訪問者数

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安からあなたを解放する10の簡単な方法
不安からあなたを解放する10の簡単な方法―不安と悩みへのコーピング 不安からあなたを解放する10の簡単な方法―不安と悩みへのコーピング
エドムンド J.ボーン、ローナ・ガラノ 他 (2004/10)
星和書店

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:不安からあなたを解放する10の簡単な方法
 副題:不安と悩みへのコーピング
 著者:エドムンド・J・ボーン、ローナ・ガラノ
 出版:星和書房
 定価:1800円
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 第1章 からだをリラックスさせる
 第2章 こころをリラックスさせる
 第3章 現実にあわせて考えよう
 第4章 恐れと向き合う
 第5章 規則正しい運動をこころがける
 第6章 こころを落ち着けるための正しい食事
 第7章 自己養育
 第8章 シンプルな生活を送る
 第9章 悩みをスイッチ・オフ
 第10章 状況に応じたコーピング



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■■□□
 勇気  :■■□□□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■□□



 この本は2004年10月に出版されています。

 著者は、紹介文によると「不安治療の専門家」のようです。

 不安は誰にでもあります。
 その克服方法を知っていれば怖いもの無しですね。



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)不安の原因とは?
 2)不安を解消する方法とは?



 不安を解消する方法が知りたいです。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)不安の原因とは?

 「原因についてあなたがどれだけ多くのことを知っていようとも、
 その知識が必ずしも治療をもたらすものではありません」

 「長期誘発原因」
 「最近の状況的原因」
 「継続原因」
 「神経生物学的原因」

 2)不安を解消する方法とは?

 「からだをリラックスさせる」
 「こころをリラックスさせる」
 「現実にあわせて考えよう」
 「恐れと向き合う」
 「規則正しい運動をこころがける」
 「こころを落ち着けるための正しい食事」
 「自己養育」
 「シンプルな生活を送る」
 「悩みをスイッチ・オフ」
 「状況に応じたコーピング」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【不安におそわれたら考え方を変えてみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●はじめに「不安の原因」には何があるのでしょうか?

▽著者は「不安の原因」について、次のように言っています。

 「原因を知ることが不安という問題の形成に洞察を与えはするも
 のの、個別の問題の克服にこうした知識は必要ではないというこ
 とです」
 
 「原因についてあなたがどれだけ多くのことを知っていようとも、
 その知識が必ずしも治療をもたらすものではありません」
 
 著者は、不安の原因を知ったところで何の解決にもなりませんよ
 と言っているのです。

 でも、不安の原因を知りたいですよね。
 というよりも、普通は不安なときは、なにか決まった事象がある
 ような気がします。
 
 しかし著者は、不安というものはいろいろな数多くの原因がある
 ので、これさえ解決すればといった原因は存在しないと言います。
 
 ということは、不安に関しては、いろいろな面からの解決のアプ
 ローチが必要になるのではないでしょうか?

 例えば、思考法、運動、食べ物といったことです。
 
▽著者は「人生のさまざまに時期に始まる代表的な不安の原因」を
 次のようにあげています。
 
 ・長期誘発原因
 
  「のちの人生で生じる不安による問題を、誕生あるいは幼児期
  から決定づける素因。遺伝、不完全な子育て、あるいは幼児期
  の心的外傷や虐待などがある」

 ・最近の状況的原因
 
  「例えば、パニック発作または広場恐怖などの発症を引き起こ
  す出来事を示す。ストレス、重大な喪失、重大な生活上の変化、
  病気、気晴らしが目的の麻薬使用などを示す」
  
 ・継続原因
 
  「現在の行動、態度、ライフスタイルの中で、発生した不安を
  継続させる要因を言う。筋肉の緊張、もしも的な考え、自分や
  他人、そして人生に対する誤った信念、恐怖あるいは恐ろしい
  と思う状況の継続的回避 等々」

 ・神経生物学的原因
 
  「現在体験している不安の経過や強度を直接左右する脳内の
  状態を言う」


 不安はもっと単純なことかと思っていたのですが、専門的に分類
 するとその原因はたくさんあるようです。
 
 普段、私たちがよく遭遇する不安原因は「継続原因」になります。
 しかし、その根本原因は幼児期の虐待(つまり長期誘発原因)
 だったりする場合もあるのではないでしょうか。
 
 だから著者は、「不安の原因は一つではない」と言っているのです。


●では「不安を解消する方法」にはどのような方法があるのでしょ
 うか?

▽この本では、「継続原因」の対策が10紹介されています。

 1.からだをリラックスさせる 
 2.こころをリラックスさせる
 3.現実にあわせて考えよう
 4.恐れと向き合う
 5.規則正しい運動をこころがける
 6.こころを落ち着けるための正しい食事
 7.自己養育
 8.シンプルな生活を送る
 9.悩みをスイッチ・オフ
 10.状況に応じたコーピング

 この中で一つだけ、「現実にあわせて考えよう」が簡単そうなの
 で紹介します。
 
▽著者は次のように言います。

 「私たちの気分や感情を決定づける主な原因は、特定の状況に対
 して自分自身に語りかける『ひとり言』にある」
 
 私たちが悩む不安は、ほとんどの場合「もしも」のひとり言が作
 り出しているのです。
 
 「この『もしも』思考に立ち向かい、積極的かつ自立を支える言葉
 による声明にそれを変えたとき、本当の変化が起こる」
 
 要するに、自分の考え方一つだと言っているのです。
 
 そんなことは分かっているのですが...

▽他には「大げさに考えることをやめる」ことです。
 これは、小さな「もしも」から、どんどん思考が大げさになって
 いくことを示しています。被害妄想ですね。

 これもありがちです。不安の連鎖とでもいいましょうか。
 マイナス思考が次から次へと現れるのです。
 
 これを止めるためには、自分の不安を紙に書いて、よく自分で分析
 してみるとよいそうです。





 この他にも、詳細に不安に対処する方法が書かれています。

 しかし、不安に押しつぶされそうになっている人は、きっとこの
 ような本は読まないような気がします。
 
 どちらかと言うと、心に余裕がある時に落ち着いて読んだ方が素直
 に理解できると思います。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。