訪問者数

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こじれる人間関係
こじれる人間関係―ドラマ的交流の分析 こじれる人間関係―ドラマ的交流の分析
杉田 峰康 (2000/07)
創元社

この商品の詳細を見る



いつもありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:こじれる人間関係
 副題:ドラマ的交流の分析
 著者:杉田峰康
 出版:創元社
 定価:1400円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4422110578/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1171762%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 こじれる人間関係
 第2章 ドラマ的交流のからくり
 第3章 患者さんとの出会い
 第4章 子どもをめぐるドラマ的交流?親と教師のための交流分析
 第5章 日常生活にみるドラマ的交流の分析
 第6章 変わる人、変わりにくい人
 第7章 ナースのための交流分析―初めて学ぶ人のために



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は、昭和58年8月に出版されています。
 
 かなり古いですね。
 
 著者は、交流分析のエキスパートとして評価が高い方です。
 
 この著者の本は、このメルマガでも何度か紹介しています。



 こじれる人間関係のからくりとは?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)ドラマ的交流とは?



 「ドラマ」とは何でしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)ドラマ的交流とは?

 「ある人には、必ずといっていいほど、人間関係をこじらせる
 癖があります。こういう人との会話は、最初もっともらしい話題
 で始まるのですが、最後に、きまってどちらかが不愉快な気分で
 結末を迎えることになるのです」
 
 「経過をよく観察してみますと、やりとりの裏に何か別の動機や
 目的が潜んでいることがわかります」

 「この場合、ドラマを人間ドラマとご理解下さい。ドラマには
 ストーリーがあります。つまり、過去からの時間の経過が含まれ、
 その間に未解決の問題(秘密)の展開があり、結末で幕が下がり
 ます」
 
 「しかもドラマの一幕一幕は、その秘密を繰り返し暗示するもの
 です。あなたにとって不可解な行動には歴史があるのです」
 
 「それは、あなたの過去にルーツをもち、しかも未解決であるが
 ゆえに、あなたの人生舞台で繰り返し演じられるのです」

 ドラマ的交流には、以下に記載するような特色があります。
 1.実り少ない結末
 2.悪循環の奥に何らかの強い感情が潜んでいる
 3.人間関係がきまってこじれる
 4.否定的な評価
 5.隠された目的(秘密)



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 自分のドラマ的交流を分析してみよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「ドラマ的交流」とはどのようなことなのでしょうか?

▽人は、魂の修行をするためにこの世に生まれて来るのですが、
 その中でも一番の修行になるのが「人間関係」です。
 
 その人間関係の中でも、一番修行になるのが「家族」との関係です。
 
 家族との関係、特に幼少期から思春期にかけての親との関係が
 その人の人生をほぼ決めてしまうといっても過言ではないと思い
 ます。
 
 そこからどのように自己を確立するかは、その人の修行になります。
 
▽人間は完璧には作られてませんから、親になって子育てする場合も
 未熟なまま子育てをしてしまいます。
 
 したがって、未熟な子どもが成長し、未熟なまま大人になり...
 というふうに世代を超えてその未熟さは受け継がれていきます。
 
▽人は気が付くと、ある特定のパターンで行動することが多いです。

 その行動パターンは、未熟な親に育てられた時に身についたも
 ので、幼少の頃に身についた行動パターンは、自分で意識して
 行動を変えない限り、繰り返すことによって潜在意識の中に刷り
 込まれ、延々と繰り返すことになります。
 
▽例えば、この本の冒頭で、子どものしつけの相談にカウンセラーの
 元へやってきた母親の話が書かれています。
 
 この母親は「はい、でも...」というのが口ぐせになってい
 ます。
 
 母親
 「そういうわけで、私がいくら叱っても、この子は、ちっとも
 言うことを聞かないのです。どうすればいいのでしょうか」
   
 カウンセラー
 「そうですね・・・。叱っても効果がないようですから、ここは
 ひとつお父さんにしつけの責任をとってもらったらいかがでしょう」
 
 母親
 「はあー。でも、うちの主人ときたら、子どものことは一切
 私まかせなんです。ダメだと思いますわ」
 
 カウンセラー
 「まぁまぁ、そうあきらめないで、一度ご主人と3人でお話し
 合いをしましょう。話せば分かる方でしょうし・・・」
 
 母親
 「はい。しかし、うちの主人は絶対に来ないと思いますわ。他に
 どうしたらいいのでしょうか」
 
 
 この母親の返答は、この調子でカウンセラーの質問に対し、延々と
 「はい。でも...」を繰り返します。
 
 このような母親は現実にいそうですね。
 
 もしかしたら病院での医者と患者の関係にも似ているかも知れま
 せん。
 
 おそらく、この母親にはどのようなアドバイスをしても、すべて
 「はい。でも...」できりかえされることになると思います。
 
 そして最終的にはカウンセラーとの関係を悪くしてしまうのです。
 
 著者は言います。
 
 「ある人には、必ずといっていいほど、人間関係をこじらせる
 癖があります。こういう人との会話は、最初もっともらしい話題
 で始まるのですが、最後に、きまってどちらかが不愉快な気分で
 結末を迎えることになるのです」
 
 「経過をよく観察してみますと、やりとりの裏に何か別の動機や
 目的が潜んでいることがわかります」
 
 この母親が無意識のうちに発しているメッセージは、
 
 「私はどんなことがあっても、自分の考えを曲げるつもりはないのよ」
 
 あるいは
 
 「私を変えようと思うなら、やってみるがいいわ。絶対にあなたの
 言うとおりにはなりませんから」
 
 といったことになるそうです。
 
▽このような人間どうしに見られる心の癖は、欧米では「ゲーム」と
 呼ばれるそうです。
 
 しかし、日本では「ゲーム」という言葉は、なかなか意味が通り
 ません。
 
 したがって、著者はゲームという言葉の変わりに「ドラマ的交流」
 という言葉を使っています。
 
 著者は言います。
 
 「この場合、ドラマを人間ドラマとご理解下さい。ドラマには
 ストーリーがあります。つまり、過去からの時間の経過が含まれ、
 その間に未解決の問題(秘密)の展開があり、結末で幕が下がり
 ます」
 
 「しかもドラマの一幕一幕は、その秘密を繰り返し暗示するもの
 です。あなたにとって不可解な行動には歴史があるのです」
 
 「それは、あなたの過去にルーツをもち、しかも未解決であるが
 ゆえに、あなたの人生舞台で繰り返し演じられるのです」
 
▽ドラマ的交流には、数え切れないくらいいろいろなパターンが
 あります。
 
 いくつか例が挙げられています。
 
 ・遅刻常習犯
 ・毎朝、親が起こさないと起きられない子
 ・歌人の再三の注意に耳を傾けず、”仕事中毒”的に働き続ける
  会社員
 ・ついつい注意することが多くなる患者さん
 ・知ったかぶりや、あげ足とりをする人
 
 等々、いつも繰り返される人間ドラマには、何か未解決な過去の
 出来事が要因となっているようです。

▽では、ドラマ的交流の「特色」とはどのようなものなのでしょうか?
 
 単なる「癖」だとたくさんあります。
 
 ドラマ的交流には、以下に記載するような特色があります。
 
 1.実り少ない結末
 
  …ドラマ的交流は大変に非生産的です。
  
 2.悪循環の奥に何らかの強い感情が潜んでいる
 
  …ドラマ的交流には、後味の悪い、慢性的な感情がつきまとう
   のが特色です
   
 3.人間関係がきまってこじれる
 
 4.否定的な評価
 
  …相手と自分とに対する感情を探ってみると、”ダメ”とか
   ”どうしようもない”という否定的な評価に満ちています
 
 5.隠された目的(秘密)
 
  …ドラマ的交流には、大事な人の気を引くという目的があるの
   です。
 
 素直に言葉に出せない分、回りくどい方法で、相手に何かを伝え
 ようとするのが、「ドラマ的交流」ということになります。
 
 自分のことを考えてみると...繰り返される行動はいくつか
 あります。
 
 自分のことを分析してみます。





 この本には、ドラマ的交流に関するさまざまなパターンと対処の
 方法が書かれています。
 
 主に、先生や看護婦さん、カウンセラーといった、誰かを指導
 する立場の方のために書かれた本のようで、多少難しい部分も
 ありますが、読めないことはありません。
 
 人間の行動や癖を分析するのは、なかなか面白いです。
 
 
 ただ、私には興味がありすぎて、まだ半分も読めていません。
 
 というわけで、次回もう一度後半部分を紹介したいと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございます。ご協力お願いします(クリックしてください)→人気blogランキングへ


 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。