訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中心感覚
中心感覚―一瞬のうちに本質をつかむ力 中心感覚―一瞬のうちに本質をつかむ力
内海 康満 (1999/12)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:中心感覚
 副題:一瞬のうちに本質をつかむ力
 著者:内海康満
 出版:サンマーク出版
 定価:1600円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4763192825/r/oyajimushicom-22/ref=nosim
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02dcf9f0.4f3aeecd/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1116016/
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/1712399/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ 人間本来の機能に目覚めよ
 第1章 一瞬で本質をつかむ力があなたにもある
 第2章 人生をシミュレーションせよ
 第3章 この感覚が恋愛・結婚を自由にする
 第4章 本来の健康を取り戻す「仙骨」の魔術
 第5章 中心感覚で現代社会を生き抜く




──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は1999年12月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、13歳の頃から精神世界に興味をいだき、
 数々の体験を経て、「見えない世界」のい実在を自覚したそうです。
 
 現在は、道術宗家、仙骨無痛療法のMRTペインレスメソッド主宰
 をされています。
 
 著者も何冊かあります。



 「中心」とは何か、「中心感覚」とは何かを読みとってみたいと
 思います。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)中心感覚とは何か?
 2)一瞬で本質をつかむ力とはどのようなものか?



 「一瞬で本質をつかむ力」とは、どのようなことを言っているの
 でしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)中心感覚とは何か?

 「私は1%のインスピレーションがあるからこそ、99%の努力
 をするのであって、もし確たるインスピレーションがなければ、
 努力などしないだろう」
 
 「1%のひらめきによって心理があらかじめ把握されてしまって
 いる。それを、あとから物理的に証明したり現実化するのに、
 99%の努力が必要になってくるということである」
 
 「すなわち、人間というのは直感によってすでに真実を見抜いて
 おり、努力はそれを裏付ける手段にほかならない」

 「本を買うとき、たくさんの類書の中からあれにしようかこれに
 しようかと、さんざん迷って選んだ本ほどかえってピントはずれ
 であったという経験があると思う」
 
 「逆に、一目でピンと直感がはたらき(こちらが本を選ぶのでは
 なく、むしろ本の方から買ってくれと飛び込んでくるような感覚で)
 中も見ずに迷いなく手に取った本。そういう本ほど自分の希望に
 ぴたりと合致しているものだ」

 「このように感覚とは一直線に、素速く、しかも性格に真実に到着
 する最高の手段であり、それは私たちが考えているよりはるかに
 すごい力を持っている」
 
 「したがって人間は頭脳中心で生きるよりも、感覚中心で生きる
 方がずっと楽しく、かつ快適で、自由自在に生きられるものなの
 である」
 
 「そして、その本質を瞬時につかんでしまう優れた感覚の力、
 それを私は『中心感覚』と読んでいる」


 2)一瞬で本質をつかむ力とはどのようなものか?

 「中心感覚とは何か。『一瞬にして物事の中心を見抜く力』『瞬時
 に本質をつかむ力』、とりあえずそんなふうに定義できる」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【ひらめきを大切にしよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「中心感覚」とは何でしょうか?
 
▽著者はエジソンの有名な言葉「天才とは99%の努力と1%のひら
 めきである」という言葉は、本来の意味は違うと言います。
 
 実はエジソンは次のように語ったそうです。
 
 「私は1%のインスピレーションがあるからこそ、99%の努力
 をするのであって、もし確たるインスピレーションがなければ、
 努力などしないだろう」
 
 著者にとると、これは次のような意味になのだそうです。
 
 「1%のひらめきによって心理があらかじめ把握されてしまって
 いる。それを、あとから物理的に証明したり現実化するのに、
 99%の努力が必要になってくるということである」
 
 「すなわち、人間というのは直感によってすでに真実を見抜いて
 おり、努力はそれを裏付ける手段にほかならない」
 
 天才はやはり天才だったのです。
 
 それも、「ひらめき」の天才だったのです。
 
 努力をしたから天才と言われるようになったのではなく、ひらめ
 いてそれを証明することができたからこそ、天才と呼ばれている
 のです。
 
 世の中には、エジソンのような天才よりもたくさんの努力をして
 いる凡人がたくさんいると思われます。
 
 その人たちは、ひたすら努力しても「ひらめき」がなかったがた
 めに歴史に名を残すことができませんでした。
 
 実は、この「ひらめき」も「中心感覚」の一つなのです。
 
 まずは、ひらめきで物事の本質をつかんでしまいます。
 
 あとは、それをひたすら証明するのに時間をかけるのです。

▽また、次のようなことも「中心感覚」の一つです。

 「本を買うとき、たくさんの類書の中からあれにしようかこれに
 しようかと、さんざん迷って選んだ本ほどかえってピントはずれ
 であったという経験があると思う」
 
 「逆に、一目でピンと直感がはたらき(こちらが本を選ぶのでは
 なく、むしろ本の方から買ってくれと飛び込んでくるような感覚で)
 中も見ずに迷いなく手に取った本。そういう本ほど自分の希望に
 ぴたりと合致しているものだ」
 
 私はたくさんの本の中から本を探すときに、頭の中で、
 
 「自分が読みたい本はどれか?」
 「自分に必要な本はどれか?」
 
 等、質問しながら本を探します。
 
 すると、本棚に目を走らせるだけで「これだ」という感覚があり
 ます。
 
 たまに間違うこともありますが、だいたいは当たっています。
 
 あとは、パラパラと目次を見て大丈夫そうなら買います。
 
▽著者は言います。
 
 「このように感覚とは一直線に、素速く、しかも性格に真実に到着
 する最高の手段であり、それは私たちが考えているよりはるかに
 すごい力を持っている」
 
 「したがって人間は頭脳中心で生きるよりも、感覚中心で生きる
 方がずっと楽しく、かつ快適で、自由自在に生きられるものなの
 である」
 
 「そして、その本質を瞬時につかんでしまう優れた感覚の力、
 それを私は『中心感覚』と読んでいる」
 
 簡単に言うと、ここで言う「中心感覚」とは「直感」ということ
 でしょうか。


●では「一瞬で本質をつかむ力」とはどのような力なのでしょうか?

▽著者は言います。

 「中心感覚とは何か。『一瞬にして物事の中心を見抜く力』『瞬時
 に本質をつかむ力』、とりあえずそんなふうに定義できる」
 
 例えば、人と話をするときに、言葉をたくさん使って説明しなく
 ても、分かり合える場合があります。
 
 私も、複数人で仕事の打ち合わせをする場合など、たまに起きます。
 
 交わした言葉は少ないけど、二人だけが分かっている場合などが
 そうです。
 
 周りの人間には何を言っているのかさっぱり理解できていません。
 
 こういう場合は、お互いに中心感覚が呼応しあっているそうです。
 
 このような相手とは良い関係が結べるのです。
 
▽他には、説明の方法として、

 「結論はこうです。そう思える理由は三つあって、まず一つは...」
 
 という説明ができる人は「中心感覚」のある人といっていいそう
 です。
 
 いずれの場合も、話のカンどころ、すなわち中心を心得、把握して
 いるから、それができるのです。
 
 「一瞬で本質をつかむ力」を持った人というのは、できる人・
 できない人でいうと「できる人」になります。
 
 自分の場合を考えてみると、ある特定の部分、分野では中心感覚を
 もってますが、全く持っていない部分もあります。

 私はどうも「かなりかたよったできる人」のようです。





 この中心感覚が磨かれると、人生のいろいろな場面で楽に生きて
 いくことができるようになるそうです。
 
 確かに、人生とは一瞬々が選択です。一瞬々何かを決定しなくては
 なりません。
 
 そこへ、この「中心感覚」を持って対応できれば、人生を良い方向
 へ持っていくことができると思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/153-5545a2fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。