訪問者数

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ日本人は日本を愛せないのか
なぜ日本人は日本を愛せないのか―この不幸な国の行方なぜ日本人は日本を愛せないのか―この不幸な国の行方
(1998/03)
カレル ヴァン・ウォルフレン

商品詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:なぜ日本人は日本を愛せないのか
 副題:この不幸な国の行方
 著者:カレル・ヴァン・ウォルフレン
 出版:毎日新聞社
 定価:1800円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4620312118/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f958702%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 「日本文化論」はいくらやっても愛国心は育たない
 第2部 日本 歴史をもたない国
 第3部 危機は永遠に先送りできるのか



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1998年3月に出版されています。
 
 著者は、オランダのジャーナリストで、主な関心は「政治文化」
 の研究で、とりわけ経済システムの政治的側面に関する専門家と
 紹介されています。
 
 前著、「人間を幸福にしない日本というシステム」は33万部
 売れているそうです。
 
 著書も多数あります。



 確かに日本が嫌いな人が多いみたいです。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ日本が嫌いなのか?



 自分が住んでいる国なのに...



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ日本が嫌いなのか?



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「なぜ日本が嫌い」なのでしょうか?

▽過去、太平洋戦争当時、全部が全部そうではないと思いますが、
 前線の日本兵たちの中には、自分の故郷とそこに住んでいる家族の
 ことをなんとかして守りたくて戦っていた人たちもいるのでは
 ないかと思います。
 
 日本という国が好きで戦っていたかどうかは分かりませんが、
 「故郷」が嫌いだという人はそんなにいないのではないかと勝手
 に予想しています。
 
 ところが戦後、日本に住んでいる日本人なのに、どうしても日本の
 ことが好きになれない人たちが現れてきました。
 
 これは考え方の問題なので、その人個々の考え方がいろいろあって
 仕方のないことだと思います。
 
 ただ、事実をねじ曲げて、でっち上げてまで自分が住んでいる
 国を嫌にならなくてもいいのではないかと思います。
 
 そんなに日本のことが嫌いならば、文句を言わず日本から出て
 行けばいいだけだと思うのですが...
 
 著者は、そういった「日本のことを愛することができない日本人」
 について、詳細に分析しています。
 
▽著者は言います。

 「現代の日本人が、将来に不安を持っているにもかかわらず、
 政治に対し無関心であるのは、いかにも奇妙に映る。矛盾した
 態度のように思える。だがこれは、日本人が全体として愛国心を
 持っていないという一つのことから生じている」
 
 日本人には「愛国心」が足りない。
 
 著者はそう主張しています。
 
 「愛国心」という言葉を使うと、一部の政治家や評論家、ジャーナ
 リストは、過去の軍国主義と直結して考えてしまいます。
 
 なぜそうなるのかは私にはわかりません。
 
 「自分の国を愛する心」を持っていたとしても、私にはごくごく
 普通のことのように思えてしまうのですが、なぜか過去の日本の
 軍国主義のことを思い浮かべてしまう人がたくさんいます。
 
 著者は「自国を愛することは国家主義的であることと同じではない」
 と言っています。
 
 どうやら「愛国心」という言葉に敏感に反応する人は、愛国心と
 国家主義を同じ言葉として捉えているのではないかと、著者は
 指摘しています。
 
 「言葉の違いは、われわれの人生を大きく左右する、言葉を取り
 違え、術語を無頓着に用いる悪習は、いずれ政治的に悲惨な事態を
 招きかねない。みずからの政治的状況を明快に捉えることができ
 なくなるからだ。これが、日本にあてはまる」
 
 「国家主義(ナショナリズム)と愛国心(ペイトリオティズム)
 との区別は決定的に重要である。前者はたいがい不健全である
 のに対し、後者は、成熟した政治観や謙抑と完全に両立するのみ
 ならず、それらに不可欠のものとさえ言える」
 
 ちなみに「謙抑」とは、辞書を引いてみると「へりくだって自分を
 抑えること」と書いてありました。
 
 「愛国心」は決して強制させるものではなく、「自国を大切に
 したい」と自然に考えることであるはずなのには、日本では
 「愛国心を持ちましょう」と公に言わなければならないという
 おかしな状況になっています。
 
 確かに、愛国心を感じられない理由が多々存在するのも分かります。
 
 しかし、それは主にこの国をコントロールしている(と思っている)
 政治家や官僚の施策に対して好きになれないだけで、自分が住んで
 いる土地に愛着を感じるとか、日本という国を大切にしたいという
 気持ちとは関係のない話です。
 
 逆に、日本を大切にしたい、故郷を大切にしたいと思っていれば
 政治に関心が出てきて、政治家も官僚も変わってくるかもしれま
 せん。
 
 私はまだ、政治に関心が出てくるまでには至っていませんが...
 
▽では、どうすれば愛国心を持てるようになるのでしょうか?

 著者は、前著でもそうでしたが、「シカタガナイ」という考え方を
 やめることだと主張しています。
 
 私も同じですが、政治に参加しても「シカタガナイ」と考えて
 しまいます。
 
 私とは関係のないところで何かが決定され、私とは関係のない
 ところで税金が無駄に使われ、私とは関係のないところで、誰かが
 私腹を肥やしている。
 
 そういった「私には関係ない。だからシカタガナイ」という考え方を
 やめるべきだと著者は主張しています。
 
 もっと関心をもたくてならないです。





 この本は、日本というシステムの欠点を外国人の視点から鋭く
 分析した内容となっています。
 
 何時の頃からか日本人は、「政(マツリゴト)は自分の知らない
 所で行われている」と思い込んでいて、どんなにつらい目にあっても
 「しかたがない」と言ってきました。
 
 時には「それが日本の文化だ」という言葉で納得させられていた
 のです。
 
 その考え方をやめなければならない、というのが著者の考えです。
 
 
 次回、もう一度紹介させてもらいます。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。