訪問者数

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたを危機から救う一分間謝罪法
あなたを危機から救う一分間謝罪法 あなたを危機から救う一分間謝罪法
ケン ブランチャード、マーグレット マクブライド 他 (2003/01/23)
扶桑社

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:あなたを危機から救う一分間謝罪法
 著者:ケン・ブランチャード、マーグレット・マクブライド
 出版:扶桑社
 定価:933円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 旅
 社長
 若者
 一分間マネジャー
 一分間謝罪法
 降伏すること
 降伏すること?まとめ
 誠実であること
 誠実であること?まとめ
 結果にこだわらないこと
 職場での、家庭でのあやまりかた
 責任を負うこと
 自分への評価
 自分にあやまること
 自分を尊重することと<一分間謝罪法>
 誤りを正すチャンス
 感謝のあらわしかた
 真実をあきらかにするとき
 社長の<一分間謝罪法>
 エピローグ
 <一分間謝罪法>?まとめ



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:■■■□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2003年1月に出版されています。
 
 著者の一人ケン・ブランチャードは経営コンサルタントです。
 著者も多数あります。
 
 もう一人のマーグレット・マクブライドは会社の社長で様々な
 ビジネス書を出版しているそうです。
 
 今の職場では自分の運命を変えるほどの謝罪をする場面にはなり
 ませんが、使える日がいつかくるのでしょうか?
 そのときのために読んでおこうと思います。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)一分間謝罪法とはどのような方法なのか?



 たった一分間の謝罪法で本ができるなんて、どのような謝罪法な
 のでしょうか?



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)一分間謝罪法とはどのような方法なのか?

 第1の段階は「降伏すること」。

 「自分が犯した間違いに正面から取り組むこと」

 「自分がそのミスを自覚していることを、あなたが迷惑をかけた
 相手にたしかに納得させること」

 「迷惑をかけてしまった相手に、こちらが何についてあやまって
 いるかを正確に伝えること」です。

 「自分が犯した過ちについてどう感じているかを話すこと。そして、
 これからは態度を改めるつもりだと言うことを伝える」のです。


 第2の段階は「誠実であること」。

 ・自分がしたこと、あるいはしそこなったことが間違っていて、
 こうありたいと願う自分自身の姿と一致していないのを認める。
 
 ・あんなひどい態度を取ったけれど、本来の自分はもっとましな
 人間であることを再確認し、自分自身を許す。
 
 ・私がどれだけ人を傷つけてしまったかを認め、その償いをする。
 
 ・同じ行動を繰り返さないように、私自身と他の人たちにその
 決意を伝え、自分の態度をあらためることでその決意をはっきり
 と示す。



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【謝罪するときは、自分に正直になろう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●「一分間謝罪法とはどのような方法」なのでしょうか?

▽この本は、取締役会で重役達と対立した社長と、その社長を心底
 尊敬している若者社員、若者に一分間謝罪法を教える「一分間マ
 ネージャー」とその仲間達で、物語調に作られています。
 
 若者は間違いを犯した社長のために、週末の数日間で一分間マネ
 ージャーから「一分間謝罪法」の極意を学ばなければならないの
 です。
 
▽では「一分間謝罪法」の心構えを解説します。

 著者は次のように言います。
 
 「『一分間謝罪法』は、まず自分の誤りを認めたうえで、もたら
 された悪い結果そのものではなく、原因に取り組むんだ」
 
 「これが『一分間謝罪法』と呼ばれるのは、たいていの場合、
 詫びるのは一分間ですむからだよ。時間がかかるのは、実際に
 あやまる前に、自分自身に対して百パーセント正直になり、自分
 のミスの責任をとるという段階だ」
 
 実際に謝罪する時間は1分間ですむようです。
 しかし、そこに到達するまでには、自分の考え方を変えてしまわ
 なければならないようです。
 
 著者は次のように言います。
 
 「真実に向き合うことを避けたときから、きみのかかえる問題は
 すべて手に負えなくなるんだ」
 
 自分の間違いを認めるところからスタートするのです。
 
▽では「一分間謝罪法」の実際の方法を簡単に説明します。

 一分間謝罪法は段階が2つあります。

 第1の段階は「降伏すること」。
 第2の段階は「誠実であること」です。
 
▽第1の段階の「降伏すること」にはふたつの重要なステップがあ
 ります。
 
 第1のステップは
 
 「自分が犯した間違いに正面から取り組むこと」

 降伏するためには、まず自分は正しいという気持ちを捨てて、
 自分に正直になり、自分が失敗したという事実と向かい合わなく
 てはならないのです。
 
 ここが一番難しいところではないでしょうか?
 特に、会社のトップをやるような人であれば、自尊心がとても強い
 人が多いと思います。
 
 そのような人が自分の失敗を認めるのはなかなか難しそうです。

 第2のステップは
 
 「自分がそのミスを自覚していることを、あなたが迷惑をかけた
 相手にたしかに納得させること」
 
 自分がミスを自覚していることを、相手に納得させるにはどうす
 ればいいかというと、まず最初に自分自身がそう感じること。
 それからできるだけ早く行動に移すことです。
 
 第3のステップは
 
 「迷惑をかけてしまった相手に、こちらが何についてあやまって
 いるかを正確に伝えること」です。
 
 第4のステップは
 
 「自分が犯した過ちについてどう感じているかを話すこと。そして、
 これからは態度を改めるつもりだと言うことを伝える」のです。

 心底申し訳なく思っていることを伝え、これからどうしたいかを
 説明しなければなりません。
 
 これは、本心から出た言葉でなければ納得してもらいえないので
 はないでしょうか?

 と言うことは、第1のステップが重要になってきますね。

▽では、第2の段階の「誠実であること」について解説します。

 「誠実であること」のポイントが何点かあります。
 箇条書きにしてみます。
 
 ・自分がしたこと、あるいはしそこなったことが間違っていて、
 こうありたいと願う自分自身の姿と一致していないのを認める。
 
 ・あんなひどい態度を取ったけれど、本来の自分はもっとましな
 人間であることを再確認し、自分自身を許す。
 
 ・私がどれだけ人を傷つけてしまったかを認め、その償いをする。
 
 ・同じ行動を繰り返さないように、私自身と他の人たちにその
 決意を伝え、自分の態度をあらためることでその決意をはっきり
 と示す。

 「降伏すること」では、自分が間違っていたことを言葉で説明し
 たのですが、「誠実であること」では、実際の態度や行動をどの
 ようにするかを説明しなければなりません。

 これも、本心からの謝罪でなければ、相手に納得してはもらえな
 いと思います。
 
 謝罪するには、とても気合いが必要なようです。

▽他に、次のことにも注意しなければなりません。

 「あやまるときは、その結果や相手の反応(相手がこちらを許す
 か許さないか)にとらわれてはいけない」
 
 つまり、自分が謝罪することが正しいと思って謝罪するのです。
 結果のために誤るのではありません。





 単純に「謝罪する」だけでも、考えなくてはならないことがたく
 さんあります。
 
 ここで紹介した謝罪法の考え方は、家庭でも同じではないでしょ
 うか?
 
 でも、基本は謝罪しなければならない状況になる前に、コミュニ
 ケーションを大切にしなければならないのではないかと思います。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。