訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分は自分で変えられる
自分は自分で変えられる―「理想のあなた」になるセルフ・コーチング 自分は自分で変えられる―「理想のあなた」になるセルフ・コーチング
小野 仁美 (2002/02)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:自分は自分で変えられる
 副題:「理想のあなた」になるセルフ・コーチング
 著者:小野仁美
 出版:PHP研究所
 定価:1100円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 あなたの夢、かなえていいのです
 第2章 夢は決してしぼませない。どんどん膨らませていく
 第3章 夢をぐーっと引き寄せる。そして実現する
 第4章 コーチングの現場―夢をかなえ続けている人たち
 第5章 あなたもコーチ―サポーターとしてのあなたの役割



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2002年2月に出版されています。
 
 著者は、企業の経営者や管理職へのビジネスコーチや個人対象の
 パーソナルコーチを行っている方です。



 「セルフ・コーチング」とはどのような手法なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)「コーチ」とは何?
 2)夢に足踏みする人の悪いパターンとは?



 もしかして、「自己啓発書」なのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)「コーチ」とは何?

 「コーチとは、『コミュニケーションによって、その人の持つ
 可能性や無限の能力を最大限に引き出すようにサポートする人』
 のことです」
 
 「コーチは深い愛情を持って、人に関わります。人は自分の描く
 夢を実現できる力を持ってこの世に存在しているのだと、コーチ
 は強く信じています」
 
 「コーチは、相手が『自ら物事を考え、自ら選び、自ら力強く行動
 していく』ことをサポートしていきます」
 
 「コーチは相手の中にたくさんの可能性や能力があることを知って
 います。それをどんどん引き出していきます」

 「生まれてきた以上、誰もが誰かの役に立ちたいと願っています。
 誰もが自分の能力を発揮していきたいと思っています。高めたいと
 願っています。誰もが多くの可能性や愛情を持ってこの世に生まれ
 てきました。でも、それらを成し遂げていくためには、何らかの
 サポートが必要です」
 
 「話を黙って聴き、途中で口など挟まないで最後まで耳を傾けて
 くれる人。提案やアイディアを出してみたら、それを聴き、より
 大きな可能性へとサポートしてくれる人」
 
 「自分の存在そのものを受け入れてくれる人。自分のしていること、
 考えていることをきちんと認めてくれる人。自分が自信を持ち
 続けることを応援してくれる人。実現するためには、そんなコーチ
 が必要です」


 2)夢に足踏みする人の悪いパターンとは?

 「夢に向かう力があるのに、なぜか途中で足踏みをしてしまう人が
 います。多くの人は、自分の行動パターンに気づいたらまた歩き
 出せます。気づくことから全てが始まるのです」
 
 ・マイナスな言葉で、自分を表現する
 ・マイナスのプレッシャーを持っている
 ・言い訳が癖になっている
 ・まずできない理由を考え、行動が鈍る
 ・曖昧さの中に身を置く
 ・自分の信条・使命(ミッション)が明確でない
 ・成功のビジョン(心に描く像、未来像)が弱い



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自らの可能性を、自ら引き出そう】


──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「コーチ」とはどのようなものなのでしょうか?

 著者は「はじめに」で次のように述べています。
 
 「コーチとは、『コミュニケーションによって、その人の持つ
 可能性や無限の能力を最大限に引き出すようにサポートする人』
 のことです」
 
 「コーチは深い愛情を持って、人に関わります。人は自分の描く
 夢を実現できる力を持ってこの世に存在しているのだと、コーチ
 は強く信じています」
 
 「コーチは、相手が『自ら物事を考え、自ら選び、自ら力強く行動
 していく』ことをサポートしていきます」
 
 「コーチは相手の中にたくさんの可能性や能力があることを知って
 います。それをどんどん引き出していきます」
 
 コーチとは、カウンセリングの一種のようです。
 
 人間は一人で考えていると、よほど意志が強くないかぎり、ネガ
 ティブな考え方になってしまいます。
 
 簡単な例を出すと、「お金持ちになって最高の人生を生きている
 自分」と「今まで通りの平々凡々とした生活を送っていて、もしか
 したら老後に生活が破綻するかも知れない自分」のいずれかを想像
 してみて下さい。
 
 どちらが想像しやすいかというと、平凡な自分の方が想像しやすい
 のでは無いでしょうか?
 
 この例は極端すぎるかも知れませんが、私たちが生活するには
 一瞬々が選択の連続です。
 
 常に選択しながら生活しているのです。
 
 その、選択においていちいちネガティブな想像で選択をしていると
 どうなるかはだいたい想像がつくと思います。
 
 「コーチ」とは、ネガティブな選択をしないように、その人が
 持っている能力を最大限に引き出すことを目的としているのです。
 
 しかも、自らが考え、自らが行動していくように導かなければ
 ならないのです。
 
▽「コーチ」とは、特別な訓練を受けた人たちのことかと思うと、
 実はそうでもないのです。
 
 コーチの立場である人は、実はたくさんいるのです。
 
 会社の経営者、組織のリーダー、会計士、税理士、教師、親、
 これらもコーチの立場にある人です。
 
 本当はこれらの人々も、上記したコーチの条件を兼ね備えている
 ことがベストなのですが、実際はそう上手くはいかないようです。
 
 例えば、親である私は子ども達のコーチでもあるのですが、とても
 コーチらしいことはしていません。
 
 反省しなければならないです。

 著者は言います。
 
 「生まれてきた以上、誰もが誰かの役に立ちたいと願っています。
 誰もが自分の能力を発揮していきたいと思っています。高めたいと
 願っています。誰もが多くの可能性や愛情を持ってこの世に生まれ
 てきました。でも、それらを成し遂げていくためには、何らかの
 サポートが必要です」
 
 「話を黙って聴き、途中で口など挟まないで最後まで耳を傾けて
 くれる人。提案やアイディアを出してみたら、それを聴き、より
 大きな可能性へとサポートしてくれる人」
 
 「自分の存在そのものを受け入れてくれる人。自分のしていること、
 考えていることをきちんと認めてくれる人。自分が自信を持ち
 続けることを応援してくれる人。実現するためには、そんなコーチ
 が必要です」
 
 コーチの役割はとても重要です。


●では「夢に足踏みする人の悪いパターン」とはどのようなもの
 なのでしょうか?

▽著者は次のように言います。

 「夢に向かう力があるのに、なぜか途中で足踏みをしてしまう人が
 います。多くの人は、自分の行動パターンに気づいたらまた歩き
 出せます。気づくことから全てが始まるのです」
 
 著者が言う「行動パターン」には、どのようなものがあるので
 しょうか?
 
 ・マイナスな言葉で、自分を表現する
 ・マイナスのプレッシャーを持っている
 ・言い訳が癖になっている
 ・まずできない理由を考え、行動が鈍る
 ・曖昧さの中に身を置く
 ・自分の信条・使命(ミッション)が明確でない
 ・成功のビジョン(心に描く像、未来像)が弱い
 
 自分を分析してみると、ほとんどあてはまっている状況です(笑)
 
 この中でも、私が一番よく使う行動パターンは、「言い訳が癖に
 なっている」です。
 
 自分自身で「これをやろう」と決めます。
 ノートにも「やることリスト」として書き込みます。
 
 1ヶ月くらい経過してからそれを見て、
 
 「今月は急がしかったから、しようがないよな...」
 「ぜんぜんやる時間がない...」
 「別の『やること』ができてしまったので仕方がないよね...」
 「サラリーマンにはやる暇ないよな...」
 
 皆さんもよく言いませんか?
 
 手を付けていない「やることリスト」を見て、一々言い訳を考えて
 自分を納得させようとするのです。
 
 これらのやることは、時間がなくてできなかったのではなく、
 やる気がなかった、つまり行動しなかっただけなのです。
 
 行動しなかった言い訳に、いろいろと理由をつけているだけなの
 です。
 
 したがって、私は例え「やることリスト」に残っていたとしても、
 言い訳はしないことにしました。
 
 行動できなかった自分を素直に認め、言い訳は一切考えず、再度
 いつやるかを決めるのです。
 
 そうすることで言い訳する癖をなくすことにしました。
 
 まだ訓練途中ではありますが、言い訳することは徐々に無くなって
 きています。
 
 しかし、一つひとつ、実行してはいるのですが、「やること」は
 増える一方です。





 この本を読む限り、コーチングというのは、自己啓発を専門家の
 手を借りて進めて行く方法のようです。
 
 書いてあること自体は、私が本を読んで得た自己啓発の知識と、
 カウンセリングの知識とを掛け合わせたような内容です。
 
 一人で思い悩むよりは、人の手を借りた方が精神的に楽になると
 思います。
 
 でも結局、最終的には自分自身の決定、行動にかかっています。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/145-ecc3590d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。