訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運命は「口ぐせ」で決まる
運命は「口ぐせ」で決まる―「思いどおりの自分」をつくる言葉の心理学メソッド 運命は「口ぐせ」で決まる―「思いどおりの自分」をつくる言葉の心理学メソッド
佐藤 富雄 (2003/01)
三笠書房

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:運命は「口ぐせ」で決まる
 副題:「思いどおりの自分」をつくる言葉心理学メソッド
 著者:佐藤富雄
 出版:知的生きかた文庫
 定価:533円+税
 購入:本屋さんで購入



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1章 人は誰でも「口ぐせどおりの人生」を歩む
   ?“言葉の力”で誰でも簡単に人生を「いい方向」に動かせる
 2章 「望む人生」を口に出した瞬間から…
   ?“口ぐせ”と“エンドルフィン”の不思議な関係
 3章 思いどおりの人生をつくる「脳のメカニズム」
   ?“成功する脳”はこうしてできる!
 4章 驚きの効果!…短期間で人生はここまで変わる
   ?ツイてる人に学ぶ“口ぐせ”の法則
 5章 運をつかむ人の24時間
   ?“口ぐせ”習慣から仕事術・生活術・健康術まで



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2003年2月に出版されています。
 元々は1995年3月に出版された単行本の再販です。

 著者は、医学博士、理学博士、農学博士、経営学博士等、多彩な
 能力を発揮されている方です。
 
 また、日本人に最適な成功法則として「口ぐせ理論」を提唱して
 います。



 普段口にする言葉にはすごいパワーが秘められてういます。
 どのような言葉を使えばいいのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ口ぐせが人生を作るのか?
 2)いい言葉はなぜ使った人に効果があるのか?



 口ぐせだけで人生が変われば面白いですね。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ口ぐせが人生を作るのか?

 「もし、あなたの思うようにならなかったり、人生に枠がはめら
 れていると考えるならば、それは言葉によって作られているのです」

 「今は仕事が忙しいので、やりたいことができません」
 「今は子どもに時間をとられて」
 「サラリーマンの身ですから」
 「そんなに給料をもらっていませんから」
 「いつも運が悪いんです」

 「ネガティブな言葉を使っている人が、なんと多いことでしょう。
 これでは、自分の思うような人生どころか、楽しい人生さえ送れ
 ません。いつか暇ができたら、いつかお金ができたらといっている
 うちに、人生は終わってしまいます」

 「世の中にはいろいろな人がいますが、なんでも可能にできると
 思っている人だけが、それを可能にするのです。自分に可能性が
 ないと思った人に、おおきな未来が開けてくるわけがありません」


 2)いい言葉はなぜ使った人に効果があるのか?

 「脳のコンピュータには人称がなく、言葉の意味を全部、自分の
 こととして読みとってしまうということです」
 
 「人称がないということは、意志も主語もないということで、
 内容にかかわらず、言葉を使った人に全てが反映されるように
 できているのです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【いい言葉を発しよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「なぜ口ぐせが人生を作る」のでしょうか?

▽著者は、「口ぐせ」が人生を作っていると考えています。

 著者は言います。
 
 「もし、あなたの思うようにならなかったり、人生に枠がはめら
 れていると考えるならば、それは言葉によって作られているのです」
 
 これは、最近ひしひしと感じているところです。
 
 次のような言葉を普段から口にしていませんか?
 
 「今は仕事が忙しいので、やりたいことができません」
 「今は子どもに時間をとられて」
 「サラリーマンの身ですから」
 「そんなに給料をもらっていませんから」
 「いつも運が悪いんです」

 私は以前、上に書いた言葉を全部使ってました。
 
 特に一番口にしていたのは

 「サラリーマンの身ですから」
 「そんなに給料をもらっていませんから」

 この二つです。
 
 サラリーマンだから、好きなことをする時間が週末しかない。
 サラリーマンだから、給料がこのくらいしかもらえない。
 サラリーマンだから、通勤電車にゆられなければならない。
 …
 
 こんな言葉ばかりを発して「いいわけ」をしていました。
 
 するとどうなるかと言うと、口ぐせ通りの自分になってしまうの
 です。
 
 自分の心の中で思う → 言葉に出す → やはりそうだよねと
 心が応える → 身体もその通り動く。
 
 この循環ができあがってしまいます。
 そして、本当に口ぐせ通りの自分がいることに気がつきます。
 
▽著者は言います。
 
 「ネガティブな言葉を使っている人が、なんと多いことでしょう。
 これでは、自分の思うような人生どころか、楽しい人生さえ送れ
 ません。いつか暇ができたら、いつかお金ができたらといっている
 うちに、人生は終わってしまいます」
 
 サラリーマンでよく聞くのは、「退職するまでにお金を貯めて、
 定年になったら思う存分好きなことをして楽しむぞ」という話です。
 
 最初は私もそのつもりでいました。
 
 でも、どう考えても貯金は貯まりそうもないし、現在所属している
 会社には退職金制度もありません。
 
 年金も将来もらえるかどうかも分かりません。
 
 ということは、退職するまでにお金を貯めるのはまず無理です。
 
 しかも、男性は定年退職して3年以内に死んでしまう人がたくさん
 いるそうです。
 
 「退職するまでにお金を貯めて、定年になったら思う存分好きな
 ことをして楽しむぞ」
 
 そういう人生を送る人もいるでしょうが、この考え方は危険です。
 思う存分好きなことをして過ごす時間は短そうです。
 
 そう考え始めたら、「今」を何とかするしかないことに気がつい
 たのです。
 
 未来のことに思いを馳せるより、今を楽しまないとならないので
 はないか?
 
 そう思って、やってみたいことを紙に書き出してみると、とても
 今回の人生だけでは実現できそうもないことが分かりました。
 
 人生、流されるままに生きている時間はないです。
 自分の人生は自分で作り上げるしかありません。
 
▽著者は言います。
 
 「世の中にはいろいろな人がいますが、なんでも可能にできると
 思っている人だけが、それを可能にするのです。自分に可能性が
 ないと思った人に、おおきな未来が開けてくるわけがありません」
 
 確かに、サラリーマンには時間的な制限があります。

 「これもできない、あれもできない」そう思ってあきらめてしま
 うと、未来は何も応えてくれないと思います。
 
 時間の制約があるなかで、いろいろなことにチャレンジしてみると、
 以外とできることに気がつきます。
 
 「サラリーマンをいいわけにしない」そう思い日々を生きています。


●では「いい言葉はなぜ使った人に効果がある」のでしょうか?

▽著者は脳の特性を次のように説明しています。

 「脳のコンピュータには人称がなく、言葉の意味を全部、自分の
 こととして読みとってしまうということです」
 
 「人称がないということは、意志も主語もないということで、
 内容にかかわらず、言葉を使った人に全てが反映されるように
 できているのです」
 
 言葉は使った人、口から発した人にご利益があるのです。
 
 ということは、「他人をほめる」ということは、結果的に「自分
 をほめる」ということになるのです。
 
 例をあげると、「美しくなりたい」と思うなら、周りにいる人を
 「きれい」とほめればよい、ということになります。
 
 逆に、人を傷つけるような言葉を使うと、当然自分に跳ね返って
 きます。
 
 言葉って怖いですね。
 
▽私は人の顔をみると、だいたいどのような性格の人か、なんとなく
 分かります。
 
 みなさんもおそらく同じだと思います。

 一目見ただけで、なんとなく近寄りがたい雰囲気がある人と、
 そうでもない人がいます。
 
 30?40歳になると、その人が普段から考えていること、言葉に
 していることが顔に出てきます。
 
 いつも愚痴ばかりを発している人はそういう顔になるし、人を
 疑っている人は、そういう顔になります。
 
 穏やかな人は、穏やかな顔をしています。
 
 第一印象で得たその人のイメージは、さらに少しだけ話をしてみる
 と確信に変わります。
 
 言葉通り、思考通りの人相になっているのです。
 言葉とは、人の顔を変えてしまうほどパワーがあるものなのです。
 
 したがって、選挙の時の政治家のポスターをみると、普段どの
 ような言葉を使っているのか、どのように思考しているのかが
 すぐわかります。
 
 市議会議員等の選挙って、名前も顔も分からない場合が多いです。
 私は、人相で判断するようにしています。

 さっそく、自分の顔を鏡で見てみましょう





 「そういうおまえの顔はどうなんだ?」
 そう言われそうな気がします。
 
 鏡を見て見たのですが、実は自分では良く分からないのです。
 
 ただ、何かに焦っているような顔をしている気がします。
 
 もっと余裕で人生楽しみたいですね。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/133-749ef96a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。