訪問者数

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録はこちらからどうぞ

この日記は、メルマガ「人生を成功に導く読書術!~おやじむしの3分書評~」の抜粋版です。 気に入っていただけましたらメルマガ登録をお願いします。

おやじむしの3分書評
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録できます。

登録フォーム
メルマガバックナンバー

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

おやじむし

Author:おやじむし
私「おやじむし」の人生のメインテーマである「何をするためにこの世に生まれてきたのか」を知ること、そして、「豊な人生を送る」という目標のために日々読書し、そこから得たことをアウトプットしたものです。

RSSフィード

人生を成功に導く読書術!?おやじむしの3分書評?
私「おやじむし」が発行するメルマガ のブログ版です。 みなさん一緒に「豊かな人生」を目指しましょう
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この世で一番の奇跡
この世で一番の奇跡 この世で一番の奇跡
オグ マンディーノ (2003/03)
PHP研究所

この商品の詳細を見る



──────────────────────────────
 ◆今日読んだ本
──────────────────────────────
 題名:この世で一番の奇跡
 著者:オグ・マンディーノ
 出版:PHP文庫
 定価:552円+税
 購入:ブックオフで105円



──────────────────────────────
 ◆本の目次
──────────────────────────────
 1 駐車場の救世主
 2 廃品になった人びと
 3 世界一のセールスマン
 4 成功と幸福の秘訣
 5 みじめな人生を生みだすもの
 6 心からの贈り物
 7 老人からの手紙
 8 百日間の使命
 9 神の覚え書き
 10 この世で一番の奇跡



──────────────────────────────
 ▼本の成分解析
──────────────────────────────
 知恵  :■■□□□
 勇気  :■■■■□
 豊かな心:□□□□□
 おすすめ:■■■■□



 この本は1999年2月に単行本が出版されていて、その文庫版
 になります。書かれたのは、1970年代のようです。
 
 この本は、全世界で700万部以上!売れているそうです。

 著者をご存じの方も多いと思います。
 本には「世界で最も多くの読者を持つ自己啓発書作家」として紹介
 されています。
 
 著者は生涯で19冊の本を出していて、世界22カ国で3600
 万部売れたと言われているようです。

 この世で一番の奇跡とはどんなことなのでしょうか?



 今回はこの本を次のような視点で読んでみました。
──────────────────────────────
 ■この本のどこを読むか
──────────────────────────────
 1)この世で一番の奇跡とは?
 2)「神の覚え書き」とは?



 今回は物語なので、気楽に読んでみたいと思います。



 忙しい方のために、結論を先に紹介します。
──────────────────────────────
 ■この本をどう読んだか
──────────────────────────────
 1)この世で一番の奇跡とは?

 「私たちは、存在自体が『この世で一番の奇跡』なのです」


 2)「神の覚え書き」とは?

 「自分の恵みに感謝しなさい」
 「自分のかけがえのなさを主張しなさい」
 「自分の枠を越えなさい」
 「選ぶ力を賢く用いなさい」

 「以上の四つを実現するために必要なことがあります。自分自身
 への愛、他者への愛、そして私への愛をもって以上のことをやり
 抜くということです」



──────────────────────────────
 ★今日から実行すること
──────────────────────────────
 【自分の枠を越えて生きてみよう】



──────────────────────────────
 ●もっと知りたい方のために
──────────────────────────────
●始めに、本の題名にもなっている「この世で一番の奇跡」とは何
 でしょうか?

▽「神様の覚え書き」には次のように書かれています。

 「はじめてあなたが母親の子宮から出てきて、わたしがあなたの
 柔らかな額に手を置いたときのことを覚えていないでしょう。
 あなたを祝福するさい、あなたの小さな耳元にわたしが囁いたこ
 とを覚えていますか?」
 
 私たちが生まれてきたとき、私たちがどのような環境に生まれよ
 うと、どのような親の元に生まれようと、神様は私たちをお祝い
 してくれたのです。

 そして、私たちの耳元で何事か囁いていきました。

 しかし、私たちは神様が耳元で囁いてくれたことをすっかり忘れ
 てしまいました。
 
 「あなたが生まれたときに聞いて忘れてしまった秘密を今一度、
 分かち合いましょう」
 
 「あなたはわたしの最大の奇跡」
 「この世で一番の奇跡」

 「それがあなたの最初に聞いた言葉だったのです。その後であな
 たは泣き出しました」

 私たちは、神様に囁かれたことを、育っていく過程で忘れてしまっ
 たようなのです。
 
 私たちは、存在自体が「この世で一番の奇跡」なのです。
 
 この事実を忘れてしまったために、私たちは、自分が信じられな
 くなっています。
 自分は特別な存在であることを信じられません。

 私たちは、もっと自信を持つべきなのです。


●では「神の覚え書き」とはどのようなものなのでしょうか?

▽ここでは「幸福と成功の四つの法則」が書かれています。
 簡単に紹介しましょう。
 
 1.自分の恵みに感謝しなさい

   あなたは、今このときでさえ、偉大な栄光を達成するために
   必要な全ての恵みを持っている。
   
   その恵みとは「目、耳、口、身体、愛する心、心臓、皮膚、
   肺、血液、脳」等、自分の財産はたくさんある。
   
   だから、自分の恵みに感謝し、すでに自分が偉大なる創造物
   であることを認識すること。
   
   物を持っていない者が貧しいの者ではない。より多くを欲す
   る者だけが貧しいのだ。真の安心は、持っている物の中には
   なく、物を持たなくてもできることのなかにある。


 2.自分のかけがえのなさを主張しなさい。

   あなたこそ、地球上でもっとも貴重な宝なのだ。
   
   人類の歴史が始まって以来、この惑星の上を歩いたことのある
   700億人の人間のなかに、あなたとまったく同一の人物は
   誰もいない。この世の終わりまで、あなたのような人物は出
   てこないだろう。

   これ以上、自分のかけがえのなさを暗闇に隠してはならない。
   表に出しなさい。世界に示すのだ。


 3.自分の枠を越えなさい。

   成功のあらゆる法則やどうしたら成功できるかについて言わ
   れたり、書かれたりしてきたものの中で、この方法だけが失敗
   したことはない。
   
   自分の枠を越えること?あなたの夢を越えた豊かさと喝采を
   生み出す秘訣。
   
   自分自身を凡庸にさせておくためのもっとも確実な方法は、
   支払いを受けている分だけの仕事をすることだと言える。
   
   凡庸な人間は自分の枠を決して越えようとはしない。
   
   自分の枠を越えて奉仕すれば、必ず報酬がついてまわる。
   
   すぐに報酬がこなくても、心配いらない。長い間、支払いが
   止められていればいるほど、利息に利息が重なって戻ってくる。


 4.選ぶ力を賢く用いなさい。

   わたしはあなたから偉大な力、選択するちからを取り上げた
   ことはない。
   
   憎むより、愛することを選びなさい。
   泣くより、笑うことを選びなさい。
   破壊するより、創造することを選びなさい。
   あきらめるより、忍耐することを選びなさい。
   人の噂話をするより、褒めることを選びなさい。
   傷つけることより、癒すことを選びなさい。
   盗むより、与えることを選びなさい。
   ぐずぐずすることより、行動することを選びなさい。
   堕落するより、成長することを選びなさい。
   呪うより、祈ることを選びなさい。
   死ぬより、生きることを選びなさい。

 「そして、もう一つ、以上の四つを実現するために必要なことが
 あります。自分自身への愛、他者への愛、そして私への愛をもっ
 て以上のことをやり抜くということです」





 この本は「自己啓発書」です。
 そう思って読むと、「なーんだ」って感じになるかもしれません。
 
 そして、「神様」の考え方がキリスト教に根ざしています。
 もしかしたら、違和感がある方もいるかもしれません。
 
 しかし、伝えようとしていることは宗教には関係ありません。

 今の自分は恵まれていることを知ること。
 自分は存在していることが特別であることを知ること。
 自分の枠を越えて生きること。
 正しい選択をすること。
 
 これだけなのです。
 
 
 自己啓発書に興味が無い方は、単なる物語としても楽しめると思
 います。
 
 おすすめです。




スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。