訪問者数

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママぼくをダメにしないで
ママぼくをダメにしないで ママぼくをダメにしないで
鈴村 悠 (1996/03)
心交社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:ママぼくをダメにしないで
 著者:鈴村悠
 出版:至上館
 定価:1600円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4883022498/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f792468%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■■□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、1985年3月に出版されています。
 
 現在は、心交社という出版社から再刊されています。
 
 著者は紹介文によると、元中学校教諭で心理療法家、PTA家庭
 学講師とあります。



 大人になると子どものことが分からなくなります。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)何が子どもをダメにするのか?



 何が悪いのでしょう?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)何が子どもをダメにするのか?

 「ようやく歩けるようになった。ボクは毎日が楽しくてしょうが
 ない。アッ。食卓の上にいろいろなものがある。よし探検に行こう。
 アッ。またボクの歩みより早く片付けてしまう。ママのいじわる!!」
 
 「与えられた単純な玩具ばかりがボクの友達なのか・・・。あーあ、
 つまらない。頭にコブができたっていいでしょ。ボクはいろいろな
 体験をしてみたいんだ」
 
 「何もしないで、しばらくじーっとしていたら、ママは、
 『おとなしい子だね。いい子だね』ってボクをほめるんだ。ママの
 ペースに従っていると。ボクはきっと駄目になる」

 「誕生一年余りのこどもの歩みによる探検は、エクスプローション
 といって、これからの人間づくりに重要な役割があるのです。
 まず、積極性をつくる基礎となります。探求心を育てます、即ち
 生活力を旺盛にする第一歩なのです」
 
 「ですから、よほど危険の無い限り、こどもを解放し、見守り、
 こどもの探検の手助けをすることが、こどもに生活力を与える教育
 として、すばらしいことなのです」

 「父親が、厳しく子をしつけると、だいたい失敗です。こどもは、
 やる気のないボヤッとした人間になりやすいのです。その理由は、
 こどもは、何をするにも失敗することを恐れ、自分で何か試みよう
 とする気力を失うからです」
 
 「新しい行動さえしなければ、無地でいられという、ずるさが
 身につくからです」
 
 「こどもの勉強机の横に座っているお父さん、ただちに、やめて
 ください」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 子どもの頃のことを思い出してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「何が子どもをダメにする」のでしょうか?

▽この本は20年以上前に書かれた本です。

 1985年というと、中曽根さんが総理大臣をしている頃です。
 
 私が18歳の頃です。
 
 その頃から、もしくはそれ以前から、子どもは何かを叫んでいた
 みたいです。
 
 ただ、子どもが本心を的確に表現するわけではありません。
 
 この本では、著者が子どもの声を代弁した「詩」のような文が
 あって、そのことについて著者が解説を加えています。
 
 例えば、
 
 「ようやく歩けるようになった。ボクは毎日が楽しくてしょうが
 ない。アッ。食卓の上にいろいろなものがある。よし探検に行こう。
 アッ。またボクの歩みより早く片付けてしまう。ママのいじわる!!」
 
 「与えられた単純な玩具ばかりがボクの友達なのか・・・。あーあ、
 つまらない。頭にコブができたっていいでしょ。ボクはいろいろな
 体験をしてみたいんだ」
 
 「何もしないで、しばらくじーっとしていたら、ママは、
 『おとなしい子だね。いい子だね』ってボクをほめるんだ。ママの
 ペースに従っていると。ボクはきっと駄目になる」
 
 子どもの本心は分かりません。
 
 そしてたぶん「ボクはきっと駄目になる」とも思ってません。
 
 小学生くらいまでは、子どもは親のなすがままです。
 
 ということは、親次第で子どもはダメになってしまうのです。
 
 「ダメになる」という言い方は良くないですね。
 
 ダメな人間はこの世にはいません。
 
 何かの必要があって自ら望んでこの世に生まれてきました。
 
 ただ、親次第で子どもが生きづらくなり、人生を左右されることも
 あると思います。
 
 著者はこの本でそれを伝えようとしています。
 
▽子どもが生まれて一年くらいすると立って歩くようになります。

 我が家も、1キロの餅を和菓子屋さんに頼んで作ってもらい、
 それを子どもに担がせて歩かせました。
 
 泣きながら歩いていたのを記憶しています。
 
 子どもは立って歩くようになると、目が離せなくなります。
 
 ハイハイの頃も目が離せませんが、歩くようになると行動範囲が
 拡がります。
 
 そして、いろいろと探検を始めます。
 
 著者は言います。
 
 「誕生一年余りのこどもの歩みによる探検は、エクスプローション
 といって、これからの人間づくりに重要な役割があるのです。
 まず、積極性をつくる基礎となります。探求心を育てます、即ち
 生活力を旺盛にする第一歩なのです」
 
 「ですから、よほど危険の無い限り、こどもを解放し、見守り、
 こどもの探検の手助けをすることが、こどもに生活力を与える教育
 として、すばらしいことなのです」
 
 つまり、親が「良い」と思っていること、「悪い」と思っている
 ことは、子どもにとってそのまま「良い」か「悪い」のかの判断
 とすることは、よくないことなのかもしれません。
 
 判定が難しいですが...
 
 本当は、自分の子どもの頃のことをしっかり覚えていて、自分が
 大人になったときに、
 
 「これは嫌だった。本当はこうして欲しかったんだ」
 
 と子育てに活かせることができればいいのですが、人間は大人に
 なると自分が育てられたようにしか、我が子を育てられないのです。
 
 難しいですね。
 
▽もう一つ、父親としてとても気になった部分があるので紹介します。

 著者は言います。
 
 「父親が、厳しく子をしつけると、だいたい失敗です。こどもは、
 やる気のないボヤッとした人間になりやすいのです。その理由は、
 こどもは、何をするにも失敗することを恐れ、自分で何か試みよう
 とする気力を失うからです」
 
 「新しい行動さえしなければ、無事でいられという、ずるさが
 身につくからです」
 
 「こどもの勉強机の横に座っているお父さん、ただちにやめて
 ください」
 
 このことは、以前読んだ「僕はパパを殺すことに決めた」でも
 怖いくらいに理解できました。
 
 また、小林正観さんも著書の中で書いてます。
 
 「子どもの教育は100%母親が参加したときだけ上手くいき、
 天才が育つ可能性がある。父親の手が入ると絶対に天才は育たない」
 
 父親は子どもの教育には手を出さず、母親任せが良いみたいです。
 
▽では、母親に子どものことを押しつければ良いのかとというと、
 そうではなくて、父親の役目は、母親が安定して子育てをできる
 ように、金銭的なサポートと、母親が安心して子育てをできるように、
 精神的なサポートをしてあげなければならないのです。
 
 父親は子どもに勉強を教えるのではなく、世の中の仕組みや、
 世界観、宗教観を教えなくてはならないのです。
 
 父親の役目も大切です。





 この本には、子どもの心を代弁した詩と、子育ての知恵がたくさん
 書かれています。
 
 20年以上前に書かれていますが、現在でも十分に通用します。
 
 というよりは、子育ては何も変わってないということになりそう
 です。


最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。