訪問者数

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本帝国の申し子(2回目)
日本帝国の申し子?高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945日本帝国の申し子?高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945
(2004/01/25)
カーター・J・エッカート

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:日本帝国の申し子
 副題:高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945
 著者:カーター・J・エッカート
 出版:草思社
 定価:2400円+税
 購入:ブックオフで950円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794212755/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1635754%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 朝鮮における資本主義の誕生
  第一章 商人と地主?資本の蓄積、一八七六年?一九一九年
  第二章 産業資本家?胎動と誕生、一九一九年?四五年)
 第2部 発展のパターン
  第三章 資本家階級と国家?金融面での結びつき
  第四章 資本家階級と国家?経営上のパートナー
  第五章 本国と後背地のはざまで?原料と技術獲得
  第六章 本国と後背地のはざまで?市場を求めて
 第3部 資本家階級と市民社会
  第七章 「文句をいわずに」?資本家は労働者階級をどう扱ったか
  第八章 祖国よりも階級の利益を?内鮮一体と朝鮮の資本家階級
 結 論 植民地時代の遺産



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2004年1月に出版されています。
 
 著者は、ハーバード大学教授で、「朝鮮史」が専門です。
 
 この本で賞を二つ貰っています。
 
 著書はこの1冊しか見あたりません。



 日本の植民地統治とは、どのようなやり方をしていたのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本が韓国に残してきたものとは?



 戦後、韓国の経済発展に重要なものを残してきたみたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本が韓国に残してきたものとは?

 「植民地時代におこなわれた工業化の遺産は、朝鮮の資本家階級を
 生み育てたことにとどまらない。植民地化は戦後の経済発展に
 必要な社会基盤を残したのみならず、この時代の資本主義発展は
 (少なくとも急速な工業化を促進したという意味での)成功モデル
 として、のちの経済発展に影響を与えることになったのである」
 
 「当然ながらこのモデルは、現代日本の資本主義発展モデルに
 共通する要素を与えることになったのである。当然ながらこの
 モデルは、国家主導による経済活動、少数の巨大企業グループ
 (財閥)による民間経済の寡占、輸出の重視、戦争あるいは戦争の
 脅威に刺激された経済成長などである」
 
 「しかし一方で、このモデルは日本的というより、むしろ植民地
 朝鮮特有の性格を有している。日本の植民地支配とその独特な
 支配体制によって、朝鮮の資本主義は日本のそれとは大きく異なる
 独自のパターンで発展を遂げたのである」

 「植民地下での工業化は特殊な方法で行われ、急速な工業化に
 成功した。そのためのちに工業化を進めるさいにはそれを手本と
 するのが、最も簡単かつ最も効果的であった」
 
 「植民地時代には、資本主義の発展に必要な要素が全て揃って
 いたといえる。たとえば植民地支配は資本家階級を生み育てたが、
 その資本家は植民地政府の指令と保護を従順に受け入れ、より
 強くより進んだ日本の資本主義システムに大きく依存し、体制の
 内部に組み込まれていたのである」
 
 「資本主義の発展に必要な要素が再びそろうのは、1960年代に
 経済優先政策を掲げる朴政権が出現してからのことである。65年
 に日本との国交が正常化され、日本の資本と技術の流入が始まると、
 韓国の工業化のパターンは、大きく異なる部分もあったとはいえ、
 植民地時代の開発パターンにますます類似していったのである」

 「この国の近年の変容、特に急激な工業化を促進した朴政権時代の
 20年間の変容をみれてば、植民地研究者はまるでデジャビュ
 (既視感)のような不思議な感覚に襲われる。歴史はやはり圧倒的
 勝利を収めた。つまり、過去は現在のなかに能動的に作用して
 生きているのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっといろいろなことを勉強しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本が韓国に残してきたもの」とはどのようなものだったので
 しょうか?
 
▽日本が植民地としていた大韓民国では、国民が属する階級によって
 扱われ方はさまざまだったようです。
 
 優遇されていたのは資本家階級で、総督府は民族運動をきっかけに
 韓国の資本家階級を取り込み、労働者と労使者を分かつように
 し向けていったのです。
 
 結果的に、朝鮮半島で実現した資本主義経済は、日本の経済シス
 テムとも、他の国の経済システムとも違う独特な、官と民が複雑に
 からみあった経済システムでした。
 
▽1945年8月の時点で、日本の植民地統治から解放された朝鮮の
 資本主義は日本帝国の崩壊によって、重大な危機に直面します。
 
 経済に必要な資金、技術、流通ルート等が断ち切られてしまい、
 また、政治的には複雑に絡み合っていた「朝鮮総督府」の存在が
 なくなってしまったためです。
 
 結果的に、朝鮮半島の資本主義は南側(韓国)でしか存続できず、
 しかも、政治、経済、軍事面で多くのアメリカの支援があって
 初めて可能となったのです。
 
 しかし、日本の植民地時代に起きた資本主義システムは、太平洋
 戦争後も脈々と受け継がれていたのです。
 
 1965年に日本との国交が正常化してから、日本経済界との
 緊密な関係を維持するようになります。
 
 このときに活躍したのが、植民地時代に資本家をしていた人たち
 でした。
 
 著者は植民地時代の遺産について次のように書いています。
 
 「植民地時代におこなわれた工業化の遺産は、朝鮮の資本家階級を
 生み育てたことにとどまらない。植民地化は戦後の経済発展に
 必要な社会基盤を残したのみならず、この時代の資本主義発展は
 (少なくとも急速な工業化を促進したという意味での)成功モデル
 として、のちの経済発展に影響を与えることになったのである」
 
 「当然ながらこのモデルは、現代日本の資本主義発展モデルに
 共通する要素を与えることになったのである。当然ながらこの
 モデルは、国家主導による経済活動、少数の巨大企業グループ
 (財閥)による民間経済の寡占、輸出の重視、戦争あるいは戦争の
 脅威に刺激された経済成長などである」
 
 「しかし一方で、このモデルは日本的というより、むしろ植民地
 朝鮮特有の性格を有している。日本の植民地支配とその独特な
 支配体制によって、朝鮮の資本主義は日本のそれとは大きく異なる
 独自のパターンで発展を遂げたのである」
 
 植民地下での経済発展の形式は、戦後も「そのまま」引き継がれ
 韓国の経済発展の原型となったのです。
 
▽著者の分析によると、朝鮮資本主義の発展のパターンというのが
 2つあって、1つは「国家による圧倒的な経済支配」です。
 
 朝鮮総督府の絶大な権力による独裁政権下で、政府と実業界は
 緊密に結びつき、両者とも恩恵を得ていました。
 
 2つ目の特徴は、「日本の資本主義に対する従属」です。
 
 日本の資本主義の方が進んでいたことと、「日本の植民地」という
 立場を考えるとあたりまえなのかもしれません。
 
 原料の調達から販売、設備、技術者等は、提携していた日本の
 企業に大きく依存していました。
 
▽このような植民地開発モデルは、二つのかたちで戦後に受け継がれ
 ます。
 
 一つは「植民地開発にかかわった朝鮮人の経験という生きた財産」
 で、もう一つは「日本統治下で推進された最初の工業化は、戦後の
 経済発展モデルになった」です。
 
 著者は言います。
 
 「植民地下での工業化は特殊な方法で行われ、急速な工業化に
 成功した。そのためのちに工業化を進めるさいにはそれを手本と
 するのが、最も簡単かつ最も効果的であった」
 
 「植民地時代には、資本主義の発展に必要な要素が全て揃って
 いたといえる。たとえば植民地支配は資本家階級を生み育てたが、
 その資本家は植民地政府の指令と保護を従順に受け入れ、より
 強くより進んだ日本の資本主義システムに大きく依存し、体制の
 内部に組み込まれていたのである」
 
 「資本主義の発展に必要な要素が再びそろうのは、1960年代に
 経済優先政策を掲げる朴政権が出現してからのことである。65年
 に日本との国交が正常化され、日本の資本と技術の流入が始まると、
 韓国の工業化のパターンは、大きく異なる部分もあったとはいえ、
 植民地時代の開発パターンにますます類似していったのである」
 
 日本の植民地政府という独裁政権の庇護を受け、これとの密接な
 協調関係の下で成長した資本家たちは、戦後も同じようなパターン
 で経済を発展させていくことになります。
 
 著者はさらに次のように書いています。
 
 「この国の近年の変容、特に急激な工業化を促進した朴政権時代の
 20年間の変容をみれてば、植民地研究者はまるでデジャビュ
 (既視感)のような不思議な感覚に襲われる。歴史はやはり圧倒的
 勝利を収めた。つまり、過去は現在のなかに能動的に作用して
 生きているのである」
 
 歴史は、短いスパンで見てしまうと、正しい見方ができなくなって
 しまいます。
 
 経済発展のように時間がかかるシステムを研究する場合は、長い
 スパンで歴史を見ていかないと、前後の流れがみえないのでは
 ないでしょうか。





 日本の植民地統治というのは、一番の目的は「日本のため」でした。
 
 日本の発展のためには朝鮮を工業化した方が得策である、という
 考えの下に、朝鮮の資本家階級を上手く取り込み、植民地政府の
 監視と保護のもとに工業を発展させてきました。
 
 この意味においては、日本は大韓帝国を搾取していたわけでは
 ありません。
 
 逆に経済的な発展を促したと言えます。
 
 しかし、労働者階級にとってみると、植民地政府の庇護にある
 朝鮮人資本家の会社では、搾取されていたとしか言いようがない
 ようです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本帝国の申し子
日本帝国の申し子?高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945日本帝国の申し子?高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945
(2004/01/25)
カーター・J・エッカート

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:日本帝国の申し子
 副題:高敞の金一族と韓国資本主義の植民地起源 1876-1945
 著者:カーター・J・エッカート
 出版:草思社
 定価:2400円+税
 購入:ブックオフで950円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794212755/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1635754%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 朝鮮における資本主義の誕生
  第一章 商人と地主?資本の蓄積、一八七六年?一九一九年
  第二章 産業資本家?胎動と誕生、一九一九年?四五年)
 第2部 発展のパターン
  第三章 資本家階級と国家?金融面での結びつき
  第四章 資本家階級と国家?経営上のパートナー
  第五章 本国と後背地のはざまで?原料と技術獲得
  第六章 本国と後背地のはざまで?市場を求めて
 第3部 資本家階級と市民社会
  第七章 「文句をいわずに」?資本家は労働者階級をどう扱ったか
  第八章 祖国よりも階級の利益を?内鮮一体と朝鮮の資本家階級
 結 論 植民地時代の遺産



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2004年1月に出版されています。
 
 著者は、ハーバード大学教授で、「朝鮮史」が専門です。
 
 この本で賞を二つ貰っています。
 
 著書はこの1冊しか見あたりません。



 日本の植民地統治とは、どのようなやり方をしていたのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本が植民地統治でしてきたこととは?



 韓国や北朝鮮が主張しているような事が実際にあったのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本が植民地統治でしてきたこととは?

 「植民地時代の歴史のなかで、朝鮮社会経済史の研究者の目を
 最も引くものは、植民地であったにもかかわらず工業が著しい
 発展を遂げたという事実である。その次に印象的で、しかもより
 興味深い事実は、植民地下という状況にありながら、多くの朝鮮人
 がその工業発展に積極的な役割を果たしたという点である」

 「真実とはつねに複雑なものである。朝鮮における日本人の役割は、
 圧制者であると同時に、社会経済の変化の推進者でもあった」
 
 「事実、帝国主義による植民地支配はすべての朝鮮人に苦痛を
 もたらしたわけではなく、人々の階層によってその影響はさまざま
 だった。最も被害の少なかったのは新興の資本家階級であり、
 被害どころか、経済的意味合いだけでいえば、日本の侵略の犠牲者
 といえるかどうかも疑わしい」
 
 「後述するように、韓国における資本主義発展の最初の原動力と
 なったものは帝国主義である。そして、もし帝国主義を変化の
 促進剤とするならば、植民地支配は朝鮮の資本主義を形作った
 るつぼとなる」
 
 「日本は自分自身の利益のために、きわめて意図的かつ計画的に
 朝鮮の資本家階級の成長に手を貸した。こうして、朝鮮の資本
 主義は日本の支配下で、日本政府のお墨付きを得て花開くことに
 なったのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっと歴史を勉強しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本が植民地統治でしてきたこと」とはどのようなことなので
 しょうか?

▽最近、日韓の歴史(正確には、大韓帝国と日本帝国の歴史)に
 興味があって、関連する本を何冊か読んでいます。
 
 きっかけは「マンガ 嫌韓流」でした。
 
 その後に、韓国人が書いた日本を批判している本を読んだり、
 韓国の歴史教科書を批判している日本人が書いた本を読んだり、
 元は韓国人だけれど日本に帰化した人が書いた韓国を批判する
 本を読んだりと、いろいろな立場で、さまざまな主張を持つ人たち
 が書いた本を読んでいます。
 
 それらの本を読んでみて感じたのは、2国間の歴史については
 お互いの国の人が書いた本は、それぞれの国に「都合が良い」
 歴史になる傾向があります。
 
 韓国人が書いた本や韓国の歴史教科書は、日本のことを「悪」と
 決めつけているし、逆に日本は「結果的に善だった」と主張して
 います。
 
 お互いの国のナショナリズムがあるので、それぞれが譲れない
 状況になっています。
 
 しかし、歴史の真実は一つしかないはずで、
 
 「どちらかが嘘をついている、もしくは、嘘の歴史を信じている」
 
 ということになると思います。
 
 そのことを検証するには、日本と韓国に利害関係がない第三者が
 書いた本が役に立つと思い、そのような本を探していました。
 
 いろいろと探してみましたが、第三者が書いた本というのは、
 とても少ないのです。
 
 なぜかというと、自国以外の2国間の歴史を紐解こうとすると、
 当然、一次資料を読まなくてはならないのです。
 
 一次資料とは、当時実際に書かれた資料で、歴史を検証する上では
 一番重要となる資料です。
 
 日本と韓国の歴史について知ろうとすると、当時の日本語を読め
 なくてはならないし、当時の朝鮮語も読めなくてはならないし、
 そして、それを自国の言葉(著者の場合は英語)で語らなくては
 なりません。
 
 その作業が、かなり難しいみたいです。
 
 また、それぞれの国の歴史家が書いた本を資料として参照して
 しまうと、間違った認識のままそれを信じてしまい、結果的に
 どちらかに偏った分析になってしまう、ということが往々にして
 あるみたいです。
 
 言われてみれば確かに大変そうです。
 
 そのなかでも、この本は徹底的に一次資料を参照し、二国間に
 利害関係がない著者が、冷静に分析して書いた日本と朝鮮の歴史、
 主に経済史の話です。
 
▽私が韓国人の主張で一番気になっているのは、

 「日本による大韓帝国の植民地支配によって、大韓帝国の人々は
 経済的に収奪された。農民からは土地を取り上げ国有化し、国民は
 ひどい仕打ちを受けた」
 
 と主張している部分です。
 
 この書き方だと、日本と大韓民国との関係は、イギリスとインドを
 はじめ、欧米列強とアジア各国との関係と同じ、収奪だけの関係で
 あったという書き方です。
 
 ちょうど私のじいちゃんの世代がやってきたことは、ほんとうに
 そういった収奪だけの植民地支配だったのでしょうか?
 
 大韓帝国の人たちを、そんなにひどい目に遭わせて、苦しめて
 いたのでしょうか?
 
 私が少しだけ知っている歴史はそういった歴史とは違います。
 
 こういったことが知りたくて買ってきた本です。
 
▽この本は、主に植民地統治時代、及びその前の大韓帝国、及び、
 その後の韓国の経済について書かれた本で、結論から言うと、

 「太平洋戦争後の韓国経済が発展した理由は、日本が統治した
 植民地時代にある」
 
 との見方をしています。
 
 具体的に説明した部分を紹介します。
 
 「植民地時代の歴史のなかで、朝鮮社会経済史の研究者の目を
 最も引くものは、植民地であったにもかかわらず工業が著しい
 発展を遂げたという事実である。その次に印象的で、しかもより
 興味深い事実は、植民地下という状況にありながら、多くの朝鮮人
 がその工業発展に積極的な役割を果たしたという点である」
 
 もし、工業の発展だけであれば「労働力の搾取」ということに
 なってしまいますが、それだけではなくて、工業の発展に多くの
 朝鮮人が経済的に大きな役割を果たしているということは、
 「収奪だけの植民地」とは違うのではないでしょうか。
 
 ただ、日本による圧政がなかったわけではないみたいです。
 
 それは、人々の階級によって全く扱いが違っていました。
 
 著者は言います。
 
 「真実とはつねに複雑なものである。朝鮮における日本人の役割は、
 圧制者であると同時に、社会経済の変化の推進者でもあった」
 
 「事実、帝国主義による植民地支配はすべての朝鮮人に苦痛を
 もたらしたわけではなく、人々の階層によってその影響はさまざま
 だった。最も被害の少なかったのは新興の資本家階級であり、
 被害どころか、経済的意味合いだけでいえば、日本の侵略の犠牲者
 といえるかどうかも疑わしい」
 
 「後述するように、韓国における資本主義発展の最初の原動力と
 なったものは帝国主義である。そして、もし帝国主義を変化の
 促進剤とするならば、植民地支配は朝鮮の資本主義を形作った
 るつぼとなる」
 
 「日本は自分自身の利益のために、きわめて意図的かつ計画的に
 朝鮮の資本家階級の成長に手を貸した。こうして、朝鮮の資本
 主義は日本の支配下で、日本政府のお墨付きを得て花開くことに
 なったのである」
 
 その人が属する階層によって圧政だったのか、そうではなかった
 のか感じ方が違うみたいです。
 
 そして、一部の階層に属する韓国人は支配どころか、おおいに
 ビジネスをしていたようです。
 
 私が知っている植民地支配とはどこかが違うような気がします。





 この本は、日本が大韓民国を植民地支配していた時期に、経済的に
 どのような影響を与えたのかを詳細に分析している内容となって
 います。
 
 確かに日本帝国による「圧政」はあって、総督府が何かあると
 武力に訴えていたのも真実で、独立運動を武力で鎮圧したのも
 真実のようです。
 
 しかし、その他にも真実は複雑に絡み合っていて、韓国の経済
 発展にも力を貸していたのが当時の日本だったのです。
 
 なかなか面白くなってきました。
 
 次回、もう一度紹介させていただきます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

バカのための読書術
バカのための読書術 (ちくま新書)バカのための読書術 (ちくま新書)
(2001/01)
小谷野 敦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:バカのための読書術
 著者:小谷野敦
 出版:ちくま新書
 定価:680円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/448005880x/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1308850%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 「難解本」とのつきあい方
 第2章 私の「知的生活の方法」
 第3章 入門書の探し方
 第4章 書評を信用しないこと
 第5章 歴史をどう学ぶか
 第6章 「文学」は無理に勉強しなくていい
 終 章 「意見」によって「事実」を捩じ曲げてはならない



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■□□□



 この本は、2001年1月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、東大の非常勤講師をされている人で、
 文芸批判、演劇、歴史、ジェンダー論などフィールドは幅広く、
 独自の「男性論」を展開しているそうです。
 
 著書も多数あります。



 バカは何を読めば良いのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)バカはどのような本を読めば良いのか?



 バカの程度が問題です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)バカはどのような本を読めば良いのか?

 「バカとは何か。それは本文でも触れるが、当面、哲学とか数学
 とか、抽象的なことが苦手、という人のことである」
 
 「こういう人はどうしても一定程度はいるのであって、ある程度は
 仕方がない。あるいは自然科学でも、現在はとにかく細分化、
 精緻化しているので、バカにはちょっと荷が重い」

 「そこで、バカは何を学問の中核として読書に臨んだらいいのか、
 ということを考えたのである。私の出した結論は、歴史である、
 ということだ」
 
 「歴史といっても、歴史とはなんぞや、とか、資料の扱い方、
 とか、それよりももっと難解な『事実は存在するのか』といった
 話ではなく、高校で習うような『日本史』『世界史』の類のこと
 である」

 「ただ、ここで読者に想定しているのは、いちおう学校を終えて
 しまって、しかしただのベストセラー小説を読んでいるような
 人生に不満で、けれど難解な哲学書を読んでもわからない、という
 ような人たちだ」
 
 「そういう人たちにとって、歴史は大きな利点がある。まず、
 蓄積がものを言うから、歳を取ることを恐れずにすむ、という点
 である」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「バカはどのような本を読めば良い」のでしょうか?

▽本を読むのも読まないのもその人の自由だし、どのような本を
 読むべきか選ぶのもその人の自由です。
 
 現在は、本を読まない人の方が多いみたいなので、書評メルマガを
 読む人は、もしかしたらめずらしいのかもしれないです。
 
 いつも何かしら本を読んでいる人は、読んでもストーリーがある
 わけじゃないし、別に感動するわけでもないし、人生の役に立つ
 わけでもないけれど、「読書術」と名の付いた本をどうしても
 読んでしまいます(もしかしたら私だけかもしれまん)。
 
 その理由の一つとして、他人がどのような本を読んでいるのかが
 気になるというのがあります。
 
 著者がどのような本を読んでいるのかを紹介する本なので、読者
 自身があまり触れることがないジャンルの本が紹介されていて、
 たまに良い本に巡り会える場合があります。
 
 また別の理由として、読書する人を称賛している著者がいるため
 読んでいて気分が良いというのあります。
 
 これまでに読んできた「読書術」関係の本の中で、今回紹介する
 本は「バカのための」読書術です。
 
▽著者が「バカ」と定義しているは、どのような人たちのことなので
 しょうか?
 
 「バカとは何か。それは本文でも触れるが、当面、哲学とか数学
 とか、抽象的なことが苦手、という人のことである」
 
 「こういう人はどうしても一定程度はいるのであって、ある程度は
 仕方がない。あるいは自然科学でも、現在はとにかく細分化、
 精緻化しているので、バカにはちょっと荷が重い」
 
 まさに私のことを言っているような気がします。
 
 数学も算数程度なら理解できますが、難しくなるとちんぷんかん
 ぷんで、哲学もこれまでに何冊かチャレンジしたことはありますが
 最後まで読んだためしがないです。
 
 抽象的なことをダラダラと述べている本とか、著者の知識をひけら
 かすだけの本は性格的にダメみたいです。
 
 その中でも「哲学」は私が一番性格が合わないジャンルです。
 
 著者が定義している「バカ」は、世の中にはたくさんいて、もし
 かしたら一番人口が多のではないでしょうか。
 
 著者が紹介している本がどのような本かというと、「有名で人も
 勧めるかもしれないけれども読んではいけない本」というのが
 紹介されている部分があります。
 
 決してその本が悪いという意味ではなくて、「バカ」には向いて
 いないという意味なのだそうです。
 
 書いてある本を列挙します。
 
 ・パスカル、「パンセ」
 ・マルクス、「ルイ・ボナパルトのブリュメール十八日」
 ・山本常朝、「葉隠」
 ・夏目漱石、「文学論」
 ・小林秀雄、ほとんど全ての本
 ・折口信夫、「古代研究」
 ・吉本降明、「言語にとって美とはなにか」
 ・バタイユ、「エロティシズム」
 ・ブランショ、「明かしえぬ共同体」
 ・ロラン・バルト「表徴の帝国」
 ・フロイト、「モーゼと一神教」「ソストエフスキーと父親殺し」
       「トーテムとタブー」
 ・ユング、著書全て
 …
 
 等々、まだまだ続きますが、私は一冊も読んだことがありません。
 手に取ったことすらないのがほとんどです。
 
 どうやら私も著者が定義する「バカ」みたいです。
 
▽その「バカ」は何を読めば良いのでしょうか。

 著者は次のように言います。
 
 「そこで、バカは何を学問の中核として読書に臨んだらいいのか、
 ということを考えたのである。私の出した結論は、歴史である、
 ということだ」
 
 「歴史といっても、歴史とはなんぞや、とか、資料の扱い方、
 とか、それよりももっと難解な『事実は存在するのか』といった
 話ではなく、高校で習うような『日本史』『世界史』の類のこと
 である」
 
 歴史だったら何とかなりそうです。
 
 さらに著者は次のように続けます。
 
 「ただ、ここで読者に想定しているのは、いちおう学校を終えて
 しまって、しかしただのベストセラー小説を読んでいるような
 人生に不満で、けれど難解な哲学書を読んでもわからない、という
 ような人たちだ」
 
 「そういう人たちにとって、歴史は大きな利点がある。まず、
 蓄積がものを言うから、歳を取ることを恐れずにすむ、という点
 である」
 
 つまり、私のような「学問」をしていない人は「歴史」を学べ、
 と言っているのです。
 
 歴史は、才能がいらないし、天才的なひらめきも必要ありません。
 
 また、言語のように子どもの頃から触れている人には有利で、
 そうではない人には不利といったこともありません。
 
 学び始めた地点から平等に蓄積されるのです。
 
 著者の言い分は理解できましたが、この本では、ひたすら本の
 名前が出てきます。
 
 著者の読書量の多さには感心しますが、読みようによっては、
 単なる著者の知識を書いているだけのような気がしてきて途中は
 かなり読み飛ばしてしまいました。





 この本は、「バカ」のために、どのような本を読めばいいか、
 ということを書いた内容です。
 
 「バカ」とは、正に私のことです。
 
 著者が紹介している本の中には読んだ本もいくつかありましたが
 ほとんどは、私が手にしたこともない本ばかりです。
 
 かといって、「読むか?」と聞かれるとたぶん読まないです。
 
 読書は気分良く読みたい本を読む。
 
 そして、勉強がしたい人は「普段は読まない本を読む」という
 ことを心掛けていればいいのではないかと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

友だちいないと不安だ症候群につける薬
友だちいないと不安だ症候群につける薬友だちいないと不安だ症候群につける薬
(2005/08/05)
齋藤 孝

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:友だちいないと不安だ症候群につける薬
 著者:齋藤孝
 出版:朝日新聞社
 定価:1200円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4022500476/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3615362%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 「偏愛マップ」で「友だち力」をつける
 第2章 子どもから大人までに必要な「友だち力」
 第3章 「友だちいないと不安だ」の処方箋
 第4章 授業・いじめと「友だち力」
 第5章 「友だち力」の獲得は早ければ早いほどよい



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2005年8月に出版されています。
 
 著者は、明治大学の教授で、専攻は教育学、身体論、コミュニ
 ケーション技法です。
 
 著書も多数あります。



 友だち力とはどのような力なのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)友だち力とは?



 友だち作るのってそんなに難しくないと思いますが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)友だち力とは?

 「特に最近、友だちがいないと、自分がダメな人間なのではないか
 と思ってしまう傾向が、以前より強くなっていると思います」
 
 「例えば、携帯メールでやりとりしている間は安心するけれど、
 自分が発信したメールの返事が一日返ってこないと、うまくいって
 いないのではないか、自分は何か変なことをしたのかと、疑心
 暗鬼にとらわれてしまいます。以前よりも、友だち関係においての
 不安感を持つ機会が増えているということです」
 
 「昔は、友だちと2、3日話さなかったとしても、すっと元の
 関係に戻ることができました。しかし、今は1時間2時間単位で
 不安が襲うという感じで、夜中ずっとメールをチェックしていたり、
 家へ帰っても友だち間のゆるやかなつながりの中で自分を安心
 させているようです」

 「『友だち力』というのは、友だち関係の距離を自分でコント
 ロールできる力です。それは友だちを作る力とは少し違う。時には、
 離れることもよしとします」
 
 「『いなくたっていいじゃないか』ということも含めて、友だち
 との距離をコントロールできる力ということです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 友だちに電話しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「友だち力」とはどのような力のことなのでしょうか?

▽現在、駅で電車を待っている時に、反対側のホームで電車を待って
 いる人たちを観察していると、1/3くらいの人たちが携帯電話を
 操作しています。
 
 電車の中で中学生や高校生を観てみると、ひたすら携帯を触って
 います。
 
 複数人数いる場合、彼らは普通に会話をしながら携帯でメールを
 打っているようです。
 
 私には、会話をしながらその会話とは全く違う内容のメールを
 打つなんて芸当ができないので、なかなか興味深く観察させて
 もらってます。
 
 大人でも、20代とおぼしき人たちは、座席で隣り合って座りつつ、
 会話をしながらお互いの顔はいっさい見ずに携帯を触っています。
 
 なぜ、そんなに携帯が気になるのでしょうか?
 
 携帯の中に彼らの全てが詰まっているような感じです。
 
 著者は言います。
 
 「特に最近、友だちがいないと、自分がダメな人間なのではないか
 と思ってしまう傾向が、以前より強くなっていると思います」
 
 「例えば、携帯メールでやりとりしている間は安心するけれど、
 自分が発信したメールの返事が一日返ってこないと、うまくいって
 いないのではないか、自分は何か変なことをしたのかと、疑心
 暗鬼にとらわれてしまいます。以前よりも、友だち関係においての
 不安感を持つ機会が増えているということです」
 
 「昔は、友だちと2、3日話さなかったとしても、すっと元の
 関係に戻ることができました。しかし、今は1時間2時間単位で
 不安が襲うという感じで、夜中ずっとメールをチェックしていたり、
 家へ帰っても友だち間のゆるやかなつながりの中で自分を安心
 させているようです」
 
 自分のことを書いてしまうと、過去にいろいろあって電話恐怖症
 なので電話の着信音やバイブレーションが鳴ると、胃のあたりが
 重くなり、嫌な感じがしてきます。
 
 しかも、携帯電話が一番嫌いなので、携帯電話はほとんど嫁さん
 との連絡用か、メモ帳程度にしか使っていません。
 
 一日のうちに一度も鳴らない場合もありますが、逆に安心します。
 
 しかし現在、私のような存在はどうやらめずらしくて、著者が
 言うように、いつでも誰かとつながっていないと不安になる人たちが、
 中学生や高校生、そして大人の中にもたくさんいるみたいです。
 
 携帯でメールのやり取りをしているから友だちだと思い込んでいる
 子どもたちもいるみたいで、「友だち何人いるの?」と聞くと、
 「200人以上」と答える子どもたちがたくさんいるそうです。
 
 そして、その「友だち」と常時メールのやり取りをしていないと
 「自分に何か欠陥があるんじゃないか?」と思ってしまうみたい
 です。
 
 著者はその状況のことを
 
 「友だちいないと不安だ症候群」
 
 と呼んでいます。
 
 これは人によって全然感覚が違うと思います。
 
 自分のことしかよくわからないので、自分のことを書いてしまうと、
 私の場合、一人の時間が長くても何の不安もありません。
 
 現在のところ、仕事以外で自分がやりたいことが、ほとんど一人で
 できてしまうことばかりだからでしょうか。
 
 逆に、一週間のうちどこか一人で集中する時間と空間がないと、
 不安になります。
 
 それとは逆に、常に誰かとふれ合っていなければならない人も
 いることと思います。
 
 個人的には、他人とのふれあいを、携帯メールというお手軽な
 ツールを使って薄皮1枚程度の浅い関係しか作れないのならば
 そんな「友だち」は必要ないです。
 
 著者がこの本で取り上げているのは、友だちと適切な距離を保つ
 ことができない小中学生、特に中学2年生を対象に、「友だち問題」
 をテーマにしています。
 
 そして、「友だちいないと不安だ症候群」を考える場合に、必要に
 なるのが「友だち力」だと著者は言います。
 
▽では、「友だち力」とは具体的にどのようなことを言っているの
 でしょうか。
 
 著者は次のように言います。
 
 「『友だち力』というのは、友だち関係の距離を自分でコント
 ロールできる力です。それは友だちを作る力とは少し違う。時には、
 離れることもよしとします」
 
 「『いなくたっていいじゃないか』ということも含めて、友だち
 との距離をコントロールできる力ということです」
 
 小中学校で友だちが一人もできないというのも多少問題があると
 思います。
 
 でも、メル友が200人いて「友だちが200人いる」というのは
 「友だち」の定義が間違っているように思えます。
 
 友だちとの距離感をしっかり掴むことができることも「友だち力」
 の能力のうちの一つだと思います。





 この本は、主に中学生の「友だち力」、つまり友だちとの付き
 合い方を説いた本です。
 
 後半は、昨今問題となっているいじめによる自殺問題を取り上げて、
 友だちとの関係を詳細に分析しています。
 
 私自身、友だちと呼べる人はごくわずかしかいません。
 
 それでも、全く不安はありません。
 
 200人のメル友より、数人の「友だち」がいれば充分なのでは
 ないかと思いますが、それも人それぞれなんだと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

日本人と組織
日本人と組織 (角川oneテーマ21 A 68)日本人と組織 (角川oneテーマ21 A 68)
(2007/06)
山本 七平

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:日本人と組織
 著者:山本七平
 出版:角川新書
 定価:686円+税
 購入:ブックオフで350円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4047100919/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4421163%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 日本人の家族型組織観
 第二章 契約の「上下関係」と「相互関係」
 第三章 日本人の組織が持つ二重拘束性
 第四章 ユダヤ人に学ぶ口伝立法
 第五章 日本人の盆地文化
 第六章 空間的組織観と時間的組織観
 第七章 組織の解体と再生の必要性
 第八章 聖なる世俗組織“キブツ日本”
 第九章 「知」を窒息させる「信」の肥大化
 第十章 組織と個人の矛盾
 第十一章 組織を“読み”、“注記”を加える
 第十二章 “索引づくり”による組織の再構築



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2007年6月に出版されています。
 
 この本の原稿は1970年代後半に執筆されたそうです。
 
 著者は、日本研究者で「日本人論」に関して読書界に大きな影響を
 与えているそうです。
 
 著書も多数あります。



 日本人が組織をつくるとどうなってしまうのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本人の盆地文化とは?



 なかなか面白い分析です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本人の盆地文化とは?

 「彼らの世界を『中心軸主義』とするなら、われわれの世界は
 『枠内主義』といえる。いわば一方は、一つの中心的原理から
 引き出した諸原則で全体を律しようとし、われわれは、まず枠を
 設定して全体を拘束し、その枠の中では『融通無碍(ゆうづうむげ)』
 にしておこうとする。これは、相互の組織の根本的な違いといわ
 ねばならない」

 「この枠の中は、一見『中心的軸』があるようにみえて、実は、
 融通無碍だったわけである。枠をきびしく固定しながら、内部に
 融通性・流動性をもたすのは、日本の伝統的いき方であり、した
 がって、もし本当の中心的統制を加えられれば、すべての日本人は
 二重の拘束を受けねばならなくなる」
 
 「それは、あらゆる面で耐えられないから、われわれは常に、
 中心的な統制を排除する方向に向かうわけである。これは『絶対に
 手を触れ得ぬ神命的契約を中心におき、これで組織を統制する』
 モノティズム的いき方とは、全く別のいき方といわねばならない」

 「日本自体が島国という枠の中にあり、同時にこの枠は、北海道を
 除けば神話時代から現在まで、全く変化なき枠だからである」
 
 「第二が、日本語という枠である。日本のように、国土・国籍・
 文化圏・言語圏・汎神論的宗教圏・自然的環境がぴたりと一致
 している国は、人類史の例外といわねばならない。おそらくこれ
 だけで、もう中央的統制は不要であろう」
 
 「第三の特色は、その文化の基礎が『盆地文化』乃至は『準盆地
 文化』だということである」

 「日常生活には、山に囲まれた平地という枠があり、すべては
 この枠内で処理されねばならない。その処理に際して、この枠を
 無視することは、遊牧民が砂漠という現実を無視するのと同様に、
 不可能なことである」
 
 「枠は規定され、人は、好むと好まざるとにかかわらず、その
 枠内で秩序を保っていかねばならない。枠自体が強力な統制だから、
 内部秩序に強力な統制は必要でなく、この枠内を『すべて丸く
 おさめる』ことが第一になる」

 「この枠から恩恵をうけて、それに依存している限り、生存と
 平和と秩序を保ちうるのである、この枠を無視することは自己の
 存在をも含め、全てを無視することにほかならない」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本人の盆地文化」とはどのようなものなのでしょうか?

▽日本の政府は、しばしば「無責任体質」だと言われます。

 政治家はもちろんのこと、実際に国を動かしている官僚も、責任
 の所在がハッキリしていません。
 
 したがって、社会保険庁で何か不正問題が起きても、厚生労働省の
 責任で薬害が起きても、何とか省で税金の無駄遣いが発覚しても
 だれも責任をとらない組織となっています。
 
 これが如実に表れたのが、太平洋戦争当時の軍部で、誰が意思決定
 をしているのか分からない状態で戦争に突入、その場の空気だけで
 戦争が進んでいく、そういった組織構造をしています。
 
 この組織構造は、最近始まったわけではなく、江戸時代から、
 もしくはそれよりもっと昔から、日本人はそういった組織構造の
 中で生活してきたみたいです。
 
▽西洋の組織構造と日本の組織構造を比較してみると、その違いが
 良く分かります。
 
 著者の言葉を借りると、日本とはパンティズム(汎神論)の世界
 であり、西欧はモノティズム(一神論)の世界です。
 
 モノティズムの世界とは、「神」が中心にいて、「神」と契約を
 結ぶことで組織が成り立っています。
 
 パンティズムの世界は「神」は中心とはなりません。
 
 あくまでも「一つの枠の中」という発想で組織が成り立っています。
 
 著者は言います。
 
 「彼らの世界を『中心軸主義』とするなら、われわれの世界は
 『枠内主義』といえる。いわば一方は、一つの中心的原理から
 引き出した諸原則で全体を律しようとし、われわれは、まず枠を
 設定して全体を拘束し、その枠の中では『融通無碍(ゆうづうむげ)』
 にしておこうとする。これは、相互の組織の根本的な違いといわ
 ねばならない」
 
 「枠内主義」でその枠内では「融通無碍」というのは、どうなるの
 かというと、例があげられています。
 
 幕末に日本へやってきて条約を結ぼうとした外国人が、日本と
 交渉するときに、だれが決定権と責任を持っているのか、ハッキリ
 しなくて、そうとう困ったそうです。
 
 当時、日本と条約を結ぼうとすると、徳川幕府しかなかったはず
 ですが、ところが徳川幕府と条約を結んでも、それで日本と条約を
 結んだことにはならないのです。
 
 徳川家と諸藩はあくまでも同列の存在で、徳川家は単純に「武家の
 統領」だっただけなのです。
 
 幕府が条約を結んだとしても、それが他の藩にも遡及するかと
 いうとそんなことはなかったのです。
 
 武家の地位は、形式的には天皇家からの任命で位が決まっていた
 ので、日本の責任者は天皇なのかというと、そんなこともなく、
 権威は持っているけれど何の権力を持っていないのが天皇だった
 のです。
 
 つまり、当時の日本には「中央政府」なるものは存在してなかった
 ということになります。
 
 こういった組織とは正反対の「中心軸主義」、つまり、責任の
 所在が常にはっきりしている西欧の人たちにとってみると、怒る
 のも当然です。
 
 日本の組織の決定権は「枠内」が持っていて、個人が持っている
 わけではないのです。
 
 これは、太平洋戦争当時も同じだったみたいです。
 
 著者は言います。
 
 「この枠の中は、一見『中心的軸』があるようにみえて、実は、
 融通無碍だったわけである。枠をきびしく固定しながら、内部に
 融通性・流動性をもたすのは、日本の伝統的いき方であり、した
 がって、もし本当の中心的統制を加えられれば、すべての日本人は
 二重の拘束を受けねばならなくなる」
 
 「それは、あらゆる面で耐えられないから、われわれは常に、
 中心的な統制を排除する方向に向かうわけである。これは『絶対に
 手を触れ得ぬ神命的契約を中心におき、これで組織を統制する』
 モノティズム的いき方とは、全く別のいき方といわねばならない」
 
 こういった組織構造は、実は現在も日本社会の中で連綿と存在
 していて、形式上は社長が会社のトップにいるけど、実際に組織を
 動かすのは、「枠」つまり組織全体の意思であるということが多々
 あるみたいです。
 
▽なぜこのような組織構造が生まれたかというと、著者は「風土的
 秩序」という言葉を使っています。
 
 著者は言います。
 
 「日本自体が島国という枠の中にあり、同時にこの枠は、北海道を
 除けば神話時代から現在まで、全く変化なき枠だからである」
 
 「第二が、日本語という枠である。日本のように、国土・国籍・
 文化圏・言語圏・汎神論的宗教圏・自然的環境がぴたりと一致
 している国は、人類史の例外といわねばならない。おそらくこれ
 だけで、もう中央的統制は不要であろう」
 
 「第三の特色は、その文化の基礎が『盆地文化』乃至は『準盆地
 文化』だということである」
 
 例えば、日本の象徴的な文化としては、京都や奈良があげられますが、
 両者とも盆地のなかにあります。
 
 また、盆地の一部が海である場所、例えば鎌倉などが「準盆地文化」
 となります。
 
 盆地文化とは「枠の文化」です。
 
 「盆地文化(枠の文化)」を著者は次のように解説しています。
 
 「日常生活には、山に囲まれた平地という枠があり、すべては
 この枠内で処理されねばならない。その処理に際して、この枠を
 無視することは、遊牧民が砂漠という現実を無視するのと同様に、
 不可能なことである」
 
 「枠は規定され、人は、好むと好まざるとにかかわらず、その
 枠内で秩序を保っていかねばならない。枠自体が強力な統制だから、
 内部秩序に強力な統制は必要でなく、この枠内を『すべて丸く
 おさめる』ことが第一になる」
 
 枠の文化の中にいる日本人にとって、枠の存在は自己の存在を
 保てる空間です。
 
 「この枠から恩恵をうけて、それに依存している限り、生存と
 平和と秩序を保ちうるのである、この枠を無視することは自己の
 存在をも含め、全てを無視することにほかならない」
 
 つまり日本の組織とは、どこかに強力な中心を求めるものではない
 ということになります。
 
 このような日本の「盆地文化(枠の文化)」は古代から延々と
 続けられ、そして現在にいたっても、その組織構造に変わりは
 ないのです。
 
 つまり、責任の所在ははっきりしないけれど、集団としては素晴
 らしい力を発揮する(場合がある)ということです。





 この本は、日本の組織構造について、昔から続く日本独特の文化を
 もとに詳細に解説しています。
 
 日本の組織、特に官僚組織は、国民から「無責任だ!」と非難
 されています。
 
 ただ、非難している本人も、自分が属している組織では、役職は
 あるけれど、最終的に誰が責任を負っているのかわからないという
 状況にあるのではないかと思います。
 
 日本人の良い部分でもあり、悪い部分でもあります。
 
 そして、今後も同じような組織形態が続いていくのだと予想され
 ます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

なぜ勉強させるのか?
なぜ勉強させるのか?  教育再生を根本から考える 光文社新書なぜ勉強させるのか? 教育再生を根本から考える 光文社新書
(2007/02/16)
諏訪 哲二

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:なぜ勉強させるのか?
 副題:教育再生を根本から考える
 著者:諏訪哲二
 出版:光文社新書
 定価:720円+税
 購入:ブックオフで350円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4334033911/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4297018%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ そして「学力向上」だけが残った
 1章 時代論1 「お受験キッズ誌」が映し出すもの
 2章 時代論2 ゆとり教育は案外、将来を見据えていた
 3章 学校論1 それでも学校を信じなければならない訳
 4章 学校論2 塾・予備校は学校改革のモデルとなるか
 5章 指導論1 「百ます計算」」陰山メソッドの注意点
 6章 指導論2 「親力」ブームの誘惑に耐えきれるか
 7章 子ども論1 世界の子どもと比べてみる
 8章 子ども論2 「なぜ勉強するの?」と問われたら
 エピローグ 勉強するにも、させるにも覚悟がいる



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2007年2月に出版されています。
 
 著者は、ずっと教諭をやってきた人で、現在は「プロ教師の会」
 という会の代表をしています。
 
 「プロ師の会」は長年にわたり教育分野で問題提起を続けている
 とのこと。
 
 著書も多数あります。



 勉強するには、親の意思より子どもの意思が大切です。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ勉強しなくてはならないのか?



 人生を楽しむため?でしょうか。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ勉強しなくてはならないのか?

 「勉強に馴染む子もいれば、勉強に馴染みにくい子もいる。追い
 つめられて精神的に不安定になれば、『どうして勉強しなくちゃ
 ならないんだ』という疑問が浮上してくるのは、子どもが勉強を
 強いられて(誰もがある意味で強いられているが)逃げ場を封じ
 られたように感じているときであろう」
 
 「人は自分が選んだわけではない生き方しか生きる道がないときが
 一番つらい。なんらかのオルタナティブ(二者択一、代替物、代案)
 があることが望ましい」
 
 「したがって、学校であれ家庭であれ、『なぜ勉強しなければ
 ならないのか』という問いが出てきたら、まともに真正面から
 応えるのではなく、できるだけ焦点をぼやけさせて曖昧にして
 しまうのが適切であろう」
 
 「これは逃げやごまかしではない。この問いに誰も真正面から
 応えられないからである。もちろん、親も教師も、それなりの
 理念や必要性を語ることはできよう。それは親や教師が正しいと
 思う理屈である」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 子供に期待するのはやめよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「なぜ勉強しなくてはならない」のでしょうか?

▽子どもの頃、小学生の時もそうでしたし、中学になってからは
 もっと言われた記憶があります。
 
 「勉強しろ!」
 「もうちょっと勉強した方がいいんじゃない?」
 「勉強したの?」
 「もちょっとしっかり勉強してよ」
 
 記憶がある人はたくさんいると思います。
 
 こんだけ記憶に残っているということは、かなりしつこく言われて
 たんだと思われます。
 
 でも、自分でも記憶にありますが、全く勉強しませんでした。
 
 まともに勉強したのは、中学3年生の秋から冬にかけてと、高校
 2年生の秋以降でした。
 
 中学3年生の時は高校受験のため、高校2年の時は、あまりにも
 成績が悪くて親から部活の禁止命令が出そうになったためです。
 
 それでも現在、私も含め5人家族でごく普通に生活できるくらいの
 収入を得ることはできます。
 
 その時々でやってきた勉強が「役に立っていない」とは決して
 言いません。
 
 「勉強すれば自分でも良い成績が取れるんだ」というのが分かった
 のが一番の収穫でした。
 
 残念ながら勉強した内容はこれっぽっちも覚えていません(笑)
 
▽大人になって初めて、「勉強って楽しい」と思えるようになって
 きました。
 
 試験とか受験とか成績から解放された状態で、自分が興味を持った
 分野の勉強をすることほど面白いことはないです。
 
 中学校のときはあれほど頭に入ってこなかった日本の歴史も、
 しがらみから解放された状態で勉強すると(といっても本を読ん
 でいるだけです)、これが楽しくてしかたがないのです。
 
 当時は覚えることができなかった日本の物語がすんなり頭に
 入ってくるし、「日本人とはどのような民族なのか」ということ
 にも興味を覚えはじめ、一つの勉強から様々なことに興味が持てる
 ようになってきました。
 
 そこで「勉強って実は楽しいことだったんだ」というのが理解
 できた次第です。
 
 勉強というのは、興味が持てればこんな楽しいことはありません。
 
 逆にいうと、興味がない分野の勉強をいくらやったところで、
 それは苦痛でしかないのです。
 
 そういった勉強はやってはいけないです。
 
 しかし、子どもの頃は、自分にどのような可能性があるのか、
 まだ分かっていません。
 
 その可能性の幅を広げるために、子どもの頃はいろいろな勉強を
 しなければならないのではないかと考えています。
 
 したがって、我が家では子どもの勉強について、私は「勉強しろ」
 とは一切口にしません。
 
 勉強しろといっても、やらない子はやりません。
 
 自分がそうでしたから。
 
 そして、勉強する子は親が何も言わなくても勉強します。
 
 勉強とは本来強制されてやるものではなく、自主的にやるべき
 ことだと思います。
 
▽ではなぜ学校に行ってまで勉強しなくてはならないのでしょうか?

 自分の子どもに「なぜ勉強しなくてはならないの?」と聞かれたら
 どのように応えれば良いのでしょうか?
 
 著者は次のように言います。
 
 「勉強に馴染む子もいれば、勉強に馴染みにくい子もいる。追い
 つめられて精神的に不安定になれば、『どうして勉強しなくちゃ
 ならないんだ』という疑問が浮上してくるのは、子どもが勉強を
 強いられて(誰もがある意味で強いられているが)逃げ場を封じ
 られたように感じているときであろう」
 
 「人は自分が選んだわけではない生き方しか生きる道がないときが
 一番つらい。なんらかのオルタナティブ(二者択一、代替物、代案)
 があることが望ましい」
 
 「したがって、学校であれ家庭であれ、『なぜ勉強しなければ
 ならないのか』という問いが出てきたら、まともに真正面から
 応えるのではなく、できるだけ焦点をぼやけさせて曖昧にして
 しまうのが適切であろう」
 
 「これは逃げやごまかしではない。この問いに誰も真正面から
 応えられないからである。もちろん、親も教師も、それなりの
 理念や必要性を語ることはできよう。それは親や教師が正しいと
 思う理屈である」
 
 つまり、「なぜ勉強しなければならないのか」という問いの答えは、
 人それぞれ違うということだと思います。
 
 そして、親や教師などの大人でも、実はその答えは分かってないの
 です。
 
 損得勘定で「だから勉強が必要だ」と答えるのは、あまり説得力が
 ないし、おそらく子供は納得しません。
 
 だから「答えなくていい」と著者は主張しているのだと思います。
 
 勉強はその分野に興味を持ってからやり始めると、強制的にやる
 勉強よりおそらく数百倍の吸収力が発揮できます。





 この本は、現在の学校や家庭における教育の問題点を解説した
 内容となっています。
 
 かなりの部分で著者の意見に同意できます。
 
 勉強するのは親や教師ではなくて子どもですから、強制はせず
 子どもの意思に任せるべきだと思います。
 
 そして、子供よりも親の方がしっかり勉強しなくてはならないです。
 
 勉強しない親が子供に対して「勉強しろ!」と言ってはいけません。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ウソの論理
ウソの論理 (中公文庫)ウソの論理 (中公文庫)
(2006/04)
ひろ さちや

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:ウソの論理
 著者:ひろさちや
 出版:中公文庫
 定価:648円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4122046807/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4022990%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ ウソから出た実
 第1講 ウソの形態学
 第2講 ウソの現象学
 第3講 ウソの論理学
 第4講 ウソの宗教学
 第5講 ウソの人間学
 エピローグ 所変われば品変わる



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2006年4月に出版されています。
 
 元もとは1976年10月に出版された「嘘つきの論理」を校訂
 したものです。
 
 著者は、現在、仏教・インド思想等、宗教について幅広く執筆・
 講演活動を行っている方です。
 
 著書も多数あります。



 ウソをつくと泥棒になってしまうのは日本だけ?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人間はなぜウソをつくのか?



 必要だからウソをつきます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人間はなぜウソをつくのか?

 「第一のウソは、ごく単純なウソ。例えば『私が女房は美人である』
 といったウソ。わたしがこのようなウソを語ったとしても、それで
 第3者が傷つくことはない」
 
 「二つ目は、言明そのものはいくら真実であっても、その言明を
 使って聞き手を混乱に導き、故意に誤った判断をなさしめるような
 発言は、その意図においてウソである」
 
 「第3のウソは統計学のウソである」

 「一つには、必要だからウソをつく。自らの失敗を湖塗するため。
 他人を瞞着して利益を得るため。他人に冷酷なる事実を告げる
 だけの勇気がなく、気の弱さからつくウソ。最後のものは、いわ
 ゆるお世辞のウソであるが、お世辞は社会の潤滑油としてぜひとも
 必要なものだ」
 
 「自己に冷酷なる事実を告げるだけの勇気のない人間もいる。
 そんな人間は妄想・空想の世界に生きるよりほかない。幻影の
 城を築き上げて、そのなかで生きつづけているうちに、やがて
 その幻影が真実(彼にとっての真実)と化す」
 
 「しかし、それも他人の眼からすればウソの一種である。その
 ウソは、必ずしも病的ではない。程度の差こそあれ、人間の自己
 認識はほんらい甘いものである。自己認識の甘さから発生した
 ウソ?それが、人間がウソをつく第2の理由である」
 
 「第3に記憶の変容。人間というものは、自己に都合の良いように、
 過去の記憶をどんどん変形してしまう」
 
 「部分を拡大して記憶したり、都合の悪い部分は簡単に忘れて
 しまう。本人は自己の記憶こそが真実だと思っているから、この種
 のウソはポリグラフもチェックできない」

 「かてて加えて、情報伝達の過程における情報変形の問題がある。
 人間はウソをつく動物だから、受け取った情報を別の他人に伝達
 するに際してウソをつく可能性が大きい」
 
 「よしんば意識的・故意にウソをつかなくとも、彼がその情報を
 記憶しているうちに、記憶が変容してしまうこともある。した
 がって別人に話すとき、彼は受け取った情報とは違った新しい
 (=ウソの)情報を流していることだってありうる」
 
 「そして、ウソをつく人間が少しでもいる限り、情報が伝達されて
 いく充分に長い過程ののちには、その情報の真偽はつまるところ
 半分半分になってしまうのである」

 1.何事も話半分、ウソ半分と心得ておくこと
 
 2.「すべて」だとか、「全部」「みな」「一つ残らず」といった
   話は、ウソである公算が大きい
   
 3.常識というより良識を働かせることである。
 
 4.論理的におかしいものは、あまり信じないこと



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 ウソを上手く使い分けよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人間はなぜウソをつく」のでしょうか?

▽この本は、今から約30年前に著者が実名で出版した本で、人間が
 つくウソについて考察した本です。
 
 どうやらウソをつくのは人間だけみたいです。
 
 生まれたばかりの赤ん坊は、動物に近いため絶対にウソはつか
 ないそうです。
 
 お腹が空いたら泣いて母親を呼び、オムツが濡れたら泣いて母親を
 呼びます。
 
 そうしているうちに、泣けば母親が来てあやしてくれることが
 理解できると、用もないのに泣くそうです。
 
 人間は赤ん坊の頃から嘘つきなのです。
 
▽「世の中には3種類のウソがある」とある統計学者が言ったそうです。
 
 「第一のウソは、ごく単純なウソ。例えば『私が女房は美人である』
 といったウソ。わたしがこのようなウソを語ったとしても、それで
 第3者が傷つくことはない」
 
 「二つ目は、言明そのものはいくら真実であっても、その言明を
 使って聞き手を混乱に導き、故意に誤った判断をなさしめるような
 発言は、その意図においてウソである」
 
 「第3のウソは統計学のウソである」
 
 第2のウソに関しては、報道メディアがよく使う方法です。
 
 例えば、政治家の会話の一部分だけを報道し、話の前後はカット
 してしまうと、全体的な話の内容と、編集した話の内容では、
 意味が180度違っている場合があります。
 
 話していることは実際にあったことで間違いではないですが、
 意図的に違う意味になるように編集して全体的にウソになるように
 してしまうことがよくあります。
 
 3番目の統計学のウソというのは、比較できない統計の数字を
 同列に並べて人を騙すことを言います。
 
 例としてあげられているのは、アメリカである戦争があった時、
 米海軍の死亡率は1000人につき9人でした。
 
 一方、同時期のニューヨーク市における死亡率は1000人につき
 16人でした。
 
 この二つの数字を単純に比較すると、米海軍に入隊した方が安全
 だということになってしまいます。
 
 ところが実際は、軍隊という所は、若くて屈強な兵隊ばかりがいて、
 一般市民は生まれたての赤ん坊から死期の近い老人までいるわけ
 ですから、二つの数字は単純に比較はできないのです。
 
 統計学のウソも報道でよく使われます。
 
 ウソの種類はもっとたくさんあるような気がしますが、とりあえず
 この3つがあげられています。
 
▽では、なぜ人間はウソをつくのでしょうか?
 
 著者は言います。
 
 「一つには、必要だからウソをつく。自らの失敗を湖塗するため。
 他人を瞞着して利益を得るため。他人に冷酷なる事実を告げる
 だけの勇気がなく、気の弱さからつくウソ。最後のものは、いわ
 ゆるお世辞のウソであるが、お世辞は社会の潤滑油としてぜひとも
 必要なものだ」
 
 「自己に冷酷なる事実を告げるだけの勇気のない人間もいる。
 そんな人間は妄想・空想の世界に生きるよりほかない。幻影の
 城を築き上げて、そのなかで生きつづけているうちに、やがて
 その幻影が真実(彼にとっての真実)と化す」
 
 「しかし、それも他人の眼からすればウソの一種である。その
 ウソは、必ずしも病的ではない。程度の差こそあれ、人間の自己
 認識はほんらい甘いものである。自己認識の甘さから発生した
 ウソ?それが、人間がウソをつく第2の理由である」
 
 「第3に記憶の変容。人間というものは、自己に都合の良いように、
 過去の記憶をどんどん変形してしまう」
 
 「部分を拡大して記憶したり、都合の悪い部分は簡単に忘れて
 しまう。本人は自己の記憶こそが真実だと思っているから、この種
 のウソはポリグラフもチェックできない」
 
 自分が「ウソだ」と認識して使用するウソの方がまだ救いようが
 あるかもしれません。
 
 自己認識の甘さから発生したウソとか記憶の変容によるウソは、
 本人はウソだと自覚していないので、やっかいです。
 
 と言うわけで、自覚がある・ないというのがありますが、本質的に
 ウソをつく動物なのです。
 
 著者はさらに次のように言います。
 
 「かてて加えて、情報伝達の過程における情報変形の問題がある。
 人間はウソをつく動物だから、受け取った情報を別の他人に伝達
 するに際してウソをつく可能性が大きい」
 
 「よしんば意識的・故意にウソをつかなくとも、彼がその情報を
 記憶しているうちに、記憶が変容してしまうこともある。した
 がって別人に話すとき、彼は受け取った情報とは違った新しい
 (=ウソの)情報を流していることだってありうる」
 
 「そして、ウソをつく人間が少しでもいる限り、情報が伝達されて
 いく充分に長い過程ののちには、その情報の真偽はつまるところ
 半分半分になってしまうのである」
 
 ということは、私たちが普段触れる情報というのは、ウソである
 確率が高いということになります。
 
 意図的にしろ、意図的でないにしろ。
 
 したがって、情報に触れる場合にはいくつか心構えが必要です。
 
 著者はその心構えを4つあげています。
 
 1.何事も話半分、ウソ半分と心得ておくこと
 
 2.「すべて」だとか、「全部」「みな」「一つ残らず」といった
   話は、ウソである公算が大きい
   
 3.常識というより良識を働かせることである。
 
 4.論理的におかしいものは、あまり信じないこと
 
 
 以上4点が情報に接する際に気を付けるべきことです。





 この本は、人間がつくウソについて、詳細に分析した内容となって
 います。
 
 多少回りくどい部分もありますが、情報に触れる際の注意点としては
 的を射ていると思われます。
 
 ウソにもTPOが必要です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

ゾウの時間ネズミの時間
ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)ゾウの時間 ネズミの時間―サイズの生物学 (中公新書)
(1992/08)
本川 達雄

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:ゾウの時間ネズミの時間
 副題:サイズの生物学
 著者:本川達雄
 出版:中公新書
 定価:660円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4121010876/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f547692%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 動物のサイズと時間
 第2章 サイズと進化
 第3章 サイズとエネルギー消費量
 第4章 食事量・生息密度・行動圏
 第5章 走る・飛ぶ・泳ぐ
 第6章 なぜ車輪動物がいないのか
 第7章 小さな泳ぎ手
 第8章 呼吸系や循環系はなぜ必要か
 第9章 器官のサイズ
 第10章 時間と空間
 第11章 細胞のサイズと生物の建築法
 第12章 昆虫?小サイズの達人
 第13章 動かない動物たち
 第14章 棘皮動物?ちょっとだけ動く動物



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、1992年8月に出版されています。
 
 ネットで調べてみると、75万部も売れたそうです。
 
 著者は、大学の教授で、専攻は動物生理学です。
 
 著書も多数あります。



 ゾウとネズミでは時間の流れ方が違うそうです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ、車輪動物がいないのか?



 そう言えばいませんね。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ、車輪動物がいないのか?

 「これらは、平らな良い道を行く場合の話で、ちょっとでも凸凹
 があると、たちまち難渋しはじめる。やはり車椅子が大変なこと
 には違いはない」
 
 「車椅子と同列に論じては、はなはだ申し訳ないが、息子をベビー
 カーにのっけて押していると、このあたりの大変さが私にも分かる」
 
 「舗装道路を押して歩いている分には楽なものだか、階段は担いで
 昇らねばならないし、砂利道やぬかるみときた日には、もうお手
 上げだ」
 
 「車輪は平坦なかたい道では威力を発揮するが、凸凹や柔らかい
 地面では、ほとんど役に立たないのである」

 「ネズミが車輪を使うとしたら、車輪の直径が6センチ程度に
 なるだろうが、それなら1.5センチの小石や枯れ枝に難渋する
 ことになる、アリが4ミリの車輪を使うとしたら、1ミリの砂粒や
 落ち葉1枚に立ち往生してしまうだろう」
 
 「地面の凸凹を調べた結果によると、どうも、凸凹ほど数が少なく、
 小さなものになればなるほど、数が多くなっていくものらしい」
 
 「だからわれわれの目に平らに見えるところでも、小さな凸凹は
 たくさんあり、動物のサイズが小さくなればなるほど、地面は
 起伏に富んだ世界となる。つまり、車輪はますます使いにくく
 なっていくのである」




──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「なぜ、車輪動物がいない」のでしょうか?

▽今回紹介する本は、どちらかというと雑学系の本です。
 
 16年前にベストセラーになった本で、もしかしたら内容的に若干
 古いかもしれませんが、タイトルに引かれて買ってしまいました。
 
 その中から興味を引いた部分を紹介します。
 
▽まずは、なぜ自然界には移動するのに車輪を使う動物がいないのか?
 ということです。
 
 人間の感覚でものを考えると、自動車が移動に便利なので、車輪
 を持っている動物がいてもおかしくないような気がしてしまいます。
 
 ところが、まわりを見渡してみても身体についている車輪を回して
 移動する生物は見たことがありません。
 
 地上を移動する生物は何本か付いている足を前後左右に動かして
 進みます。
 
 空を見ても、プロペラで飛んでいる生物は見たことがありませんし、
 水中を移動する生物の中にもスクリューが付いているものは見た
 ことがないです。
 
 つまり、「生物界には車輪がない」ということになります。
 
 実際は、バクテリアの仲間のなかに毛の生えた車輪を回転させて
 泳ぐモノがいるそうです。
 
 自然界に存在するのはそのくらいで、移動する装置に回転する軸を
 持っている生物は存在しないとのこと。
 
 自転車を考えてみると分かりますが、車輪はエネルギー効率が
 とても良いそうです。
 
 ところが、足を前後に振って歩くのは、足を前に出したり、後ろへ
 蹴ったりすることにエネルギーが必要であるし、足を上げたり
 下げたりするのも重力に対して余計なエネルギーを消費している
 ことになります。
 
 したがって、車輪で移動する生物が存在すれば、とても効率が
 良い生物であるはずです。
 
 しかし、実際には顕微鏡でしか見えないくらいのバクテリアしか
 存在していません。
 
 その理由を著者は次のように書いています。
 
 「これらは、平らな良い道を行く場合の話で、ちょっとでも凸凹
 があると、たちまち難渋しはじめる。やはり車椅子が大変なこと
 には違いはない」
 
 「車椅子と同列に論じては、はなはだ申し訳ないが、息子をベビー
 カーにのっけて押していると、このあたりの大変さが私にも分かる」
 
 「舗装道路を押して歩いている分には楽なものだか、階段は担いで
 昇らねばならないし、砂利道やぬかるみときた日には、もうお手
 上げだ」
 
 「車輪は平坦なかたい道では威力を発揮するが、凸凹や柔らかい
 地面では、ほとんど役に立たないのである」
 
 もう何年も前のことですが、確かにベビーカーを押していると、
 道路が歩きづらいということが理解できます。
 
 どのくらいの凸凹があると車輪は使い物にならないかというと、
 車輪の直径の1/4以上の段差は越すことができないそうです。
 
 また、柔らかい地面の場合、例えば泥道はコンクリートの道路に
 比べて、回転の抵抗は5?8倍にもなり、砂の上なら10?15倍
 の抵抗があるそうです。
 
 こういうことを考えると、自然界には平らな部分というのはそう
 そう存在するものではありません。
 
 固くて、草も生えてなくて、石などの障害物もない場所がどの
 くらいあるかというと、きっとそんな場所は自然界には存在しま
 せん。
 
 人間がコンクリートやアスファルトで固めなければ存在しないの
 です。
 
 また、人間のサイズからみると、平らに見える場所でも、人間
 よりも小さな生物にとってみると平らでも何でもないそうです。
 
 著者は言います。
 
 「ネズミが車輪を使うとしたら、車輪の直径が6センチ程度に
 なるだろうが、それなら1.5センチの小石や枯れ枝に難渋する
 ことになる、アリが4ミリの車輪を使うとしたら、1ミリの砂粒や
 落ち葉1枚に立ち往生してしまうだろう」
 
 「地面の凸凹を調べた結果によると、どうも、凸凹ほど数が少なく、
 小さなものになればなるほど、数が多くなっていくものらしい」
 
 「だからわれわれの目に平らに見えるところでも、小さな凸凹は
 たくさんあり、動物のサイズが小さくなればなるほど、地面は
 起伏に富んだ世界となる。つまり、車輪はますます使いにくく
 なっていくのである」
 
 なるほどです。
 
 人間の感覚でものを考えると、他のサイズの生物のことが見えなく
 なってしまいます。
 
 これは人間の大人と子どもの視線の違いでも実感できます。
 
 大人が見えていないモノが子どもには見えている、という場合が
 多々あります。
 
 人間の感覚で考えると、見えなくなるものはサイズだけではあり
 ません。
 
 環境のことを考えてみても同じです。
 
 人間にとって必要であると、良かれ思ってやっていることでも
 自然界の中にはとても迷惑を被っている生物がたくさんいると
 思います。
 
 そういったことを考えつつ人間をやっていかないと、いつの日か
 逆の立場になった時に痛い目に遭いそうな気がします。





 この本は、生物のサイズの違いについて、様々な視点から考察した
 内容が書かれています。
 
 こうやって自然界の生物のことをいろいろと説明してもらうと、
 どうしても「自然に発生した」モノには思えないです。
 
 人間はそれを「進化した」と説明しますが、自然界には何らかの
 意志があって、それによって全てが創造されているような気が
 します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する
韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史 (小学館文庫)韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する―歪曲された対日関係史 (小学館文庫)
(2001/07)
勝岡 寛次

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:韓国・中国「歴史教科書」を徹底批判する
 副題:歪曲された対日関係史
 著者:勝岡寛次
 出版:小学館文庫
 定価:552円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4094023763/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1355810%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 論 「小中華」意識の呪縛―韓国の歴史教科書を読んで
 第一部 韓国の中学歴史教科書を批判する
  はじめに 韓国中学歴史教科書の編集方針
  第一章 三国時代の日韓関係
  第二章 高麗時代の日韓関係
  第三章 李朝前期の日韓関係
  第四章 李朝後期の日韓関係
  第五章 日本統治下の朝鮮
 第二部 中国の中学歴史教科書を批判する
  はじめに 中国中学歴史教科書の編集方針
  第章 漢・隋・唐時代の日中関係
  第章 宋・元時代の日中関係
  第章 近代の日中関係(清朝滅亡まで)
  第章 近現代の日中関係(辛亥革命以降)
 第三部 歴史教科書をめぐる、韓国・中国の学者との論争



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2001年8月に出版されています。
 
 著者は、紹介文によると、明星大学戦後教育史研究センター勤務
 している方で、同大学の非常勤講師をしています。
 
 日本史に関する著者が何冊かあります。



 お互いの主張が違うのは当たり前ですが...



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)韓国の学校で教えている歴史とは?



 真実は一つです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)韓国の学校で教えている歴史とは?

 「日帝の支配下で、わが民族はとくに経済的な収奪によってひどい
 苦痛を受けるようになった」
 
 「この中でも最もおおきな被害を被ったのが土地の侵奪だった。
 日帝は国権を奪った直後から、いわゆる土地調査事業という名を
 つけて農民の土地を申告させた。これは土地所有関係を近代的に
 整理するという口実で進められた」
 
 「しかし申告の手続きが複雑でややこしく、日帝に協調しない
 という反日感情があって、多くの農民達は申告をしなかった」
 
 「その結果、申告されなかった土地は持ち主のいない土地として
 見なされ、総督府の所有となった。(中略)総督府は、これらの
 没収した農地を、東洋拓殖株式会社など日本人が経営する土地会社
 に払い下げたり、韓国に渡ってくる日本人に安価で引き渡したり
 した」
 
 「その結果、韓国の農民達はいっそう貧しくなり、土地を失った
 農民達は深い山の中に入り火田民となったり、新しい生活の糧を
 求めて満州など国外に移住する人々も多くなった」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 とにかく真実を知りたい 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「韓国の学校で教えている歴史」とはどのような歴史なのでしょうか?

▽以前読んだ嫌韓流を読んで、日本と韓国の歴史認識の違いが多々
 あることが判ってきました。
 
 日本の歴史教科書に対して、韓国と中国が修正要求を突きつけて
 きたのが平成13年、今から7年前のことです。
 
 古くは、昭和57年に「侵略」を「進出」と書き直した、と指摘
 されているみたいです。
 
 実際に何が起きているのかを知りたくて、いろいろな立場の人が
 書いた、いろいろな本を読んでみることにしました。
 
 これまで読んできた本は以下の通りです。

 Vol665,2008/05/01,マンガ 嫌韓流,山野車輪
 Vol670,2008/05/12,悲しい日本人,田麗玉
 Vol672,2008/05/14,スカートの風,呉善花

 ただ、双方の歴史に関する正確な記述がなかなか出てこないので、
 今回は韓国の学校で実際に使っている歴史教科書に書かれている
 日本と韓国の歴史について書かれた本を探してきました。
 
▽二つの国があると、お互いの国の歴史認識が違うのは当たり前です。

 おそらく、ヨーロッパ等の地続きの国々では、それぞれの国が
 それぞれの歴史認識を持っていて、学校で教える歴史もまったく
 違うものになっていると思われます。
 
 それでも、あまり問題にならないのは、「そんなことを指摘しても
 しようがない」と思っているからではないでしょうか?
 
 日本と関係する国々に関する歴史認識は違っていて当然で、例えば
 アメリカが日本に落とした原爆に関しても、日本とアメリカでは
 そこに至るまでの歴史認識はまったく違っています。
 
 したがって、日本とその近隣諸国の間の歴史認識も違っていて
 当然なのですが、それをわざわざその国の政府が正式に指摘する
 のはこれもおかしな話です。
 
 しかも、学校で使う歴史教科書に対して修正要求を突きつけるのは
 内政干渉としか言いようがありません。
 
▽この本は、日本の教科書に書かれた歴史に対して韓国と中国が
 修正要求を突きつけたのに対して、日本で歴史を教える著者が
 逆に、韓国と中国の歴史教科書に対して指摘をしたという形式で
 書かれています。
 
 先程も書いたように、お互いの歴史認識が違う部分を指摘しても
 仕方がないので、ここでは韓国の教科書で日本との関係をどの
 ように書いているかをいくつか書いてみたいと思います。
 
 韓国の歴史教科書は、国定教科書なので一つしかないそうです。
 
 つまり、韓国国民は自ら歴史を学ぼうとしなければ、統一された
 歴史認識を持っているということになります。
 
 対日本に関する歴史認識は、ご察しの通り一貫して「侵略者」
 として書かれています。
 
 全てを見ていくのは難しいので、その中でも日本統治下の朝鮮の
 状況に関する部分を紹介したいと思います。
 
▽統治にいたるまでの状況は、日本と韓国の間でも認識がまるっきり
 違ってますが、この際それを説明するのはやめます。

 日本統治下の朝鮮の状況を韓国の事実上の国定教科書では、次の
 ように説明しています。
 
 「日帝の支配下で、わが民族はとくに経済的な収奪によってひどい
 苦痛を受けるようになった」
 
 「この中でも最もおおきな被害を被ったのが土地の侵奪だった。
 日帝は国権を奪った直後から、いわゆる土地調査事業という名を
 つけて農民の土地を申告させた。これは土地所有関係を近代的に
 整理するという口実で進められた」
 
 「しかし申告の手続きが複雑でややこしく、日帝に協調しない
 という反日感情があって、多くの農民達は申告をしなかった」
 
 「その結果、申告されなかった土地は持ち主のいない土地として
 見なされ、総督府の所有となった。(中略)総督府は、これらの
 没収した農地を、東洋拓殖株式会社など日本人が経営する土地会社
 に払い下げたり、韓国に渡ってくる日本人に安価で引き渡したり
 した」
 
 「その結果、韓国の農民達はいっそう貧しくなり、土地を失った
 農民達は深い山の中に入り火田民となったり、新しい生活の糧を
 求めて満州など国外に移住する人々も多くなった」
 
 以上が、日本統治下の土地調査事業に関する韓国の教科書に書いて
 ある内容です。
 
 この中で書かれている「日帝」とは、日本の蔑称として使われる
 言葉で、教科書に書かれているのか不思議ですが、実際にそう
 書かれているみたいです。
 
 また「火田民」とは焼き畑農業をする農民のことです。
 
 とにかく、日本統治下の朝鮮では朝鮮民族の財産が収奪されて
 いたみたいです。
 
 この部分に対する著者の反論も詳細に書かれていますが、今回は
 韓国側の主張のみを紹介しました。





 この本は、平成13年に日本の歴史教科書に対して、韓国と中国
 から指摘されたのを受け、著者が韓国と中国の歴史教科書を読んで
 逆に指摘した内容となっています。
 
 著者の反論も事実に基づいた内容ということで反論していますが、
 どこまでが真実なのか良く分からないので、鵜呑みにはしません。
 
 今度は、日本と韓国以外の国の人が書いた本を読んでみたいと
 思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

奪われし未来(2回目)
奪われし未来奪われし未来
(2001/02)
シーア コルボーン、ジョン・ピーターソン マイヤーズ 他

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:奪われし未来(増補改訂版)
 著者:シーア・コルボーン、ジョン・ピーターソン・マイヤーズ、
    ダイアン・ダマノスキ
 出版:翔泳社
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4881359851/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1312788%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 前兆
 第二章 有毒の遺産
 第三章 化学の使者
 第四章 ホルモン異常
 第五章 子孫を絶やす五〇の方法
 第六章 地の果てまで
 第七章 シングルヒット
 第八章 ここにも、そこにも、いたるところに
 第九章 死の年代記
 第十章 運命の転機
 第十一章 がんだけでなく
 第十二章 わが身を守るために
 第十三章 不透明な未来
 第十四章 無視界飛行
 第十五章 「奪われし未来」以後の世界
 第十六章 未来を奪われないために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2001年1月に出版されています。
 
 1997年10月に出版された同名の本の「増補改訂版」です。
 
 著者の一人、シーア・コルボーンはWWF(世界自然保護基金)の
 科学顧問で内分泌系攪乱化学物質の専門家です。
 
 もう一人、ジョン・ピーターソン・マイヤーズは、環境保護と
 核戦争廃絶に取り組む私立財団の代表をしています。

 そしてもう一人、ダイアン・ダマノスキは、アメリカの新聞に
 米国内外の環境問題に関する記事を執筆しているジャーナリスト
 です。



 生物には未来はないのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何か手はあるのか?



 あるにはありますが...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何か手はあるのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分に何ができるか考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何か手はある」のでしょうか?

▽人類が自らの発展(後退?)のために進めてきた科学技術の進歩
 によって地球上にばらまかれた合成化学物質は、主に生物の生殖
 機能に作用し、精子数の減少や生殖器官の奇形、オスのメス化等々
 生物が次の世代に伝えるべき個体を作り出せない状況が起きてい
 ます。
 
 合成化学物質は、大量に摂取すると人体に影響を及ぼすわけでは
 なく、ごく微量でも、生物が成長する特定の時期に「暴露(ばくろ
 :合成化学物質に身体が触れること)」すると、将来、生殖機能に
 影響が出てくるのです。
 
 人間にも同じ影響が見られ、さながら世界は合成化学物質による
 動物実験の様相を呈しています。
 
 母親の体内に取り込まれた微量の合成化学物質は、成長途中の
 胎児に濃縮され蓄積されます。
 
 運良く成長の特定の時期に合成化学物質に触れることがなかった
 としても、その後に母親の体内に取り込まれた合成化学物質は
 母親の母乳を通して、さらに濃縮して子どもの体内へ蓄積されて
 しまうのです。
 
 これらの物質は一度取り込まれたら、自然には排出されません。
 
 その生物が生きて、生殖を繰り返す毎に濃縮され代々受け継がれ、
 やがてどこかの世代で生殖機能に影響が出てしまい、子孫を残せ
 なくなってしまいます。
 
 まさに「奪われし未来」です。
 
▽また、食物連鎖の頂点にいる生物ほど、暴露する合成化学物質の
 濃度は高く、したがって生殖機能に影響が出る可能性も高くなり
 種の絶滅も考えられます。
 
 しかも、合成化学物質は、発生源に近い場所が影響を受けるだけ
 でなく、食物連鎖によって蓄積され伝わっていくために、例えば
 日本で垂れ流された合成化学物質が、巡り巡ってホッキョクグマの
 体内に取り込まれることもあります。
 
 本にも書いてありましたが、合成化学物質にさらされていない人
 を見つけようと、エスキモーが住んでいる村を訪ねて調査した
 ところ、発生源の近くに住んでいる人たちよりも、高濃度に汚染
 されていることが分かったこともあったそうです。
 
 つまり、特定の地域だけが汚染されるわけではなく、どちらかと
 いうと割を食うのは全く関係のない地域に生息している生物だった
 りするのです。
 
 この本が最初に出版されたのは1997年、今から約10年くらい
 前の話です。
 
 そして例によって例の如く、この10年で状況が改善されたとは
 思えません。
 
▽この本に書いてあるようなことを学会に発表したり、本に書いて
 出版しようとすると、必ず横やりがはいるそうです。
 
 「こんなものはでっちあげだ」とか、
 
 「何の根拠もない嘘だ」
 
 といった、それこそ何の根拠もない指摘を受けるそうです。
 
 マスコミだったり、実際に合成化学物質を作っている企業だったり
 役人だったり、同業者だったり...
 
 合成化学物質による生物への影響は、「がん」のように目に見える
 影響ではありません。
 
 「がん」は生物個体の死が目の前に迫っていることなので、もちろん
 本人にとっても家族にとっても大変なことではありますが、合成
 化学物質による生物の影響は、時間が掛かる上に、影響は広範囲
 で、しかも生物種の存続に関わってくることなのです。
 
 その影響が出るのは比較的時間が経ってからであるため、なかなか
 科学者等の研究の対象にはならないそうです。
 
 また、合成化学物質は単体で生物に作用するものもありますが、
 恐いのは、組み合わせによって何が起きるのか分からないこと
 です。
 
 そして、地球上に出回っている合成化学物質は何十万種類あるか
 分からないそうです。
 
 その組み合わせを考えると...
 
 調査しようがないかもしれません。
 
▽未来を奪われないために、何か打つ手はあるのでしょうか?
 
 この本では1章を割いて「わが身を守るために」と、その対処
 方法が書かれています。
 
 詳細は書きませんが、以下の3点が不可欠と書かれています。
 
 1.科学的研究
 
 2.企業による化学物質、製造過程、製品の見落としと政府に
   よる新たな環境政策
 
 3.各個人による家族ぐるみの自衛策
 
 詳細を読んでみても、前途は暗いです。





 何か対策がないのか?と心配しながら読み進めてみると、著者
 たちの提言は書かれていて、その一つ一つに納得できるのですが、
 その実現性はかなり低いのではないかと思います。
 
 私たちの現在のライフスタイルから見直していかないと合成化学
 物質の影響はなくなりません。
 
 各個人一人ひとりの考え方を変えるしかないのです。
 
 それが一番難しいのかもしれません。




最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

奪われし未来
奪われし未来奪われし未来
(2001/02)
シーア コルボーン、ジョン・ピーターソン マイヤーズ 他

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:奪われし未来(増補改訂版)
 著者:シーア・コルボーン、ジョン・ピーターソン・マイヤーズ、
    ダイアン・ダマノスキ
 出版:翔泳社
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4881359851/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1312788%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第一章 前兆
 第二章 有毒の遺産
 第三章 化学の使者
 第四章 ホルモン異常
 第五章 子孫を絶やす五〇の方法
 第六章 地の果てまで
 第七章 シングルヒット
 第八章 ここにも、そこにも、いたるところに
 第九章 死の年代記
 第十章 運命の転機
 第十一章 がんだけでなく
 第十二章 わが身を守るために
 第十三章 不透明な未来
 第十四章 無視界飛行
 第十五章 「奪われし未来」以後の世界
 第十六章 未来を奪われないために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、2001年1月に出版されています。
 
 1997年10月に出版された同名の本の「増補改訂版」です。
 
 著者の一人、シーア・コルボーンはWWF(世界自然保護基金)の
 科学顧問で内分泌系攪乱化学物質の専門家です。
 
 もう一人、ジョン・ピーターソン・マイヤーズは、環境保護と
 核戦争廃絶に取り組む私立財団の代表をしています。

 そしてもう一人、ダイアン・ダマノスキは、アメリカの新聞に
 米国内外の環境問題に関する記事を執筆しているジャーナリスト
 です。



 何が未来を奪ってしまうのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)化学物質の影響とは?



 まるで恐怖映画みたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)化学物質の影響とは?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「化学物質の影響」とはどのようなものなのでしょうか?

▽人類は18世紀にイギリスで始まった産業革命以降、すさまじい
 勢いで科学技術を発達させ、物質的な豊かさを実現してきました。
 
 主に先進国では、その恩恵は計り知れず、人々の生活は楽になり
 いろいろな面で豊かさを実感できるようになっています。
 
 しかしその反面、豊かさと引き替えに、豊かになればなるほど
 様々な歪みを生み出してきたのも事実です。
 
 先日読んだ、マーク・ハーツガードが書いた「世界の環境危機地帯を
 往く」では、世界各地で起きている「環境破壊」のことが書かれて
 います。
 
 科学を発展させ、産業を発展させてきた先進国と、現在発展に
 勢いがある国々では、環境破壊もすさまじい勢いで進んでいます。
 
 このままの状態で人類が歩んでいくと、おそらく地球は絶えきれず
 人間が生きていくことができない状況に変えてしまうのではない
 かと予想されます。
 
 環境破壊が「ゴミ」とか「森林伐採」等、人間の目に見える範囲で
 進んでいるのであれば、対処の方法が比較的簡単に見つかるかも
 しれません。
 
 しかし、環境破壊の恐ろしさは目に見えない部分にあります。
 
 「大気汚染」は微量であれば目に見えません。
 
 「核汚染」は無色無臭の猛毒なので、危険極まりないです。
 
 「水質汚染」も、汚いのは理解していながら、人間であるがゆえに
 その水を利用しなければならない状況にあります。
 
 こうやってあげていくと、「人間の愚かさ」というのがしみじみと
 理解できます。
 
 その環境破壊の一つ、「合成科学物質」は微量であるために目に
 見えないし、臭いもありません。
 
 しかし、自然界に存在しない合成科学物質は、人間を筆頭にあら
 ゆる生物に対して影響を与えます。
 
 この本の冒頭にいくつか事例が記載されています。
 
 アメリカとカナダに生息する「ハクトウワシ」が激減し、奇妙な
 行動を見せるようになりました。
 
 繁殖の時期になってもハクトウワシは巣づくりにまったく関心を
 示さず、求愛行動も見せないものもいたのです。
 
 アメリカのミシガン湖に生息する「ミンク」の繁殖にも奇妙な
 兆候が始まっていました。
 
 生まれる子どもの数が4頭が2頭に減り、大半のメスは1頭も
 子どもを生まず、生まれたとしてもたちまち死んでしまったのです。
 
 また、オンタリオ湖に生息する「セグロカモメ」のコロニーでは、
 いたるところに孵っていない卵や捨て去られた巣が見つかり、
 そこら中にひな鳥の死骸が散乱していたそうです。
 
 こういった繁殖に関する異常はこれだけではありません。
 
 「カモメ」や「アリゲーター」、「アザラシ」、「イルカ」、
 そして「ヒト」。
 
 「繁殖に関する異常」とは、異性に興味を抱かない、繁殖の時期に
 なってもつがい行動をとらない、生殖器の発達に異常が生じる、
 卵が孵るまで温めない、子育てをしない、卵から孵ってもすぐに
 死んでしまう等々、様々な事態が起きています。
 
 人間の場合を見てみると、精子数の激減、奇妙な行動をする奇形の
 精子等が発生しているそうです。
 
 また、生殖器の異常が若年層で増えているそうです。
 
 外見とか考え方とかそういった部分は完璧な女性ですが、卵巣では
 なく精巣を持っているという、生物学的にはれっきとした男性
 ですが、見た目は完璧な女性、という人も存在するそうです。
 
 そういった「繁殖に関する異常」の原因を追及しているのがこの本
 で、原因は「合成化学物質」であると分析しています。
 
 合成化学物質にはどのようなものがあるかというと、この本に
 書かれているいくつかを紹介すると、
 PCB(ポリ塩化ビフェニール)、
 PHA(多環芳香族炭化水素)
 有機塩素
 DDT(殺虫剤)
 ディルドリン
 クロルデン
 リンデン
 DES
 等々、あげたらキリがないです。
 
 こういった合成化学物質は、卵子が受精し細胞分裂をはじめ、
 人間としてのさまざまな器官を形作るときに「タイミング」
 良く(悪く?)摂取してしまうと、生殖に関する器官をつくる
 ためのホルモン分泌に作用し、正常な生殖器官、機能を有する
 個体にならないように影響を及ぼします。
 
 すると、生物は個体数を減らしはじめ、やがて絶滅してしまう
 危険性があります。
 
 このような合成化学物質は、過去に妊婦のための「流産の予防薬」
 として投与されたこともありました。
 
 こういったホルモンに影響する物質は、摂取した親の個体には
 影響はありませんが、その子どもに影響を及ぼしてしまうのです。
 
 合成化学物質は、食物連鎖の頂点にいる生物ほど、濃縮されて
 体内に蓄積し、その子どもに影響を及ぼすのです。
 
 恐ろしいです。





 この本は、合成化学物質の生物への影響について書かれた本です。
 
 読んでいると背筋が寒くなってきます。
 
 科学の発達は、人間の生活を激変させましたが、その代償はとてつ
 もなく大きかったようです。
 
 
 次回、もう一度紹介します。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

私の嫌いな10の言葉
私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)私の嫌いな10の言葉 (新潮文庫)
(2003/02)
中島 義道

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:私の嫌いな10の言葉
 著者:中島義道
 出版:新潮文庫
 定価:400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4101467226/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1532962%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1 相手の気持ちを考えろよ!
 2 ひとりで生きてるんじゃないからな!
 3 おまえのためを思って言ってるんだぞ!
 4 もっと素直になれよ!
 5 一度頭を下げれば済むことじゃないか!
 6 謝れよ!
 7 弁解するな!
 8 胸に手をあててよく考えてみろ!
 9 みんなが厭な気分になるじゃないか!
 10 自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、平成15年3月に出版されています。
 
 2000(平成12)年8月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は哲学者で、大学の教授をしていましたが、現在は哲学を
 学ぶ学生のために私塾を開設しています。
 
 著書も多数あります。



 日本人ならよく聞く言葉ばかりです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ嫌いなのか?



 確かに言われてみるとおかしいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ嫌いなのか?

 「これは無責任な教師や評論家が口から出任せに言う言葉、誰でも
 知っているように大嘘です。各人に、何か好きなことがかならず
 一つはあるはずだ、というのは大嘘です」
 
 「その好きなことは万引きや売春であってはいけないのですから、
 社会的に評価される、できれば職業と結びつくことでなければ
 ならないのですから、実はきわめて制限されている」
 
 「何か好きなこととは、何でもいいわけではないのです。この
 あたりがたいへん欺瞞的なのですが、そう言わないところが狡い
 のです」
 
 「こんなにハードルを高くしておきながら、『おまえ、何も好きな
 ことがないのか?』と聞いて、不思議がるのも徹底的におかしい」

 「評論家や学校の先生はさらにさらに青年をだまし続けようとする。
 いかにも地味な感じの少女がファッションモデルになりたいと
 思い切って告白すると『ほんとうにそれがきみのしたいことなの
 かなあ?ただ華やかな世界にあこがれているだけじゃないのかい。
 ようく考えてごらん』と突き返す」
 
 「だが、その少女が2、3日後に『先生、私やっぱり子どもが
 好きだから保母さんになりたい』と言うと、今度は『そうか!』と
 顔を輝かせて話に乗る」
 
 「つまり、当人がほんとうに好きかどうかはこちらが決めてやる、
 という狡い態度がそこにある」
 
 「こういうわけで、ほんいとうに好きなこととは、親の経営する
 つぶれそうなラーメン屋を立て直したいとか、おれ頭悪いけど
 体育だけは得意だからがんばって中学の体育の先生になりたいとか
 ・・・の社会的上昇志向の薄いしかも堅実なものだけが認められる」
 
 「といって堅実だけでもいけない。一度入ったら安泰で仕事も
 ラクそうだから、市役所に入りたいと本心を言ったとたんに、
 『それがほんとうにおまえのしたいことなのか?』と切り返す」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 使わないようにしよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「なぜ嫌い」なのでしょうか?

▽著者の本は、今回の本で3冊目となります。

 前回読んだ「うるさい日本の私(Vol655,2008/4/16配信)」が
 なかなか面白かったので、著者が書いた本を数冊買ってしまいま
 した。
 
 「うるさい日本の私」では、私もいくつか気になっていた日本の
 「騒音」について、あらゆることに真剣に抗議している著者の
 姿勢がなかなか面白く、また感動も感じつつ、興味深く読ませて
 もらいました。
 
 分かっていながら、日本人ではなかなか口にしないことを、ズバ
 ズバと指摘する著者が爽快に感じたためです。
 
 しかし、著者にしてみると真剣に迷惑なだけであって、何の爽快感
 も持っていないみたいです。
 
 嫌だと思ったことを嫌だと言えるのは、日本人としては珍しい
 部類に入るのではないでしょうか。
 
 今回紹介する本は、「私の嫌いな10の言葉」です。
 
 日本人ならば、しばしば口にする、もしくは聞く言葉ばかりです。
 
 目次とかぶりますが、もう一度記載します。
 
 「相手の気持ちを考えろよ!」
 「ひとりで生きてるんじゃないからな!」
 「おまえのためを思って言ってるんだぞ!」
 「もっと素直になれよ!」
 「一度頭を下げれば済むことじゃないか!」
 「謝れよ!」
 「弁解するな!」
 「胸に手をあててよく考えてみろ!」
 「みんなが厭な気分になるじゃないか!」
 「自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!」
 
 口にしている本人にしてみると、言葉通りに受け取って欲しいと
 思っているのですが、その心理状態を分析してみると、言葉の
 裏には自分勝手な思想が潜んでいます。
 
 普段あまり意識しないで使ったり、また、聞いたりしてますが、
 言われた方は絶対に納得する言葉ではないです。
 
▽この中から一つ「自分の好きなことがかならず何かあるはずだ!」
 という言葉について、著者の論理を紹介します。
 
 実は私も何度か使ったことがある言葉で、
 
 「(人生において)何やっていいか分からない」
 
 という人に対して、
 
 「何か一つくらい好きなことがあるでしょ?それをやってれば
 いいんじゃない」
 
 といった使い方をします。
 
 常々、楽しく生きるためには自分が好きで、やりたいことをやって
 いればストレスを感じることなく生きていけると思っているので
 上記のような言い方をしました。
 
 しかし、著者が言うには、この言葉は「大嘘」なのだそうです。
 
 著者は言います。
 
 「これは無責任な教師や評論家が口から出任せに言う言葉、誰でも
 知っているように大嘘です。各人に、何か好きなことがかならず
 一つはあるはずだ、というのは大嘘です」
 
 「その好きなことは万引きや売春であってはいけないのですから、
 社会的に評価される、できれば職業と結びつくことでなければ
 ならないのですから、実はきわめて制限されている」
 
 「何か好きなこととは、何でもいいわけではないのです。この
 あたりがたいへん欺瞞的なのですが、そう言わないところが狡い
 のです」
 
 「こんなにハードルを高くしておきながら、『おまえ、何も好きな
 ことがないのか?』と聞いて、不思議がるのも徹底的におかしい」
 
 言われてみると確かにそうです。
 
 私も以前「大好きなことって何?」と聞いた時に、「寝ること」
 と応えた人に対して、「ずっと寝ていられるわけじゃないでしょ?
 そういうことじゃなくて...」と言ったことがあります。
 
 つまり私にとって「寝ること」が「好きなこと」であってはなら
 ないのです。
 
 制限はこちら側でかけていて、その制限内で相手が応えることを
 望んで「好きなことが何かあるはずだ」と言っているのです。
 
 具体的な例をあげると、次のようになります。
 
 「評論家や学校の先生はさらにさらに青年をだまし続けようとする。
 いかにも地味な感じの少女がファッションモデルになりたいと
 思い切って告白すると『ほんとうにそれがきみのしたいことなの
 かなあ?ただ華やかな世界にあこがれているだけじゃないのかい。
 ようく考えてごらん』と突き返す」
 
 「だが、その少女が2、3日後に『先生、私やっぱり子どもが
 好きだから保母さんになりたい』と言うと、今度は『そうか!』と
 顔を輝かせて話に乗る」
 
 「つまり、当人がほんとうに好きかどうかはこちらが決めてやる、
 という狡い態度がそこにある」
 
 「こういうわけで、ほんいとうに好きなこととは、親の経営する
 つぶれそうなラーメン屋を立て直したいとか、おれ頭悪いけど
 体育だけは得意だからがんばって中学の体育の先生になりたいとか
 ・・・の社会的上昇志向の薄いしかも堅実なものだけが認められる」
 
 「といって堅実だけでもいけない。一度入ったら安泰で仕事も
 ラクそうだから、市役所に入りたいと本心を言ったとたんに、
 『それがほんとうにおまえのしたいことなのか?』と切り返す」
 
 言われれば言われるほど当たっているような気がします。
 
 やりたいことが「コンビニのアルバイト」であってはならないし、
 「駅のティッシュ配り」であってはならないのです。
 
 今度から、他人が言った「好きなこと」は決して否定しないように
 します。





 この本は、日本人が何気なく使っている言葉、その裏に欺瞞が
 あることを感じとってしまった著者が考えていることが書いて
 あります。
 
 見方によっては「ひねくれた頑固オヤジ」のような気がしないでも
 ないですが、よくよく読んでみると「確かに」と思うような指摘
 がたくさんあります。
 
 今度から気を付けるようにしたいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

スカートの風
スカートの風―日本永住をめざす韓国の女たち (角川文庫)スカートの風―日本永住をめざす韓国の女たち (角川文庫)
(1997/02)
呉 善花

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:スカートの風
 副題:日本永住をめざす韓国の女たち
 著者:呉善花(オ・ソンファ)
 出版:角川文庫
 定価:440円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4041903017/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f862657%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 プロローグ 心の国境の間へ
 第1章 日本で働く韓国ホステス?なぜ日本に永住したいと願うのか?
 第2章 現代韓国の女性事情?だれも語らない生と性のドラマ
 第3章 ヤンバンとキーセンの哀歌?現代を支配する李氏朝鮮の亡霊
 第4章 韓国人と日本人?知り合おうとしない隣人たち



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、平成9年2月に出版されています。
 
 平成2年12月に出版された単行本の文庫版です。
 
 著者は、韓国済州島で生まれ、1983年に来日した人で、東京
 外語大学大学院修士課程を修了しています。
 
 ビジネス通訳や翻訳を通じて日韓ビジネスの現場を体験しています。
 
 著書も多数あります。



 一般の韓国人は日本をどの様にみているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)日本と韓国の文化の違いとは?



 なかなかするどい観察です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)日本と韓国の文化の違いとは?

 「明日どうなるかはだれにもわからない、もし運がよければ一夜で
 巨万の富を得ることができ、また世に名声をはくすことができる
 かもしれない」
 
 「それを夢見て常に賭けに挑戦するのが人生の楽しみというものだ、
 10年先の自分の成功を夢見て計算ばかりの毎日を送る日本人は、
 いったい何が面白くて生きているのか」
 
 「こうした人生観が多くの韓国人のものである。もちろん、その
 ために家族を失い、職を失う者は多い」

 「いくら話をしても、はっきりとした自分の主張が出てこない、
 いったい彼らは何を考えているのか、ということになってしまう」

 「『あいまいさ』に加えて、日本人のもつもう一つの特徴は、
 自己主張があまり見られない反面、人の話を良く聞く、という
 ことである。そのため、日本人からはしばしば、『韓国人は人の
 話を聞く耳をもたない』と言われる」
 
 「それはその通りだと思う。韓国人は、話を聞く側にいるのは
 能力がないからであり、人に話を聞かせることのできる者が能力
 ある者だと考える。そこで、人の話を聞くよりも自分の話を人に
 聞かせることに努力を傾けるのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっと日韓関係の本を読んでみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「日本と韓国の文化の違い」とはどのようなことなのでしょうか?

▽最近、韓国と日本の関係について書かれた本を何冊か読んでいます。

 Vol665,2008/05/01,マンガ 嫌韓流
 Vol670,2008/05/12,悲しい日本人
 
 「マンガ 嫌韓流」は日本人から見て韓国を批判した本。
 
 この本だけだと、おそらくかなり偏った情報しか得られないと
 感じたので、バランスを取る意味で「悲しい日本人」を読んで
 みました。
 
 「悲しい日本人」は韓国人から見て日本を批判した本でしたが、
 レベルが低すぎて話になりません。
 
 そこで、次に選んだのが今回紹介する本です。
 
 この本は「悲しい日本人」の中で批判されていた本で、著者は
 韓国人の女性です。
 
 この本は、今から約18年前に書かれた本で、ちょうどバブル
 崩壊前後の時期に出版されています。
 
 著者は現在、拓殖大学国際学部教授で日本に帰化していて、韓国を
 批判する立場で本をたくさん書いています。
 
 その著者が始めて出版したのがこの本で、この本では日本と韓国の
 文化の違いを冷静に分析しています。
 
▽この本が書かれた当時、著者は日韓ビジネスの通訳をしたり、
 日本人、韓国人それぞれに言葉を教えていました。
 
 その他に、韓国から日本へ働きに来る韓国人女性の相談にも乗って
 います。
 
 この本の大半は、日本に働きに来る韓国人女性の悲しい現実を
 解説した内容となっています。
 
 今から18年前のことなので、現在はどうなっているのか分かりま
 せん。
 
 韓国人女性の自国での厳しい現実と、日本での厳しい現実の話は
 18年後の現在、状況はかなり変わっていると思われるので、
 ここでは紹介しません。
 
 今回は、読んでいて「なるほど」と感じた日韓の文化の違いを
 紹介したいと思います。
 
▽韓国人の誰もが望んでいるのがお金と権力なのだそうです。
 
 現在はどうなのか正確な所は分かりませんが、この本が書かれた
 当時、著者が見た自国の人間は、男性も女性もお金と権力を目標
 として生きていたそうです。
 
 ただ、日本よりも男尊女卑が激しい韓国社会では、女性が社会の
 重要な地位に就くのはなかなか大変なことのようで、したがって
 女性は、お金持ちの男性と結婚するのを目標としていたそうです。
 
 たまに報道される韓国の受験の様子を見ても、親の真剣さを見ると、
 お金と権力への憧れは現在でも続いているのが分かります。
 
 日本も未だに似たような部分がありますが、韓国ほどではない
 と思われます。
 
 著者が言うには、これは韓国の歴史をひもといてみると、分かる
 とのこと。
 
 著者は言います。
 
 「明日どうなるかはだれにもわからない、もし運がよければ一夜で
 巨万の富を得ることができ、また世に名声をはくすことができる
 かもしれない」
 
 「それを夢見て常に賭けに挑戦するのが人生の楽しみというものだ、
 10年先の自分の成功を夢見て計算ばかりの毎日を送る日本人は、
 いったい何が面白くて生きているのか」
 
 「こうした人生観が多くの韓国人のものである。もちろん、その
 ために家族を失い、職を失う者は多い」
 
 一攫千金を狙うのが韓国人で、同じ目標を持つにしても長期の
 計画を建てるのが日本人なのだそうです。
 
 例えば、今10万円もらえるのと、1年後に100万円もらえるの
 をどちらを選ぶかと聞くと、日本人は1年後の100万円を選ぶ
 けれど、韓国人は今の10万円を選ぶそうです。
 
 歴史的に見て、いつ大国から侵略されるか分からない状況の中で
 生活してきたので、明日はどうなるか分からないというのが韓国人
 の考え方なのだそうです。
 
▽他に、著者が理解しがたいのが、「日本人のあいまいさ」です。

 これは、韓国人に限らず、日本人以外の外国人は皆同じ事を考える
 みたいです。
 
 著者は言います。
 
 「いくら話をしても、はっきりとした自分の主張が出てこない、
 いったい彼らは何を考えているのか、ということになってしまう」
 
 日本人の中でも、さらに曖昧な人と比較的そうでない人に分かれ
 ます。
 
 外国人にとっては、日本人は得たいの知れない存在に見えるとの
 こと。
 
 また、自己主張をしないのも日本人の特徴なのだそうです。
 
 著者は言います。
 
 「『あいまいさ』に加えて、日本人のもつもう一つの特徴は、
 自己主張があまり見られない反面、人の話を良く聞く、という
 ことである。そのため、日本人からはしばしば、『韓国人は人の
 話を聞く耳をもたない』と言われる」
 
 「それはその通りだと思う。韓国人は、話を聞く側にいるのは
 能力がないからであり、人に話を聞かせることのできる者が能力
 ある者だと考える。そこで、人の話を聞くよりも自分の話を人に
 聞かせることに努力を傾けるのである」
 
 韓国の人と話をしたことはありませんが、何となく分かるような
 気がします。
 
 著者はこの他にも、何かと反省する日本人と絶対に反省しない
 韓国人という文化の違いも指摘しています。
 
 こういった文化の違いが見えてくると、現在日本と韓国が抱えて
 いる政治的な問題がいろいろと見えてくるのではないでしょうか。





 この本は、ほとんどは韓国から日本へ働きに来る女性たちのことに
 ついて書かれています。
 
 韓国女性は日本人から見るとなかなか厳しい世界に住んでいる
 ように思えますが、その国毎の文化があるので一概に否定できる
 ものでもありません。
 
 どの国にも良い文化はあるし、改めるべき文化もあります。
 
 少しずつ変わっていくことができればいいのではないかと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

朝鮮戦争
朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)朝鮮戦争―金日成とマッカーサーの陰謀 (文春文庫)
(1997/06)
萩原 遼

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:朝鮮戦争
 副題:金日成とマッカーサーの陰謀
 著者:荻原僚
 出版:文春文庫
 定価:486円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167260034/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f890572%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 ある老詩人との対話
 第一章 世紀のすりかえ劇
 第二章 ソ連軍政下の北朝鮮
 第三章 武力南進の序曲
 第四章 監獄国家のはじまり
 第五章 戦争準備

 他、多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1997年6月に出版されています。
 
 1993年12月に出版された単行本の文庫版となります。
 
 著者は、元は日本共産党の機関紙「赤旗」の記者で、1989年
 からフリーのジャーナリストとなります。
 
 著書も多数あります。



 その時、朝鮮では何が起きていたのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)朝鮮戦争の正体とは?



 代理戦争みたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)朝鮮戦争の正体とは?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「朝鮮戦争の正体」とは?

▽最近、東アジアの歴史と文化と国どうしの関係に興味が湧いてきて
 色々な本を読むようになってきました。
 
 東アジアで一番東側に存在するのが日本。
 
 そして、その隣国である中国と韓国とは、経済的なつながりは
 強いものの、政治的には過去の歴史から何かと問題が多い関係です。
 
 ただ、隣国でありながら海を隔てているので、なかなかその文化
 を知らないし、理解できていません。
 
 そして、隣国の歴史も知らないことが多いです。
 
 中国に関しては、その4000年の歴史を書いた有名な本がたく
 さん出版されているので、知っている方も多いと思います。
 
 しかし、朝鮮の歴史となると、なかなか知っている人がいないの
 ではないでしょうか。
 
 小中学校で習う朝鮮の歴史は、ほんのわずかしかありません。
 
 クローズアップされるのは、秀吉の朝鮮出兵と明治期以降、日本と
 大韓帝国(現在の北朝鮮と韓国を合わせた地域)を併合した辺り
 からです。
 
 しかも、「不幸な過去があった」と、ほんのわずかしか出てこない
 のが現実です。
 
 太平洋戦争後の5年後に発生した朝鮮戦争に関しては、おそらく
 日本人の多くは「北と南に分かれて戦争があった」くらいしか
 知らないのではないかと思われます。
 
 本を読む前の私の予備知識も、ほんのわずかしかありません。
 
 「朝鮮半島を38度線を境に朝鮮民族同士が戦った」
 
 「実はバックにはソ連とアメリカがいて、朝鮮民族は代理戦争に
 巻き込まれた」
 
 「この戦争には中国も何か絡んでいるらしい」
 
 「現在も戦争は終了してなくて停戦状態のまま」
 
 このくらいしか知らないです。
 
▽実際には何が起きていたのでしょうか?

 1945年8月に日本が無条件降伏をすると、日本が統治(教科書
 では植民地支配)していた大韓帝国は、日本の統治から外れます。
 
 朝鮮半島に住んでいた日本人は着の身着のまま追い出され、その
 後に、北側から満州を制圧したソ連が進攻し、南側からはマッカーサー
 率いるアメリカが進攻していました。
 
 結局、形的には日本の統治がソ連とアメリカの統治に変わった
 だけで、朝鮮民族が独立したわけではありません。
 
 このソ連とアメリカの対決の図式が、今後様々な不幸が起きる
 原因となります。
 
▽ソ連が進攻した朝鮮半島の北側には、金日成将軍が統治者として
 いきなり出現します。
 
 「金日成将軍」とは、朝鮮の伝説の英雄でその実体はよく分かって
 いません。
 
 そこへ、ソ連共産党の方針によって、ソ連で軍隊の中隊長をして
 いたキム・ソンジュという男性を金日成将軍に仕立て上げてしまい
 ます。
 
 そんな勝手なことがなぜできるのかというと、そこはスターリンが
 指導するソ連、簡単に歴史を作り替えてしまいます。
 
 北側の朝鮮人は、「金日成将軍が戻ってきた」と大喜びで、実際に
 演説を見に来た朝鮮人民は、30過ぎの若い将軍を見て、
 
 「なんだ、偽物じゃないか」
 
 とがっかりしてしまいます。
 
 朝鮮人民が想像していた将軍の姿は、もっと歳をとった老人の姿で
 目の前で演説している若造とは違っていたのです。
 
 それがなぜ、北朝鮮の「偉大な指導者」となりえたかと言うと、
 そこがソ連の共産党が指導する恐ろしさで、北側を徹底的な監獄
 国家にしてしまうことで、朝鮮人民を造反できないように仕立て
 上げていったのです。
 
 密告社会を造り、政治に関する不満や悪口はすぐに密告され、
 逮捕されるようなしくみにしてしまいます。
 
 現在の北朝鮮と同じです。
 
▽ソ連側は嘘の金日成将軍を押し立て、朝鮮人が統治するように見せ
 かけていますが、実際はソ連の衛星国家であって、日本の統治が
 ソ連の統治にとって変わり、しかも共産主義に見られる圧政が
 敷かれていました。
 
 あきらかに日本統治時代よりもひどい状態だったみたいです。
 
 将軍にでっち上げられた金日成はスターリンの意向に沿うように、
 南側への武力侵攻の準備を始めます。
 
 ソ連から武器や資金を提供してもらい、ようやく内戦が落ち着いて
 きた中国から武器付きで朝鮮兵を貸し出してもらい、武力侵攻の
 準備を着々とすすめ、1950年6月25日、38度線に展開して
 いた北朝鮮軍は南側へ攻撃を仕掛けます。
 
 北側の進攻を知らなかった南側はあわてふためき、開戦4日後には
 ソウルを占領されてしまいます。
 
 ところが金日成はソウルを占領したところで戦争が終わると勝手に
 思っていたようです。
 
▽ところがどっこい、秘密裏に進めていた南側への武力侵攻でしたが、
 北朝鮮には高官の中にもアメリカのスパイがごろごろといて、
 やることなすこと全てアメリカ側に筒抜けになっていたのです。
 
 アメリカ側は6月25日の南への武力侵攻も知っていましたが、
 日本と開戦した理由と同じように、相手側からの武力行使が必要
 だったために、黙っていたのです。
 
 その間、日本を補給基地にすべくさまざまな工作を行い、戦争の
 準備は着々と進められていました。
 
 そして、北側からの武力侵攻によって、アメリカ側は戦う理由が
 でき、こちらも朝鮮民族を先頭に立てて反撃を始めます。
 
 北側は火力の違いによってあっという間に追いやられ、負けが
 濃厚になった時点で、スターリンからも見放されて窮地に陥ります。
 
 そこで、北側に手を貸したのが内戦を勝ち抜いた中国共産党で、
 中国は300万の兵隊を投入、戦争はそれから約3年間続き、
 ようやく停戦にこぎ着けました。
 
 民族同士が戦ったとは言え、南側のバックにはアメリカが付き、
 北側のバックには、元々はソ連、その後は中国が付いていました。
 
 最終的に「米中戦争」の形式になって、朝鮮は大国の武力を借りて
 国内問題を解決するという「李氏朝鮮」の伝統を受け継いだ結果と
 なったのです。





 この本は、アメリカ軍が押収した膨大な量の北側の極秘資料を
 著者が何年かかけて分析し、それをまとめた内容となっています。
 
 したがって、大半は北側の解説になっていて、北朝鮮ができた
 様子が良く分かります。
 
 全てがソ連によるでっち上げだったみたいです。
 
 それが現在でも東アジアの情勢に緊張を与えているということは
 なかなか興味深いものがあります。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

悲しい日本人
悲しい日本人(イルボヌン オプタ)悲しい日本人(イルボヌン オプタ)
(1994/11)
田 麗玉

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:悲しい日本人
 著者:田麗玉
 出版:たま出版
 定価:1500円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4884813537/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f693525%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1章 居眠りしている人々
 2章 30年待った
 3章 幸せであってはならない人々
 4章 ジェノサイド
 5章 これ、結婚相手は黒人にしなさい
 6章 子どもたち
 7章 イジメという日本の娯楽
 8章 アウトサイダー
 9章 レポーサします
 10章 先進国の条件
 11章 京都で会った人



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■□□□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■□□□□



 この本は、1994年12月に出版されています。
 
 著者は、1959年韓国のソウルで生まれ、テレビレポーターとして
 数年間日本に滞在したことがあるそうです。
 
 2004年3月にハンナラ党に入党し、同年4月の総選挙で国会
 議員に当選、同党スポークスマンに就任した、とウィキペディア
 には書いてありました。



 韓国人は日本をどのように見ているのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)韓国人は日本をどのように見ているのか?



 なぜ、こうなってしまうのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)韓国人は日本をどのように見ているのか?

 「日本女性は港で買った黒人兵をいったんディスコにつれていき、
 思う存分踊り、飲み、遊ぶ、それから、近くのラブホテルに行く」
 
 「もちろん費用は全部、経済大国日本の女がもつ、太平洋戦争
 敗戦以後、非常に安価で日本の女を買ってつれて歩いたアメリカの
 白人、黒人男性が、今や日本の女に変われるありさまなのだ」

 「日本女性が他人の前で自分の夫を指す言葉で、最もよく用いら
 れているのは『主人』だ。韓国で主人というと、所有主、あるいは
 物や建物の持ち主のことである」
 
 「私はこの言葉を何気なしに用いている日本女性の人格と知性を
 疑う。自分を動物の低さにおくことばに甘んじ、将来『主人』に
 なる息子と、『主人』の所有物になる娘を育てている彼女たちが
 どうしても理解できない。日本語には、『夫』というちゃんと
 した言葉があるにもかかわらずだ」
 
 「彼女らが『主人』という呼び方をする限り、日本の娘等は奴隷
 根性を自然に身につけて育ってしまうのではなかろうか。日本勤務
 の夫について来た韓国女性まで無意識にこの『主人』を使っている
 のを見て、私はぞっとせずにはおられなかった」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 違う本を選ぼう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「韓国人は日本をどのように見ている」のでしょうか?

▽以前、山野車輪さんが書いた「嫌韓流」というマンガの本を紹介
 しました。
 
 この本は、日本側から韓国のことを批判した本で、この本だけを
 読むと、かなり偏った情報になってしまうのではないかと考えら
 れます。
 
 そこで、逆に韓国人が日本のことをどのように書いているのか
 知りたくて、「嫌韓流」に書いてあったこの本をブックオフで
 探してきました。
 
 この本は、1994年に出版され、韓国で100万部突破のベスト
 セラーとなったそうです。
 
▽何が書いてあるかというと、著者がテレビレポーターとして日本に
 滞在した2?3年間で感じた日本に対する感情がその通りに書いて
 あります。
 
 ただ、読んでみた感想としては、日本に滞在した数年間で感じる
 内容ではなく、もの心ついたときから日本に対する憎しみの教育が
 行われているとしか思えないような感じ方です。
 
 著者は1959年に生まれているので、私と8つくらいしか変わり
 ません。
 
 実際に日本の統治を体験したのは、親が子どもの頃で、実質祖父母の
 時代です。
 
 それなのにこれだけ日本に憎しみを感じているということは、
 それだけ何らかの教育を受けてきたとしか考えられないです。
 
 おそらく、私と同年代の日本人は韓国に対して特別な感情を持って
 ないと思います。
 
 経済的なつながりがあって、たまに歴史問題で日本に謝罪を求める
 国ぐらいにしか思っていないではないでしょうか。
 
 理由は、日本では韓国との関係について、特別な教育は行われて
 いないからだと思われます。
 
 日本に対するすさまじいほどの憎しみが感じられ、日本に関する
 全てが気に入らないみたいです。
 
 それは憎しみというよりも、「ねたみ」とか「嫉妬」に近いような
 感じがします。
 
▽では、著者が日本をどのようにみているのでしょうか?

 書いてあることをいくつか紹介します。
 
 「日本女性は港で買った黒人兵をいったんディスコにつれていき、
 思う存分踊り、飲み、遊ぶ、それから、近くのラブホテルに行く」
 
 「もちろん費用は全部、経済大国日本の女がもつ、太平洋戦争
 敗戦以後、非常に安価で日本の女を買ってつれて歩いたアメリカの
 白人、黒人男性が、今や日本の女に変われるありさまなのだ」
 
 確かに1990年代、まだバブル崩壊前、一部の雑誌やワイドショー
 等でそういった女性がいるようなことが報道されていたことがあり
 ます。
 
 ただ、その報道を読み、聞いて「それが日本女性」と言い切って
 いるのはおかしいです。
 
 この本に書かれている内容は、3分の2が日本の雑誌やテレビの
 ワイドショーで報道されていたことを、「これが日本人」として
 紹介しているような感じです。
 
 また、著者は女性であるために、日本の女性のことがとても気に
 なるらしく、かなりしつこく批判しています。
 
 例えば、妻が他人に対して夫のことを指すとき、「主人」という
 言葉を使います。
 
 この言葉は日本人にとっては、「うちの夫」「うちの旦那」
 「うちの主人」と同じで、自分の夫の単なる呼称でしかありません。
 
 それが著者には気に入らないらしく、次のように書いています。
 
 「日本女性が他人の前で自分の夫を指す言葉で、最もよく用いら
 れているのは『主人』だ。韓国で主人というと、所有主、あるいは
 物や建物の持ち主のことである」
 
 「私はこの言葉を何気なしに用いている日本女性の人格と知性を
 疑う。自分を動物の低さにおくことばに甘んじ、将来『主人』に
 なる息子と、『主人』の所有物になる娘を育てている彼女たちが
 どうしても理解できない。日本語には、『夫』というちゃんと
 した言葉があるにもかかわらずだ」
 
 「彼女らが『主人』という呼び方をする限り、日本の娘等は奴隷
 根性を自然に身につけて育ってしまうのではなかろうか。日本勤務
 の夫について来た韓国女性まで無意識にこの『主人』を使っている
 のを見て、私はぞっとせずにはおられなかった」
 
 自国の文化で他国の文化を裁いてしまうと、おかしいに決まって
 います。
 
 それを平気で「おかしい」と書くことこそが「おかしい」と気が
 付かないものでしょうか。
 
 この本に書かれているのは、ほとんどが「自国の文化、自分の
 考え方」で日本のことを裁いている内容となっています。
 
▽問題の日韓の歴史の認識ですが、この部分は「嫌韓流」で書かれ
 ていた通りの主張がなされています。
 
 この主張が韓国人の総意なのかどうかはよく分かりません。
 
 読んでみると、当時の時代背景と近隣諸国との関係、当時の朝鮮の
 状況等の解説は一切無く、日本に侵略されたところから歴史が
 始まっていることになっています。
 
 これだと正しい歴史認識ができなくなってしまいます。
 
 なぜ日本が韓国を併合することになったのか、その理由が分から
 ないと、単なる「植民地」となってしまい、そこには憎しみしか
 湧いてきません。
 
 歴史の事実から判断すると、日本は韓国を、イギリスとインドの
 ような単純な植民地にしたわけではないみたいです。
 
 搾取する側と搾取される側の関係ではなく、朝鮮にも近代化させ
 欧米諸国からの防衛と、最終的には日本の防衛を考えていたので
 はないかと思います。
 
 しかし、この見方は日本の側から見た場合で、韓国側、つまり併合
 された側から見ると、やはり見方が変わってくると思います。
 
 その時の韓国の一般庶民の感情はどうだったのか?
 
 反対している人はどのくらいいたのか?
 
 日本が併合しなかった場合、韓国側はどうしようとしていたのか?
 
 日本のように植民地ではなく、世界が認める独立国として歩み
 出すことができたのか?
 
 そういった「歴史のif」も含めた検証がしたくて、韓国人が
 書いた本を選んだのですが、ハッキリ言うと日本批判のレベルが
 低すぎます。
 
 週刊誌やワイドショーレベルの話を題材に日本批判をしても、
 何の意味もありません。
 
 恐ろしいのは、この著者が韓国の国会議員で、現政権政党で大統領に
 近い位置にいるとのこと。
 
 日韓関係の未来は暗いかも...





 この本を選んだ理由は、「嫌韓流」を読んだだけだと偏った情報に
 なると感じたためです。
 
 嫌韓流で紹介されていたこの本を読んでみれば、きっと何か掴め
 ると思ったのですが、間違いだったみたいです。
 
 ただ、韓国で100万部も売れるということは、韓国人が日本の
 ことをどう思っているかを知るためには読んでみてもいいかも
 しれません。
 
 私も途中で読むのを辞めようかと思いましたが、何とか読み終え
 ました。
 
 日本人ならば、かなり不愉快になれる本です。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

世界の環境危機地帯を往く(2回目)
世界の環境危機地帯を往く世界の環境危機地帯を往く
(2001/04)
マーク ハーツガード

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:世界の環境危機地帯を往く
 著者:マーク・ハーツガード
 出版:草思社
 定価:2800円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794210345/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1336215%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 魔法つかいの弟子を演じる
 第1章 「…われわれはまだここにいるのです」
 第2章 自動車が欲しくてたまらない
 第3章 核の灯台へ
 第4章 「腹の皮がつっぱっているんだね」
 第5章 人口はどれほど問題なのか?
 第6章 「持続可能な開発」と資本主義の勝利
 第7章 希望を抱いて
 終 章 別の時代から来た使者



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2001年4月に出版されています。
 
 著者は、アメリカのジャーナリストで、多数の新聞・雑誌へ寄稿
 している人です。
 
 著書が何冊かあります。



 豊かさと引き替えに人が手に入れたものとは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何が問題なのか?



 問題は山積みです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何が問題なのか?

 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分に何ができるのか考えてみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何が問題」なのでしょうか?

▽私たち人類は、自らの発展のために一番大切なものを犠牲にして
 きました。
 
 「自らの発展」とは、物質的に豊かな世界を手に入れることです。
 
 その代表格が自動車で、人間は少しでも豊かになるとどうしても
 自動車が欲しくなるみたいです。
 
 それは発展途上国も同じで、自動車を手に入れることが社会的な
 成功と結びついているのです。
 
 そのために、世界各地の都市で深刻な大気汚染が発生しています。
 
 特に中国やインド等、最近豊かになり出した国の国民が、皆自動車
 を手に入れ始めたとすると、とても恐ろしいことになります。
 
 資本主義という制度は、そのニーズに応えようと、ひたすら自動車
 を生産・販売し、需要と供給のバランスを取ろうとします。
 
 そこでは、自らの利益のことは考えていますが、地球の環境のこと
 まで考えてはいません。
 
 そして、もちろん購入する側も、環境破壊のことまでは考えず、
 自らの欲求を満たすためだけに自動車を購入します。
 
 需要と供給のバランスはとれますが、地球環境のバランスはガタ
 ガタになってしまいます。
 
 この考え方は、自動車に関することだけではなく、さまざまな
 場面で見ることができます。
 
 皆が自動車で出勤するために、交通渋滞を引き起こし、深刻な
 大気汚染と騒音が発生しても、「自分以外の誰かが運転をやめれば
 いい」と皆が思っていたりします。
 
 また、自らの国の木を伐採する途上国の人々は、自らの生活の
 ために木を切っているだけで、必要だからやっていることなのです。
 
 この場合の根本的な問題は、木を必要とする主に先進諸国の国々
 の需要があるためです。
 
 この他にも、必要のないダムの建設や、火力発電所、原子力発電所の
 建設も、「自分さえよければ」といった狭い考えの上に成り立って
 います。
 
 環境破壊は「自分さえよければ」と思ったところから始まってます。
 
▽現在、発展している最中の大国が中国です。

 人口13億人と言われているこの巨大な国が急速に発展している
 ため、環境破壊に関する様々な問題が発生しています。
 
 中国の人口のほとんどは農民です。
 
 そして何世紀もの間、中国の農民は冬には暖を取らずに生きて
 きたそうです。
 
 そこへ、中国で豊富に取れる石炭を利用し、温かい生活を得る
 ことができるようになりました。
 
 しかし、それには大きな代償を支払うことになったのです。
 
 石炭の使用は農民だけではありません。
 
 石炭は中国に工業化をもたらし、「自らの発展」のために必要な
 資源となっています。
 
 そして、中国の発電所で一番多いのは石炭を使用した火力発電所
 です。
 
 この本が書かれたのが7?13年前なので、現在ではもっとエネ
 ルギー消費量が増えていると考えられます。
 
 石炭に限らず、原油の使用も増えていて、それらのエネルギー
 消費にともなって、環境破壊も進んでいます。
 
▽中国を代表とする途上国?の市場経済発展とともに地球の環境破壊は
 深刻な状況を迎えています。
 
 そこで、先進国をはじめとする国々を中心として「何とかしなく
 てはならない」というかけ声とともに、1992年に「環境と
 開発に関する国際連合会議(UNCED)」が開催されました。
 
 別名「地球サミット」と呼ばれています。
 
 ここで、先進国が途上国も含めて「地球環境のことを考えましょう」
 と提案したわけですが、途上国側にしてみると、現在の環境破壊を
 招いているのは、先進諸国の責任であり、自分たちには関係がない
 ことだと考えるのは当たり前の話です。
 
 そして、多くの途上国の国々にとって、切実な問題は明日の地球の
 環境を守ることではなくて、今日の糧をどうやって手に入れるか
 と言う部分にあるのです。
 
 「先進国が手に入れた『豊かさ』を、自分たちも享受する権利が
 ある」
 
 そのように主張するのは当たり前です。
 
 それでも、何とかしなくてはならないはずですが、世界で一番の
 環境破壊国であり、世界で一番物質的に豊かな国であるアメリカが
 地球サミットで提案されたさまざまな案件に意義を唱えてしまった
 のです。
 
 すると、必ず「アメリカが環境問題に真剣にならないのであれば
 途上国の我々も同意する必要はない」という単純な理屈が通って
 しまいます。
 
 環境破壊を食い止めるには、これまで環境を破壊しつくしてきた
 先進国が率先してやるべきであって、途上国はそれを見習いつつ
 自国でできることをやらなけれなならないと思います。
 
 「自分以外の誰かがやる」
 
 のではなくて、
 
 「自分から始める」
 
 これが環境に対する正しい考え方です。





 環境破壊は、現在加速度を増しつつ進んでいます。
 
 このままいくと、おそらく地球は深刻なダメージを受け、これ
 までに幾度となく人類が体験してきた(と思われる)「文明の破壊」
 が起きるのではないかと思います。
 
 現に地球温暖化が原因と思われる異常気象が世界各地で発生して
 いて、まんざら冗談でもなくなってきているような気がします。
 
 環境破壊を考えることは、自分自身のことを考えることでもある
 のです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

世界の環境危機地帯を往く
世界の環境危機地帯を往く世界の環境危機地帯を往く
(2001/04)
マーク ハーツガード

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:世界の環境危機地帯を往く
 著者:マーク・ハーツガード
 出版:草思社
 定価:2800円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4794210345/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1336215%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 魔法つかいの弟子を演じる
 第1章 「…われわれはまだここにいるのです」
 第2章 自動車が欲しくてたまらない
 第3章 核の灯台へ
 第4章 「腹の皮がつっぱっているんだね」
 第5章 人口はどれほど問題なのか?
 第6章 「持続可能な開発」と資本主義の勝利
 第7章 希望を抱いて
 終 章 別の時代から来た使者



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■■



 この本は、2001年4月に出版されています。
 
 著者は、アメリカのジャーナリストで、多数の新聞・雑誌へ寄稿
 している人です。
 
 著書が何冊かあります。



 豊かさと引き替えに人が手に入れたものとは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)世界の環境破壊はどの程度か?



 最悪の状態です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)世界の環境破壊はどの程度か?

 「アフリカの食糧難の原因はさまざまだが、その最たるものは、
 アフリカ大陸の際だった特徴である極度の貧困と劣悪な気候だ」
 
 「統治者がしばしばはたらく横領と、世界経済に無理強いされた
 不公平な貿易や金融協定は言うにおよばない。毎年、サハラ以南の
 アフリカ諸国は、西欧の金融機関に負債の利息としておよそ120
 億ドルを支払っている」
 
 「それだけの金があれば、アフリカ全土が差し迫って必要として
 いる食料、健康、教育、家族計画に使ってもお釣りがくるだろうに」
 
 「しかし、こうした貧困の根本原因をしばしば全面的な飢饉へと
 発展させる者は、戦争である」

 「マヤークはおそらく、広島と長崎の原爆投下以来、史上最大の
 核の大惨事が起こった現場だろう。マヤークではこれまで3回の
 核災害が起こり、その被害は1986年にチェルノブイリで起こった
 原子炉のメルトダウンに匹敵し、ことによるとそれを上回った
 かもしれない」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分から何かを始めよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「世界の環境破壊はどの程度」なのでしょうか?

▽おそらく人類は、現在考えられているよりもかなり以前からこの
 地球上に存在しています。
 
 そして、何千年か、何万年か、何十万年かかけて、ある程度の
 文明を作り、何らかの原因でその文明を何度も何度も滅亡させて
 きたのではないかと思われます。
 
 その原因の一つは、地球は宇宙の法則に則った「無常」の世界に
 存在するため、長い年月をかけて天変地異が地球を襲ったり、
 洪水等で文明が一瞬にして滅んだりしたのではないかと思います。
 
 他の原因の一つは、文明の「間違った」発展のために、地球の
 環境を破壊し、最終的に人間が住めない星にしてしまったのでは
 ないかと考えられます。
 
 そういったことが地球上では幾度となく繰り返されてきたのでは
 ないでしょうか。
 
▽そして現在、地球の環境は最悪の状態にあるみたいです。

 この本が書かれたのが2001年4月。
 
 今から7年前に出版されています。
 
 著者は6年間、全世界の環境危機地帯を渡りあるいてこの本を
 書いています。
 
 ということは、現在から7?13年前の世界の状況をレポート
 した内容となっています。
 
 そして現在、世界の環境破壊は、その時点より改善されているとは
 到底思えないです。
 
 中国等の経済発展等に伴いさらに悪化しているのではないかと考え
 られます。
 
▽日本でも、環境破壊は進んでいます。

 都市部の空気の汚れや、不法投棄、ゴミの問題、核施設の事故等々
 数え切れないくらいの環境破壊が行われています。
 
 そして、日本人の生活のために、途上国の森林は大量に伐採され
 さらに地球の環境破壊を加速させています。
 
 これでも日本はまだましな国みたいです。
 
 水道の水は飲もうと思えば飲めるし、都市部を離れれば空気は
 まだまだ澄んでいます。

 したがって、日本で生活していると世界各地の環境危機というのが
 なかなか見えてきません。
 
▽世界各地では何が起きているのでしょうか?

 サハラ砂漠以南のアフリカでは、人々は慢性的な栄養失調に苦しん
 でいます。
 
 先進諸国では、毎日毎日食料が捨てられているにもかかわらず、
 一方で、スーダンという国は4人に1人が餓死の危険にさらされて
 います。
 
 著者は言います。
 
 「アフリカの食糧難の原因はさまざまだが、その最たるものは、
 アフリカ大陸の際だった特徴である極度の貧困と劣悪な気候だ」
 
 「統治者がしばしばはたらく横領と、世界経済に無理強いされた
 不公平な貿易や金融協定は言うにおよばない。毎年、サハラ以南の
 アフリカ諸国は、西欧の金融機関に負債の利息としておよそ120
 億ドルを支払っている」
 
 「それだけの金があれば、アフリカ全土が差し迫って必要として
 いる食料、健康、教育、家族計画に使ってもお釣りがくるだろうに」
 
 「しかし、こうした貧困の根本原因をしばしば全面的な飢饉へと
 発展させる者は、戦争である」
 
 こうした国では、まともな飲料水が存在しないため、飢餓と劣悪な
 飲料水による病気が蔓延しています。
 
▽また、自動車による大気汚染も世界各国で深刻な問題となっています。

 タイのバンコクの空気は汚染がひどくて、まるで感触があるような
 感じなのだそうです。
 
 著者が乗ったタクシーの窓を下げると「胸が悪くなるほどの嫌な
 科学臭のするねっとりとした汚い空気」が流れ込んできたそうです。
 
 そして、自動車による環境破壊は、空気だけではありません。
 
 渋滞による「騒音」もかなりひどいみたいです。
 
 自動車による大気汚染は、バンコクだけではなく、世界各国どこに
 でも見られる環境破壊です。
 
 地球温暖化の一番の原因は自動車です。
 
 そして、その自動車を世界中の人々が欲しがっているのです。
 
▽自動車による大気汚染も深刻な問題ですが、核による環境破壊も
 相当なものです。
 
 核と言えば、旧ソ連。
 
 「チェルノブイリ原発」という言葉はかなり有名で多くの人が
 知っています。
 
 しかし、これはゴルバチョフ時代の「グラスノスチ(情報公開)」
 によって、世界に報道されたもので、それ以前に核施設で起きた
 事故は情報開示されていません。
 
 「チェリャビンスク」という所では、かなりの事故が起きたみたい
 です。
 
 ここは、冷戦時代に「マヤーク(灯台)」というコードネームで
 呼ばれていた工業団地で、ソ連の地図には載っていない都市で、
 「地球上で最も汚染された地点」と呼ばれているそうです。
 
 著者は言います。
 
 「マヤークはおそらく、広島と長崎の原爆投下以来、史上最大の
 核の大惨事が起こった現場だろう。マヤークではこれまで3回の
 核災害が起こり、その被害は1986年にチェルノブイリで起こった
 原子炉のメルトダウンに匹敵し、ことによるとそれを上回った
 かもしれない」
 
 「放射能」は無色無臭で目に見えないだけに、どのような環境
 破壊が起きているのか見た目には分かりません。
 
 でも、一番おそろしいのが核の被害かもしれません。
 
 
 人類は滅亡に向かって全力疾走しているようにしか思えないです。





 この本に書かれている内容は、著者が直接現場に行って取材を
 して書いたものなので、説得力があります。
 
 環境破壊は、その被害を実際に目の当たりのしないとなかなか
 実感できないと思われます。
 
 日本にいて「環境破壊」を訴えてもあまり説得力がありません。
 
 いっそのこと、環境破壊が一番進んでいる地域で「環境会議」を
 開催してみるといいかもしれません。
 
 次回、もう少しこの本を紹介させて頂きます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

帰国船
帰国船―北朝鮮 凍土への旅立ち (文春文庫)帰国船―北朝鮮 凍土への旅立ち (文春文庫)
(1997/11)
鄭 箕海

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:帰国船
 副題:北朝鮮 凍土への旅立ち
 著者:鄭箕海(チョンキヘ)
 出版:文春文庫
 定価:562円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4167550156/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f928950%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 序 章 平壌で再会した初恋の人
 第1章 凍土への旅路
 第2章 村八分の新生活
 第3章 拘留生活と「赤とんぼ」
 第4章 胸痛む父母の死
 第5章 炭鉱への“出稼ぎ”
 第6章 “自白事業”と都落ち
 第7章 徴罰で始まった新生活
 第8章 決死の北朝鮮脱出
 補 稿 「日本人妻里帰り」問題に思う



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、1997年11月に出版されています。
 
 著者は、福島県に生まれ、1960年に家族と一緒に北朝鮮へ
 帰国した人で、1993年に北朝鮮から中国へ脱北し香港経由で
 韓国へ亡命しています。
 
 著書がもう一冊あります。



 「帰国船」とは何だったのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)どうやって人々をだましたのか?



 本当にひどい話です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)どうやって人々をだましたのか?

 「当時、多くの在日同胞は朝鮮総連が繰り広げていた政治的北朝鮮
 礼賛?『発展する社会主義祖国』宣伝を鵜呑みにし、民族的偏見や
 差別の強い日本での生活に別れを告げ、社会主義祖国である北朝鮮
 で“第二の人生”を送ろう、と新潟港から帰国船に乗ったのである」
 
 「実をいうと、当時、17歳のわたしは本当は帰りたくなかった。
 差別に苦しめられた日本にこれといっていいこともなかったが、
 日本で生まれ育ったわたしは、この地に未練のようなものが残って
 いた」
 
 「しかし、渡日して依頼30数年も日本で暮らした父は、民族的
 差別の強い日本で暮らすより北朝鮮で生活するのがよい、そう
 する方が子どもたちにもよいと考えたようであった」
 
 「『教育も医療も無料、祖国は全てを補償する』との北朝鮮、
 総連の宣伝に全幅の信頼を寄せていたのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「どうやって人々をだました」のでしょうか?

▽北朝鮮のことを知ろうと、いろいろと本を物色していると、いく
 つか本が出版されていることがわかりました。
 
 一つは日本人が書いた本で、これには普通の本の他にマンガも
 出版されています。
 
 もう一つは脱北者が書いた本で、これは調べた限りではけっこう
 たくさん出版されています。
 
 今回紹介する本も、脱北者が書いた本です。
 
 著者は、1960年に第27次帰国船で新潟港を出発し、家族と
 ともに北朝鮮へ向かいました。
 
 「帰国船」とは何かと言うと、1959年12月から始まった、
 日本から北朝鮮への帰国事業で、朝鮮総連が主体となってすすめた
 帰国運動です。
 
 当時の北朝鮮と日本の間には国交がなかったため、日本赤十字社と
 朝鮮赤十字会によって実施されたもので、1984年まで続き
 延べ93,380名の人が北朝鮮へ帰国したそうです。
 
 その中には、6,839名の日本人妻、及び、その子どもが含ま
 れていました。
 
 日本人妻とは、朝鮮の男性のところへ嫁いだ日本人女性のことで
 日本国籍を持っていた人たちです。
 
 帰国のための費用は北朝鮮持ちで、船の一部には初代の「万景峰
 (マンギョンボン)号」が使われていたそうです。
 
▽「朝鮮総連」とは何かというと、正式名称は「在日朝鮮人総連合会」
 で韓国政府を支持する韓国民団と対立して、北朝鮮の党・政府を
 無条件に支持する在日朝鮮人団体です。
 
 朝鮮総連の主な人事権は北朝鮮が握っていて、中には朝鮮労働党員
 がいてさまざまな工作活動を行っているそうです。
 
 その朝鮮総連が行った帰国事業で9万名以上の人が北朝鮮へ帰国
 したのですが、簡単に言ってしまうと「だまされて」いました。
 
 著者は言います。
 
 「当時、多くの在日同胞は朝鮮総連が繰り広げていた政治的北朝鮮
 礼賛?『発展する社会主義祖国』宣伝を鵜呑みにし、民族的偏見や
 差別の強い日本での生活に別れを告げ、社会主義祖国である北朝鮮
 で“第二の人生”を送ろう、と新潟港から帰国船に乗ったのである」
 
 「実をいうと、当時、17歳のわたしは本当は帰りたくなかった。
 差別に苦しめられた日本にこれといっていいこともなかったが、
 日本で生まれ育ったわたしは、この地に未練のようなものが残って
 いた」
 
 「しかし、渡日して依頼30数年も日本で暮らした父は、民族的
 差別の強い日本で暮らすより北朝鮮で生活するのがよい、そう
 する方が子どもたちにもよいと考えたようであった」
 
 「『教育も医療も無料、祖国は全てを補償する』との北朝鮮、
 総連の宣伝に全幅の信頼を寄せていたのである」
 
 「民族的差別」は、世界のどこの国に行っても存在するものですが、
 理由はいろいろあるにしても、人間としてやってはならないこと
 です。
 
 全員が全員差別を受けていたわけではないし、また差別をしていた
 わけではないと思いますが、日本人が反省しないとならない部分
 です。
 
 「教育も医療も無料、祖国は全てを補償する」といううたい文句は
 確かに嘘ではなかったみたいですが、「全て」がカバーする範囲と
 「補償」の範囲がまったく違っていました。
 
 そんなことも分からずに、9万名を超える人々が北朝鮮へ帰国
 していたとは信じられないことです。
 
 しかし、これには理由があります。
 
 当時、日本では社会主義国である北朝鮮は「地上の楽園」と言われ
 ていました。
 
 そして、当時の日本の新聞各社(朝日、毎日、読売、産経等)が
 帰国問題をほめたたえる報道をしたそうです。
 
 ありがちな話です。
 
 それぞれの新聞社の何人かが平壌に入り、そのレポートを新聞各紙
 に掲載し、帰国熱をあおったのです。
 
 おそらく、北朝鮮の政府関係者にいいとこばかり見せられてきた
 のだと思われます。
 
 また、報道機関の他にも、当時の社会党議員、共産党議員らが
 帰国事業に協力していました。
 
 当時、北朝鮮の社会主義を宣伝することで、それぞれの党の勢力
 拡大を狙っていたのです。
 
 今こうして読んでみると、報道機関も政治家も無責任にも程が
 あります。
 
 こうして期待を胸に祖国へ帰国した人々は最初に、外見は立派で、
 内装はすさまじいボロ船だった帰国船に乗った時点で、「騙された」
 と感じたそうです。
 
 「地上の楽園」に到着してみると、そこには想像を絶する厳しい
 世界が待っていました。
 
 帰国者の生活ぶりは「地上の地獄」と言って良いのではないかと
 思います。





 この本は、北朝鮮への帰国船に乗って、住みづらい日本から地上の
 楽園に渡った在日朝鮮人が脱北し韓国に亡命するまでの体験が
 書かれています。
 
 日本からの帰国者は後に「政治犯」として扱われるようになり
 正に地獄を体験することになる家族が多かったみたいです。
 
 一度入ったら2度とは出ることができない地獄。
 
 それが北朝鮮みたいです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

CD付[新版]生きがいの創造(9回目)
CD付[新版]生きがいの創造CD付[新版]生きがいの創造
(2003/03/20)
飯田 史彦

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 今回はどのような発見があるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人生の自己計画とは?



 人生には計画が必要です。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人生の自己計画とは?

 「退行催眠の研究で、いちばん興味深い成果は、肉体にやどって
 いない状態(中間生にいる状態)のあいだに、私たちが自分自身で、
 次の人生を計画するというしくみがわかったことです」
 
 「被験者たちは、指導役の意識体たり(光の存在)の前で終えて
 きた人生を振り返って反省したのち、彼ら(彼らといっても、
 性別は感じられないそうです)の助言を参考にしながら、自分で
 次の生まれ変わりの人生計画を立てたことを思い出します」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分の人生計画を思い出してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人生の自己計画」とはどのようなことなのでしょうか?

▽人生設計は必要だと言われていますが、今回はもっと壮大な人生
 設計のお話です。
 
 この本の中で私が一番すごいと思ったのは、この「人生は生まれる
 前に自分で設計する」という部分でした。
 
 「なぜ人間はこの世に生まれてくるのか?」
 
 という問いの答えがここに出ているからです。
 
 一言で言ってしまうと「魂の果てしない成長のため」に、人間は
 輪廻転生を繰り返しているということで。
 
 私たちの魂は、生まれる前、つまり前回に肉体としての死を迎えて
 から次に生まれるまでの間に自分自身で次の人生を計画するのです。
 
 著者は言います。
 
 「退行催眠の研究で、いちばん興味深い成果は、肉体にやどって
 いない状態(中間生にいる状態)のあいだに、私たちが自分自身で、
 次の人生を計画するというしくみがわかったことです」
 
 「被験者たちは、指導役の意識体たち(光の存在)の前で終えて
 きた人生を振り返って反省したのち、彼ら(彼らといっても、
 性別は感じられないそうです)の助言を参考にしながら、自分で
 次の生まれ変わりの人生計画を立てたことを思い出します」
 
 このことは、二通りの考え方ができると思います。
 
 一つの考え方としては、
 
 「あらかじめ人生を計画しているということは、この人生をこの
 まま体験しなくてはならないのか?」
 
 と絶望を感じてしまう場合と、もう一通りは、
 
 「あらかじめ人生を計画しているということは、こんな人生でも
 何かを体験するために必要な人生なんだ。この人生で間違って
 ないんだ」
 
 と自分の人生に納得できてしまう場合です。
 
 私は後者の考え方を取りました。
 
 「自分は何をするためにこの世に生まれてきたんだろう」
 
 このようなことを考えていると、私の場合「成功」を夢に見始め
 ました。
 
 「自分は社会的に成功するために(つまり、お金持ちになるために)
 この世に生まれてきたのではないか?有名になるためにこの世に
 生まれてきたのではないか?」
 
 「平々凡々とした人生は、自分の人生ではない」と考えてしまった
 のです。
 
 成功を夢見て、いろいろな勉強もしてみましたが、結局お金に
 あまり執着がないのと、成功を目指している自分にストレスを
 感じていました。
 
 その時、「人生の自己計画」つまり、自分自身の人生は生まれる
 前に自分で設計しているという事実を知った時に、
 
 「あっ、そうなんだ!」
 
 とあっさり納得してしまったのです。
 
 これは考えようによっては、「諦め」でしかありません。
 
 しかし、人生の自己計画のことを知った時は、「諦め」よりも
 「納得」でした。
 
 つまり、「自分の人生はこのままで決して間違ってはいない」
 と言うことに納得できたのです。
 
 このことが分かってしまうと、いろいろなことがすんなり理解
 できてしまいます。
 
 「なぜあの人はビジネスで成功して、お金持ちになって、有名
 なんだろう。それに比べて自分はなぜこんな面白くもない人生を
 歩んできたんだろう」
 
 とか
 
 「なぜ、人間には不幸な人と幸福な人がいて、幸福な人はずっと
 幸福で、不幸な人はずっと不幸な人生を歩むのはなぜなんだろう。
 世の中不公平だらけだ」
 
 と思っていたことが簡単に理解できるようになったのです。
 
 その答えとは
 
 「人生は人それぞれ計画している内容が違うのだから、人それ
 ぞれ体験する内容も違って当たり前。自分が歩んできた人生を
 他人の人生と比較して羨ましがるのは何の意味もない」
 
 ということでした。
 
 したがって「勉強ができない」とか、「仕事ができない」という
 のは、他人と比較してそう感じるだけで、他人と比較することに
 何の意味もないのです。
 
 学力や仕事の能力が低いからといって、何の心配もいらないのです。
 
 全ては自分の計画通り、順調に進んでいるのです。
 
 こう書いてしまうと、「じゃあ努力なんてしなくても良いのか?」
 といった疑問も浮かんできます。
 
 そこで「努力するのか、努力しないのか」というのも、自分で
 計画していることなので、「努力する」こをと計画している人は
 努力するだろうし、その逆で努力しない人もいるのです。
 
 努力しないからといって、人生が間違っているわけではありません。
 
 勉強ができないからといって、失敗の人生なのではありません。
 
 仕事ができなくて、給料が少なくても何の心配も不安もいらない
 のです。
 
 心の問題で悩むのも、うつ病になってしまうのも、つらいかも
 しれないけれど自分で計画して、それを体験すると決めて生まれて
 きたということになります。
 
 どのようなつらい人生でも、
 
 「計画通り、順調な人生」
 
 なのです。





 今回は、「人生の自己計画」が存在することを紹介しました。
 
 自分の人生は自分でしか体験できません。
 
 他人の人生を自分で体験することはできないのです。
 
 ということは、現世においてどのようなつまらない人生でも、
 それを体験する必要があって体験しているのです。
 
 生も死も、全ては計画通りです。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

マンガ 嫌韓流
マンガ嫌韓流マンガ嫌韓流
(2005/07)
山野 車輪

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:マンガ 嫌韓流
 著者:山野車輪
 出版:晋遊舎
 定価:1000円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/488380478x/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f3610277%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1話 日韓共催ワールドカップの裏側」
     韓国人に汚されたW杯サッカーの歴史
 第2話 「戦後補償問題」
     永遠に要求される金と土下座
 第3話 「在日韓国・朝鮮人の来歴」
     在日が歩んだ歴史と「強制連行」の神話
 第4話 「日本文化を盗む韓国」
     日本文化の窃盗と著作権無視 パクリの実態
 第5話 「反日マスコミの脅威」
     日本を内側から蝕む反日マスコミのプロパガンダ
 第6話 「ハングルと韓国人」
     自称「世界一優秀な言語」ハングルの歴史と秘密
 第7話 「外国人参政権の問題」
     外国人(=在日韓国人)が参政権を持つということ
 第8話 「日韓併合の真実」
     朝鮮の近代化に努めた日帝36年の功罪
 第9話 「日本領侵略?竹島問題」
     互いに領有権を争う日本と韓国 それぞれの主張



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2005年9月に出版されています。
 
 ネットで調べてみると、「67万部突破」とありました。
 
 かなり売れたみたいです。
 
 本には著者の紹介が載っていないので、ウィキペディアを調べて
 みると、「日本の漫画家」と紹介されています。
 
 著書も何冊かあります。



 一番近い隣国はどのような国なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何が問題なのか?



 なぜ日本はいつも謝罪しているのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何が問題なのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照してください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 日韓関係をもっと勉強してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何が問題」なのでしょうか?

▽前回紹介した「中国」に続き、今回は同じ漫画でも「韓国」の
 お話です。
 
 「嫌韓流」という題名なので、その名の通り韓国のことを批判
 した内容となっています。
 
 この手の本はあまり読まなかったのですが、ブックオフの105円
 コーナーに並んでいたので前回紹介した「そして中国の崩壊が
 始まる」と同時に買ってしまいました。
 
 日本の隣国、韓国と中国と北朝鮮のことを書いた本を選ぶのは
 なかなか難しいです。
 
 日本人が書いた本は、ほとんどがこれらの国を批判した内容と
 なっています。
 
 また、韓国や中国や北朝鮮の人が日本との関係を書いた本は、
 なかなか見つかりません。
 
 見つかったとしても、必ずどちらかに偏った考え方で書かれてい
 ます。
 
 公平な目で歴史から現在を解説している本はなかなか見つかり
 ません。
 
▽今回紹介する「嫌韓流」は、韓国のことを批判した内容となって
 いますが、その目的はいちおう「韓国と本当の友好関係を結びたい」
 ということになっています。
 
 個人的には韓国人とのおつきあいが全く無いし、知り合いの中
 にも韓国人との交友がある人が一人もいません。
 
 したがって、一般の韓国人が日本のことをどう考えているのか
 分かりません。
 
 ただ、報道を聞く限り、韓国が登場するのは
 
 「日本の歴史教科書への批判」
 
 「総理の靖国神社参拝の批判」
 
 「先の戦争に関する謝罪、及び、金銭の要求」
 
 「日本と韓国の歴史認識に関する日本への批判」
 
 「竹島の領土に関する話」

 主にこの5つの話題しかないのではないかと思います。
 
 日本から一番近い隣の国との関係が、日本への批判と謝罪要求と
 領土問題しかないとすると、悲しいことです。
 
 発端は、日本と韓国との併合、いわゆる「日韓併合」から始まって
 いるような気がします。
 
 1910年(明治43年)に大韓帝国(現在の韓国と北朝鮮を
 合わせた地域)を日本に合併したことを「日韓併合」と言います。
 
 明治に入ってから急速に発展してきた日本は、朝鮮半島が戦略上
 最も重要な地域になっていました。
 
 当時、欧米列強各国が東アジアを次々に植民地として支配して
 いました。
 
 発展したと言っても日本はまだ弱小国で、それは当時の政治家
 たち、そして多くの日本人を恐怖させていたのではないかと思わ
 れます。
 
 「植民地になる」ということがどのようなことなのか、インドや
 その他の地域を見てきた当時の政治家たちは、嫌と言うほど分かって
 いたみたいです。
 
 その欧米列強の中でも一番恐かったのは超大国のロシアです。
 
 ロシアに朝鮮半島を支配されてしまうと、日本は首根っこを掴ま
 れたことになり、結果的にどうなってしまうか理解していました。
 
 その後、日清戦争、日露戦争と日本は戦争に勝利し、最終的に
 1910年8月、「日韓併合条約」を結び、韓国を日本に併合
 します。
 
 歴史的に見ると、日本と韓国の間で「条約」が結ばれています。
 
 しかし、この「条約」の見方が日本と韓国では違っていて、
 日本は「しっかり手順を踏んだ世界も認めた正式な条約」と見て
 いるし、韓国側は「無理やり結ばせた無効な条約」と見ています。
 
 この考え方が、日本が侵略したのか、そうでは無かったのか、
 といった考え方の違いとなっています。
 
 お互いの主張が違っているのだから、意見が違うのも当たり前です。
 
 個人的な意見としては、「どちらが正しい」とか「どちらが間違って
 いる」という意見はあまり意味がなくて、歴史の事実としてどの
 ようなことがあったのかだけを知ればいいのではないかと思います。
 
 現在の人たちの考え方で、約100年前の当時の人たちの考え方や
 行動を裁くことに意味はありません。
 
 歴史を現在の考え方で判断してはならないのです。
 
 
 でも、それが難しいのです。





 この本は、現在の韓国との関係を、二国間の歴史を背景に、何が
 正しくて、何が間違っているのかを解説している本です。
 
 マンガなので、ページ数はありますが、すぐ読めてしまいます。
 
 過去は過去、問題はこれから未来のことのような気がしますが、
 国という見方をすると、そうもいかないみたいです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。