訪問者数

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたはなぜ生まれてきたのか
あなたはなぜ生まれてきたのか あなたはなぜ生まれてきたのか
佐藤 彰紘、佐藤 友映 他 (2003/05)
ビジネス社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:あなたはなぜ生まれてきたのか
 著者:佐藤彰紘、佐藤友映
 出版:ビジネス社
 定価:1500円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4828410538/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1557977%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 初めての体験
 第2章 驚異の個人セッション
 第3章 向こうからやって来る話し
 第4章 出会い
 第5章 言葉の持つパワー

 他、多数あるので省略します。



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は2003年5月に出版されています。
 
 夫婦でこの本を書いています。
 
 夫の佐藤彰紘さんは弁護士、妻の佐藤友映さんは会社の代表取締役を
 しています。
 
 佐藤彰紘さんは共著で何冊か出版されています。



 「なぜ生まれてきたのか?」おそらく死ぬと判るのではないかと
 思います。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)カルマの解消とは?



 カルマは簡単ではないみたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)カルマの解消とは?

 「この物質界において人間は、1.過去生における良心に反する
 ような行い(カルマ)と善い行い(ダルマ)、及び、2.両親
 および先祖のカルマとダルマの影響を受けてスタートする。
 そして、それがその後の本人の人生のベースとなる」
 
 「そして、現在自分が置かれている状況は、このベースのうえで、
 さらに、3.今生における本人のこれまでの行為の結果(『因果
 応報』または『蒔いた種は刈り取らねばならない』等の法則)、
 そして4.他人からの妬みや恨みの念、の影響を受けた結果である」

 「カルマの解消をするには、人つにはダルマ活動を行うことで
 あるとされている。なぜダルマ活動かというと、この世界は実は
 一つであり、他人は同じ魂の存在なのである。他を助けることは
 自らを助けることになるのである」
 
 「日本のことわざでも近いものがあるではないか。『情けは人の
 ためならず(自分のためである)』と。そして、この宇宙あるいは
 世界では、愛がもっとも重要なものと定義されているのである」
 
 「したがって、人は他人のために多くのダルマ活動を行うことが
 望ましい。日本の言葉でいうと、『徳』を積むことが大切になると
 いうことである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 まずは、自分を満たそう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「カルマの解消」とはどのようなことなのでしょうか?

▽名前だけは知っていましたが、インドに「ヴェーダ」という
 神の教えがあるそうです。
 
 宗教とは違うようですが、良く分かりません。
 
 その教えの中に、起源占星学というのがあって、その人の生年月日
 と生まれた時間が正確に分かると、その人の人生が分かるそうです。
 
 起源占星学は占いというよりも、学問の一種のようです。
 
 その占いをするインドの人も、かなりの勉強をしないとならない
 みたいで、そう簡単には起源占星学を使うことはできないようです。
 
 この本は、著者が起源占星学によって教えられた自分の人生や
 著者の家族に関する人生の意味を紹介している本です。
 
 ただし、その起源占星学の説明は、難しくて私には良く分から
 ないし、他人の人生について占ったことを読んだところであまり
 面白くはないです。
 
 その人の家族構成から、寿命、仕事、未来の子ども、結婚等、
 人生に関することは全て当たるそうです。
 
 起源占星学の教えを聞いて、自分が生まれてきた意味を悟り、
 自分にとってベストな人生を演じていく指針にするとのこと。
 
 というわけで、占星学の内容については紹介しません。
 
 そのかわり、著者がヴェーダの教えから得た一般的な人生のしくみ
 というのが書いてあるので、そこを紹介します
 
▽まず「カルマの解消」についてです。
 
 私が今のところ理解している「カルマ」は、「自分で蒔いた種は、
 必ず自分で収穫しなければならない」ということです。
 
 悪い種を蒔けば、悪い実を収穫し、良い種を蒔けば、良い実を
 収穫することになります。
 
 とてもシンプルだと思っていたのですが、少し違うみたいです。
 
 著者は言います。
 
 「この物質界において人間は、1.過去生における良心に反する
 ような行い(カルマ)と善い行い(ダルマ)、及び、2.両親
 および先祖のカルマとダルマの影響を受けてスタートする。
 そして、それがその後の本人の人生のベースとなる」
 
 「そして、現在自分が置かれている状況は、このベースのうえで、
 さらに、3.今生における本人のこれまでの行為の結果(『因果
 応報』または『蒔いた種は刈り取らねばならない』等の法則)、
 そして4.他人からの妬みや恨みの念、の影響を受けた結果である」
 
 自分の人生のベースは、自分の過去生だけかと思っていましたが、
 自分の両親や先祖の「カルマ」と「ダルマ」の影響も受けるよう
 です。
 
 したがって、様々な困難や障害が多い人生を善くするには、まず
 はカルマの解消を行わなければならないのです。
 
▽カルマを解消するにはどうすればいいのでしょうか?

 自分の人生に困難なことが起きることを待って、それを乗り越える
 という受け身の解消の方法しかないのでしょうか?
 
 その点に関して、著者は次のように書いています。
 
 「カルマの解消をするには、人つにはダルマ活動を行うことで
 あるとされている。なぜダルマ活動かというと、この世界は実は
 一つであり、他人は同じ魂の存在なのである。他を助けることは
 自らを助けることになるのである」
 
 「日本のことわざでも近いものがあるではないか。『情けは人の
 ためならず(自分のためである)』と。そして、この宇宙あるいは
 世界では、愛がもっとも重要なものと定義されているのである」
 
 「したがって、人は他人のために多くのダルマ活動を行うことが
 望ましい。日本の言葉でいうと、『徳』を積むことが大切になると
 いうことである」
 
 自分のカルマを解消するためには、受け身でまっているよりも、
 ダルマ活動、つまり善い種を蒔くことが必要なようです。
 
▽ここからは私が支持している考え方なのですが、この「善い種を
 蒔く」という行為も、その人の本心から出たものでなければなら
 ないような気がします。
 
 「カルマを解消するために」という気持ちで善い種を蒔いても
 あまり意味がないような気がするのです。
 
 目的は「自分のため」だから。
 
 本心から人のためにやれることができれば、きっとカルマの解消に
 なるのではないかと思います。
 
 そのためには、自分が満たされていないとならないはずです。
 
 極端な話をすると、自分が一週間くらい食べてなくて、そこへ
 わずかですが食べ物が手に入ったとします。
 
 食べようとしたときに、昨日から丸一日何も食べていないという人
 が現れたらどうすればいいのでしょう?
 
 素直に他人のためを思って、食べ物をあげることができるでしょうか?
 
 もしくは、わずかな食べ物を素直に分けてあげることができるで
 しょうか?
 
 よほどの人じゃなければ、食べ物を分けてあげたとき「本当は
 自分が全部食べたかったのに」と思うのではないかと思います。
 
 つまり、自分が満たされていないと、素直に他人を満たしてあげる
 ことができないと思うのです。
 
 自分が満たされてないのに、内心不満を感じながら他人に奉仕
 するのはカルマの解消にならないと思います。
 
 まずは、自らが満たされていることが大切だと思います。





 この本は、起源占星学を中心に説明がされています。
 
 興味がない人にとっては、面白くないかもしれないです。
 
 その起源占星学の結果を全ての人が聞けるわけではないですから、
 読み方によっては、著者が勝手に盛り上がっている感じがしない
 でもないです。
 
 ただ、占星学の知識を基に著者が書いている、人生のしくみとか
 人間の生き方等は参考になると思います。
 
 私たちの魂は、何を目的にしているかと言うと...



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。