール』がうまくできるように
 なれば、その分だけ外からの影響によってコントロールされる
 こともなくなるのである」
 
 「シルバ・メソッドでは、問題の根本と向き合うことから始めます。
 過去の“間違った心のプログラミング”によって生まれ、そのまま
 心の奥に潜んでいる頑固な“思い込み”を探り出し、独自のテク
 ニックを使って、全てきれいに修正してやるのです。そうすると、
 病気であれ何であれ、問題は跡形もなく消えていきます」


 2)間違ったプログラムとは?

 「こうした出来事は、子どもの心の奥深くに、消すことのできない
 傷跡を残す。たった一つだけの傷なら、ほとんど影響はない。
 しかし、似たような経験があれこれ重なると、ちいさな傷同士が
 お互いに引きつけ合って悪化し、一つの巨大な膿を出す」
 
 「するとその膿は、人生に深刻な影響を与え始める、人は誰でも
 潜在意識にいくつかの膿を抱えていて、これが“間違った心の
 プログラミング”の原型となっているのだ」


 3)マイナスの思考波とは?

 「恐ろしいのは、そうやって鬱積(うっせき)したマイナスの感情
 を抱えたままにしていると、自分だけが傷ついて終わりなのでは
 なく、まわりの人間にも知らず知らずのうちに“マイナスの思考波
 を発信してしまっていることだ」
 
 「しかも、そうしたマイナスの思考波をまき散らしている人は、
 他人が発している同じような思考波を受信しやすい状態に陥って
 もいる。マイナスの思考波は巡り巡って、結局、最後には己の身
 を蝕むのだ。まるで自分のしっぽをくわえて離さないヘビのように」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分の間違ったプログラミングを探ってみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「シルバメソッドで何ができるようになる」のでしょうか?

▽世の中には、この本で紹介されている「能力開発講座」のような
 ものがたくさんあります。
 
 この本では、奇跡に懐疑的なジャーナリストである著者のひとり
 が実際に体験し、それをレポートにした形式となっています。
 
 著者は「シルバメソッド」を次のように紹介しています。
 
 「シルバ・メソッドとは、自分の心を自分でコントロールする方法
 を学ぶものであって、誰かにコントロールされるとか、他人に影響
 を与えてどうこうしようというものではない。対象はあくまでも
 “自分自身”だ」
 
 「しかし、この『セルフ・コントロール』がうまくできるように
 なれば、その分だけ外からの影響によってコントロールされる
 こともなくなるのである」
 
 「シルバ・メソッドでは、問題の根本と向き合うことから始めます。
 過去の“間違った心のプログラミング”によって生まれ、そのまま
 心の奥に潜んでいる頑固な“思い込み”を探り出し、独自のテク
 ニックを使って、全てきれいに修正してやるのです。そうすると、
 病気であれ何であれ、問題は跡形もなく消えていきます」
 
 以上が、この本で紹介されている「シルバ・メソッド」で可能に
 なるそうです。
 
▽確かに、人に発生する問題のほとんどは「思い込み」が原因の
 ようです。
 
 そして、その思い込みは、自分が育ってきた環境によって作られます。
 
 育ててくれた親の影響が一番濃く出ます。
 
 その思い込みを消し去る方法を教えてくれるのがこの本で紹介
 されている「シルバ・メソッド」です。
 
 つまり、潜在意識の奥にしまい込まれた固定観念を探り出し、
 それを書き換えてしまうのです。
 
 これができると、いろいろな可能性が広がりそうです。


●では「間違ったプログラム」とはどのようなことなのでしょうか?

▽上でも少し書きましたが、プログラミングは、ほとんどが子ども
 の頃に親に刷り込まれます。
 
 そこには、当然生きていくのに必要なプログラミングもありますが、
 それと同時に、マイナスの影響を及ぼすプログラミングも多数刷り
 込まれます。
 
 これは、しかたのないことです。
 
 例えば、自分ではとても楽しい泥遊びを一所懸命やっていたとし
 ます。
 
 そこへ、母親が現れ叱られたとします。
 
 すると、潜在意識には「楽しいことをして遊んではいけないんだ」
 という間違ったプログラミングがされてしまいます。
 
 これが、大人になってから「楽しいことをして生きてはいけない
 んだ」という人生になってしまうのです。
 
 著者は言います。
 
 「こうした出来事は、子どもの心の奥深くに、消すことのできない
 傷跡を残す。たった一つだけの傷なら、ほとんど影響はない。
 しかし、似たような経験があれこれ重なると、ちいさな傷同士が
 お互いに引きつけ合って悪化し、一つの巨大な膿を出す」
 
 「するとその膿は、人生に深刻な影響を与え始める、人は誰でも
 潜在意識にいくつかの膿を抱えていて、これが“間違った心の
 プログラミング”の原型となっているのだ」
 
▽人生とは、この間違ったプログラムを自ら克服するのを目的として
 いるのではないかと思います。
 
 そこから何かを学ばなければならないのです。
 
 だから、“間違ったプログラム”が全て悪いというわけではない
 と思います。


●では「マイナスの思考波」とはどのようなことなのでしょうか?

▽上で書いた「思い込み」や「間違ったプログラミング」は、心の
 中で強い「マイナスのエネルギー」を発し続けているそうです。
 
 その結果、全く根拠のない憎しみや、怒りや、恐怖といった、
 「マイナスの感情」が生み出されることもあるそうです。
 
 著者は言います。
 
 「恐ろしいのは、そうやって鬱積(うっせき)したマイナスの感情
 を抱えたままにしていると、自分だけが傷ついて終わりなのでは
 なく、まわりの人間にも知らず知らずのうちに“マイナスの思考波”
 を発信してしまっていることだ」
 
 「しかも、そうしたマイナスの思考波をまき散らしている人は、
 他人が発している同じような思考波を受信しやすい状態に陥って
 もいる。マイナスの思考波は巡り巡って、結局、最後には己の身
 を蝕むのだ。まるで自分のしっぽをくわえて離さないヘビのように」
 
 「類は友を呼ぶ」とは、このことを言います。
 
 例えば愚痴の多い人の周りには、愚痴の多い人が集まります。
 
 これは、同じ波長の人を自分で引き寄せるからです。
 
 周りに、嫌な人間ばかり集まっているのなら、まず自分を疑って
 みましょう。
 
 きっと、自分からマイナスの思考波を発信していることだと思い
 ます。





 「シルバ・メソッド」の方法としては、起きたまま「アルファ波
 の脳波状態を創り出し、潜在意識を書き換えていくという方法を
 とります。
 
 この本では、その体験記が書かれているのですが、いまひとつ
 その感覚が伝わりません。
 
 実際は30時間くらいの講座を受けないとならないようです。
 
 時間と興味がある人はチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/188-f9e44db1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。