訪問者数

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書力
読書力―成功する本の読み方 読書力―成功する本の読み方
ハイブロー武蔵 (1999/03)
総合法令出版

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:読書
 副題:成功する本の読み方
 著者:ハイブロー武蔵
 出版:総合法令出版
 定価:1100円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 本を読もう本を買おう
 第2章 元気の出る読書
 第3章 読書があなたを創る
 第4章 自分を励まし、自分を信じる読書
 第5章 あなたも文章が書ける本が書ける
 第6章 明日のための読書を!



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:■□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1999年4月に出版されています。
 
 著者は数社の会社を経営する経営者です。
 
 この著者は読書に関連する本を多数出していて、読書好きな人に
 とっては、何冊読んでも嬉しい内容です。



 成功するにはどのように本を読めば良いのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)なぜ本を読まなければならないのか?
 2)なぜ本は買わなければならないのか?



 皆さんどの様な理由で本を読んでいるのでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)なぜ本を読まなければならないのか?

 「ただいえることは、本を買い、本を読む人は常に問題意識、
 危機意識を持ち、考える人であると言うことだ。前向きに問題
 解決していこうという性向の持ち主である」
 
 「本を買う人、本を読む人はちがう。自分の人生を切り開いて
 いく力を持っている。時代をよくしていく力をつけていく」

 「本を読む人は違う。何が違うかというと変化する点でちがう。
 時間がたてばたつほど成長していく人である」
 
 「本を読む人は成長する。本を読む人は成功する。だから、目標の
 ある人、夢のある人は読書をする。そして、成功する人のほとん
 どが読書好きだ」


 2)なぜ本は買わなければならないのか?

 「本を買う人は、すでに成功を手に入れたも同然の人だということ
 である。なぜか。本を買うということは、問題意識があるという
 ことである。問題意識は熱意から生まれる、前向きな気持ちから
 生まれる」
 
 「読む時間があまりなくてもかまわない。いつか時間があるときが
 きたら。この本を読むぞ、という気持ちが大事なのである」

 「どこの学校に行ったとか、どこを卒業したなんか関係ない、
 どんな本を読んだか、もっといえばどんな本を買い続けているかが
 重要なんだということを学んだ。本を買えば、成功する人になれる
 のだ」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【もっと本を読んで、もっと行動しよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「なぜ本を読まなければならない」のでしょうか?

▽著者は「まえがき」で次のように言います。

 「ただいえることは、本を買い、本を読む人は常に問題意識、
 危機意識を持ち、考える人であると言うことだ。前向きに問題
 解決していこうという性向の持ち主である」
 
 「本を買う人、本を読む人はちがう。自分の人生を切り開いて
 いく力を持っている。時代をよくしていく力をつけていく」
 
 読書好きにとっては、とてもうれしい言葉ですね。
 
 ただ、私もそうですがほとんどの方は「おもしろそうだから」と
 いう理由で、本を買っているのではないでしょうか。
 
 それだけの理由でも十分です。
 
 本を読まない人よりは、何らかの意識を持っていることだけは
 確かだと思います。
 
 この本に書いてありますが、日本人は平均すると、一人一年間に
 十数冊読んでいることになるらしいのです。
 
 これは世界中にも類を見ないようです。
 
 本を読むと何がいいのか?
 
 私個人の意見を言わせてもらうと、

 「本を読むと、いろいろな考え方に触れることができる。そうする
 ことによって自分の知識が増え、行動に結びつけることができる」
 
 です。
 
 まったく知らない事について考えてみたり、行動を起こしたりする
 ことはできません。
 
 存在すら知らないのですから当然です。
 
 それだけ行動範囲が狭くなるということになると思います。
 
 本を読むことによって、「そういう世界があること」を知ることが
 できるのだと思います。
 
 私が読書によって初めて知ったことは、「成功者(ここではお金
 持ち)」の世界でした。
 
 世の中には、サラリーマンだけではなく「お金持ち」という人種が
 いることを、読書を通して知ることができました。
 
 読書は、このような「あなたの知らない世界」の一端を教えて
 くれるものだと思います。
 
 「本を読めば自分が行動する範囲が広くなる」
 
 今後もこの精神で本を読んでいきたいと思います。
 
▽また、著者は本を読む人について次のように評価しています。
 
 「本を読む人は違う。何が違うかというと変化する点でちがう。
 時間がたてばたつほど成長していく人である」
 
 「本を読む人は成長する。本を読む人は成功する。だから、目標の
 ある人、夢のある人は読書をする。そして、成功する人のほとん
 どが読書好きだ」
 
 「本を読む人は成長し、成功する」
 読書する人にとっては、なんとも嬉しい言葉ですね。
 
 本を読むことで自分を高めていくことができるならば、いくらでも
 時間を割いて本を読んで行きたいと思います。


●では「なぜ本は買わなければならない」のでしょうか?

▽著者は次のように言います。

 「本を買う人は、すでに成功を手に入れたも同然の人だということ
 である。なぜか。本を買うということは、問題意識があるという
 ことである。問題意識は熱意から生まれる、前向きな気持ちから
 生まれる」
 
 「読む時間があまりなくてもかまわない。いつか時間があるときが
 きたら。この本を読むぞ、という気持ちが大事なのである」
 
 本ってけっこう高いのです。
 
 ビジネス書などは一冊1000円?2000円くらいします。

 それだけのお金を払ってでも本を読む気持ちがある人は、たしかに
 何らかの問題意識を持っている人だと思います。
 
 また、買っても時間がなくて読めない場合があります。
 それでも、「読むぞ」「何とかするぞ」という気持ちが大切だと
 著者は言っているのです。
 
 私も問題意識だけはたくさん持っています。
 特に自分の人生について。
 
 最近は「行動」が大切だと思っています。
 行動しないと、本を読んでいるだけでは何ごとも起こりません。
 
 でも、問題意識がないと行動も起こせないのです。

 何らかの問題意識を持って、それを何とかしようと思って本を読む。
 知識を少し取り入れたら「行動」する。
 
 これでいいのではないでしょうか。
 
 著者は言います。
 
 「どこの学校に行ったとか、どこを卒業したなんか関係ない、
 どんな本を読んだか、もっといえばどんな本を買い続けているかが
 重要なんだということを学んだ。本を買えば、成功する人になれる
 のだ」
 
 ここまで極端でもないと思いますが、「本を買う」という行為だけ
 でも重要だと思います。
 
 私は以前、オークションやamazonのマーケットプレイスに古本を
 出品していたことがあります。
 
 単なる小遣い稼ぎだったのですが、大量に仕入れてきた本のなかの
 ある一冊を手に取ったところから、自分の人生についての問題意識
 が生まれてきました。
 
 このことを考えると、「本を買う」という行為だけでも十分役に
 立つと考えられます。
 
 まずは、本を買ってみましょう。





 この本は、本好きな人にとってはとても勇気づけられる本です。
 
 自分自身を肯定してくれるからだと思います。
 
 私は、本を読むだけでは何も起こらないと考えています。
 重要なのはその先にある「行動」だと思っています。
 
 何気なく本を買って、何気なく本を読んで、問題意識に気がつき、
 行動する。
 
 これでも良いと思います。



 人生を成功に導く読書術! ?おやじむしの3分書評? より抜粋

 【豊かな人生研究委員会HP】→ http://www.oyajimushi.com/
 【楽天日記】→ http://plaza.rakuten.co.jp/successread
 【FC2ブログ】→ http://successread.blog66.fc2.com/
 【ライブドアブログ】→http://blog.livedoor.jp/oyajimushimushi/

スポンサーサイト

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。