訪問者数

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めんまじ
めんまじ めんまじ
山崎 拓巳 (2002/10)
サンクチュアリ出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:めんまじ
 著者:山崎拓巳
 出版:サンクチュアリ出版
 定価:1200円+税
 購入:ブックオフで650円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 TAK & FAK プロフィール
 「めんまじ」マップ
 「めんまじ」?TAKとFAKのメンタルマネージメント
 「めんまじ」まとめ
 “TAKU’S LIFE”
 “About Takumi Yamazaki”
 “Postscript”



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は2002年11月に出版されています。
 
 著者は、エッセイスト、画家、イラストレーターなど幅広い分野
 で活躍されているそうです。
 また、ニューヨークで絵画個展も開催されたそうです。
 
 芸術家?と思いきや、ネットワークビジネスでも成功されている方
 のようです。
 
 この本は、私がおすすめする「本のソムリエさん」が発行されて
 いるメルマガ、
 
  1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』
  http://www.mag2.com/m/0000094236.html

 のホームページ
 
  読書普及委員会
  http://www.1book-day.com/
  
 で、星五つ「★★★★★:家宝となるでしょう」と紹介されていた
 本です。

 ブックオフで見つけたので買ってきました。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)メンタルマネージメントとは何?



 自分の心が管理できれば、いろいろなことができそうです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)メンタルマネージメントとは何?

 一つ目のポイントは「心のスクリーン(意識)」です。
 
 「心の中に描き出している絵。行為に大きく影響を与える。
 『そうあってほしい』状況を描き出す」

 二つ目のポイントは「下意識」です。

 「物事に熟練する、技術を身につける場所。『成功』の反復により
 習得することができる」

 三つ目のポイントは「セルフイメージ」です。

 「“自分らしい”という概念で、自分自身を限定している領域。
 あこがれの人たちの世界に飛び込むことによって向上させること
 ができる」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【セルフイメージを強化しよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「メンタルマネージメント」とは何でしょうか?

▽この本の題名になっている「めんまじ」とは「メンタルマネージ
 メント」の略です。

 日本語で言うと「心の管理」です。
 
 つまり、「自分の心を管理して、夢を実現しましょう」ということ
 です。

▽この本は「TAK(タック)」と「FAK(ファック)」という
 二匹の不思議な生き物が繰り広げる物語に沿って、「メンタル
 マネージメント」を解説していきます。
 
 「メンタルマネージメント」には3つのポイントがあります。
 それを簡単に解説してみましょう。
 
▽まず一つ目のポイントは「心のスクリーン(意識)」です。
 
 「心の中に描き出している絵。行為に大きく影響を与える。
 『そうあってほしい』状況を描き出す」
 
 これは、成功法則本では必ず書いてあることです。
 
 人間は自分が心に描いたことを実現しようとします。
 
 この本では「スノーボード」で解説しています。
 
 自分の進行方向で誰かが転倒したとします。
 すると、「ぶつかっちゃいけない」と思いますよね。
 
 「ぶつかっちゃいけない」と思っても、転倒した人を見ていると
 ぶつかったところを想像しながら、その人に突進していきます。
 
 実は私、ウィンタースポーツはやらないので、スノボがどういう
 ものか知りません。
 
 でも、バイクに乗っていたので、その感覚は分かります。

 バイクに乗って、コーナーにさしかかったとき、「ガードレール
 にぶつからないように!」と思って、ガードレールを見ていると
 ガードレールにぶつかったところ想像して、ガードレールに突進
 していきます。
 
 上手くコーナーを通過するには、行き先、つまりコーナーの出口に
 視線を持っていき、コーナーを上手に通過することを想像すること
 が大切なのです。
 
 このように、私たちの行動は、思考よりも、想像、つまり「心の
 スクリーン」に影響されます。
 
 「心のスクリーン」に描き出されたことを、体はそれを「望んで
 いるんだ」と勘違いしてしまうのです。
 
 では、これをどのように利用すれば良いのでしょう?
 
 自分の望むべき現実、理想の仕事をしているカッコイイ自分、
 お金持ちになっている自分、なりたい自分を想像すればいいのです。
 
 なりたい自分を描き続けることで、望む現実に切り替わっていく
 のです。
 
▽言いたいことは分かります。
 成功法則本を読むといつもそう思うのです。
 
 私の場合、その前の段階で止まっています。
 簡単に言うと「なりたい自分」がよく分からないのです。
 
 「この世で自分がするべきこと」が分からずにいるのです。
 
 何者になりたいか分からないので、「理想の自分」がハッキリと
 想像できません。
 
 このような状態の方はたくさんいるのではないでしょうか?
 
 本にはよく「自分の好きなことをやりなさい」と書いてあります。
 いつも思うのは「自分の好きなことって何?」です。
 
 
▽二つ目のポイントは「下意識」です。

 「物事に熟練する、技術を身につける場所。『成功』の反復により
 習得することができる」

 ここでいう「下意識」とは俗に言う「潜在意識」のことです。
 
 下意識をどうやって管理するかというと、「反復」です。
 
 反復して体に覚え込ませることによって下意識が働きはじめ、
 意識せずにできるようになるのです。
 
 意識せずにできるようになることを「習慣」といいます。
 
 例えば、家から会社に行く場面を想像して下さい。

 何年も通っていると、ホームの同じ場所から電車に乗って、同じ
 階段で改札まで行き、気が付いたら会社に着いていた、なんてこと
 ありませんか?

 これは、「反復」によって「習慣」になったためです。
 
 ただし、なんでもかんでも反復すればいいのかというと、そうでは
 ありません。
 
 大事なのは「成功イメージ」を反復させることです。
 なぜかというと、「下意識」は成功と失敗の区別が付かないから
 です。
 
 繰り返すことによって、成功も失敗も、成功でも失敗でもない
 ことも、学習してしまうのです。
 
 これは、考えると怖いことですね。
 
 先程の「家から会社に行く」ことを考えても、成功体験でも失敗
 体験でもないですが「反復」で「習慣」になっています。
 
 毎日、部下を叱っているとします。

 「反復」していると「習慣」になります。
 叱ったことすら覚えていないのではないでしょうか。
 
 私はある時、気が付きました。
 
 自分の1日の生活が「習慣」になっていて、気が付いたら1日が
 終わっていました。
 
 気が付いたら会社にいて、気が付いたらご飯を食べていて、気が
 付いたら家に着いていて、気が付いたら朝になって...
 
 恐ろしくなって、1日の行動全てを「意識」して行動するように
 したのです。
 
 これだけでも、ものすごく抵抗がありました。
 「習慣」恐るべしです。
 
 だとすると、反復するのは成功イメージの方がずっといいですね。
 
 でも、成功なんて毎日そうそうあるものでもないです。
 ではどうすればいいか?
 
 だから成功「イメージ」を心の中で「反復」すれば良いのです。

 下意識(潜在意識)は、心に描いたイメージと現実の区別がつき
 ません。
 
 現実に成功していなくても、成功している自分を強く思うことで、
 下意識は「成功した」ことを学習するのです。
 
 そうすることによって「成功」が「習慣」になるのです。
 
 でも、実はこれも難しいのです。
 
 私もそうですが、成功体験があまりない人は、上手く「成功イメ
 ージ」を描くことができないのです。
 
 悲しいですね。
 
 「成功イメージ」を描くことができないならば、「成功体験」を
 してしまえば良いのではないか?
 
 私はそう考えて、まず最初に「毎日本を読む」ことにしました。
 本を1冊んで、それを「成功」したことにするのです。
 
 「今日も1冊読んだ。俺はなんてすごい奴なんだ!」
 笑うところではないです(笑)
 
 次に、「毎日メルマガを発行」することにしました。
 メルマガを発行するたびに、それを「成功」したことにするのです。
 
 「今日も本を一冊読んだ上に、メルマガ発行もできた。信じられ
 ないね。俺はなんてすごい人なんだ!」
 
 他人から見るとつまらない「成功体験」かもしれないですが、私に
 とっては、毎日体験できる貴重な「成功」なのです。
 
 結果どうなるか、まだ結論は出ていません。
 どうなるでしょうね?
 
 皆さんも小さな「成功体験」を積み重ねてみてはいかがでしょう。


▽三つ目のポイントは「セルフイメージ」です。

 「“自分らしい”という概念で、自分自身を限定している領域。
 あこがれの人たちの世界に飛び込むことによって向上させること
 ができる」

 成功法則本を読んでいると、どの本を読んでも、自分の「セルフ
 イメージ」は、とても大切だと書いてあります。
 
 よく言いますよね「自分は、自分で考えたとおりの人間になる」と。
 
 一番良くあるのは、「自分はこういう人間なんだ」と考えている
 ことです。
 
 自分で自分を限定してしまっているから、「考えたとおりの自分」
 になっているのです。
 
 最初は何だかだまされたような感じがしました。

 「好きこのんで今の生活をしているわけではない」
 
 そう思いますよね。
 
 以前の私のセルフイメージは、こんなものでした。
 
 「俺は平均的な日本人サラリーマン」
 「年収も平均より少し上」
 「そこそこ幸せな家庭の父親」
 
 このように自分を評価していました。
 
 自分では、「現在の結果」から自分を評価して、自分の「セルフ
 イメージ」を創っていたいたつもりだったのです。

 でも、実は「セルフイメージ」を持っていたから、セルフイメージ
 通りの自分になっていたのです。
 
 これに気が付いたとき「なるほど」と思いました。
 
 これを逆に考えると、すごいことですね。

 自分のなりたい「セルフイメージ」を持てば、セルフイメージ通り
 の人間になれるということです。
 
 でも、これも私だけではないと思いますが、自分のなりたい「セル
 フイメージ」ってなかなか想像できないのです。
 
 なぜかというと、
 
 「なりたい自分が良く分かっていない」
 「成功体験があまりない」
 
 つまり、「心のスクリーン」の管理と、「下意識」の管理が上手く
 できていないからなのです。
 
 では、どうすれば良いか?
 
 この本にも書いてありますが、
 
 「『自分の夢』を文字や言葉に変えて、自分の心や体に何度も
 なじませるのです」
 
 このとき、注意しなければならないのは、
 
 「?になりたい」と形ではなく、
 「?になった」という過去完了の形にしなければなりません。
 
 なぜかというと、例えば「お金持ちになりたい」と紙に書いたと
 します。また、言葉を発したとします。
 
 すると、「お金持ちになりたい自分」になってしまうのです。
 
 冗談のような話かも知れませんが、色んな本を読んでいると、
 どうやら本当らしいのです。
 
 従って、紙に書いたり、言葉にする時は、その状態になってしまった
 ことにするのです。
 
 実は私、これも試してみました。

 ノートを一冊買ってきて、やりたいこと、セルフイメージを書い
 ていました。
 
 別のノートには「やることリスト」も書いてみました。
 
 まだ簡単な事ばかりですが、不思議と実現します。

 これは本当です。
 理由は分かりません。
 
 いろいろなことを書いたので、今後が楽しみです。





 自分の考えていること、実践してみたこと等、思ったことをかいて
 いたら長くなってしまいました。
 
 内容的には、成功法則本に書いてある内容とそんなに変わらない
 です。
 
 でも、とても分かりやすく書いてあります。

 TAKとFAKの物語も面白いですし、現実的で共感できるもの
 があります。
 
 普通の成功法則本でしっくりこなかった方、ぜひ読んでみて下さい。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://successread.blog66.fc2.com/tb.php/113-347b743b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。