訪問者数

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グズ病」が完全に治る本
「グズ病」が完全に治る本―「言い訳」の生活から「スグやる」生活へ! 「グズ病」が完全に治る本―「言い訳」の生活から「スグやる」生活へ!
S. ロバーツ (2003/07)
三笠書房

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:「グズ病」が完全に治る本
 副題:「言い訳」の生活から「スグやる」生活へ!
 著者:S・ロバーツ
 出版:三笠書房
 定価:1300円+税(文庫版が出ています)
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆今日の本 購入情報
──────────────────────────────
 アマゾン
 http://www.amazon.co.jp/gp/product/4837956351/sr=8-/oyajimushicom-22/ref=nosim
 楽天ブックス
 http://pt.afl.rakuten.co.jp/c/02dcf9f0.4f3aeecd/?url=http://item.rakuten.co.jp/book/1579154/
 ビーケーワン
 http://www.bk1.co.jp/product/2347937/p-pyajimushi



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1章 「原因」がわかれば“手”が打てる
    ?“グズ病”に効果てきめんの心理作戦!
 2章 典型的な“先のばし”二つのタイプ
    ?あなたは「神経過敏症」型か、「集中力不足」型か
 3章 実証!“先のばし癖”完全克服
    ?「6段階」で完治する最強のテクニック
 4章 「言い訳」を追放する!
    ?これが「ムラ気」を「やる気」に変える法!
 5章 すべてのことは、もっと、
    ?“もっとシンプル!”でうまくいく!
 6章 決め手は「すべきだ」思考から
    ?「したい」思考へ発想の大転換!
 7章 心理学研究の成果!
    ?グズ解消の「最強ツール」集
 8章 会社の中の“グズ病”対策
    ?「グズ上司」と「グズ部下」には、これがよく効く!
 9章 日常生活での“先のばし”解消法
    ?「休み中にやろう」と思っていることが、どうしても
     できない人へ?
 10章 “グズの根”を断つ習慣づくり!
    ?誰でも簡単にできる5分間エクササイズ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■■□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2003年8月に出版されています。
 
 紹介文によると、この本は全米でベストセラーとなっているよう
 です。
 
 著者は、心理学博士です。大学で教えつつ、精神科医として現場
 で活躍されています。
 
 著者が開発した「グズ克服プログラム」は学校や、社会人教育
 センターなどで広く取り入れられているそうです。



 「グズ」は病気なのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)グズな人の問題点とは?
 2)先のばしの二つのタイプとは?
 3)先のばしを完治するテクニックとは?



 知りたいことばかりです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)グズな人の問題点とは?

 「『ああ、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。でも、めんど
 くさいなあ。そうだ、少し休憩してからやろう...』結局、
 やらない。典型的な『グズ病』である」

 「時間にルーズで、仕事にかかる時間を予測できず、自分そして
 自分の行動に自身が持てない。どこから手をつければいいのか、
 いつも当惑している。そして、先のばしを繰り返すのだ」
 
 「先のばしをして、終わらなかった仕事は他人の責任にする」

 「先のばしは、四六時中起こる、どこにもある、ありふれた行動だ。
 しかし、このちょっとを楽をしようという行動が人生の成功と失敗
 を分ける」
 
 「ほんの数分、ほんの1日と思いながら先のばしする習性と、
 今やるべきことをすぐにやってしまう習性の差。わずかな差だが、
 その積み重ねの差はとてつもなく大きいことになるのだ。だから
 こそ、先のばしの問題をクリアするためには真摯に自分自身と対峙
 することが何よりも必要になる」


 2)先のばしの二つのタイプとは?

 「神経過敏型のグズ」
 「集中力不足型のグズ」

 3)先のばしを完治するテクニックとは?

 1.「考える以前」の段階
 2.「考える」段階
 3.「準備」段階
 4.「行動」段階
 5.「維持」段階
 6.「終了」段階



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分の先延ばしに気づこう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「グズな人の問題点」とはどのようなことでしょうか?

▽「グズ病」とはどのような病気なのでしょうか?

 著者は次のように言います。
 
 「『ああ、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ。でも、めんど
 くさいなあ。そうだ、少し休憩してからやろう...』結局、
 やらない。典型的な『グズ病』である」
 
 まるで、自分のことを言われているような感じです(笑)
 
 最終的にはやることになるのですが、「思い立ったが吉日」は
 なかなか実践できません。
 
 成功法則本や自己啓発書を読むと、いわゆる「先のばし」は克服
 しなさいと書いてあります。
 
 そのような本をたくさん読んでいたら、以前と比較してずいぶん
 先のばしすることが無くなってきました。
 
 ただし、仕事以外、つまり自分のこととなると、著者が言う通り
 の行動をとってしまう場面が多々あります。
 
 私の場合、「めんどくさいなあ」というのはあまりないですが、
 「やりたいことがたくさんあって、どれから手を付けていいか
 分からない」という状況です。
 
 少しずつ終了しているので、進歩していることは確実なのですが...
 
▽私の場合、先延ばしをやめようと決意したときに、真っ先に始め
 たのは「テレビを見るのをやめる」ことでした。
 
 テレビを見ていると、どうしてもダラダラと見てしまいがちです。
 気が付いたら、番組の内容はあまり覚えていないのに一時間経過
 していたりします。
 
 これに気が付いたとき、決意しました。
 
 「テレビは見ないぞ」
 
 それ以来、朝ご飯の時ニュースを10分から15分、夜は、知り
 たいニュースだけを10分から15分見ることにしました。
 
 1日で長くて30分くらいです。
 
 これを始めてから、「先のばし」もずいぶん減ったように思います。
 
▽他にやめたのが、「ネットサーフィン」です。

 これもテレビと同じで、何も得られないまま時間だけが過ぎてい
 きます。
 
 たまに、新しい情報にたどり着くことはありますが、ほとんどの
 場合、何ごともなく時間だけが過ぎていきます。
 
 これらのことだけでもやめてみると、気分的にかなり違います。

▽グズ病の人の問題点としては、以下の通りです。

 「時間にルーズで、仕事にかかる時間を予測できず、自分そして
 自分の行動に自身が持てない。どこから手をつければいいのか、
 いつも当惑している。そして、先のばしを繰り返すのだ」
 
 「先のばしをして、終わらなかった仕事は他人の責任にする」
 
 先のばしをする人は、ほとんどが「自分の責任である」と自覚して
 いると思います。
 
 分かっていながらグズグズして先のばししてしまうのです。
 
 最悪なのは、自分で気が付いていない場合です。
 
 気が付かない人たちは、自分の先のばしを他人の責任にします。
 
 「あの人が電話をかけてくるから」
 「忙しいのに話しかけてくる人がいるから」
 「仕事をしていたのに、別な仕事を入れられた」
 「週末は家族サービスでやりたいことができない」
 「平日の仕事で疲れていて、週末はなにもできない」
 「いつも帰りが遅くなるので、平日は自分のことはなにもできない」
 …
 
 みなさんも覚えがないですか?
 
 上で書いたのは、以前私が使っていた言葉です。
 
 他人の責任にするのは一番簡単な言い訳です。
 でも、一番やってはいけないことです。
 
 すべては自分がどうするか、どうしたいのかが問題です。
 
 著者は言います。
 
 「先のばしは、四六時中起こる、どこにもある、ありふれた行動だ。
 しかし、このちょっとを楽をしようという行動が人生の成功と失敗
 を分ける」
 
 「ほんの数分、ほんの1日と思いながら先のばしする習性と、
 今やるべきことをすぐにやってしまう習性の差。わずかな差だが、
 その積み重ねの差はとてつもなく大きいことになるのだ。だから
 こそ、先のばしの問題をクリアするためには真摯に自分自身と対峙
 することが何よりも必要になる」
 
 先のばしは他人の責任ではなく、あくまでも自分自身の問題なの
 です。


●では「先のばしの二つのタイプ」とはどのようなタイプなので
 しょうか?
 
▽著者は、典型的な先のばし人間には二つの型があると言います。

 一つは「神経過敏型のグズ」です。
 
 「神経過敏型のグズ」とは次のようなタイプの人です。
 
 「このタイプの人々はたえず周囲に神経を使い、自分を失い、
 自分を守ろうとして仕事を避けるのだ」
 
 症状としては次の通りです。

 「いつも不安を抱えている」
 「夜もときどき眠れない」
 「自分のことでしょっちゅう思い悩み、自分の能力に自身が持て
 ない」
 「他人からもダメな人間だと思われていると思い込んでいる」
 「物事にうまく対処できず、決断する勇気もないことを自覚して
 いる」
 
 神経過敏型のグズに属する人は、さらにつぎのようなタイプに分類
 されます。
 
 「不安性」
 「失敗恐怖性」
 「自己否認性」
 「完璧性」
 
▽もう一つは「集中力不足型のグズ」です。

 「集中力不足型のグズ」とは次のようなタイプの人です。
 
 「集中力を持続できないので、いつまでも仕事が手につかない。
 あるいは、いつまでも仕事を終えることができない」

 症状としては次の通りです。
 
 「常に退屈を感じる」
 「落ち着きがない」
 「注意力が散漫になる」
 「新しい刺激がほしくてたまらない」
 
 
 私は、どちらも併せ持っています(笑)
 
 どちらかというと「集中力不足型のグズ」のほうが強いです。


●では「先のばしを完治するテクニック」とはどのようなテクニック
 なのでしょうか?
 
 著者によると、先のばしを克服する人は、誰もが六つの段階を経る
 そうです。
 
 その六つの段階を簡単に紹介します。
 
 1.「考える以前」の段階
 
   問題があること自体を否定している。
   彼らはもっともらしく問題を解釈する?たいてい、他人のせい
   にする。
   
 2.「考える」段階
 
   自分の問題を知ろうと努める。
   自分の問題を認識し、その原因を探る。
   
 3.「準備」段階
 
   実際に変わろうとする行動がはじまり、問題解決への期待も
   高まっていく。
   
 4.「行動」段階
 
   変化に向けて積極的に行動する。
   変化に伴う不安は「行動段階」でピークに達する。
   
 5.「維持」段階
 
   明快かつ合理的に考え、リラックスしながら実行し続ける
   ことが、新しい行動を支えていくのに役立つ。
   
 6.「終了」段階
 
   先延ばしを克服すると、全てが「好循環」になる。

 
 確かに、自分のある行動のことを考えてみると、意識してはいま
 せんがこの六つの段階を通過しています。
 
 一番大切なのは、やはり第二段階の「自分の問題を知る」ことだと
 思います。
 
 そこに気が付けば、先へ進めます。





 やりたいことがたくさん出てきてから、「自分の先のばし問題」を
 とても意識するようになりました。
 
 気になり始めると、いろいろなところで先のばししていることが
 分かります。
 
 唯一、先のばしを絶対にしないのが、本屋さんに行くことです。
 
 思い立ってから、行動に移すまでは一瞬です。

 他のこともこれくらい簡単に行動できると楽なのですが...



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。