訪問者数

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD付[新版]生きがいの創造(2回目)
CD付[新版]生きがいの創造 CD付[新版]生きがいの創造
飯田 史彦 (2003/03/20)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:CD付[新版]生きがいの創造
 著者:飯田史彦
 出版:PHP研究所
 定価:2400円
 購入:ブックオフで1250円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/4569627943/oyajimushicom-22/ref=nosim/
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02bf9514.ebca5b49/?url=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f1539848%2f



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 過去の人生の記憶
 第2章 人生のしくみ
 第3章 愛する故人とのコミュニケーション
 第4章 「永遠の生命」を科学する意味
 第5章 「ブレイクスルー思考」による生きがい論



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■■■
 勇気  :■■■■■
 豊かな心:■■■■■
 おすすめ:■■■■■



 この本は2003年4月に出版されています。
 
 1996年6月に初版の単行本が出版されています。
 
 本の帯には「50万部を越えるベストセラーを全面改訂」とあり
 ます。
 
 「生きがいの創造」はかなり売れているようです。

 著者の本職は、「人間の価値観について研究する経営心理学者」
 と紹介されています。

 著書も多数あります。



 何度読んだか分かりませんが、何度読んでも新たな発見があります。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)死後の世界とは?



 人は死んだ後何をするのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)死後の世界とは?

 「私たちは、死の瞬間に体から抜け出したのち、下に横たわる
 自分の体を『見』てから、『まるでトンネルのようだ』と感じる
 『次元の境界』を急速で通り抜けます。その際に見る光景は、
 光のドームに入ったり、すばらしい色彩を見たり、美しい音楽を
 聴いたり、たいまつを持った人物が迎えてくれるなど、さまざま
 です」
 
 「これらは、もちろん現実の場所や物質ではなく、本人にとっての
 『死後の世界』のイメージがシンボルかされた『幻像』にすぎま
 せん」

 「自分にとって、『自分は死んで、人生と人生のあいだにある
 中間生(死後の世界)へと戻ってきたのだ』と自覚するために
 最適なビジョンが、ここで自然に目の前に浮かんでくることに
 なるのです」
 
 「なぜなら、物質というもののない中間生では、すべてが思い
 通りのビジョンとして現れてくるためです」

 「私たちが『あの世』と呼ぶ心理的・精神的世界は『この世』で
 いうような『物資』がなく、直線的に進む『時間』という感覚も
 ない世界です。そこでは、すべてのものが、物質ではなくイメージ
 やビジョンとして現れますが、中間生では、そのビジョンこそが
 『現実』なのです」
 
 「むしろ、永遠で自由な中間生から見れば、人生で私たちがとら
 われている『物質』という束縛こそが、むなしい一瞬のまぼろしに
 すぎないといえるでしょう」

 「私たちがとらわれている『物質』こそが、むしろ実体のない
 『まぼろし』であり、私たちが軽んじている『精神』こそが、
 むしろ私たちの『実体』なのです」




──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【 生きている間にいろいろなことを体験しよう 】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「死後の世界」とはどのようなものなのでしょうか?

▽前回(Vol.315)の紹介で、人が死んだ直後に何をしているのかを
 紹介しました。
 
 人は、死んだ後も生きていて、光の(ような)存在に包まれ、
 いろいろな場所へ瞬時に移動できるようになります。
 
 そして、自分の遺体と対面したり、残った人たちと一緒に葬式に
 参列したりします。
 
 そうして、死ぬという現象が単なる通過点に過ぎないことを自覚
 します。
 
 人は皆死にますが、人が死を恐れるのは死ぬと全てが無くなって
 しまうからだと思っているからです。
 
 しかし、「死んでも無にならない」と考えただけでも、死への
 恐怖がなくなってしまいます。
 
▽では、「死は通過点に過ぎない」と理解した後、私たちはどこへ
 何をしに行くのでしょうか?
 
 いわゆる「死後の世界」の話です。
 
 私がイメージしている死後の世界は、以前テレビで放送していた
 イメージしかありません。
 
 暗いトンネルを抜けると、あたり一面花が咲いていて、そこに
 自分が親しかった人たちが皆で迎えに来てくれる、というイメージ
 です。
 
 この、死後の世界のイメージは各自それぞれ違うようです。
 
 著者は言います。
 
 「私たちは、死の瞬間に体から抜け出したのち、下に横たわる
 自分の体を『見』てから、『まるでトンネルのようだ』と感じる
 『次元の境界』を急速で通り抜けます。その際に見る光景は、
 光のドームに入ったり、すばらしい色彩を見たり、美しい音楽を
 聴いたり、たいまつを持った人物が迎えてくれるなど、さまざま
 です」
 
 「これらは、もちろん現実の場所や物質ではなく、本人にとっての
 『死後の世界』のイメージがシンボルかされた『幻像』にすぎま
 せん」
 
 ということは、私の場合はきっと、暗いトンネルを抜けてあたり
 一面花が咲いている場所へ出ることになると思われます。
 
 それが、私にとって一番安心できる死後の世界だからです。
 
 今のうちにそのイメージを変えてみるのも楽しいかもしれません。
 
 著者は言います。
 
 「自分にとって、『自分は死んで、人生と人生のあいだにある
 中間生(死後の世界)へと戻ってきたのだ』と自覚するために
 最適なビジョンが、ここで自然に目の前に浮かんでくることに
 なるのです」
 
 「なぜなら、物質というもののない中間生では、すべてが思い
 通りのビジョンとして現れてくるためです」
 
 私たちが肉体から離れた直後は、指導役の意識体たちが、その人が
 安心できるようないろいろなビジョンを見せてくれるそうです。
 
 自分が属していた文化や、宗教などによって、人それぞれ死に
 対して抱いているビジョンが違います。
 
 自分にとって最も安心できる「死後の世界の光景」を見せてくれる
 のです。
 
 著者は言います。
 
 「私たちが『あの世』と呼ぶ心理的・精神的世界は『この世』で
 いうような『物資』がなく、直線的に進む『時間』という感覚も
 ない世界です。そこでは、すべてのものが、物質ではなくイメージ
 やビジョンとして現れますが、中間生では、そのビジョンこそが
 『現実』なのです」
 
 「むしろ、永遠で自由な中間生から見れば、人生で私たちがとら
 われている『物質』という束縛こそが、むなしい一瞬のまぼろしに
 すぎないといえるでしょう」
 
 物質も時間もない世界というのはなかなか想像がつかないですね。
 
 私たちが存在している「この世」は、物質界であるがゆえに、
 「物」が無いと暮らしていけません。
 
 家が無いと寝ることができないし、この日本ではお金がないと
 生きていけないのです。
 
 また、時間という概念があるために、根本的に「死」を恐れる
 ようになります。
 
 自分の死もそうですし、愛する人の死も同じです。
 
 そのために、いろいろと不安になったり、悩んだり、恐れたり
 しなければなりません。
 
 しかし、物質や時間にとらわれて生きるということは、まぼろしに
 過ぎないのです。
 
 著者は言います。
 
 「私たちがとらわれている『物質』こそが、むしろ実体のない
 『まぼろし』であり、私たちが軽んじている『精神』こそが、
 むしろ私たちの『実体』なのです」
 
 したがって、死後の世界とは、物質や時間という束縛から解放され、
 不安になったり、悩んだり、恐れたりすることがない世界なのです。





 私たちの体が存在している物質界は、制限がたくさんあります。
 
 死後の世界について、何も考えていないと、「死」は恐怖でしか
 ないです。
 
 死を恐れるということは、生きることを恐れることになります。
 
 そんな人生は楽しくないですね。
 
 人生は歳を重ねる毎に楽しくならなくてはならないと思います。
 
 そして、やがて迎える死は人生で一番楽しい体験であると考えると
 そこに「生きがい」が湧き出てくるのではないでしょうか。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【メルマガバックナンバー】→ http://www.mag2.com/m/0000194014.html
 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/
 【アメバブログ】→http://ameblo.jp/oyajimushi

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。