訪問者数

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D・カーネギー 人生のヒント
D・カーネギー 人生のヒント―5分間人物伝 D・カーネギー 人生のヒント―5分間人物伝
デール カーネギー (1993/11)
三笠書房

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:D・カーネギー 人生のヒント
 副題:5分間人物伝
 著者:D・カーネギー
 出版:三笠書房
 定価:1143円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※たくさんあるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□


 この本は1998年3月に出版されています。
 
 この本はデール・カーネギーの書いた本「5分間人物伝」「伝記
 集成」「有名人の秘話」の3冊から選択されているそうです。

 著者は説明の必要はないと思います。
 「人を動かす」が累計1500万部売り上げているそうです。



 私はいつも、生きるヒントを見つけるために本を読んでいます。
 何かいいことが見つかるでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)ロックフェラーはどの様に優先事項を決定したのか?
 2)リッケンバッカーはどうやってこれまでの自分をぶちこわした
   のか?
 3)ディズニーの仕事の定義とは?



 私に、現在必要なことが得られるでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)ロックフェラーはどの様に優先事項を決定したのか?

 「よし、金銭奴隷になるのはもう止めた、ひとつ、金銭奴隷
 使ってやろう。その場で決心しました」


 2)リッケンバッカーはどうやってこれまでの自分をぶちこわした
   のか?

 「そこで彼は生まれつき短気な性分を直すために、努めて自制心を
 養った。どんな時でも微笑を絶やさぬように心がけた。いつも微笑を
 絶やさずにいた結果、ついに彼の微笑は有名になる」
 
 「また、レーサーの生活には鉄の胆力が必要である。それは百も
 承知の上だから、たばこをやめ酒をやめ、毎晩10時にはベッドに
 入った。やがて25歳になった。彼は世界一の名レーサーになって
 いた」


 3)ディズニーの仕事の定義とは?

 「全ての成功の秘訣は仕事にほれ込むことだ。これがウォルト・
 ディズニーの信念である。『ただの金儲けはさっぱり面白くない』
 と彼は言う。仕事こそは彼の生活の感激であり冒険でもあるのだ。
 遊びよりも仕事に、彼は感激を発見している」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【仕事に感激を求めてみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「ロックフェラーはどの様に優先事項を決定」したので
 しょうか?
 
▽ジョン・D・ロクフェラーは、アメリカの大富豪です。
 極貧の状態から身を起こし、歴史に前例のない巨富を築いた人です。
 
 そんなロックフェラーも、彼の初恋の相手は彼の求婚を拒絶した
 そうです。
 
 彼女の母親が、
 「あんな将来性のない男に娘をやるようなことはできません」と
 言ったためです。
 
 この母親は、さぞ後悔したでしょうね。
 
 また、ロックフェラーは前例のないほどの巨額の寄付をしている
 そうです。
 
 その額は7億5千万ドル(当時)にのぼり、これはキリスト生誕
 から現在まで、昼だろうが夜だろうが、1分間当たり75セントを
 ぶっ通しで寄贈してきた計算になるそうです。
 
▽ロクフェラーが幼いときに、母親が買っていた七面鳥の世話を
 手伝い、それでもらった小銭を全て貯金したそうです。
 
 やがて畑仕事に出て1日37セントもらえるようになると、その金
 も貯金してようやく50ドルになります。
 
 そして、その50ドルを年利7%で雇い主に貸します。
 すると、1年貸したお金の利息が10日間労働した賃金に相当する
 ことが分かったのです。
 
 「それで方針が決まりましたよ」とロックフェラーは言ったそうです。
 
 「よし、金銭奴隷になるのはもう止めた、ひとつ、金銭奴隷
 使ってやろう。その場で決心しました」
 
 
▽若いうちに「金銭奴隷にする」という決心をしていたら...
 と自分でも思います。
 
 普通の人は、だいたいお金奴隷になっています。
 お金のパワーに引きずられて生活しているのです。
 
 「お金さえあれば」
 「お金さえなければ」
 「借金さえなければ」
 …
 
 お金は、単なる便利な道具なんだと思えることができれば、現在の
 人生もまた違ったものになっていたかもしれません。
 
 でも、今からでも遅くはないと思ってます。
 
 人生で何を優先すべきか?
 
 それは決してお金ではないはずです。


リッケンバッカーはどうやってこれまでの自分をぶちこわしたのか?

▽エディ・リッケンバッカーは、免許証無しのレーシングドライバー、
 アメリカ空軍のエースパイロットとして有名な方です。

 リッケンバッカーはとても短気な性格だったそうです。

 やがて、スピードへの情熱と冒険への渇望に取りつかれます。
 
 そして、レーサー生活の刺激と興奮、観衆の歓呼と喝采。
 これが忘れられません。
 
 その生活に戻るためには、

 「今までの自分ではだめだ。人間を変える必要がある」

 そう考えるようになります。

 「そこで彼は生まれつき短気な性分を直すために、努めて自制心を
 養った。どんな時でも微笑を絶やさぬように心がけた。いつも微笑を
 絶やさずにいた結果、ついに彼の微笑は有名になる」
 
 「また、レーサーの生活には鉄の胆力が必要である。それは百も
 承知の上だから、たばこをやめ酒をやめ、毎晩10時にはベッドに
 入った。やがて25歳になった。彼は世界一の名レーサーになって
 いた」
 
 
 やろうと思えば、自分の性格をも変えることができるのです。
 
 自分の欠点を克服して、さらにそれを長所にすることができるの
 です。
 
 そうなるためには、やはり明確な目標、ビジョンが必要になると
 思います。

 これは、ロックフェラーのところでも書いた、
 
 「何を優先するか」
 
 も大切になってきます。
 
 明確な目標を定め、何を優先するべきかを考え、それに向かって
 何をすべきかを決定する必要があります。


●では「ディズニーの仕事の定義」とはどのようなことなのでしょ
 うか?
 
▽ウォルト・ディズニーは、みなさんもご存知だと思います。

 私の場合は、「ディズニーランド」が一番印象にありますが。
 アニメ映画から始まったそうです。
 
 ミッキーマウスの元は、絵を描いているときに見たハツカネズミ
 なのだそうです。
 
 楽しいことをたくさん作ったディズニーは、仕事の成功の秘訣を
 次のように言っています。
 
 「全ての成功の秘訣は仕事にほれ込むことだ。これがウォルト・
 ディズニーの信念である。『ただの金儲けはさっぱり面白くない』
 と彼は言う。仕事こそは彼の生活の感激であり冒険でもあるのだ。
 遊びよりも仕事に、彼は感激を発見している」
 
 
 遊びよりも仕事に感激を見出すことができれば、こんなに楽しい
 ことはないでしょうね。
 
 しかも、それが世界の子ども達、大人達を楽しませることができる
 なんて、とてもすばらいしことだと思います。
 
 私が目指している仕事も、多くの人を喜ばせることができると
 いいなと考えてます。





 もともと、一話一話が短くコンパクトに分かれているため、それを
 さらに短くお伝えするのは、なかなか難しいものがあります。
 
 そんな短いストーリーでも、読んでいると自分にも何かできそうな
 気がしてきます。
 
 今度、気に入った人物の自伝も読んでみようかと思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/123-13dfc7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。