訪問者数

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷点 下
氷点 (下) (角川文庫)氷点 (下) (角川文庫)
(1982/01)
三浦 綾子

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:氷点 下
 著者:三浦綾子
 出版:角川文庫
 定価:460円+税



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4041437040/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f78783%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和57年1月に出版されています。
 
 昭和39年から朝日新聞で連載されています。

 著者は、旭川生まれの小説家・エッセイストで、人間の原罪などを
 テーマにした作品が多い作家です。
 
 著書も多数あります。



 物語は後半に突入します。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽上巻に引き続き下巻のあらすじを紹介します。

 上巻の終わりは、京都で開催される学会へ参加するために、一人
 青函連絡船に乗り込んだ啓造が、台風の為に連絡船が遭難し、
 九死に一生を得たところまでが書かれていました。
 
 啓造は連絡船が転覆する前に、自分が持っていた救命胴衣を平然と
 他人に渡し死んでいったキリスト教の宣教師を思い出し、その犠牲に
 心を打たれます。
 
 その宣教師に比べ、自分はなんて心の狭い考え方をしているの
 だろう、そう考えた啓造でした。
 
 しかし、旭川に帰ってきてから息子の徹が、台風の日に家に来る
 ことになっていた村井の話をしてしまったのです。
 
 京都行きを急遽取りやめた妻の夏枝が、村井とそんな約束をして
 いたとは知らずにいた啓造は、妻の行動に打ちのめされます。
 
 啓造は「愛する」ということについていろいろと考え始めます。
 
▽啓造の遭難事件を機に、夏枝は村井に近づかないようにしていま
 した。
 
 村井に近づいた時に実の娘のルリ子が殺され、今回は夫啓造の
 遭難事件が起こったためです。
 
 夏枝は啓造の嫉妬と復讐を知ってから、何とか夫に復讐をしようと
 考えていました。
 
 しかし、裕福で安定した現在の生活を捨てる気はありません。
 
 自分の身振りに男が情熱を示してくれることで夫に復讐をしようと
 考えていたのです。
 
 その村井が高木のすすめで結婚することになります。
 
▽夏枝は、陽子が成長するに連れて、前にも増して疎ましくなって
 きました。
 
 実の娘ルリ子を殺した犯人の娘が元気に明るく育ち、息子の徹も
 陽子のことが好きで、何かと「陽子は?」と夏枝に尋ねてきます。
 
 そういったことが夏枝をイライラさせていました。
 
 陽子に対する夏枝の態度の冷たさに気づいていた啓造は、陽子に
 お菓子や本を買って帰るようになります。
 
 その行為がまた夏枝の感情を逆撫でするのです。
 
 夏枝はつまらないことで陽子に嫌がらせをするようになります。
 
 給食費を渡さなかったこともあります。
 
▽給食費のことがあって、小学4年生の陽子は「働きたい」と考える
 ようになります。
 
 夏枝は「家が貧乏に思われるから」と反対しますが、啓造が働く
 ことに賛成したため、陽子は牛乳配達をするようになります。
 
 すぐに辞めると思っていた陽子の牛乳配達は、冬になっても続いて
 いました。
 
 猛吹雪の朝も、牛乳屋まで歩いて行った陽子でしたが、やっと
 たどり着いた牛乳屋で疲れて寝てしまいます。
 
 ふと目を覚ました時、隣の部屋から牛乳屋の夫婦の話し声が聞こ
 えてきました。
 
 「あの子はもらい子だって...」
 
 啓造と夏枝に全く似ていない陽子は、近所の人たちには実の子供
 ではない、と思われていたのです。
 
 そして、こんな吹雪の日に娘を外に出す親はいない、と陽子の
 「もらい子説」を裏付けるようなことも話していたのでした。
 
 そのことを聞いた陽子は、別段驚きもしませんでした。
 
 夏枝の冷たい態度や、つまらない嫌がらせに、なんとなくそうなの
 ではないかと感じていたのです。
 
 陽子は牛乳配達を辞めてしまいます。
 
▽陽子が5年生、徹が中学生になった頃、それまで陽子と兄弟として
 親しく遊んでいた徹が、素直に口を利かなくなってしまいます。
 
 徹も思春期に入り、陽子を異性としてみるようになっていました。
 
 徹は以前から、陽子は本当の妹ではないと気が付いていて、一番
 身近にいる女の子が気になるようになっていたのです。
 
 そのことに気が付いた夏枝は啓造に相談します。
 
 夏枝の話を聞いて啓造は不安になります。
 
 実の息子の徹は、犯人の娘とは絶対に結ばれてはならない。
 
 戸籍上は実の兄妹ですが、血がつながっていなければ戸籍は
 どうにでもなります。
 
 啓造は陽子を実の娘として引き取っておきながら「犯人の娘」
 というレッテルを剥がすことが出来ませんでした。
 
▽夏枝は、啓造の考えに気が付きます。

 辻口家の血に、実の娘を殺した犯人の血が混じることを怖れて
 いるのだと。
 
 夏枝は「徹と陽子を結婚させる積もりで育てれば?」と啓造の
 怖れていたことを言い出しました。
 
 啓造はこの時まで、「陽子がルリ子を殺した犯人の実の娘」だ
 ということを夏枝は知らないと思っていました。
 
 夏枝は啓造に陽子の出生の秘密を知っていることを告げます。
 
 夏枝は啓造に詰め寄ります。
 
 「なぜこんなむごい仕打ちをするのだ」と。
 
 啓造は、ルリ子が殺された頃のことを思い出し、逆に夏枝を問い
 つめます。
 
 「ルリ子が殺された時に憎いヤツが3人いた。一人は犯人の佐石。
 残りの二人は夏枝と村井だ。ルリ子を殺したのはこの3人だ」
 
 啓造はあの日夏枝に言いたかったことをやっと言えたのです。
 
 夏枝は、犯人の娘を育てられるほど悪いことはしていないと主張
 します。
 
▽二人が大きな声で言い争いをしている所へ、徹が部屋に入って
 きました。
 
 徹は二人の話を全て聞いていました。
 
 徹は夏枝も啓造も許すことができません。
 
 翌日から徹は誰とも口をきかなくなってしまいます。
 
▽陽子が中学を卒業する時に、卒業生を代表して答辞をのべることに
 なりました。
 
 しかし、それが夏枝には面白くありません。
 
 夏枝はまたもやつまらない意地悪を思いつきます。
 
 卒業式当日、陽子が家を出る前に答辞の原稿を白紙にすり替えて
 しまったのです。
 
 答辞を述べようと原稿を取り出した陽子は、白紙の原稿を見て
 アドリブで答辞を述べます。
 
 それがまた素晴らしい答辞となり、周囲の喝采をあびることに
 なります。
 
 それがまた夏枝には面白くありません。
 
 陽子は、原稿を差し替えた犯人を夏枝だと断定していました。
 
 夏枝の行動を知り、陽子は「私は一体誰の子供なのだろう?」と
 考え始めます。
 
▽陽子が高校生になった夏に、徹が大学の友人北原を連れて旭川に
 帰郷します。
 
 北原の存在が、また夏枝と陽子の反発を強める結果となります。
 
 
 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。