訪問者数

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分をホメればすべてがうまくいく
自分をホメればすべてがうまくいく―夢をかなえ、幸せをつかむ「セルフ・コーチング」術 自分をホメればすべてがうまくいく―夢をかなえ、幸せをつかむ「セルフ・コーチング」術
藤山 勇司 (2006/04)
実業之日本社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:自分をホメればすべてがうまくいく
 副題:夢をかなえ、幸せをつかむ「セルフ・コーチング」術
 著者:藤山勇司
 出版:実業之日本社
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4408106585/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f4015907%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 自分をホメれば、なぜすべてがうまくいくのか
 第2章 自分をホメれば病気も治る
 第3章 自分をホメれば勉強も仕事もうまくいく
 第4章 自分をホメればお金も増える
 第5章 自分をホメれば人間関係もよくなる
 第6章 自分をホメれば家族も幸せになれる
 最終章 自分をホメる技術の身につけ方



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は、2006年4月に出版されています。
 
 著者は、商事会社へ入社。
 
 4年目にうつ病になり、3度の自殺未遂を繰り返しますが、自分
 をホメることで復活。
 
 サラリーマン時代に兼業で大家さんを始め、失業後は兼業大家さん
 応援アドバイバイザー、著述業をされています。
 
 年間の家賃収入が3600万円を超えるそうです。
 
 著書も何冊かあります。



 自分をホメると何が良いのでしょうか。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)自分をホメる方法とは?



 自分をホメるのはなかなかできないです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)自分をホメる方法とは?
 
 「自分の体が思いどおりに動くことに喜びを感じたことはあり
 ますか。また、そんな健康な自分に感謝したことはありますか」
 
 「ここがポイントです。あなたは恋人や配偶者がいるかもしれま
 せん。あるいは、片腕として絶対の信頼を置くビジネスパートナー
 がいるかもしれません」
 
 「しかし、自分自身以上に自分の行動をサポートし、意のままに
 動いてくれる人間は存在しないはずです。あなたの最大の味方は、
 親でもパートナーでも親友でもありません。あなたの最強で最大の
 味方は、あなた自身なのです」
 
 「辛いとき、悲しいとき、そして嬉しいとき、よいときも悪い
 ときも常に一緒にいてくれるのは自分自身です。理不尽な命令に
 忠実に従い、体が傷つくことも恐れず、あなたのために敢然と
 戦ってくれるボディガードでもあります。この世に誕生してから
 命の灯火が消えるまで、片時もそばを離れることはないのです」

 「自分の力を数値化してみる」
 
 「毎日声に出して自分をホメてみる」
 
 「自分の応援歌を作ってみる」
 
 「自分に当てた手紙を書いてみる」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 もっともっと自分をほめてあげよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「自分をホメる方法」とはどのような方法なのでしょうか?

▽最近は、成功法則本を読まなくなりました。

 成功法則を否定しているつもりは全くなくて、成功法則に書いて
 あることを参考に「成功」を目指すのも悪くはないと思います。
 
 でも私の場合、成功法則に書いてある「成功」の状態になった
 自分を創造してみてもなんとなく違和感があることに気がつきま
 した。
 
 もしかしたら、誰かの手法を真似してやってみるとお金を手に
 入れることができる「かも」しれません。
 
 そこまでは自分の姿がイメージできたのですが、それ以降の成功
 している状態を維持している自分の姿をイメージすると、必死に
 努力している自分がいます。
 
 私は元もと、辛いのに現実を維持しようと必死に頑張る人間みた
 いで、なかなかそこから抜け出すことができません。
 
 成功法則本に書いてある成功を達成する本は世の中にたくさん
 出ていますが、その状態を維持することに失敗した人、つまり
 成功から転落した人のことを書いた本は出版されていないのです。
 
 出ても多分売れないでしょうから。
 
▽そんなことを考えながら、成功法則本以外の本をいろいろと読んで
 いると、人生の「成功」にはさまざまな定義があることに気が付き
 ます。
 
 さまざまな成功の定義があるみたいだ、ということに気が付くと
 「成功法則本はもう読まなくても大丈夫」と思うようになりました。
 
 それなのに、今回紹介するのは成功法則本です。
 
▽この本の著者は、元々は商事会社の社員で、サラリーマンをしな
 がら兼業で「大家さん」もやって成功した方です。
 
 この本が出版された2006年4月時点で、家賃収入が年間
 3600万円もあるそうです。
 
 すごいですね。
 
 成功法則本を書いている人の中には、「どん底」から現在の状態
 になった人がたくさんいます。
 
 破産状態から成功した人もいるし、ホームレスから成功した人も
 います。
 
 この本の著者は「うつ病」で「自殺未遂3回」という、一般的に
 見ると人生のどん底から復活した人です。
 
▽老舗の商事会社に就職した著者は、入社1年目は新入社員という
 ことでおおめに見られていましたが、経験年数を重ねるにした
 がって、他人と比較し自分は仕事ができないことを悟ります。
 
 それまで、他人の称賛を当てに生きてきた著者は、その称賛が
 なくなった時、心の病にかかってしまいます。
 
 次第に仕事がうまくいかなくなり、そのうち文字すら読めなく
 なってきました。
 
 とっとと病院に行けばよかったのですが、プライドが許さなかった
 みたいです。
 
 気が付いたときには重度のうつ病になってしまい、大量の睡眠薬と
 酒で自殺を図ります。
 
 その後も2回ほど自殺をしますがそのたびに未遂で終わります。
 
 そこから著者は復活することになるのですが、復活するために
 やったことは「自分をホメる」こと。
 
 著者は言います。
 
 「自分の体が思いどおりに動くことに喜びを感じたことはあり
 ますか。また、そんな健康な自分に感謝したことはありますか」
 
 「ここがポイントです。あなたは恋人や配偶者がいるかもしれま
 せん。あるいは、片腕として絶対の信頼を置くビジネスパートナー
 がいるかもしれません」
 
 「しかし、自分自身以上に自分の行動をサポートし、意のままに
 動いてくれる人間は存在しないはずです。あなたの最大の味方は、
 親でもパートナーでも親友でもありません。あなたの最強で最大の
 味方は、あなた自身なのです」
 
 「辛いとき、悲しいとき、そして嬉しいとき、よいときも悪い
 ときも常に一緒にいてくれるのは自分自身です。理不尽な命令に
 忠実に従い、体が傷つくことも恐れず、あなたのために敢然と
 戦ってくれるボディガードでもあります。この世に誕生してから
 命の灯火が消えるまで、片時もそばを離れることはないのです」
 
 だから自分を「ホメてあげなさい」と著者は主張します。
 
 私も大賛成です。
 
 自分以外の存在に対して感謝することも大切ですが、自分に感謝
 し自分を大事にすることも大切だと思います。
 
 自分自身を大切にできない人は、他人を大切にすることができ
 ないと思います。
 
 自分をホメることができないと、他人をほめることができません。
 
 そして、ほめるときは他人と比較してはならないのです。
 
 何かと比較するのではなく、自分の行動に対してほめてあげる
 ことが大切です。
 
▽自分をホメる方法として、著者は以下の方法をあげています。

 「自分の力を数値化してみる」
 
 「毎日声に出して自分をホメてみる」
 
 「自分の応援歌を作ってみる」
 
 「自分に宛てた手紙を書いてみる」
 
 この中でも「自分の力を数値化してみる」という方法は、なかなか
 面白いかもしれません。
 
 自分に関する数値、例えば体重、身長、資産、負債、理解力、
 読解力、想像力等々数値化してみます。
 
 そして、比較してみます。
 
 比較するのはあくまでも自分。
 
 生まれたての自分と比較してみて下さい。
 
 何も持たずに、言葉もなく、視力もなく、小さな体で生まれて
 きたのに、今の自分はいろいろなものをたくさん持っています。
 
 それが認識できたら自分をホメてあげましょう。





 この本は、確かに成功法則本ですが、著者が体験してきたことは、
 現実に「うつ病」で苦しんでいる人には何らかの力になるかも
 しれないと思い紹介しました。
 
 しかし、うつ病の人は本を読むのも辛そうなので、必要な人には
 読んでもらえないかもしれないです。
 
 身近に「うつ病」の人がいるのであれば、もしかしたら何かの
 役に立つかもしれません。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。