訪問者数

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火宅の人(2回目)
火宅の人 (上巻) (新潮文庫)火宅の人 (上巻) (新潮文庫)
(1981/07)
檀 一雄

商品詳細を見る

火宅の人 下    新潮文庫 た 5-4火宅の人 下  新潮文庫 た 5-4
(1981/07)
檀 一雄

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今回紹介する本
──────────────────────────────
 題名:火宅の人 上巻・下巻
 著者:檀一雄
 出版:新潮文庫
 定価:660円
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101064032/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101064040/oyajimushicom-22/ref=nosim/



──────────────────────────────
 ◆目次
──────────────────────────────
 ※目次はありません。



──────────────────────────────
 ◆成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□



──────────────────────────────
 ◆内容紹介
──────────────────────────────
▽前回の続きです。

 家出した妻は石神井の家に戻りますが、著者は戻りません。

 「戻らない」と言うよりは「戻れない」と言った方が正しいよう
 です。
 
 そのうち、次男の次郎が日本脳炎を患い、後遺症で全身麻痺状態
 となり、自宅は幼い子が他に3人もいてまさに戦争状態です。
 
 しかし、それを見た著者は逃げるように家に寄りつかなくなります。
 
 「何事にも縛られたくない」
 
 それが本音ですが、どこかに帰る場所がないと生きていけない人
 でもあるのです。
 
 それが愛人宅ということになりますが、その愛人からも束縛され
 たくないと、別に仕事部屋を借りたりします。
 
 そんなこんなで、一番多いときで4軒の住みかを持ち、何人かの
 愛人を持つ生活を送っていました。
 
▽著者のように安定を嫌う人は、やっぱり酒の酔いに逃げようと
 するのが常のようです。
 
 太宰治も酒の席での失敗がたくさんあるようです。
 
 著者と太宰治が一緒になって酔うと、いつも太宰治が自殺を勧めて
 いたとのこと。
 
 著者の場合、自殺することは考えてませんが、何かから逃れる
 ように酒を飲むのです。
 
 作品中でも、とにかく酒が登場します。
 
 ビールとウィスキーがどこに行っても登場し、酒を飲まない日は
 ない、というか、酔ってない時間の方が少ないのではないかと
 思えるほど酒ばかり飲んでいます。
 
 酒も薬物も同じで、何かに依存する人は心に満たされない何かが
 あります。
 
 大人になってからでは決して埋める事はできない、そうした心の
 すき間を満たそうとして、酒や薬物に依存してしまうようです。
 
 著者の場合、それは9歳の頃に家を出た母親だったのかもしれ
 ません。
 
 これだけ浴びるように酒を飲んでいると、体のどこかがおかしく
 なりそうです。
 
 現に、晩年は胃が不調だったようで、それを誤魔化すために更に
 酒を飲んでいました。
 
▽著者は、満たされない何かを満たすため、女性関係も安定する
 ことがありませんでした。
 
 作品中でも著者が関係を持った女性は(確か)四人。
 
 メインの女性は妻ではなく、舞台女優の矢島恵子。
 
 作品中ずっと登場します。
 
 途中、著者は外国に取材旅行に出かけますが、外国でも現地の
 日本人女性と関係を持ちます。
 
 国内でも、飲み屋のお姉さんや連れ込み宿の仲居など何人かの
 女性と恋愛関係を持ちます。
 
 著者がそこに求めているのは、おそらく母親の姿。
 
 ただ、どの女性も著者の母親になることはなく、満たされる事は
 ありません。
 
 最終的に、どの女性からも捨てられてしまいます。
 
▽酒も女性も派手ですが、お金の使い方もかなりめちゃくちゃです。
 
 当時の人と比べてみると、相当な額を稼いでいました。
 
 普通に貯蓄して使えばかなり裕福な生活ができる状況です。
 
 それなのに、家を四軒持ち、石神井の自宅の生活費と愛人の生活費、
 それに加え自分の酒代と生活費で、お金が入ってもあっと言う間に
 使ってしまいます。
 
 出版社や新聞社に原稿料の前借りをして酒を飲んでいました。
 
▽「最後の無頼派」と呼ばれた著者。

 破滅型の人生は、読む方は楽しく読めますが、実際に体験して
 みるとどうなのでしょうか。
 
 実際に体験することができない私にとっては、羨ましくもあり、
 でも体験したくはないとも思ってしまいます。
 
 破滅型の人生を物語った作品ではありますが、作品自体が暗いわけ
 ではありません。
 
 どのような状況にあっても、文章は明るく、落ちこむような表現は
 ありません。
 
 自分では体験出来ない人生を体験してみたい方にはおすすめの
 一冊です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→ http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→ http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。