訪問者数

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生論(2回目)
人生論 (角川文庫)人生論 (角川文庫)
(2004/05)
トルストイ

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:人生論
 著者:トルストイ
 出版:角川文庫
 定価:400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4042089267/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1676034%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 一 人間生活の根本矛盾
 二 人生の矛盾は大昔から人類によって意識されている。人類の
   教師たちは人生の定義を人々にしめして、この内面の矛盾を
   解決したのに、パリサイの徒と学者はそれを人々の目から
   かくしている
 三 学者のあやまち
 四 学者たちは、人間の生命という観念を人間の動物的生存という
   目に見える現象ととりちがえていて、人生の目的についても、
   そうしたまちがった観点から、結論をくだしている
 五 パリサイの徒と学者たちのにせの教えは、真の生活の意味も、
   生活の指針も、しめしてくれはしない。こうして、いま、
   人々の生活の指針となっているのは、唯一つ、理性的な意味
   などなにもない生活のただの惰性だけである
 
 他、多数あるので省略します。


──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和33年12月に出版されています。
 
 最初は1888年に発表されています。
 
 著者は19世紀を代表するロシアの作家で、1828年に生まれ、
 1910年に亡くなっています。
 
 著書も多数あります。
 
 
 
 何を語っているのでしょうか?
 
 
 
 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)生命とは?



 考えれば考えるほど不思議です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)生命とは?

 「人は、自分がふっと生まれてきたようなものではなくて、これ
 までいつも存在してきたし、いまも、また、これからさきも存在し
 続けるということを認めるとき、はじめて、自分が死ぬものでは
 ないということを知るのである」
 
 「つまり、自分の生命が波のようなものではなくて、ただこの
 人生で波のような形をとってあらわれるだけの永遠の運動だと
 理解するとき、はじめて、自分の不死が信じられるのである」

 「我々には、人が死ななくても良いときに死ぬように思えてなら
 ないのだが、そんなばかなことがあるはずはない」
 
 「人は、自分の幸福のため、どうしても死が必要となる場合に、
 初めて死ぬのだ。ちょうど、それは人間が成長して、大人になる
 のと、おなじような理屈なのである」
 
 「人が死んでいくのは、この世では真の生活の幸福を、もうこれ
 以上、増やしてくことができなくなってしまったからなのであって、
 肺が悪かったとか、癌ができたとか、ピストルで撃たれたとか、
 爆弾を投げつけられたとかいったようなことが原因となっている
 のでは、さらさらない」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 人生楽しく生きよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「生命とは?」

▽人間はこの世に生まれると、何だか良く分からないけれど、何ら
 かの活動を始めます。
 
 自動的に心臓の筋肉を動かし全身に血液を送り、口と鼻から空気を
 吸って肺へ運び、肺で酸素を吸収し血液に酸素を取り入れ、これを
 全身へ送ります。
 
 この他にも内臓や手足は自由に動かす事ができるし、脳では記憶
 したり計算したり想像したりさまざまなことをやってのけます。
 
 そして圧巻なのはDNA。
 
 1000ページの本1000冊程の情報量を、一つのDNAが
 保持して、人の身体を形作っています。
 
 人間の細胞は常に入れ替わっていて、6ヶ月くらいすると全く
 新しい細胞になっているにもかかわらず、容姿やほくろの位置等
 は見た目はそんなに変わらずに存在します。
 
 ところが、これらの肉体的な活動は、死んでしまうと全てが停止し
 やがて骨格だけになってしまいます。
 
 「生きている」という状態と「死んでいる」という状態は何が
 違うのでしょうか?
 
 その状態は、ある一瞬で入れ替わります。
 
 まるで魂が抜けてしまったように...
 
 考えれば考えるほど不思議です。
 
▽太古の昔から「死」は恐ろしいもの、死んでしまうと全てが「無」
 になってしまう等の考え方があったため、人は死についてひたすら
 考えてきました。
 
 そして、権力を握ると「不老不死」を求めてさまざまな研究を
 始めるようになります。
 
 人間にとって「死」とはそれほど恐ろしいことなのです。
 
 「死んでしまうと全てが無になってしまう...」
 
 これは事実なのでしょうか?
 
 確かに物質的には全てが無くなってしまいます。
 
 そして、その人が生きていたときに持っていた「記憶」もなく
 なってしまうし、その人が自分の家族や親友だと定義していた
 「意識」もなくなってしまいます。
 
 著者は、肉体は滅んでも何かが永遠に残っていくと主張しています。
 
 「人は、自分がふっと生まれてきたようなものではなくて、これ
 までいつも存在してきたし、いまも、また、これからさきも存在し
 続けるということを認めるとき、はじめて、自分が死ぬものでは
 ないということを知るのである」
 
 「つまり、自分の生命が波のようなものではなくて、ただこの
 人生で波のような形をとってあらわれるだけの永遠の運動だと
 理解するとき、はじめて、自分の不死が信じられるのである」
 
 つまり「生命」という決してなくなることがない何かがあって、
 その生命の何らかの運動によって人間という形が作られるのだと
 主張しているのです。
 
 ただそれだけのことで、死によって全てが「無」になってしまう
 のではなく、生命は永遠に続いていきます。
 
 著者はつまり「輪廻転生」のことを言っているのだと思われます。
 
▽人は何らかの目的があって、「生命」という形式に肉体と意識を
 まとってこの世に生まれてきます。
 
 その目的は実際のところ良く分かりません。
 
 おそらく修行するために、わざわざ不自由な肉体をまとってこの
 世に物質として出現するのです。
 
 この辺のことは、スピリチュアル系の本を読めばよく理解できます。
 
 では「寿命」とは何なのでしょうか?
 
 肉体はなぜ人それぞれによってこの世に存在する期間が違って
 いるのでしょうか?
 
 70年なら70年と決めてしまえば、それなりに人生計画を立てら
 れるような気がしますが、いつ何時この世から肉体がなくなって
 しまうのか実際は誰にも分かりません。
 
 しかも、出会い頭の事故等によって、突然死んでしまうことも
 あります。
 
 どうして人それぞれこの世に肉体をまとっている期間が違って
 いるのでしょうか?
 
 そのことについて著者は次のように書いています。
 
 「我々には、人が死ななくても良いときに死ぬように思えてなら
 ないのだが、そんなばかなことがあるはずはない」
 
 「人は、自分の幸福のため、どうしても死が必要となる場合に、
 初めて死ぬのだ。ちょうど、それは人間が成長して、大人になる
 のと、おなじような理屈なのである」
 
 「人が死んでいくのは、この世では真の生活の幸福を、もうこれ
 以上、増やしてくことができなくなってしまったからなのであって、
 肺が悪かったとか、癌ができたとか、ピストルで撃たれたとか、
 爆弾を投げつけられたとかいったようなことが原因となっている
 のでは、さらさらない」
 
 人は必要だから死ぬのです。





 この本は、著者の愚痴から始まり、生命に対する自分自身の答えを
 見つけるために、延々と書いたのではないかと思われます。
 
 昔から誰もが恐れている「死」は、「死んでみなければわからない」
 ということもあって、人間の最大の恐怖の一つになっていました。
 
 きっと、著者もそのことについて相当考えたのだと思います。
 
 そして得た答えは、キリスト教の教えに根ざした「愛」でした。
 
 今なら飯田史彦さんをはじめたくさんの人の著書を紹介してあげる
 のに...



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。