訪問者数

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代エジプトの遺産
古代エジプトの遺産 (エドガー・ケイシー文庫) 古代エジプトの遺産 (エドガー・ケイシー文庫)
マーク レーナー (2003/12)
中央アート出版社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:古代エジプトの遺産
 著者:マーク・レーナー
 出版:中央アート出版社
 定価:1900円+税
 購入:ブックオフで950円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4813601774/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1624867%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1部 ラータ物語
  第1章 母国
  第2章 新国家の樹立
  第3章 試練期の到来
  第4章 帰還
  第5章 神殿
  第6章 発展する文化
  第7章 遺産
 第2部 エジプト学と比較考証する
  第1章 先王朝期の遺物に見られるラータ時代の名残り
  第2章 神話に見られるラータの痕跡
  第3章 先史時代の社会
  第4章 ギザの建造物
  補 稿 ケーシーは正しかった



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1997年2月に出版されています。
 
 著者は、エジプト在アメリカ研究センターのフィールド・ディレ
 クターとして、ギザ周辺の古代遺跡の綿密な測量計画を実施して
 いる方です。
 
 著者も何冊かあります。



 エジプトのピラミッドは何のために作られたのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)ピラミッドとスフィンクスは何のために作られたのか?



 壮大な目的があったみたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)ピラミッドとスフィンクスは何のために作られたのか?
 
 ※「もっと知りたい方のために」を参照ください。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 特にありません 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「ピラミッドとスフィンクスは何のために作られた」のでしょうか?

▽この本は、「エドガー・ケイシー」(1877/3/18-1945/1/3」という、
 アメリカにいた予言者です。
 
 自分を催眠状態にして、他者からの質問に対して、アカシック・
 レコードと呼ばれる宇宙意識から情報を引き出し、個人の病気の
 原因を探ったりできる人でした。
 
 そのような行為を「リーディング」といい、様々な難病を治して
 きたそうです。
 
 また、その宇宙意識から様々な情報をリーディングし、予言も
 多数行っていたそうです。
 
 そして、エドガー・ケイシーという人は、前世で「ラータ」と
 呼ばれ、古代エジプトの神官をしていた人で、ピラミッドと
 スフィンクスの建造に関わった人だったみたいです。
 
 「ラータ」はやがて「ラー」と呼ばれるようになります。
 
▽現在の正式なエジプト考古学では、エジプトで最古の王朝は、
 紀元前3400年の「メネス第一王朝」ということになっています。
 
 ナイル河畔での文明は紀元前4000年頃に始まったとされている
 そうです。
 
 それ以前の文化は原始的形態であり、石器時代と呼ばれています。
 
 ピラミッドの建造物は、紀元前2700年頃に最盛期を迎え、
 大ピラミッドもこの時期に創られたことになっています。
 
 ピラミッドはそれぞれの「王の墓」であるというのが一般的な
 考え方で、「クフ王」「メンカウラー王」などが立てたというのが
 一般的な考え方なのだそうです。
 
▽しかし、エドガー・ケイシーのリーディングによると、そのような
 事実はないとのこと。
 
 「ラータ」という人物は、紀元前10500年前のエジプトの
 神官だった人です。
 
 この紀元前10500年前というのが、以前読んだグラハム・
 ハンコックの「創世の守護神」に書かれていた、ピラミッドと
 スフィンクスの建造年代と一致します。
 
 そして、ナイル川での人類最初の動きは、1050万年前に始まった
 そうです。
 
 現在の考古学とは全く違う年代です。
 
 1050万年前には、人類は存在してないことになっています。
 
 人類は、現在知られている神話の世界以前から存在していて、
 繁栄と衰退を繰り返しながら、今日まで続いてきているのです。
 
▽「ラータ」が存在した時期、紀元前10500年前は、大規模な
 破滅が起こり、20万年続いたアトランティス大陸の繁栄は終わりを
 告げようとしていました。
 
 様々な自然現象によりいたる所で洪水等の危機がせまり、「ラータ」
 を含む大勢の人々は、より安全なエジプトに移り住むようになり
 ます。
 
 そして、その地で繁栄するようになります。
 
▽やがて、それまで人類がたどってきた歴史を記録し保管する目的で
 ピラミッド建設が開始されます。
 
 ピラミッドには様々な情報が埋め込まれたそうです。
 
 諸国の興亡の歴史から、世界の宗教思想に起こってきた変化や、
 物質の過去、現在、未来、そして、今後未来に起こりうる予言が
 ピラミッドの建造物の中に隠されているとのこと。
 
 また、様々な情報が収められた「記録の部屋」があり、それは
 スフィンクスのどこかからか入れるようになっているそうです。
 
 「記録の間」はスフィンクスとナイル川の間にあり、まだ発見
 されてないとのこと。
 
 発見されるのが楽しみです。
 
▽リーディングにはピラミッドがどうやって創られたかもあった
 そうです。
 
 一般的には、ピラミッドは巨石を切り出し運ぶために何万人もの
 労働者を使って建設されたことになっています。
 
 しかし、実際はそんなことはなかったみたいです。
 
 その質問と回答を書き出してみます。
 
 問:「このギザの大ピラミッドはどのようにして建造されたのですか」
 
 答:「鉄をも泳がす性質の力を使った、同じようにして石もまた
   空中を浮遊した。これは1958年に発見されよう」
   
 問:「どのような力で、この初期のピラミッドや神殿は建造され
   たのでしょうか」
   
 答:「今の文明でも次第に使われようとしている、気体の浮揚力
   であり、あらゆる力が出てくる源に関して通じていた人々の
   見事な働きによるものである」
 
 なんと、ピラミッドを構成している巨石は空中を浮遊して積み
 上げられたそうです。
 
 その様子を見てみたいです。





 この本には、古代エジプトを統治した王や神官らの物語が、エドガー・
 ケイシーのリーディングによって明らかにされています。
 
 昔から、政治的な謀略はあったみたいで、人類は今も昔もそんなに
 変わらないんだなと感じました。
 
 しかし、紀元前10500年前は、現在の様々な技術よりも高度な
 技術が使われていたみたいです。
 
 現代人はあまりたいしたことはなさそうです。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。