訪問者数

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つき男と泣き虫女
嘘つき男と泣き虫女 嘘つき男と泣き虫女
藤井 留美、アラン ピーズ 他 (2003/01/31)
主婦の友社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:つき男と泣き虫
 著者:アラン・ピーズ、バーバラ・ピーズ
 出版:主婦の友社
 定価:1600円(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4072319236/sr=8-/oyajimushicom-22/ref=nosim
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02dcf9f0.4f3aeecd/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1523987/
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2267071/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 女の小言―攻撃の手はゆるめない
 第2章 女をいらだたせる男の七つの行動
 第3章 どうして女はすぐ泣くのか?―女の涙は最強の脅し
 第4章 女の評価システム
     ―こうして男の一週間はだいなしになる
 第5章 男をめぐる七つの謎を解明する
 第6章 もうひとりの手ごわい女
     ―彼の母親
 第7章 女の言葉に込められた五つの秘密
 第8章 セックスアピール度テスト(女編)
     ―男をその気にさせる作戦
 第9章 男をとりこにするために
     ―女の性的魅力
 第10章 セックスアピール度テスト(男編)
     ―女の目に映るあなたはイケメン、それともダメ男?
 第11章 女に火をつける方法
     ―男の性的魅力
 第12章 なぜ男はつきなのか
 第13章 男が狩りをやめるとき
     ―引退後の人生



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :□□□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■□□


 この本は2003年3月に初版が出版されています。
 前作の「話を聞かない男地図が読めない女」は全世界で700
 万部、日本で200万部のベストセラーになったそうです。

 紹介文によると、著者の二人のうち旦那さんは「ボディランゲー
 ジの世界的権威」なのだそうです。そして奥さんの方も活躍され
 ているようですね。



 前作で、男性が全く分かってない女性のことについて知ることが
 できました。

 今回は何か他に知ることができるのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)女性は男性をどのように見ているのか?
 2)なぜ男はつきなのか?
 3)なぜ女は泣き虫なのか?
 4)女性について知っておくべきことは?



 私は男性なので、男性の視点から読んでみます。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ男はつきなのか?

  「女は相手を気持ちよくさせるために嘘を付き、男は自分を良
   く見せるために嘘を付く」

  「男が嘘を付くと、たいてい女に見抜かれる」


 2)なぜ女は泣き虫なのか?

  「女性は泣き落とすために泣く」


 3)女性は男性をどのように見ているのか?

  「どうして男は、何にでも解決策を出してアドバイスをしたが
   るの?」
  「どうして男は、リモコンでせわしなくチャンネルを
   変えるの?」
  「どうして男は、道に迷っても素直にたずねられないの?」
  「どうして男は、といれの便座を上げたままなの?」
  「どうして男は、女の買い物に付きあいたがらないの?」
  「どうして男は、ところかまわずおならをするの?」
  「どうして男は、下品なジョークが好きなの?」


 4)女性について知っておくべきことは?

  「なぜ女はおしゃべりなのか?」

  「男が『話すことがあるとき』、つまり伝えたい事実やデータ
   や解決策があるときしか口を開かない。しかし、女の『話』
   は役割がまるで異なっていて、それは他人と親しくなったり、
   ご褒美をあげる手段なのである」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【嫁さんの話をよーく聞いてみよう!】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに、タイトルにもなっている「なぜ男は嘘つきなのか?」
 についてです。

▽著者は「人間は四六時中嘘をついている」と言います。

 言われてみればそうかもしれませんね。

 でも、それは男性だけではないはずです。

 女性も嘘をつくはずです。

 私たちが嘘をつく理由が二つあるそうです。

 「何らかの利益を得るため、あるいは痛みを避けるため」

 「利益を得るための嘘」はあまり感心しませんが、「痛みを避け
 るための嘘」ならしょうがないのではないでしょうか。

 「痛み」がどこまでを示しているかよく分かりませんが、嘘を付
 かないで生活すると、とても人間関係がぎくしゃくすると思います。

 例えば夫婦間で、軽い嘘から重い嘘まで、全く嘘を付かないで
 一日生活してみてください。

 きっと、険悪な雰囲気になると思います(笑)

 ある程度の嘘はしょうがないと思います。


▽著者が言うには、嘘は4種類に分類できるそうです。

 「たわいのない嘘」
 「相手のための嘘」
 「悪意のある嘘」
 「欺くための嘘」

 「たわいのない嘘は、身も蓋もない事実でお互いを傷つけたり、
 侮辱することなく社会生活を送るために、なくてはならないものだ」
 と言っています。

 これが、私が上で書いたことですね。人間関係を円滑にするため
 の嘘です。

▽相手のための嘘とは、次の通りです。

 「相手のための嘘とは、他者を助けることを目的に付く嘘を示す。
 例えば直る見込みのない患者に医者が嘘をつく場合がこれにあたる」

 これも、生活する上で必要な嘘でしょうね。ほめることができる
 嘘だと思います。

▽「悪意のある嘘は、自分の利益のために相手を傷つけたり、不利
 な立場に追いやるときにつく嘘」と言っています。

 このタイプの嘘をつくときは、気を付けた方が良いと思います。

 ばれた時点で人間関係が破綻する可能性があります。

 できれば、この手の嘘は付かない方が身のためだと思います。

 きっと、自分の知らないところで噂されることになります。

 著者は言います。
 
 「悪意のある嘘は、自分が得をするため、または復讐のためにつく
 ことが多い」

 身近な人間には悪意のある嘘はつかない方が良いでしょう。

▽「欺くための嘘には、隠蔽と虚偽という二つの形がある。嘘をつ
 くというより真実をわざと告げない行為。虚偽とは、誤った情報
 をあたかも事実であるかのように伝えること」

 いずれの嘘も、あまり感心はしません。
 
 得に身近な人物には絶対ついてはならない嘘です。

▽私も、家庭では「たわいのない嘘」はたくさんついてます。
 たとえば...

 とても言えませんが、夫婦関係、親子関係を円滑にするためには
 重要な嘘だと思います。

 このように見ていくと、「嘘」は男性も女性も同じように付いて
 いるように思えるのですが、なぜ「男は嘘つき」と言われるので
 しょうか?

▽著者は「問題は嘘の中身だ」と言います。

 そして、次のように比較しています。

 「女は相手を気持ちよくさせるために嘘を付き、男は自分を良く
 見せるために嘘を付く」

 どちらにしても嘘をついている訳ですが、「なぜ男は嘘つき」と
 思われているのでしょうか?

 その理由を著者は次のように言います。

 「男が嘘を付くと、たいてい女に見抜かれる」
 「女は相手の仕草や声の調子に恐ろしく敏感なので、男の嘘を見
 破ることが多い。だから男のほうが嘘つきに思えるのだ」

 そういうことだったのですね。

 嘘を付いている回数は同じでも、嘘の内容と見抜かれる嘘の回数
 の違いで「男は嘘つき」と思われているようです。

 著者は言います。
 
 「男は面と向かって女に嘘を付こうとしても、時間のむだ。どう
 がんばっても失敗する。嘘をつくなら、電話をかけるか、電子
 メールにすること」

 男性のみなさん、女性に対して嘘を付くときは気を付けましょう。

 ばれます(笑)


●では「なぜ女は泣き虫」なのでしょうか?

▽著者は女が泣く理由を次のように解説しています。

 「女は、涙を流すことで相手に自己嫌悪の念を呼び起こし、
 その結果、自分の思い通りに相手を操縦する。意識していようと
 いまいと、これが相手をコントロールするメカニズムだ。ねらい
 はひとつ、夫や恋人、子ども、親、友人に、本来ならやらないよ
 うな行動をさせること」

 「また、女は、悪いことをしてしまったとき、罰を軽くしてもら
 うためになくこともある」

 そうなんですか?事実なのでしょうか?

 男性は女性の涙にとても弱いです(たぶん)。

 著者は、女性の「泣き落とし」を解説しています。
 
 「要求がはっきりしている場合もあれば、何が欲しいか決して口
 にしないまま、望んだとおりの結果をまんまと手に入れる者もいる。
 しかし、家族や友人は、この戦略になかなか気がつかない」

 たぶん泣いている本人も「泣き落とそうとしている」とは思って
 ない場合が多いのではないでしょうか?

 そして、男は「泣き落とし」の被害者になることが多いそうです。
 男性のみなさん注意しましょう。
 
 一度泣き落としに屈すると何度でも使われるそうです。


●次に「女性は男性をどのように見ている」のでしょうか?

▽この本では「女をいらだたせる男の七つの行動」が紹介されてい
 ます。

 「どうして男は、何にでも解決策を出してアドバイスをしたがる
  の?」
 「どうして男は、リモコンでせわしなくチャンネルを変えるの?」
 「どうして男は、道に迷っても素直にたずねられないの?」
 「どうして男は、といれの便座を上げたままなの?」
 「どうして男は、女の買い物に付きあいたがらないの?」
 「どうして男は、ところかまわずおならをするの?」
 「どうして男は、下品なジョークが好きなの?」

 このうちのいくつかは私も当てはまります。

 男性は全然何とも思っていないことが、女性にとってはいらいら
 の原因のようです。

 「これは俺だ」と思ったら、気にしてみて下さい。


●最後に「女性について知っておくべきこと」は他にあるのでしょ
 うか?

 著者は「男が抱く五つの疑問」ということで、次のことを挙げて
 います。

 「なぜ女はおしゃべりなのか?」
 「なぜ女は、何でも話し合いで解決したがるのか?」
 「なぜ女の話は大げさなのか?」
 「なぜ女の話はとりとめがないのか?」
 「なぜ女は細かいところまで全部知りたがるのか?」

 この中でも「なぜ女はおしゃべりなのか?」これが一番気になり
 ます。

 著者が言うには「原始時代からのなごり」なのだそうです。

 「集団生活をつつがなく送るには、仲間達と密接な関係を築いて
 仲良くすることが不可欠だ。だから女達は何でも一緒に行動する
 し、絶えずおしゃべりをして絆を深める」

 なんと、原始時代からのそうなんですね。

 「男が『話すことがあるとき』、つまり伝えたい事実やデータや
 解決策があるときしか口を開かない」

 「女の『話』は役割がまるで異なっていて、それは他人と親しく
 なったり、ご褒美をあげる手段なのである」

 要するに、男性と女性では話をする目的が違うのですね。

 男性も女性も、この辺を理解していないと「行き違い」が発生し
 そうです。





 前作とかぶる部分もありましたが、楽しく読むことができました。

 特に途中々に挿入されているジョークと言うか格言が笑えます。

 パートナーとなかなか上手くいかない方、ぜひ読んでみて下さい。

 きっと、ためになると思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。