訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人で生きる人生の愉しみ方
一人で生きる人生の愉しみ方 一人で生きる人生の愉しみ方
川北 義則 (2006/04/21)
ダイヤモンド社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:一人で生きる人生愉しみ
 著者:川北義則
 出版:ダイヤモンド社
 定価:1300円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/N00Nba067u1f04d08bNbau1f06e/oyajimushicom-22/ref=nosim
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02dcf9f0.4f3aeecd/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/4023374/
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2668587/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 「一人で生きる時代」がやってきた
 第1章 一人で生きる効用
 第2章 一人で生きる心の支え
 第3章 一人で生きる愉しみ
 第4章 一人で生きる知恵と勇気



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は2006年4月に出版されています。
 
 著者は、出版プロデューサー、生活経済評論家として活躍されて
 います。
 
 著書も多数あります。



 中味をあまり吟味せずに買ってきた本なのですが、考えていた
 内容と書いてある内容が違ってました。
 
 どうやら、歳をとってからの一人暮らしについて書かれている
 ようです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ定年後は「夫婦いっしょ」はやめたほうがいいのか?
 2)一人暮らしの適性度とは?



 今は一人暮らしはしたくないです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ定年後は「夫婦いっしょ」はやめたほうがいいのか?

 「いつもいつもいっしょにいると、どんなに仲がよくても息が
 詰まる。ご馳走だって毎日は食べられないのと同じである」
 
 「ところが、男性のなかにはリタイヤしたとたん、奥さんにべっ
 たりくっついて離れようとしない人がいる。それで奥さんが喜ぶ
 ならいいようなものだが、かえって迷惑だろう」

 「リタイヤしたまじめな夫は『いままで迷惑をかけたから』と
 奥さんといっしょにいようとする。そうすれば奥さんが喜ぶと
 思うからだが、これはとんだ誤解、錯覚であることがほとんど
 なのだ」
 
 「夫婦は24時間、『夫婦』でいなければならないのではない。
 独立した大人の二人が縁あって一つ屋根の下で暮らしているに
 すぎない」
 
 「そう理解すれば『夫婦だからいつもいっしょに』には、かなり
 無理があることに気づくはずだ」


 2)一人暮らしの適性度とは?

 「妻に先立たれたとき一人暮らしていけるかどうか」のチェック
 リスト
 
 1.料理は作れるか?
 2.掃除や洗濯はできるか?
 3.ゴミ出しルールはわかるか?
 4.預金通帳や保険証書の置き場所はわかるか?
 5.健康保険証の置き場所はわかるか?
 6.借金や財産の全てがわかるか?
 7.近所付き合いはしているか?
 8.近所の十人以上の名前をあげられるか?
 9.地元の同好会などに入っているか?
 10.自治会(町内会)などの役員はしているか?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【ご近所付き合いをもっと増やそう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「なぜ定年後は『夫婦いっしょ』はやめたほうがいいの
 でしょうか?
 
▽たまにテレビで見る場面で、個人的に嫌だなと思うのは、定年
 退職したサラリーマンがやることがなくて家でボーッとしている
 姿です。
 
 全てをサラリーマンという職業に費やしてきた人が、いきなり
 その職を奪われてしまうのです。
 
 定年後、わずか数年で死ぬ人が多いのもなんとなく納得できます。
 
 やることが無いので、何となく家にいるしかなく、その何となく
 家にいる夫の相手をしなければならない妻はたまったものじゃな
 いと思います。
 
▽普段どんなに仲が良い夫婦でも、24時間ずっといっしょにいる
 と嫌になってきます。
 
 特に、定年退職する夫の妻は、夫がサラリーマンで家にいない
 うちに、すでに自分の世界を持っている人が多いです。
 
 妻の方は、夫が定年退職しても自分の世界が変わることはありま
 せん。
 
 しかし、夫の方は定年退職とともに、全く違う世界に入ることに
 なります。
 
 いきなり違う世界に入ってしまった夫は、何をしていいか分からず、
 とりあえず家でボケッとしている人が多いのです。
 
▽長年のサラリーマン生活と妻の世話により生きてきた夫は、家に
 いると一人では何もすることができず、妻に頼るしかありません。
 
 妻は定年退職とともに、第2の子育てが始まってしまうのです。
 
 そんな夫を持った妻は大変ですね。
 
▽著者は言います。
 
 「いつもいつもいっしょにいると、どんなに仲がよくても息が
 詰まる。ご馳走だって毎日は食べられないのと同じである」
 
 「ところが、男性のなかにはリタイヤしたとたん、奥さんにべっ
 たりくっついて離れようとしない人がいる。それで奥さんが喜ぶ
 ならいいようなものだが、かえって迷惑だろう」
 
 夫婦でも一定の距離が必要なのです。
 
 しかも、20年、30年生活を共にしても、夫婦がお互い充分に
 理解しあっているかというと、決してそんなことはないそうです。
 
▽さらに著者は言います。
 
 「リタイヤしたまじめな夫は『いままで迷惑をかけたから』と
 奥さんといっしょにいようとする。そうすれば奥さんが喜ぶと
 思うからだが、これはとんだ誤解、錯覚であることがほとんど
 なのだ」
 
 「夫婦は24時間、『夫婦』でいなければならないのではない。
 独立した大人の二人が縁あって一つ屋根の下で暮らしているに
 すぎない」
 
 「そう理解すれば『夫婦だからいつもいっしょに』には、かなり
 無理があることに気づくはずだ」
 
 夫が妻に迷惑をかけている間に、妻は自分なりの生き方をしてい
 ます。
 
 そこへ、夫が割り込んで妻が喜ぶかというとそうでもないようで
 すね。
 
 もし、そうなりたくないのであれば、リタイヤする前から妻との
 関係を違う方向へ持っていく努力をした方がいいかもしれません。


●では「一人暮らしの適性度」とはどのようなことなのでしょうか?

▽一人で生きていくためには、全てを自分でやらなければなりません。

 そこで、「妻に先立たれたとき一人暮らしていけるかどうか」の
 チェックリストというのが載っていました。
 
 チェックしてみて下さい。
 
 1.料理は作れるか?

 2.掃除や洗濯はできるか?
 
 3.ゴミ出しルールはわかるか?
 
 4.預金通帳や保険証書の置き場所はわかるか?
 
 5.健康保険証の置き場所はわかるか?
 
 6.借金や財産の全てがわかるか?
 
 7.近所付き合いはしているか?
 
 8.近所の十人以上の名前をあげられるか?
 
 9.地元の同好会などに入っているか?
 
 10.自治会(町内会)などの役員はしているか?
 
▽いかがでしょう?
 
 著者が特に問題だと思っているのは、ほとんど妻まかせだった、
 料理、掃除、選択の三大家事だと言います。
 
 これができないと、一人暮らしはできません。
 
 私もこのリストを見て、ヤバイなあと思いました。

 私の場合、三大家事は普通にできますが、近所付き合いがほとんど
 ありません。
 
 もし、将来一人暮らしができそうもない方は、今からでも何とか
 してみてはいかがでしょうか?





 例え一人になっても生きていく術を持っている人は、夫婦として
 暮らしていても、妻との関係は違ったものになっていると思います。
 
 確実に自分が先に死ぬのならば、あまり一人暮らしを意識する
 ことは無いと思います。
 
 しかし、その確証がない限り、一人で生きていく手段を考えていた
 方が良いと思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/172-ce1f33a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。