訪問者数

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7つの習慣(6回目)
7つの習慣―成功には原則があった! 7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー、ジェームス スキナー 他 (1996/12)
キングベアー出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:7つの習慣
 副題:成功には原則があった!
 著者:スティーブン・R・コヴィー
 出版:キング・ベアー出版
 定価:2000円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 パラダイムと原則について
      インサイド・アウト
      人生の扉を開く「7つの習慣」
 第2部 私的成功
     第一の習慣 主体性を発揮する
      自己責任の原則
     第二の習慣 目的を持って始める
      自己リーダーシップの原則
     第三の習慣 自己管理の原則
      自己管理の原則
 第3部 公的成功
      相互依存パラダイム
     第四の習慣 WinWinを考える
      人間関係におけるリーダーシップの原則
     第五の習慣 理解してから理解される
      感情移入のコミュニケーションの原則
     第六の習慣 相乗効果を発揮する
      創造的な協力の原則
 第4部 再新再生
     第七の習慣 刃を研ぐ
      バランスの取れた自己再新再生の原則
      再びインサイド・アウト
 付 録



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 「公的成功」の最初の習慣「WinWinを考える」です。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)インサイド・アウトとは?
 2)原則中心のパラダイムとは?
 3)第一の習慣とはどのような習慣なのか?
 4)第二の習慣とはどのような習慣なのか?
 5)第三の習慣とはどのような習慣なのか?
 5.5)相互依存パラダイムとは?
 6)第四の習慣とはどのような習慣なのか?
 7)第五の習慣とはどのような習慣なのか?
 8)第六の習慣とはどのような習慣なのか?
 9)第七の習慣とはどのような習慣なのか?



 「人間関係におけるリーダーシップの原則」とは、どのようなこと
 なのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)インサイド・アウトとは?

 「インサイド・アウトとは、自分自身の内面(インサイド)を変
 えることから始めるということであり、自分自身の根本的なパラ
 ダイム、人格、動機などを変えることから始めるということである」

 2)原則中心のパラダイムとは?

 人間の基本的な法則を中心に据えたものの見方(世界観)と言え
 そうです。
 
 「私たちの持つパラダイム、頭の中に描く地図が、こうした原則
 や自然の法則に一致すればするほど、それは正確かつ機能的なも
 のになる」

 ※以上、7/16に紹介した分です。


 3)第一の習慣とはどのような習慣なのか?

 第一の習慣の原則は「自己責任の原則」です。

 「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題で
 ある」

 第一の習慣は「主体性を発揮する」ことです。

 「主体性を持つということは率先力を発揮するだけではなく、
 人間として自分の人生に対する責任をとるということである」

 「率先力を発揮することは、自分から進んで状況を改善する行動
 を起こすようにすることである」

 ※以上、7/22に紹介した分です。


 4)第二の習慣とはどのような習慣なのか?

 「第二の習慣は、生活の様々な状況に当てはまるものであるが、
 最も基礎的な応用は、全ての行動を測るための尺度として、人生
 の最後の姿を描き、それを念頭において今日という1日を始める
 ことである」
 
 「そうすれば、自分にとって何が本当に大切なのかをベースに、
 今日の行動、明日の行動、来週の行動、来月の行動を計画するこ
 とができる」

 「目的を持って始めるという習慣は、『すべてのものは二度つく
 られる』という原則に基づいている。万物にはまず知的な第一の
 創造があり、それから物的な第二の創造がある」
 
 「程度こそ違うが、この原則は生活のすべて場面において見られ
 るものである」

 「リーダーシップは知的な第一の創造である。リーダーシップ
 マネジメントとは違う。マネジメントは物的な第二の創造にかか
 わるものである」
 
 「マネジメントは手段に集中しており、どうすれば目標を達成で
 きるかという質問に答えようとするものである。一方、リーダー
 シップは望む結果を定義しており、何を達成したいのかという質問
 に答えようとするものである」

 「目的を持って始める最も簡単で大きな効果をもたらす方法の
 ひとつは、ミッション・ステートメント(個人的な憲法、または信条)
 を書くことである」
 
 「その中で自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、そして自分
 の行動の基礎となる価値観や原則を明らかにする」

 ※以上、8/3に紹介した分です。


 5)第三の習慣とはどのような習慣なのか?

 「第三の習慣は第二の創造、つまり物的創造を行うことである」

 「効果的なマネジメントの定義は、『重要事項を優先する』こと
 である。リーダーシップは『重要事項』とは何なのかを決めること
 であり、それに対して、マネジメントはそれを優先して、毎日、
 瞬間瞬間において実行することである。つまり、マネジメントと
 は自制する力であり、実行力なのだ」

        緊急          緊急でない
  ┏━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━┓
  ┃第一領域        ┃第二領域        ┃
  ┃・締め切りのある仕事  ┃・人間関係づくり    ┃
 重┃・クレーム処理     ┃・健康維持       ┃
 要┃・せっぱつまった問題  ┃・準備や計画      ┃
  ┃・病気や事故      ┃・リーダーシップ    ┃
  ┃・危機や災害      ┃・真のレクリエーション ┃
  ┃            ┃・勉強や自己啓発    ┃
  ┃            ┃・品質の改善      ┃
  ┣━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━┫
  ┃第三領域        ┃第四領域        ┃
  ┃・突然の来訪      ┃・暇つぶし       ┃
 重┃・多くの電話      ┃・単なる遊び      ┃
 要┃・多くの会議や報告書  ┃・だらだら電話     ┃
 で┃・無意味な冠婚葬祭   ┃・待ち時間       ┃
 な┃・無意味な接待や付き合い┃・多くのテレビ     ┃
 い┃・雑事         ┃・その他の意味のない活動┃
  ┃            ┃            ┃
  ┗━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━┛

 「効果的に人生を営む人は、第三領域と第四領域を避けようとする。
 なぜなら、それは緊急であろうがなかろうが、重要ではないから
 である」
 
 「そして、この人達は第二領域に時間を投資することにより、
 第一領域の問題をなくしていくようにする」

 ※以上、8/13に紹介した分です。


 5.5)相互依存のパラダイムとは?

 「自制と自己のコントロールこそ、他人との充実した関係の土台
 になるのだ。相互依存関係は、自立した人にしかできない選択
 である」
 
 「人間関係づくりに最も大切な要素は、私たちが何を言うか、何を
 するかということではなく、私たちはどういう人間であるのかと
 言うことである」

 「信頼口座つまり信頼残高とは、ある関係に置いて築かれた信頼
 のレベルを表す比喩表現であり、言い換えれば、その人に接する
 安心感ともいえるだろう」
 
 「礼儀正しい行動、親切、正直、約束を守る等の行動を通して
 信頼残高をつくっていけば、そこに蓄えができる。残高を高める
 ことによって、必要とあらば、その信頼を何度でも頼りにするこ
 とができる」

 信頼残高を増やすための「六つの大きな預け入れ」
 1.相手を理解する
 2.小さなことを大切にする
 3.約束を守る
 4.期待を明確にする
 5.誠実さを示す
 6.引き出してしまったときは、誠意をもって謝る

 「私たちは、見返りを求めず無条件の愛という形で預け入れを行
 うとき、『愛の基礎的な法則』を守っていることになる。そうした
 行為で私たちは、相手に安定感と安全な気持ちを感じさせる。
 そして相手は自分自身の本来の価値を感じることができ、自分の
 真のアイデンティティーを肯定されたことになる」
 
 「愛は相手の自然な成長を促進させ、『人生の基礎的な法則
 (協力・貢献・自制・誠実)』に沿って生活する動機付けになる。
 相手は自分の本来の可能性を発見し、発揮することができるよう
 になる」


 ※以上、8/27に紹介した分です。


 6)第四の習慣とはどのような習慣なのか?

 「WinWinとは、『自分も勝ち、相手も勝つ(それぞれの
 当事者が欲しい結果を得ること)』という考え方である。Win
 Winを考えることは、単なるテクニックではない。それは人間
 関係の全体的な哲学である。WinWinは人間関係における6つ
 のパラダイムの一つである」

 1.Win?Win
 2.Win?Lose
 3.Lose?Win
 4.Lose?Lose
 5.Win
 6.Win?Win または NoDeal
 
 「しかし、ほとんどの状況は相互依存の現実の中にあり、Win?
 Winを考える以外に現実的な方法はない」

 「本当のWin?Winを達成することができなければ、No
 Dealを選ぶ方が適当である」

 「『Win?Winを考える』という第4の習慣は、人間関係
 おけるリーダーシップの原則にかかわる習慣である。それを実行
 するには、人間の4つの独特の性質(自覚・想像力・良心・自由
 意志)をすべて発揮しなければならない」
 
 「Win?Winの原則は、全ての対人関係において成功するため
 の基礎であり、5つの柱によって支えられている。それは『人格
 で始まり、『関係』に進み、その中から『合意』がつくられる。
 Win?Winはそれを支える『システム』、組織構造の中で育成
 され、Win?Winの『プロセス』によって達成されるのだ」



 ※以下、次回以降の紹介となります。
 7)第五の習慣とはどのような習慣なのか?
 8)第六の習慣とはどのような習慣なのか?
 9)第七の習慣とはどのような習慣なのか?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【お互いのハッピーを考えよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「第4の習慣」とはどのような習慣なのでしょうか?

▽第4の習慣の原則は「人間関係におけるリーダーシップの原則」
 です。

 著者は次のように言います。

 「WinWinとは、『自分も勝ち、相手も勝つ(それぞれの
 当事者が欲しい結果を得ること)』という考え方である。Win
 Winを考えることは、単なるテクニックではない。それは人間
 関係の全体的な哲学である。WinWinは人間関係における6つ
 のパラダイムの一つである」
 
 ここで言っている人間関係の6つのパラダイムを以下に記載します。
 
 1.Win?Win
 
   自分も勝ち、相手も勝つ。それぞれの当事者が欲しい結果を
   得ること。
   
   人生を競争ではなく、協力する舞台とみるパラダイムである。
   
 2.Win?Lose
 
   自分が勝ち、相手は負ける。
   
   ほとんどの人は、生まれたときから多くの場面でWin?Lo
   seの脚本づけを受けている。
   
 3.Lose?Win
 
   自分が負けて、相手が勝つ。
   
   Lose?Winは、Win?Loseよりも質が悪い。
   なぜなら、Lose?WInには、基準、希望、期待、ビジョン
   などが全くないからである。
   
 4.Lose?Lose
 
   自分も負けて、相手も負ける。
   
   Win?Loseを考えている者同士(頑固で、融通の利か
   ない、我の強い者同士)がぶつかると、その結果はLose?
   Loseになる。
   
 5.Win
 
   自分だけの勝ちを考える。
   
   必ずしも、相手に負けて欲しいわけではない。
 
 6.Win?Win または NoDeal
 
   Win?Winの合意または取引条件に至らなければ、取引
   しないことに合意する。


 実際、最も優れているパラダイムは、その状況によって異なります。

 例えば、野球の試合を考えてみると、Lose?Winの関係は
 意味がないのです。
 
 著者は言います。
 
 「しかし、ほとんどの状況は相互依存の現実の中にあり、Win?
 Winを考える以外に現実的な方法はない」

▽私たちの生活の中では、ほとんどの場合「Win?Lose」を
 考えているような気がします。
 
 例えば、仕事において、自分のグループと相手のグループで役割
 分担を決めるとき等、なるべく自分のグループに負担がかからない
 方法を選択しようとします。
 
 自分のことだけを考えてしまうのです。
 
 そうすると、短期的にはそれでいいかもしれませんが、長期的に
 見ると、相手が納得していない分、次回同じようなことが発生した
 場合には、Lose?Winの関係にならざるをえなくなります。
 
 「前回はこちらが負担したんだから、今度はそっちがやれよ」
 
 こうなってしまいます。
 
 これでは、お互いが不快な思いで仕事をしなければならなくなり
 ます。
 
 だとしたら、お互いが負担にならない方法、つまり、お互いが均等
 に負担する方法を選択した方が、お互いハッピーになることがで
 きるのです。
 
 それが、Win?Winなのです。
 
 著者は言います。
 
 「本当のWin?Winを達成することができなければ、No
 Dealを選ぶ方が適当である」
 
 お互いが納得した結果を得られなければ、取引しない方が良いの
 です。
 
 しかし、同じ会社内の違うグループ同士で仕事をする場合は、
 「取引しない」という選択肢はありません。
 
 となると、やはりWin?Winの関係でお互い納得して仕事を
 した方が、幸せになれそうです。
 
▽著者は言います。

 「『Win?Winを考える』という第4の習慣は、人間関係に
 おけるリーダーシップの原則にかかわる習慣である。それを実行
 するには、人間の4つの独特の性質(自覚・想像力・良心・自由
 意志)をすべて発揮しなければならない」
 
 「Win?Winの原則は、全ての対人関係において成功するため
 の基礎であり、5つの柱によって支えられている。それは『人格
 で始まり、『関係』に進み、その中から『合意』がつくられる。
 Win?Winはそれを支える『システム』、組織構造の中で育成
 され、Win?Winの『プロセス』によって達成されるのだ」
 
 それぞれの柱について、簡単に紹介します。
 
 1.人格
 
   Win?Winのパラダイムには、3つの必要不可欠な人格
   要素がある。
   
   ・誠実、廉潔(二面性をなくす)
   ・成熟(勇気と思いやりのバランス)
   ・豊かさマインド(すべての人を満足させることが可能である
    というパラダイム)
    
 2.関係
 
   土台になる人格と信頼がなければ、合意は紙くずにすぎない。
   だから、Win?Winを求めるならば、それを可能にする
   関係を築くことに誠心誠意、取り組まなければならない。
   
   それには、お互いの「信頼残高」が必要になる。
   
 3.合意

   Win?Winの精神で得られた合意を、「実行協定」とか
   「パートナーシップ協定」と呼ぶ。
   
   Win?Winの実行協定には、次の5つの要素が含まれる。
   
   ・望む結果
   ・ガイドライン
   ・使える資源
   ・責任に対する報告
   ・履行、不履行の結果

   これらの要素を明確にする。
   
 4.システム
 
   Win?Winが機能するには、それを支えるシステムが
   なければならない。研修システム、計画立案システム、コミュ
   ニケーションと情報伝達システム、予算システム、報酬シス
   テムなど、全てがWin?Winの原則に基づいていなければ
   ならない。
   
 5.プロセス
 
   Win?Winの結果を望んでいる人や組織に対しては、
   次の4ステップのプロセスを勧めている。
   
   1.問題を相手の立場から見る。本当に相手を理解するように
     務め、相手を同じくらい、あるいはそれ以上に、相手の
     ニーズや心配・関心事を表現する。
   
   2.対処しなければならない課題と関心事を明確にする。
   
   3.完全に納得できる解決には、どういう結果を確保しなけ
     ればならないかを明確にする。
     
   4.その結果を達成するための新しい案や選択肢を打ち出す。





 私のこれまでの人生において、「Win?Win」という考え方は
 全くありませんでした。
 
 意識したことがなかったと言った方が正しいかもしれません。
 
 従って、ここで述べられている第4の習慣の考え方は、私にとって
 全く新しいものです。
 
 「お互いがハッピー」こんな良いことはありませんね。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/127-44cd8ef6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。