訪問者数

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神との対話3(2回目)
神との対話〈3〉宇宙になる自分になる 神との対話〈3〉宇宙になる自分になる
ニール・ドナルド ウォルシュ (1999/05)
サンマーク出版

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:神との対話3
 副題:宇宙になる自分になる
 著者:ニール・ドナルド・ウォルシュ
 出版:サンマーク出版
 定価:2000円+税(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4763192612/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1061113%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 ※多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は、1999年5月に出版されています。

 著者は、現在、依頼にこたえて講演を行ったり、ワークショップを
 開催するなど、『神との対話』にこめられたメッセージをおおぜい
 の人に伝え、理解してもらうための活動を続けているそうです。



 宇宙の仕組みとは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)人が眠るのはなぜか?



 なぜ人間には睡眠が必要なのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)人が眠るのはなぜか?

 「魂は離れるのだよ。それも、前に説明した『死』の場合だけ
 ではない。だが、不幸から離れるのではなく再生したいから、
 若返りたいから、身体から離れる」
 
 「すると、しょっちゅう離れるわけですか?」
 
 「毎日」
 
 「魂は毎日、身体から離れているんですか?いつですか?」
 
 「魂がもっと大きな経験をしたいと思ったとき。その経験で若返る」
 
 「ただ、離れるんですか?」
 
 「そう。魂はいつでも身体から離れる。一生を通じて何度でも。
 だから、眠りというものを編み出したのだ」
 
 「眠っているとき、魂は身体から離れるのですか?」
 
 「もちろん。それが眠りだ」

 「人生を通じて、魂はときおり若返ろうとする。身体と呼ぶ運搬車
 をごろごろとひきずっていく燃料を補給すると言ってもいい」
 
 「魂は本来の状態に戻りたいと思う、魂は軽くて、自由だ。それに、
 安らかで喜びに満ちている。同時に何の制約も苦痛もない、完璧な
 知恵、完璧な愛だ」
 
 「魂はこれらのすべてであり、それ以上だ。だが、身体とともに
 あるときには、それをめったに経験できない。だから、折り合いを
 つけることにした」
 
 「選んだ自分を創造し、経験するために必要なだけ、身体にとど
 まろう。ただし、そうしたいと思ったら、身体から離れよう!
 そして、眠りと呼ばれる経験を通じて、毎日それを実行している」

 「眠るのは、身体が休息を必要としているからだと思っていました」
 
 「それは間違いだ、逆だよ。魂が休息を求めている。だから身体が
 『眠りに落ちる』のだ。魂は身体の制約にうんざりし、重さにも
 うんざりし、自由のなさにうんざりすると、文字通り身体から
 抜け出す(時には、立ったままでも)」
 
 「『燃料を補給』しようと思うと、魂は身体から抜け出す。真実で
 ないこと、偽りの現実、想像上の危険に飽きあきし、つながりと
 確信と休息と、精神の目覚めをもう一度味わいたいと思ったときだ」
 
 「最初に身体を擁した魂は、これは非常にむずかしい経験だと
 感じる。とても疲れるのだ。とくに、新しく到着した魂は疲れる。
 だから赤ん坊はしょっちゅう眠っている」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 眠いときは素直に眠ろう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「人が眠る」のはなぜなのでしょうか?

▽人にはなぜ睡眠が必要なのでしょうか?

 ずっと寝ないとどうなってしまうかというと、様々な幻覚を見る
 と何かの本に書いてありました。
 
 でも、死ぬことはなくて、死ぬ前に必ず寝てしまうみたいです。
 
 「身体を休めるために睡眠が必要だ」とも言われます。
 
 20代とか30代の頃は1日?2日くらい寝なくても、平気で
 仕事をしていました。
 
 身体に体力があったから寝なくても大丈夫だと思っていたのですが、
 どうやら本当は違っていたみたいです。
 
 神と著者は以下のように対話しています。
 
 「魂は離れるのだよ。それも、前に説明した『死』の場合だけ
 ではない。だが、不幸から離れるのではなく再生したいから、
 若返りたいから、身体から離れる」
 
 「すると、しょっちゅう離れるわけですか?」
 
 「毎日」
 
 「魂は毎日、身体から離れているんですか?いつですか?」
 
 「魂がもっと大きな経験をしたいと思ったとき。その経験で若返る」
 
 「ただ、離れるんですか?」
 
 「そう。魂はいつでも身体から離れる。一生を通じて何度でも。
 だから、眠りというものを編み出したのだ」
 
 「眠っているとき、魂は身体から離れるのですか?」
 
 「もちろん。それが眠りだ」
 
 どうやら、寝ている間に私たちの魂は身体から離れ、何らかの
 エネルギー補給を行っているみたいです。
 
 神はさらに言います。
 
 「人生を通じて、魂はときおり若返ろうとする。身体と呼ぶ運搬車
 をごろごろとひきずっていく燃料を補給すると言ってもいい」
 
 「魂は本来の状態に戻りたいと思う、魂は軽くて、自由だ。それに、
 安らかで喜びに満ちている。同時に何の制約も苦痛もない、完璧な
 知恵、完璧な愛だ」
 
 「魂はこれらのすべてであり、それ以上だ。だが、身体とともに
 あるときには、それをめったに経験できない。だから、折り合いを
 つけることにした」
 
 「選んだ自分を創造し、経験するために必要なだけ、身体にとど
 まろう。ただし、そうしたいと思ったら、身体から離れよう!
 そして、眠りと呼ばれる経験を通じて、毎日それを実行している」
 
 私たちの身体が存在する物質界では、魂にとっては重い鎧を着て
 歩いているようなものみたいです。
 
 決して、身体に宿ることが嫌なのではないですが、それでも、
 どこかでエネルギー補給をしないとならないみたいです。
 
 それが、どうやら「眠り」というものの正体のようです。
 
 したがって、眠いときは「魂が疲れている」ときなのです。
 
▽いくら睡眠不足で眠いときでも、自分の好きな事や、好きな仕事を
 している時は、眠気なんて全く感じなくなります。
 
 疲れていた身体が嘘のように何ともなくなります。
 
 そういうときは、身体がワクワクしてきて、何時間でも集中する
 ことができます。
 
 きっとこういったときは、起きながらにして魂がエネルギーを
 補給している時なのではないでしょうか。
 
 ということは、自分の好きな事、好きな仕事をするということは
 魂にとっては喜ばしいことなのではないかと思います。
 
▽身体が疲れると眠くなるのかと思っていましたが、どうやら違う
 みたいです。
 
 著者は神に言います。
 
 「眠るのは、身体が休息を必要としているからだと思っていました」
 
 「それは間違いだ、逆だよ。魂が休息を求めている。だから身体が
 『眠りに落ちる』のだ。魂は身体の制約にうんざりし、重さにも
 うんざりし、自由のなさにうんざりすると、文字通り身体から
 抜け出す(時には、立ったままでも)」
 
 「『燃料を補給』しようと思うと、魂は身体から抜け出す。真実で
 ないこと、偽りの現実、想像上の危険に飽きあきし、つながりと
 確信と休息と、精神の目覚めをもう一度味わいたいと思ったときだ」
 
 「最初に身体を擁した魂は、これは非常にむずかしい経験だと
 感じる。とても疲れるのだ。とくに、新しく到着した魂は疲れる。
 だから赤ん坊はしょっちゅう眠っている」
 
 たしかに、このように説明されると納得できます。
 
 確か「神との対話」の1作目で、人間の身体のことについて書か
 れていました。
 
 現在、日本では世界一の平均寿命を誇ってますが、実はもともと
 身体というのは、100年経過しても壊れないようにかなり頑丈に
 作ってあるそうです。
 
 それを、人間が誤った使い方をするので、70歳くらいになると
 交換時期がくるようになっているそうです。
 
 したがって、眠りというのは、身体が休息を必要としているのでは
 ないということです。
 
 魂が休息するための眠りです。
 
 眠くなったら寝るのが一番みたいです。





 実はこの本、2日かけてもまだ読み終えていません。
 
 残りがまだ200頁くらいあります。
 
 内容を紹介するのは、この2回目で終了しますが、残りは夏休みに
 でも読もうと思ってます。
 
 
 この本は、私にとって知りたい情報があまりにもたくさん書か
 れています。
 
 普通の本だと、「何を知りたいか?」という目標を定めて本を
 読み始めるのですが、この本は目標が絞れません。
 
 全ページが私にとって、見逃すことができない内容になっています。
 
 1作目も3回くらい読み返してますが、読み返す毎に新たな発見が
 あります。
 
 2作目も、今回読んだ3作目も、また何度も読むことになると
 思います。
 
 お勧めのシリーズです。
 
 多少難しい部分もありますが、ぜひ読んでみて下さい。




最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。