訪問者数

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晩年
晩年 (新潮文庫)晩年 (新潮文庫)
(1947/12)
太宰 治

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:晩年
 著者:太宰治
 出版:新潮文庫
 定価:476円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101006016/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f137649%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 葉
 思い出
 魚服記
 列車
 地球図
 猿ヶ島
 雀こ
 道化の華
 猿面冠者
 逆行
 彼は昔の彼ならず
 ロマネスク
 玩具
 陰火
 めくら草紙



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和22年12月に出版されています。
 
 作品自体は、1936年(昭和11年)に出版されています。
 
 著者は、昭和を代表する日本の小説家です。
 
 著書も多数あります。



 どのような話なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)楽しんで読もう。
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●楽しんで読もう。

▽著者の作品はこれまでに、「人間失格」「走れメロス」「きりぎりす」
 「斜陽」を読んだことがあります。
 
 いずれも新潮文庫版で、今回紹介する「晩年」も新潮文庫版です。
 
 作品の題名は「晩年」ですが、著者の処女作です。
 
▽この作品集が出版された頃、著者の人生は大変なことになってい
 ました。
 
 ウィキペディアから、その頃のことを抜粋します。
 
 1930年(昭和5年)フランス語が全く出来ないにもかかわらず、
 フランス文学に憧れ、東京帝国大学文学部仏文学科に進学します。
 
 しかし、全く授業に付いて行くことができず、非合法の左翼運動に
 のめり込み、大学の授業には全く出席しなかったようです。
 
 この頃に知り合った、カフェの女給で人妻だった田部シメ子と
 出会い、鎌倉の海に投身自殺を計ります。
 
 この時は、シメ子だけ死亡し、著者は生き残ります。
 
 1935年(昭和10年)「逆行」という作品を、初めて同人誌
 以外で発表し、この作品が第1回芥川賞の候補となりますが、
 おしくも落選してしまいます。
 
 その後、新聞社に入社したかったようですが、就職できずに2回目の
 自殺未遂を起こします。
 
 1936年(昭和11年)に麻薬鎮痛剤のパビナール中毒が進行し
 薬物中毒を治療しながらも、今回紹介する処女短編集の「晩年」を
 刊行します。
 
 自殺未遂と薬物中毒の中で書かれた作品集が「晩年」に収録されて
 います。
 
 本の裏にある作品の紹介文には、「自殺を前提に遺書の積もりで
 書き綴った処女作品集」と書かれています。
 
▽この部分を書いている時点で、まだ3分の1ほどしか読んでい
 ないので、全体像が掴めていません。
 
 でも、一番最初に掲載されている「葉」という作品を読むと、
 出だしが「死のうと思っていた」で始まるように、迷走しています。
 
 「葉」は一つの作品、というわけではありません。
 
 何だか、詩のような日記のような、何を言いたいのか分からない
 内容の違ういくつかの文章で構成されています。
 
 作品というよりも、酒か薬で酩酊状態にある著者が頭に何かが
 浮かぶままに書き殴った文章のように思えます。
 
 ただ、一貫して言えるのは「死の臭い」がぷんぷんしていること。
 
▽著者は、現在でいうところの「アダルトチルドレン」だったのでは
 ないかと思われます。
 
 次の作品「思い出」には、著者の幼少の頃から思春期までのことが
 自伝的に書かれています。
 
 著者の作品にはこのようなスタイルが多いような気がします。
 
 著者の場合、作品の中に一貫した「スタイル」というものがなくて、
 子供の頃の思い出話だったり、旅行記だったり、小説だったり、
 随想だったり、様々な作品を書いています。
 
 一貫したスタイルはなくても、作品から漂う「一貫した雰囲気」
 というのがあって、「死」とか「悲」と言った言葉が似合います。
 
 たまに「走れメロス」のような作品を書いてはいますが、こう
 いった作品も著者の人生と作品全体を通して見ると、何かの裏返し
 のような気がしてなりません。
 
▽「思い出」には、著者が子供の頃、家族の誰からも愛されていな
 かったことが語られています。
 
 叔母の思い出はたくさんあるのに、父母と家族の思い出を持って
 いないのです。
 
 曾祖母、祖母、父、母、兄三人、姉四人、弟一人、叔母と叔母の
 娘四人の大家族でしたが、物心ついたときには、叔母と一緒に
 寝ていたそうです。
 
 小学生になると、著者は文の才能を発揮し始めます。
 
 作文を書くと傑作と言われ、先生に誉められていました。
 
 しかし、誉められる文章は全て嘘の文章で、誰かの作品をアレンジ
 したり、ありもしないことを書いたものが傑作と評価されていま
 した。
 
 そして、真実を書くと必ずよくない結果が起きます。
 
 「父母が私を愛してくれない」と書いた時は、教員室へ呼ばれて
 叱られ、「もし戦争が起こったなら」という題で本心を書いた時は、
 校長と次席訓導(生活指導?)の二人に調べられます。
 
▽小学校2、3年の時まで、著者は母という存在を知りませんでした。
 
 その母親には叱られた記憶しか残っていないようです。
 
 このような幼少期の体験が積み重なって、著者が歳を重ねるに
 従い、心のどこかに必ず「不安」が居座るようになります。
 
 成人すると、現実逃避するように酒に溺れ、薬物に溺れ、人の愛に
 溺れます。
 
 普通の人なら、どうしようもない人間として扱われ、いつしか
 消えていたのでしょう。
 
 著者には文才があったため、その苦しい人生を文章にすることが
 できたのです。





 続きは次回。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。